仏間 位置。 お仏壇の設置場所|仏壇の最適な設置場所は?仏壇設置のポイントをご案内します[ヤマカ塩七]

仏壇の置き場所について|仏壇・墓石・墓地霊園選びのポイント|長野県 仏壇 墓石 墓地 霊園の一休さんのはなおか

仏間 位置

置き方、向き 仏壇の置き方・向き・位置寸法 仏壇の置き方 仏壇を購入する前に、仏壇を安置する場所を決めましょう。 かつては、たいていの家に仏間があったので、安置する場所を考える必要はありませんでした。 しかし、仏間のない家がほとんどとなりました。 最近では和室のない家が多くなったので、仏壇を置く場所を考えなければならなくなったのです。 仏壇を安置する向きは、仏教では十方どの方角にも仏はいるとされているので、方角に吉凶はありません。 が、一般的には北向きは避けて置きます。 家のなかで、落ち着いて礼拝でき、家族が毎日おまいりしやすい場所が一番適しています。 家族が集まりやすいリビングや居間でもよいでしょう。 仏壇のことを考えますと、直射日光が当たらない、湿気の少ないところで、冷暖房の風が直接あたらない場所がよいでしょう。 直射日光や湿気、冷暖房の風は仏壇を傷めるのです。 床の間や押入れの上部、整理タンスの上、キャビネットや収納棚などの上に置いてもかまいません。 テレビやオーディオラックの上など、音がするものの上には置かないようにしましょう。 また、仏壇の上に何も置かないようにしましょう。 もうひとつ、気をつけることは、仏壇の高さです。 座っておまいりするとき、本尊の位置が目より少し上になるように安置することです。 立っておまいりするときは、本尊が胸よりも少し上くらいの位置になるように安置します。 キャビネットの上• リビング• 押入れの上部• 地袋付仏間• 畳の和室• 床の間 仏壇の向き 仏は十方どの方角にもいるので、仏壇はどの方角に安置してもよいのですが、昔から仏壇の向きには諸説あります。 南面北座説 仏壇を南に向け、北を背にして仏壇を安置する考え方です。 この向きは仏壇に直射日光があたらず、風通しもよいので、家のなかで最適な仏壇の安置場所になります。 ここから、仏壇の北向きはよくない、と言われるようになったようです。 本山中心説 仏壇の前に座って礼拝するとき、拝む延長線上に宗派の総本山がある方向に安置します。 本山によって、住む場所によって、西向きにも東向きにも南向きにもなります。 西方浄土説 西方浄土とは極楽浄土のことで、西方浄土の方向にある西に向かって拝めるように、仏壇を東向きに安置します。 どの説をとるかで、仏壇を安置する方向が決まりますが、どの方向にもなりうるので、仏壇はどの方向に安置してもかまわないのです。 仏壇の位置寸法 仏壇の安置場所を決めたら、どのくらいの大きさの仏壇にするかを決めます。 まず、安置する場所の寸法をはかりましょう。 高さ、幅、奥行きなどをきちんとはかります。 チェストや整理タンスの上ならば、問題はありませんが、仏間や押入れの上部に安置するときは、気をつけてください。 仏壇の扉は観音開きで両側に開きますので、本体の寸法だけではなく、扉が左右に開くスペースも考えて、仏壇の大きさを考えましょう。 家の新築にあわせて仏壇を購入するときは、先に仏壇を決めてから、仏壇の大きさに合った仏間やスペースをつくったほうが納まりがよいです。 忘れがちなのが、マンションの玄関や部屋の入り口の大きさです。 部屋に適した大きな仏壇を選んだものの、部屋の入り口が狭くて入らなかった、ということにならないように、玄関や部屋の入り口の寸法もきちんとはかっておきましょう。

次の

仏壇と神棚の配置!置いてはいけない位置があるってホント?

仏間 位置

神棚と仏壇の位置関係で守るべき3つの約束 同じ部屋に 神棚と仏壇の両方を安置することは 問題ありません。 しかし安置する際に 位置関係で守るべき3つのお約束が ありますので、ご紹介していきます。 お参りする時はお尻を向けない 「お参りする時に お尻なんて向けないよ!」 きっとあなたはそう仰るでしょう。 しかしどうしてもそうなってしまう 状況があるのです。 それは、 神棚と仏壇が向かい合わせの時です。 どちらか片方にお参りする時 対面の位置にあると 片方にお尻を向けてしまい 神様、仏様への配慮を欠いた形に なってしまします。 この配慮はお参りする時だけではなく 日常でも必要です。 例えばあなたがどなたかのお宅を訪問する際 靴を脱ぐ際はどのようにしますか? お尻を向けないように前向きで上がり 上がってからも相手にお尻を向けないように 斜めに膝をついて靴を並べますよね? 基本的に対面する相手に お尻を向ける行為は失礼に当たります。 神棚と仏壇を置く時は 尊ぶ気持ちを忘れず配置しましょう。 神棚と仏壇を上下に配置しない 後でも紹介しますが 神棚は仏壇よりも高い場所に置きます。 しかし 仏壇の真上に神棚があるのはNG とされています。 なぜならどちらにお参りしているのかわからず 神様、仏様に誤解させてしまうからです。 例えば街中を歩いている時に 自分に手を振っていると思い 近づいてみると違う人だった。 なんて経験はありませんか? それと同じで、拝む位置をずらさないと どちらにお参りしているのかわからず 神様と仏様が混乱してしまうのです。 配置する時に止むを得ず 上下の位置関係になってしまう場合は その 中心をずらして置きましょう。 ちなみにこれは同じ部屋に限ったことではなく 1階と2階など、部屋が違う場合でも 必ず中心は、ずらしましょう。 神様の方が上位の存在 実は 神様は仏様よりも上位の存在です。 ですので、2つを同じ部屋に安置する時は より家の中心に神棚を置きます。 これは陰陽の考え方に由来しています。 より中心のものには求心力があるとされ 上位の存在ということを表しているのです。 とは言っても 神道と仏教の信仰心は人それぞれです。 あなたがより信仰している方を 中心に置いても問題はないです。 これら3つのマナーを守ることで 神様と仏様に気持ちよく過ごしてもらえます。 祀る対象を大切にして お互いに気持ちよく過ごせる 環境を作りましょう。 神棚は気の巡りを意識した配置にしよう 神棚を祀るのであれば 適した場所と方角に安置する必要があります。 適した場所や方角を選ぶのは 神様を尊ぶ気持ちを表し 気の巡りを良くするためです。 明るい・きれい・高いが基本 神棚を安置する場所として 明るく・きれいな・高い場所を 選ぶ必要があります。 明るい場所とは 光が差し人が集まりやすく、 視覚的にも雰囲気的にも 明るい場所のことです。 リビングやその近くなど お参りしやすい場所に祀るのが良いですね。 きれいな場所は トイレなどの水回りを避けた 日頃から掃除されている場所です。 水回りは気が流れると されているため不適切です。 神棚や神棚の周りは 常に清潔にするよう心がけましょう。 高さは 立った時の目線よりも高い場所にします。 さらに最上階に祀ることで 神を尊ぶ気持ちを表現できます。 住宅事情でそれが難しければ 「雲」や「空」と紙に書き、天井に貼ることで そこを最上階と見なすことができます。 注意事項として 神棚の上や下を 人が通る場所は不適切とされます。 出来るだけそういった場所は避けましょう。 また 冷暖房の風が当たる場所や 直射日光・湿気は神棚を 傷めてしまうため避けましょう。 神様に心地よく過ごしてもらえたら 運気も上がりそうですよね。 太陽の力強さをイメージできる方向に向ける 神棚は 南向きもしくは東向きに安置します。 これは神棚が南か東を向いている状態です。 南側か東側に置くという意味ではありません。 南は太陽の光が入る場所です。 南を向けば光に照らされます。 つまり 光に照らされる存在とすることで 敬意を表しているのです。 もしあなたがライトワーカーのような 光を浴びる存在になりたい と思うのであれば南向きがお勧めです。 東は太陽が昇る方角です。 1日の始まりを知らせる光は 勢いの象徴でどんどん昇っていきます。 もしあなたが門出に立っており 成長していきたいと思うのであれば 東向きがお勧めです。 南向き・東向きどちらでも構いませんが あなたの状況やお気持ちに合った方角を 選ぶのがベストです。 仏壇は仏様が心地よく過ごせる場所に 仏壇は 仏間に安置するのが1番良いです。 しかし現代では 仏間がない家庭も多いですよね。 その場合は 仏様が心地よく過ごせる場所に置きましょう。 明るい・きれいが基本 明るくきれいな場所は 神棚の安置場所と考え方は基本的に同じで、 清潔で人が集まりやすく お参りしやすい場所が良いです。 神棚同様に 暗くてじめじめした場所は避けます。 私たちもそんな場所では 住みたくないですよね。 高さは 座った時に 本尊を少し見上げる高さにします。 もし立ってお参りする場合は 本尊が胸よりも少し高くなるようにします。 ただし神棚と同様に 冷暖房の風が当たる場所や 直射日光・湿気は 仏壇を傷めてしまうため避けます。 仏様が気持ちよく過ごせるように しっかりとマナーを守りましょう。 近年ではリビングなどに置いても違和感のない おしゃれなミニ仏壇もたくさんありますので これを機に買い換えを検討してみるのも 良いかもしれないですね。 ちなみに私の実家も仏間はないので 仏壇はリビングに置いてあります。 方角は宗派で違う 仏壇の場合は神棚と違い 方角に正確な決まりはありません。 しかし宗派により 置き方に違いがあります。 以下にまとめましたので 参考にされてください。 曹洞宗・臨済宗• 南面北座説 仏壇を南向きに置くという考え方です。 これはお釈迦様が南を向いて 説法していたことに起因します。 南を向けば太陽の光で顔が 明るく映ります。 そのため昔から位の高い人物は 南を向いて座ることが多かったのです。 浄土真宗・浄土宗・天台宗• 東面西座説 西には極楽浄土があるとされるため 西方浄土説とも言います。 極楽という仏土には 浄土教系の本尊である 阿弥陀如来がいます。 そのため 東向きに仏壇を置きます。 また天台宗の本尊には色んな解釈があり 釈迦如来や阿弥陀如来を祀ります。 家庭では阿弥陀如来の場合が 多いようです。 真言宗• 本山中心説 宗派の 総本山がある方向に 手を合わせられるよう仏壇を置きます。 そのため仏壇の向きは決まっていません。 真言宗の場合は総本山である 高野山の金剛峯寺へお参りできる ような配置にすると良いでしょう。 日蓮宗 日蓮宗の場合は 守らないといけない向きはないため 自由に安置して良いです。 しかし一般的に 太陽が昇らない北側に向けることは 好ましくありません。 絶対に避ける向き 仏様に対するマナーとして 絶対に避ける置き方があります。 床の間と対面の位置になることです。 床の間は家主よりも身分の高いお客を 出迎える部屋です。 仏壇を向かい合わせにしてしまうと 仏様が下座にいるという解釈に なってしまいます。 反対に床の間に置くことは 良いこととされています。 神棚と仏壇は安置する目的とその気持ちが大切 神棚は神道の神を祀るために 安置する祭壇のことです。 日本古来の考え方では 森羅万象に神が宿るとされています。 そのため 気の巡りを良くするという意味合いで 神棚を安置します。 仏壇とは仏を祀る壇ことです。 寺院においては 仏像を安置する壇も含めますが 家庭に安置する場合は 亡くなって仏となった魂の供養や 故人との対話の場を作る という意味合いがあります。 以上の理由から神棚と仏壇を置くことは とても大切なことです。 しかし、ただ置いていても意味がありません。 1番重要なのはその目的です。 つまり、 何のために神棚と仏壇を置くのか ということです。 私は神棚や仏壇を祀るということ = 神様やご先祖様に感謝すること だと思っています。 「もし身の回りに何もなかったら」 「もしご先祖様がいなかったら」 有り難さを認識し 大切な存在だと思えた時に 結果として気の巡りが良くなり 魂供養にもなるのです。 気の巡りを良くすることで 家族やあなたの人生を幸せに。 魂供養することで ご先祖様に見守ってもらえるように。 私はそのために 神棚や仏壇に感謝します。 感謝が土台にあることで 配置のマナーを守る目的が変わってきます。 まずは 神棚と仏壇を安置する 目的を明確にしてみてくださいね。 感謝を表す神棚と仏壇の位置関係まとめ 神棚と仏壇を同じ部屋に配置する時のルールは 要点を押さえれば迷うことはありません。 以下に記事の内容をまとめまとめました。 神棚と仏壇の位置関係まとめ• 神棚と仏壇の位置関係で守ることは3つだけ!• 神棚と仏壇は向かい合わせにはしない• 神棚と仏壇は縦に並べず中心をずらす• 一般的に神棚をより家の中心に置く• 神棚を安置する時は気の巡りを意識する• 明るくお参りしやすい 場所に置く• 水回りは避けて掃除しやすい きれいな場所に置く• 立った時の目線よりも 高い場所に置く• 神棚の上下は 人が通らない場所にする• 南向きもしくは東向きに置く• 仏壇は仏様が心地よく過ごせる場所に• 明るくお参りしやすい 場所に置く• 水回りは避けて掃除しやすい きれいな場所に置く• 本尊の高さを 座ってお参りする時は 目線よりも高く 立ってお参りする時は 胸よりも高くする• 向きは宗派により違いがある• 床の間と対面するのはNG• 神棚と仏壇は置く目的とその気持ちが大切• 神棚を置き神を祀ることで 気の巡りを良くする• 仏壇は先祖供養でき 故人との対話の場を作れる• 安置する目的が大事 神棚と仏壇を安置する目的を明確にし 正しい方法で安置することで 神様や仏様に感謝を伝えることができます。 しかし家の構造によっては、 必ずしも全てのマナーを 守ることができるとは限りません。 祀る上で1番大事なのは 何のために祀り どういう気持ちで接するのかです。 祀る目的をはっきりと持つことで 毎日アグレッシブに過ごし 神様とご先祖様に気持ち良く 過ごしてもらいたいですね。

次の

仏壇の方向について

仏間 位置

最も適した部屋はもちろん仏間です。 しかし、最近では仏間のない家も増えてきていますし、都市型住宅の場合は部屋も限られてきます。 そういった時代の流れから、考え方や作法も変わり、特に置き場所に決まりは無くなりました。 といっても、適していない場所が無いわけではありません。 トイレやお風呂場などはそもそも部屋ではありませんし、水気がある場所は木製品を置くと様々な問題が生じます。 また、直射日光が当たる日当たりの良い場所は一見明るく、良い場所に思われますが、主な素材が木材である仏壇には避けたい場所です。 ヒビやソリなどがでて、破損の原因になります。 現在ではリビングにお仏壇を置く方が増えています。 キッチンに近いため、給仕がしやすいという利点があります。 洋室用に作られた仏壇もあり、家具調仏壇、モダン仏壇などの名称で販売されています。 その他、床の間や居間なども置き場所としてよく利用されます。 置き場所に困った場合は「できるだけ、ご先祖様に感謝の気持ちを表しやすい場所」と考えて場所を決められると良いでしょう。 一般的に、寝室などの客人を通さない部屋は、お仏壇の置き場所として適していないとされています。 それは、一般的なお仏壇はお参りする方が多いほうが良いとされており、その家で客人が手を合わせやすい場所が良いとされているからです。 しかし、寝室に置くことが必ずしも駄目ということはありません。 現在では「手元供養」という供養方法が広まりつつ有ります。 「手元供養」は一家のための仏壇では無く、個人のための仏壇として考える供養方法で、自身の一番お参りがし易い場所にささやかな祭壇を設け、手を合わせる様な供養の方式です。 この「手元供養」では、自分が一番リラックスできる場所にお仏壇を置くことをお勧めしています。 つまり、寝室などに小さなお仏壇や小型祭壇を置くことは、現代の「手元供養」で推奨している方法なのです。 キッチンに置きたい場合 よく「北向きにお仏壇を向けてはいけない」とされる事がありますが、これには昔の住宅事情が関わっています。 昔の一軒家は日を良く取り入れるため、窓が南向きに大きく開いている作りをしていました。 そのため、お仏壇を北向き(南側の壁側)に置くことは窓や縁側を背にすることが多く、現実的ではありませんでした。 また、直射日光が当たる場所であるため、木製品である仏壇の安置に向いていません。 しかし、近年では住宅の都市型に伴い、窓と壁の位置関係も様々になりました。 家によっては、南向きの日光はあまり入らず、西日がよく差し込む間取りもあるでしょう。 その家々により、適した場所は異なります。 間取りや日当たりなどを考えて置けば、どの方角でも問題はありません。

次の