ベンツ a 評価。 【ベンツSLKは優雅なカブリオレ】維持費やカスタム・試乗評価からAMGとの違いまで

新型ベンツ Aクラス 価格・値段をグレード別に紹介!

ベンツ a 評価

Aクラス 2017. 03 2017. 15 輸入車好き ベンツAクラスの評価・口コミ・燃費をチェックしてみた【乗り心地が意外と・・?!】 ベンツの人気車、 Aクラス。 エレガントで優雅かつアグレッシブなデザインで、コンパクトカーでありながらベンツ車であることが一目で分かります。 コンパクトカーに乗るにしても、デザインや性能にこだわりたい人に人気ですよね。 Aクラスのドライバーを見ていると老若男女問わず、いろんな人を見かけます。 今回はそんなベンツAクラスの 評価・ 口コミ・ 燃費をチェックしていきます。 メルセデスジャパンの売れ行きではトップ3に入る人気車ですが、その評価はいかに・・・ スポンサーリンク ベンツAクラスの評価や口コミは? 評価や口コミを エクステリア・インテリア・走行性能の3項目に分けてチェックしていきます。 エクステリア• 以前まではマダムの車のイメージだったが、今のは若い人でも乗れる• 普通にカッコイイ• コンパクトカーでもメルセデス感満載• スポーツグレードなどの赤ラインの演出が無い方が好き• 前から見るとAクラスかCクラスか分からない(良い意見)• マイナーチェンジでヘッドライトにLEDが搭載されてイイ感じ エクステリアは概ね高評価です。 2013年以前のモデルはマダムの愛車感が強かったですが、現行型のAクラスは若い男性にも支持されるようになっているみたいです。 現行型のAクラスはスポーティで若々しくなりましたから、迫力のあるデザインやエレガントなデザインを求めている人に、好まれているようですね。 私も(30代)以前のAクラスは見向きもしませんでしたが、今のAクラスは街中で見かけるたびに「やっぱり国産コンパクトとは違って迫力あるな」と思ってしまいます。 sportグレードのインテリアが攻めた雰囲気で良い• 3蓮エアコンがスポーティな雰囲気を出している• メーターが見やすい• ベーシックパッケージじゃないとマニュアルエアコンなのが残念• ボタンが多くて大変そうだが、慣れると普通• BMWやアウディもそうだが、インテリアが共通していて、乗り換えても扱いやすい• 後席は見た目通りの広さで、広くもないけど狭くもない インテリアも概ね高評価でした。 多くの人が高級感があると口コミしていました。 最近のベンツ車はインテリアの質感がとても高いですよね。 (Cクラスもかなり立派ですし) 引用元 価格が価格なので当然という声もあるかもしれませんが、 同価格帯のライバル達と比べた時に、Aクラスの質感はかなりアドバンテージがあります。 ライバルはVWゴルフですが、ゴルフのインテリアと高級感の差は一目瞭然です。 Cセグメントで高級感のあるインテリアを求める人には好印象でしょう。 走行性能• 不足は無いけど、ライバル勢に比べると物足りない• 元気よく走るエンジンではない、良く言えばマイルドとも言える• 発進から元気よく走りたい人には物足りない• スタートが重く、ズングリしている• セッカチな人だとストレスなエンジン• A250 だと十分な速さ。 だけど盛り上がりのないエンジン。 多くの人が「遅い」とか「発進で重い」と口コミしています。 これだけ多くの人が口を揃えて評価するということは、Aクラスのエンジンに軽快感は無いと判断できそうです。 180とは違い、 250グレードでは十分な加速力を得れるということでした。 (250のエンジンはCクラスでも使用) 引用元 ただし、250はスムーズで速いけど、楽しいというエモーショナルな部分は無いとのこと。 Aクラスのエンジンはパッとしない意見が多めです・・・ ベンツ的には「楽しいエンジンをお求めの場合はAMGをどうぞ」ということなのかもしれません。 でもAクラスを購入する人のほとんどは180か180sportで、AMGを購入する人はほとんどいないハズ・・ 一番の売れ筋である180に、もうちょっとレスポンスの良いエンジンを搭載してほしかったですね。 ゴルフやプジョーのエンジンに負けていると言われても仕方がないです。 ここまでエンジンに対して厳しい評価をしてきましたが、中には「マイルドで自分に合っている」とか「トバさなければ快適」というポジティブな意見も見られました。 Aクラスを購入する時は、試乗の段階でアクセルをシッカリ踏んで、ドライブフィールを確かめる必要がありそうですね・・・ 酷評だった乗り心地に変化が ベンツAクラスの弱点と言われていたものがあります。 それは 乗り心地です。 2013年デビュー当時のAクラスはスポーティに振りすぎていて、乗り心地が悪いという意見が目立ちました。 ベンツ車という上質なイメージで運転すると「ううぇ!?」となるほど乗り心地が悪かったと言われています。 スポーティな味付けが好きな人に問題ないかもしれませんが、快適な乗り心地を期待していた人にとってはツライ乗り心地だったようです。 しかし、その 不評だった乗り心地に変化が・・・ Aクラスは2016年の3月にマイナーチェンジを行ったのですが、この マイナーチェンジで乗り心地がかなり改善されたというのです。 ベンツの公表ではサスペンション関連のアナウンスはありませんでしたが、ヒッソリと改良を行っていたのでしょうね。 元々、年次改良でコツコツと改善していくタイプのベンツですから、お客様からの不満の声が届いたのだと思います。 Aクラスの乗り心地の変化は、プロの評論家や多くのオーナーも口にしており、間違いなく乗り心地は良くなっていると判断できます。 もし、これからAクラスの購入を考えている人がいたら、新車購入か2016年3月以降の製造モデルがオススメですよ。 スポンサーリンク Aクラスの燃費はどれくらい?? Aクラスの実燃費を調べてみました。 オーナーの評価では「思っていたよりも悪い」とか「改善を望む」という意見も多数見られ、燃費は不評のようでした。 これらの 低燃費を出すにはエコモードの使用が必須なようです。 コンパクトカーを購入する人は燃費性能も求めている人が多いと思いますので、改善の余地ありかと思います。 Cセグメントのライバルである VWゴルフやプジョー308は、Aクラスよりも明らかに低燃費なので、燃費性能重視の人はそちらの車の方がオススメできます。 (しかもゴルフや308は、エンジンも軽快で気持ち良い)• エクステリア・インテリアは高評価• エクステリアは昔のAクラスに比べて、スポーティで若々しく、老若男女問わず人気• インテリアは同クラスのライバル勢の中で一番高級感がある• エンジン性能はイマイチ。 ライバル勢のような軽快感を期待すると、期待ハズレかもしれない• ゆったり走りたい人には不足感の無いエンジン• 以前までのAクラスは乗り心地が硬く賛否両論だったが、2016年のマイナーチェンジで改善された• 燃費はエコモード使用で4割ほど伸びる Aクラスのシャシー性能はライバルに負けているとは思いませんが、エンジンの力不足は否めません。 Aクラスは見た目がスポーティですが、それを期待して乗るとエンジンは意外とマイルドなので、ギャップを感じる人も多いハズと思います。 ただ、それでもAクラスはやっぱり魅力的。 他メーカーにはないエレガントなエクステリア・高級感のあるインテリアなど、ライバルを圧倒しています。 それがこのAクラス最大のウリですよね。 国産車は当然として、他外車メーカーも寄せ付けない特徴です。 そこに魅力を感じる人にはAクラスはかなり「アリ」なのではないでしょうか。 それでは今回はこのへんで・・最後までご覧いただきありがとうございました。

次の

ベンツAクラスの評価・口コミ・燃費をチェックしてみた【乗り心地が意外と・・?!】

ベンツ a 評価

4気筒1. 4リットルとは思えない加速感で、思わず「おおっ!」と言ってしまいました。 アクセルを踏むと俊敏に加速する感覚は以前試乗したレクサスUXと対照的でした(レクサスUXはマイルドに加速するイメージです)。 高速に乗ってどの程度なのか気になりますが、街乗りでは十分な加速です。 7速DCTの恩恵だと思います。 ブレーキは日本車のつもりで踏むと急ブレーキになります。 車線変更をするときの確認が、外のミラーが教えてくれるので、安心です。 高回転は、良い音。 プリウスより静か。 走行性能は、低速で、ラフにアクセルを踏むとギクシャクする。 プリウスのほうが、なめらか。 必要十分のパワーにキビキビしたハンドリング。 アクセルワークがちょっと敏感な感じです。 乗り味はイメージより固くはなかったです。 妻は後席に乗りましたが、硬いと言ってました。 低速時は軽いハンドリングで思った以上に小回りが利きます。 走行時はしっかりとした感覚で安心感があります。 雨天で風が吹く高速道路ジャンクションの急カーブ、金属段差でも安定感がありました。 全く同じ状況をプリウスで走りましたが安心感が全く違います。 自動運転支援、安全運転支援機能の充実と制御の調整具合が良いです。 mercedes-benz. ブレーキの効きは早めで気を使うがこれはパットが熟れてくればある程度解消されるのではと想像する。 安全機能は十分過ぎるくらいの機能がある。 どれも事故を未然に防いでくれると思わせる性能である。 特に自動追尾系、ブレーキ系、ブラインドスポットは安心感がある。 オプションの360度カメラはどこまで使えるかはまだ未知数、それほど大きな車体でもないのでリアカメラだけでも十分かも知れない。 ブレーキはあたりがついてないのが、きき始めがやや唐突な感じがして、もう少しきき始めはソフトな方がコントロールしやすい気がしました。 motormagazine. クオリティが高い! ダッシュボードの概念を覆すほどのインパクトがあります。 10インチ相当のモニターが2つ並んでいるのですがその視認性が抜群、画角やコントラストや輝度が全然昔と違います。 このインパクトは大きいです。 「ナイトライダー」を見て育った世代なので、未来感あふれるインテリアやガジェットには大満足です。 特に特筆したいのがナビ、日本製の純正品に比べると機能がしょっぽいとよく聞かれましたが、全くその事がなく、全然違和感なく使えました、 行き先の入力が難しい、マップコードが使えないとかはMercedes me connectアプリのSend2Carを使えば寧ろ簡単、案内も適切で迷う事が殆ど無い。 直感では、何なのか分からない。 メルセデス乗りは、問題なしか。 motormagazine. 4人乗りの長距離は、やや厳しいかも。 街乗り時は十分静か。 高速時は、路面によってはやや賑やかですが個人的には許容範囲。 また、仮にもオーバースピードで入っても、安全装置や、ハンドル補助が有効で、かなり楽に運転できます。 そこで踏み込めば、もう1段階、ノーズが入ります。 フロントサスが、良いからです。 リアは跳ねます。 マルチリンクだろうと、トーションビームであろうと、この車の特性からすると、もう少しでもストロークは欲しかったところです。 ストロークがあまりなく、底付き感も半端ない。 しかし、後部座席に座らなければ、乗り心地は、それほど左右されないのかもしれません。 motormagazine. 後輪マルチリンクの有無が、影響大。 但し、ロードノイズは、180の勝ち。 それでも圧倒的に静かではなく、ただのハッチバック並み。 妻は後席に乗りましたが、硬いと言ってました。 Aクラスセダンに少し期待しよう。 ナビは、おかしな案内されることがたまにあります。 自動運転、自動パーキングは使いやすく便利。 オンラインAIは今後の5Gインフラの敷設と自動運転技術向上で5年後には当たり前の機能となるでしょうが、その最初の車を購入する機会に恵まれた事は大変嬉しいです。 それなりのスキルを身に着けないと乗りこなす以前に使いこなせない。 それくらい機能が豊富に備わっている。 運転よりも操作することが必要である。 運転免許を取っただけでは使いこなせないという印象でありパソコンと同じくらいのサポートが必要。 500万円、あるいは550万円というフルオプションで買う人も多いAクラス。 決して安いクルマではありませんが、どこまでその価値を見いだすか…やはり乗ってみないことにはわからないでしょう。 できるだけ多く試乗して、家族で体感してから商談に臨むのが大事な一台となりそうですね!.

次の

ベンツCLSの評価や口コミは?美しいセダンクーペの特徴は?

ベンツ a 評価

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! ディーラーでは30万円の下取りが、 買取業者では80万円になることも 多々あります。 一括査定サイトを使うことで、 大手下取り会社の最大10社が あなたの車の買取価格を 競ってくれるので、 結果的に値段が吊り上るのです。 ベンツと言えば、お高いクルマというイメージが強いでしょうか? では、メルセデスと言えば、気品ある響きに聞こえますでしょうか? メルセデスのベンツは、恐らく知らない人はいないであろう外車ですが、純粋に日本で最も売れている輸入車と言っても過言ではありません。 豊富なラインナップを揃えるメルセデス・ベンツの中でも、比較的、価格帯が低く購入し易い新型ベンツAクラスにセダンも加わりました! 新型ベンツAクラスの価格とグレードを紹介しましょう。 mercedes-benz. jp メルセデスベンツのAクラスは、Cセグメントのコンパクトカーとして、ベンツの中ではエントリーモデルに分類されます。 でも躍動感のあるフロントには、いかにも「ベンツなり!」っていう独特マークが中央にあって、メルセデスとしてのアピールは健在です。 そして、キリッとした顔つきのフロントフォルムもクールですが、現行ベンツAクラスの特徴として、後ろから見れば、オシャレでスタイリッシュなのに、どこか気品ある風格を放つハッチバックのテールも、魅力的に映ります。 mercedes-benz. jp そのスッキリとした後ろ姿からは、スポーツバックとしての印象が濃いスタイルでもありますが、全長4420mmの新型Aクラスボディは、トヨタ・アクアの4,050mmよりもおよそ400mm =40cm)も長く、プレミアムという言葉がハマって、高級感のあるインテリアシートに座れば、日本のコンパクトカーの印象とは異なることが、すぐにわかります。 mercedes-benz. mercedes-benz. module. html これまでのハッチバックのコンパクトさはそのままに、コンパクトセダンのスタイルを装備して誕生した新型ベンツAクラス・セダンは、特徴的なゆったりとした後部座席が、新たなラインナップに加わりました。 mercedes-benz. module. html 排気量1. 3LのA180セダン 税込価格344万円~ と、排気量2. 0LのA250 4MATICセダン 税込価格476万円~ の新たなラインナップは、これまでのCLAクラスに匹敵するサイズを備えつつも、低価格という性能を実現したメルセデスの粋な心意気に、思わず心躍るオーナー達の笑顔の数もグングン増大しそうです。 新型ベンツAクラス、シンプルなエンジンサイズ 新型ベンツAクラスの現行モデル、排気量を含めたエンジンサイズは、大きく分けて1. 3Lダウンサイジングのガソリンターボエンジン A180シリーズ と、2. 0Lのクリーンディーゼルターボエンジン A200d 、そして新たに加わった2. 0L直4ガソリンターボエンジン A250 4MATIC の、シンプルなエンジングレードからなります。 駆動方式については、初代では賛否両論があったそうですが、全車にFF駆動方式が採用されて、さらに最近では、普通にクルマとの対話をこなす、AIを搭載したテレビCMもお馴染みです。 今の時代を反映するかのうように、AIのホットな話題にも取り上げられる新型ベンツAクラスは、ハッチバックでもセダンでも、オーナーのお好みに全力で迎え入れる準備ができています。 mercedes-benz. jp 安全性能にも定評のあるメルセデスですから、標準搭載されるパーキングアシスト360度カメラシステムや、フロントガラスに映し出されるヘッドアップディスプレイ、また、オプションに用意された最高峰「レーダーセーフティパッケージ」、さらに、AI機能を発揮するメルセデスMBUXナビパッケージ。 新型ベンツAクラスが持つ性能のコストパフォーマンスには、その全てがわくわくドキドキで、既にトキメく遊び心をくすぐられて、膨らむ期待に心を躍らせる多くのドライバーをお待ちしています。 それでは具体的に、ベンツAクラスの全グレードの価格をご覧ください。 新型ベンツAクラス/グレード別、価格とカタログ燃費 新型ベンツAクラス ハッチバック の、シンプルなグレードは下記の通りです。 ガソリンエンジン仕様のA180シリーズは、ターボ車ですがカタログ燃費で15. (新型ベンツAクラス・セダンの燃費性能はまだ公表されていません。 ) これまでのA180シリーズは、残念ながらエコカー減税の対象車ではありませんので、エコカー減税の環境性能レベルが、毎年厳しくなっていることがわかります。 注目は、エコカー減税適用になるかどうか、諸費用未定で現在審査中の、クリーンディーゼル仕様でしょう。 クリーンディーゼル仕様車がエコカー減税適用になれば、購入時に実質16万円程度の値引きに相当するのですから、これは大きいです。 さらにCEV補助金による15万円程度のキャッシュバックが加われば、トータルで31万円程度の実質値引きが実現する可能性があるのですから、ガソリンエンジンのA180シリーズよりも、さらに低燃費のA200dクリーンディーゼルエンジンに期待したいところですが、2019年10月の消費税10%に加えて、自動車税に関わる大幅改正も気になります。 ガソリンエンジン仕様よりも税込価格で 71万円高い、クリーンディーゼルがお得か否かの先行きは、今のところ、残念ながら不透明ですし、泣いても笑っても10月には消費税10%にアップが控えています。 ですから、今年、新型ベンツAクラスが欲しいという方なら、ダウンサイジングターボで低燃費のガソリンエンジングレードで、すぐに値引き交渉を進める方が、得策かも知れません。 新型ベンツAクラス/価格口コミ 価格. COMのサイトでは、クリーンディーゼルよりも一足先に納車が始まっている、新型Aクラス2018年現行モデルの口コミについて、18人の方が投稿されています。 mercedes-benz. jp 口コミの内容を見てみると、エクステリア 外観 とインテリア 内装 では、5点満点中で4. 5点以上の高得点をマークしていますから、素直に、デザインの良さと質感の良さは本物だと言えるでしょう。 新型ベンツAクラスの気になる価格と言えば、諸費用や、AI機能を発揮するMBUXのナビオプションを含めると、およそ450万円~550万円の価格帯になります。 ちなみにMBUXは、Mercedes Benz User Experienceの頭文字を略した言葉で、そのままエム・ビー・ユー・エックスと読むそうです。 ではコストパフォーマンスの観点で、実際の口コミを見てみましょう。 【価格評価:4】絶対金額のハードルは高いですが、いろいろ比較すると500万で乗れればお安いのかと思います。 EuroNCAPでの後席チャイルドシートの安全性は全クラストップです。 車自体の優れた安全性と先進の安全装備、現時点クラストップの先進機能、オンラインAI搭載、スタイリングと内装は単純かつ明快に格好良く、質感も高い。 【価格評価:4】A180styleが、369万円からのスタートで色々私なりに欲しいものをオプションをつけると450万くらいになりますが、コスパは優秀だと思いました。 【価格評価:3】月々75,000円(ボーナスなし)。 3年払いのローンです。 kakaku. それでも価格評価4点を示している人は、価格以上のコストパフォーマンスに満足されているかと思えば、価格評価3点や2点など、価格に関する総合評価は3. 5点程度ですから、多くが高いと感じる販売価格であることは否めません。 mercedes-benz. jp また、スポーティな外観の予感とは裏腹に、新型Aクラスのパワー感には、不満の声も見られます。 3Lのガソリンターボエンジンが持つ136馬力のパワーと、加速に必要なトルク200N・mのスペックでは、1360kgの車重を動かすには、下手をすればNAエンジン並みとも思える、パワーに対する不満が、スタイルの良さに対して足を引っ張る結果で、総合評価4. 1点に留まっています。 これは、同じコンパクトカークラスの平均評価4. 3点を下回る数値です。 mercedes-benz. jp スポーティーなフォルムを持つ、格好いい新型ベンツAスタイルなのですから、ここは減税抜きにして、低回転から大きなトルク 320N・m を発揮できる、クリーンディーゼルのモデルに期待したいところです。 mercedes-amg. html 日本ではパワー感に大きな不満が残る新型ベンツAクラスですが、ヨーロッパでは話題だけでなく、スペックでも最強と言える、ホットハッチなAMG A35 4MATICが販売されています。 3Lのノーマル・ガソリンモデルとは異なる、2. 0L直列4気筒のガソリンターボエンジンが持つスペックは、加速に必要な最大トルクは400N・m =ノーマルの2倍 で、ノーマルの2倍以上に匹敵する、300馬力オーバーのパワーを備えています。 この強力なスペックから放たれる加速性能は、停止状態から時速100kmに到達する時間はわずか4. ちなみに、メルセデスAMGシリーズは、安全に速く走るという、クルマの基本コンセプトに則って、エンジンだけでなく、クルマを構成する全ての部品にまで、新たな設計思想で創りあげる、好きな人にはたまらない、メルセデス車の人気シリーズのジャンルです。 そして、本物のメルセデスAMGには、マイスターと呼ばれる、認められた職人だけが手作業で組み立てたエンジンには、そのエンジンを組み立てたマイスターの、個性あふれる名前が刻まれています。 新型ベンツAクラス/価格まとめ 新型ベンツAクラスは、税込み販売価格300万円代からなる、ハッチバック型スタイルのメルセデスのエントリーモデルで、同じハッチバックスタイルを掲げるVWゴルフやBMW 1シリーズが、競合車となります。 mercedes-amg. html エントリーモデルと言えども、クールな外観とスタイリッシュなハッチバックスタイルに、ベンツブランドをアピールした象徴的なマークを大きく中央に掲げて、期待を裏切らないメルセデスとしての、プレミアムなクオリティと安全性能は、安心してご購入いただけるレベルに仕上がっています。 そして、待望の新型ベンツAクラス・セダンが加わったことで、ますますAクラス中毒にハマってしまうオーナーも、新たに増加してしまうかも知れません。 是非ディーラーへと足を運んで、本物の新型ベンツAクラスを、ご自身の目で見て頂きたいクルマに仕上がっています。 mercedes-amg. html 忘れてならないのが、妥協の無い新型ベンツAクラスに搭載された、メルセデス最新のAI機能は大きな注目の的ですから、安全神話と最高峰のメルセデスブランドを掲げた、ベンツが創るクルマの高級性能を満喫するには、是非ともフルパッケージオプションが欲しいAクラスです。 全てを網羅したフルパッケージの購入金額は、一声500万円を超えるでしょうから、その価値と価格を見極めるのに、大いに頭を悩ませるオーナーは少なくないでしょう。 さらに、ガソリン車以上の低燃費で、ガソリンよりも低価格な軽油燃料を使用する、新型ベンツAクラスには、メルセデス初となるクリーンディーゼルエンジンの、エコカー減税に関する今後の動向にも目が離せません。 2019年10月を目前に、減税と消費税の動向、そして納車のタイミングを見極めて、素敵なメルセデスライフを笑顔で迎え入れましょう。 mercedes-benz. jp この記事を書いた人 yoshiaki1974. 7 心はクルマ好き少年のまま、気付けばオジサンになってしまった40代エンジニアの語らう思いを届けましょう。

次の