氷 が 食べ たく なる 理由。 氷を食べたくなる原因|岡山gdmクリニック

貧血で氷が食べたくなる理由は?

氷 が 食べ たく なる 理由

氷をたくさん食べることを氷食症と言います。 氷食症は異食症の一種とされています。 異食症とは本来食べるべきものではないものを食べるという疾患で、土を食べたり釘を食べたりします。 鉄欠乏性貧血の時は異食症(ほとんどは氷食症)になり、氷を好んで食べます。 ただし、なぜ氷を食べたくなるのかまだ2019年の時点でははっきり証明はされていません。 氷を食べたくなる理由についての仮説は以下の5つです。 他の患者さんでも、バリバリ食べてスーッと消える氷が心地よいという話がありました。 しかし、氷の硬さに近いものではおせんべいや、軟骨などが比較的近いと思われますが、それらを食べる鉄欠乏性貧血の患者さんの報告は見当たりませんでした。 また、以前ネズミの実験で、貧血のネズミたちは氷を舐めて水分を補給していました。 噛み砕きません。 したがって、氷の硬さに惹かれて氷を食べるということは考えにくいわけです。 味覚異常を起こすことで有名な亜鉛欠乏症に鉄欠乏性貧血も伴う割合は10%にしかなりません。 また、鉄剤と亜鉛両方とも内服することによって治療すると味覚の回復は46%、亜鉛単独では41. その差(=鉄単独で改善する確率)は約4%とかなり小さいので、おおむね味覚異常を起こしている原因は鉄欠乏症ではなさそうです。 従って味覚異常は氷食症の原因ではないと思われます。 しかし、氷食症の方の例では氷を食べていると最終的に体が冷え切ってしまって暖房をつけなければならなくなるようです。 また、冬季に氷を食べるのは体も冷え性になっていてさらに冷たくするのでかなり辛いようです。 したがって、体を冷やすために氷を食べる訳ではないということになります。 ドパミンが減少することによりなんらかの症状がでることがあります。 同じように脳内の変化が起きて氷の嗜好性が増えているのかもしれませんが、なぜ氷でないといけないのかを証明することはとても難しいことです。 鉄欠乏性貧血、嚥下困難、舌炎の3つが主な症状です。 このプランマービンソン症候群では、貧血のために舌が平滑かつ赤くなり萎縮します。 そしてこの舌は灼熱感を持つことがあります。 この灼熱感を冷やすために氷を大量に口に入れるのではないでしょうか。 プランマービンソンの症状の1つが鉄欠乏性貧血ですが、鉄欠乏性貧血における氷食症はプランマービンソン症候群の症状に似ているのではないかと思うのです。 つまり、氷食症はプランマービンソン症候群の他の型もしくは前段階の状態であると考えればしっくりきます。 したがって、氷食症は舌の灼熱感を冷やすためにおこるものと考えられます。

次の

【医師監修】氷をたくさん食べるのは貧血が原因?どうすれば治せるの?

氷 が 食べ たく なる 理由

スポンサーリンク 1:自律神経の働きが崩れている。 貧血が原因で 自律神経の働きが崩れることがあります。 自律神経のバランスが崩れることで、 ほてり、微熱、頭痛、耳鳴り、息切れ、無気力などいろんな症状が現れ、悪影響を及ぼします。 自律神経の乱れからくる氷食症は、ほてりや微熱感から氷が欲しくなります。 症状が出てから自律神経が崩れることが多いので、体がほてって無性に氷が食べたくなる人は、貧血が原因で自律神経が崩れていると言えるでしょう。 2:口の中が渇く 貧血が原因で 口の中の温度が高くなり、口の中が乾き、氷が食べたくなります。 貧血で体は冷えているのに、口の中が熱く冷たいもの欲しがる。 氷を食べることで体は、さらに冷えていくとういう悪循環に!また、月経時のときだけ口の中が乾くといった症状がある人もいます。 これは月経量の多さで鉄不足を引き起こしていて、月経が終わると口の渇きがいつの間にか収まるという 一時期的に氷食症に陥るひともいます。 3:顔色が悪い 顔に赤みが無く、青白い顔色の人は、まず貧血を疑いましょう。 鉄分が不足すると、ヘモグロビンが減少し 血液中の酵素濃度が薄くなります。 ヘモグロビンは酵素と融合して赤くなるので、鉄分が足りないと赤味がなくなり、顔が青白くなります。 顔だけではなく手のひらや、下まぶたの裏が白い人は間違いなく鉄不足です。 顔色が悪いうえに、氷を食べることで体を冷やし、血流を悪くして 体調を悪化させてしまう原因になります。 4:寝つき、寝起きが悪い 睡眠も貧血が原因で悪影響を引き起こします。 ひどくなると 睡眠障害や昼夜逆転まで引き起こすとこともあります。 眠れないから氷を食べる。 朝眠いから目を覚ますために氷を食べているなんて人もいますが、 氷を食べることで体が冷えてしまい、寝つきをもっと悪くしてしまう原因になります。 5:疲れやすい いつも疲れている、だるいと感じている人は 鉄分不足です。 特に中高年の方は「年だから」と思いがちですが、実は貧血が原因ということもあります。 鉄分が不足すると体への酵素供給量が減り、疲れやすい、だるいといった症状がおこります。 疲れやすい、だるいと感じている人のなかで、氷が食べたくなる人は鉄欠乏症の疑いがあります。 年のせいと思わずに一度、 貧血検査を受けてみると良いでしょう。 6:めまいがする 貧血からくるめまいは、天井や床がぐるぐる回るといった動きではなく、おもに「ふらっとする」という症状で、 立ちくらみや目の前が暗くなる、血の気がスーッと引いていく。 といった症状です。 前項でもご紹介したように、鉄分が不足していると酵素供給量が減ります。 そのせいで、脳にも酵素量が不足して 脳貧血を起こしているかもしれません。 めまいがして氷を食べると落ち着く人もいるようですが、さらに血流が悪くなるのでやめた方が良いでしょう。 7:とにかく無性に氷が食べたくなる 熱い訳でもなく、好きでもないのに、とにかく無性に大量に氷が食べたくなる。 製氷皿1皿以上食べてしまうような人は要注意です。 鉄欠乏症により、さまざまな原因からくる氷食症ですが、 とにかく無性に氷が食べたくなる人、がまんが出来ない!なんて人はすぐに病院で貧血検査をした方が良いでしょう。 自分で治す改善策はのちにご紹介しますが、このタイプは 医師の診断を受けることをお勧めします。 まとめ 氷食症は鉄欠乏症が原因だということをご紹介しました。 これらの改善策は共通しています。 今からご紹介する改善策をすぐに実行して脱鉄欠乏症しましょう。 ・鉄分の多い食品をとる(ほうれん草・レバー・プルーン・ハトムギ茶など) ・鉄分の吸収を助けるビタミンCを摂る ・適度な運動をして、血流の流れを良くする ・十分な睡眠をとる ・食事で補いきれなければ、サプリメントを利用する ・赤血球を作る、牛乳や卵を積極的に摂る 氷食症は体を冷やし、 新陳代謝が落ちてしまうのでお肌のハリや潤いをなくしてしまいます。 症状が強い人は一度、病院に行って検査をしてもらうと良いでしょう。 スポンサーリンク.

次の

【妊娠出産のウソ&ホント】妊娠中は氷が食べたくなるってホント?|「マイナビウーマン」

氷 が 食べ たく なる 理由

・ 氷食症 ひょうしょくしょう -異常な量の氷を食べる・大人に多い ・ 土食症 どしょくしょう -土を食べてしまう・子供に多い ・ 食毛症 しょくもうしょう -体毛をむしりとって食べる・子供に多い 氷食症は氷を食べるのが止められない ついつい氷を口に入れてしまうという「氷食症」。 ジュースを飲んだついでに氷を2~3個ほど、ただ氷をガリガリと食べるのが好きなだけでは?という事ではありません。 一日に製氷皿1皿分以上 氷20~30個以上 の明らかに異常な大量の氷を、 ガリガリと食べてしまう症状のことです。 どんなに寒くても、氷の食べ過ぎで口の中が切れてしまったとしても、 氷を食べ続けてしまうことで、体にさまざまな悪症状を引き起こすため、 「たかが氷」 と甘く考えてはいけない病気なのです。 氷食症の原因は2つ? 氷食症になってしまうのは成人の女性が多く、実はいまだ 原因不明 とされていますが多くは 暑くなった口の中を冷ますためのに氷を食べる と考えられています。 自分の髪やまつ毛などを抜くのが止められない[]からの移行もあると言われています。 「氷を食べることがやめられないこと」=「強迫行為」 と、頭では分かっているのに止まらない心の状態です。 しかし、実際のネット上の体験談を見てみると 氷食症を発症したのは、 突然大切な人やペットとの死別がキッカケだった、何年か氷食症が続いたが、何がキッカケかはわからず ある日突然治った 氷食症がなくなった というよう方もいらっしゃるようです。 他の説についても 「なぜ鉄分が足りないと氷が食べたくなるのか」 「なぜ氷を食べないといけないという強迫観念になってしまうのか」 についての関連性も いまだ明らかにされていません。 氷食症は太る! 氷をなぜそんなに食べたくなるのか?それは 体や心が、何かの栄養や満たせるものが不足している とうSOSのサインだからです。 本来、無味無臭で栄養もない「氷」を美味しいと感じ、 大量に余計な「水分」として体に取り込むことは太る原因にもなります。 精神面で氷を食べ続けて太る理由 精神的なストレスを抱えていて、食事も思うように食べられない時、 たまたま氷を口にして噛むと「スッキリ」するという感覚で食べ続けてしまうことは、 自律神経が上手く機能しなくなっているということです。 通常、氷を食べ過ぎると胃腸が冷やされるので、食べるのをやめようと思うはずが、いつまでも満足感が得られず食べ続けてしまうということ。 氷は特に料理をする必要もないし、製氷皿にはいつも氷があって、簡単に口に入れられて満足できる…という無意識で氷に手が出てしまうのです。 氷食症は体の鉄分不足 実際に、氷食症となる方のほとんどが 「体の鉄分不足」による• 鉄欠乏症• 鉄欠乏性貧血 という症状が原因とされています。 細胞が酸欠状態になると引き起こす体の不調 血の鉄分が不足すると、赤血球が不足し 脳に十分な酸素が供給されなくなるります。 すると、自律神経に狂いが生じ、様々な症状を伴うようになります。 生理不順• 冷え性• 顔色が悪い• 動悸・息切れ• 疲れやすくなる• 食欲不振• めまい・立ちくらみ• 記憶力が低下• 持久力が低下• 寝つきが悪くなる さらに、食欲不振で栄養不足が続くと• 肌荒れ・爪が反る・爪が割れやすい 氷の食べ過ぎで• 口の中が切れる・歯が欠ける など、日常生活に支障をきたすようになります。 氷食症が女性と子供に多い理由 女性は男性よりも体質的に鉄分が不足しやすい特徴があり、 実際に妊娠中の方に氷食症を発症する方が多いとされています。 女性が氷食症になる原因 ・妊娠中の方…おなかの赤ちゃんを育てるため妊娠中は母体の鉄が胎児へ移動するため ・授乳中の方…母乳にも鉄分が含まれるため、授乳によって鉄が失われる ・生理による出血で、一日に失われる鉄の量は男性の2倍以上 ・無理なダイエットで食事の量を減らすことで、栄養不足に 子供にも多い氷食症 またある調査では、最近は 献血も出来ないほど貧血状態の女性が多くなっており、 その母体から生まれた子供は、母親の栄養状態をそのまま引き継ぐため、栄養バランスが崩れた偏った食事を好むことで、氷食症の子供も増えていると言われています。 鉄は血液をつくる 人間が生きていくうえで絶対欠かせないとして 男性で3〜3. 5g 女性では2〜2. 5g と言われていて、そのうちの 約60%は、 ヘモグロビンをつくるために使われる鉄として血液中に存在しています。 鉄不足=ヘモグロビンが作ることができない ヘモグロビンは、赤血球の中に存在するタンパク質の一つで、 肺から全身へと酸素を運搬する役割を担っています。 体内の鉄が不足するということは、ヘモグロビンをつくる材料が減ってしまうということ。 そうなると、全身の組織や臓器に酸素が行き渡らなくなり、 体内がいわば酸欠状態になってしまいます。 これが、鉄欠乏性貧血という病気です。 関連 鉄分が豊富な食材は 鉄分が豊富な食材としては、• 魚や貝の魚介類• レバー• ひじき• ほうれん草 といったものが有名です。 男性はもちろん、日頃から不足しがちな女性は特に、これら食材から、十分な鉄分を補給する必要があります。 関連 氷食症は何科で診断?治療・予防は 氷食症が疑われたら、どうすればいいのでしょうか。 貧血改善として 貧血予防の立場からは、一般の貧血と同じように鉄分の多い食材を摂取し、バランスのとれた食生活をするという基本的な食事へのケアが必要です。 消化器科 婦人科 を受診して、まずは 血液検査で数値を測り貧血かどうかを確かめることができます。 鉄欠乏性貧血だった場合は、• 胃潰瘍• 大腸がん• 子宮筋腫 などを併発している可能性もあるため、 早期発見が最も大切です。 貧血に対しては 「鉄剤」といわれる飲み薬や注射などの治療法があります。 強迫性障害改善として 強迫性障害の立場からは、治療には 心療内科 精神科 を受診することになります。 抗うつ剤などの薬物療法が一般的ですが、 強迫性障害の人には完全主義者 潔癖な人 の傾向が強いため、 認知行動療法などで、自動思考(無意識的な考え方のクセ)を修正していくことも考えられます。 いずれの治療も、主治医の先生に従って、再熱・再発をしないように経過を見ながら長期的に取り組む必要があります。 まとめ 氷食症かなと思ったら、まずは ・鉄分の補給=貧血予防 ・ストレスを改善 がもっとも効果的です。 一般の貧血と同じく、鉄分の多い食材を中心にバランスのとれた食生活を心掛け、信頼できる人に相談するだけでも心の安定につながります。 特に現代は、20歳代前後の若い女性に 鉄欠乏性貧血が多く見られ、その数は4人に1人とも、10人に1人ともいわれています。 氷が無性に食べたくなる氷食症は、鉄分や心を満たすものが不足した、あなた自信からのSOSかもしれません。

次の