鮨 かくの。 かくきゅう (KAKUKYU)

鮨波やしの二番手が独立!「かくきゅう(KAKUKYU)」(新高円寺)

鮨 かくの

高円寺にある超予約困難店「鮨 波やし」の二番手を務めていた方が独立したとの情報を聞きつけ早速行く事にした。 鮨好きの間では「鮨 波やし」、予約が3年位取れないの知ってるよね? 一度行った知人に予約をお願いしたんだけど、当時で東京オリンピック終わった次の年の案内だったらしいから予約辞めたって(笑) 確かに、今の私でもいくら行きたい店だからと言って数年後先の予約は取らない。 話を戻そう。 二番手の方が出店したお店の名は「かくきゅう(KAKUKYU)」。 アクセスは師匠のご近所新高円寺だ。 まだ比較的予約が取れるが、この先「鮨 波やし」同様超予約困難店になるのか!? 友人と行ってきたので紹介しよう。 「かくきゅう(KAKUKYU)」へ初訪問 予約は1ヶ月前に電話で取った。 たまにご一緒する鮨好きの知人から、 「鮨 波やしの二番手が独立したから、先に行ってどんな感じかレポよろしく」と、メッセージが来た。 いや、せっかくなら一緒に行きましょうよ〜と、送るも最近仕事が忙しくて食べ歩きに行けないんだよ、と。 他の友人を誘って訪問。 (6月の時点で週末は1ヶ月先まで予約で埋まっているが、平日は当日予約でも入れる時の方が多いと言っていた) 帰宅ラッシュの時間を避けて、早めに新高円寺駅に降り立った。 最近車で通ってない道なので、田舎者みたいに右往左往しながらお店までの道を歩く。 新高円寺駅、0次会出来るようなお店ない? 一緒に行く友人が中野坂上に住んでいるから詳しいと思い、聞いてみると離れた南阿佐ヶ谷の方ならあるらしい。 新高円寺駅周辺はおすすめ出来る店はないから、諦めた方が良いと。 居酒屋チェーン店に行っても意味がないし、コンセプトがはっきりしてないお店に行くのも嫌だ。 なので、コンビニで立ち読みしながら時間まで待つ事にしよう。 18時から予約した。 オープンも18時らしく、友人と一緒に待機。 (早い時間から空いていれば入ってビールでも飲んで待っていたかった) 「かくきゅう」 角に九? どんな意味があるんだろう? (聞き忘れたので、大将に聞いた方居ましたら是非教えて下さい) 18時丁度、大将が出てきて暖簾が掛けられた。 私たちの他に1組(4人)居るだけなので、ゆっくり楽しめそうだ。 それでは、お邪魔します。 「かくきゅう」のおまかせコースと飲み物をとことん堪能する 店内はカウンター8席。 店主1人で切り盛りしていると思ったが、途中で女将さんが登場して夫婦で切り盛りしている。 ちなみに料理はコースのみ。 価格はなんと12,000円と凄く良心的な価格設定。 安い事に関しては嬉しいは嬉しいが、逆に不安もある。 市場の価格はある程度決まっているので、食材の良いのは仕入れられないしクオリティも下がる。 「鮨 波やし」もリーズナブルに楽しめるから有名らしい。 もちろん、雰囲気や味も素晴らしいんだよね。 (多分) 一品料理 前日、禁酒したのでビールが旨すぎる! 上品なグラスにきめ細かい泡、素晴らしい喉越し。 磯つぶ貝。 刺身盛合せ。 鮨 波やしスタイルらしい。 確かに牡丹海老が真ん中にピンっと反っている姿みた事ある。 鮪はニュージーランド産のインド鮪。 白イカは京都の舞鶴産で歯応え十分あり、甘みもしっかりある。 しめ鯖に青柳など、少しずつ盛ってくれる刺し盛りスタイル好き。 刺身には日本酒でしょ。 基本大将にお任せで頂く。 いつもハイペースだが、この日はいつも以上にペースが早いが気にしないでね(笑) 太刀魚塩焼き、平貝磯辺焼き、季節の野菜(トウモロコシ)。 太刀魚は小ぶりながら上質な脂と繊細な旨味、平貝は一味を付けて辛味のアクセントを追加し、トウモロコシの甘みも楽しめる。 休肝日明けの酒は本当に旨い! 皆夏酒飲みたいという声をお店で聞くんだけど、ラベルが夏っぽいだけじゃないの?と、思う。 中身は大した変化はないと思うんだけど、実際はどうなの? ラベルが涼しげでスッキリした感じには見えるけどね。 綺麗に裁き殻から身をほぐしやすい様にしてくれる。 時期的なものなのか、型は小さめだが味は甘みの強い蟹に間違いない。 茶碗蒸し。 真子鰈、鮑、穴子、雲丹、贅沢な食材が入った茶碗蒸し。 高級食材を入れればいいと言う発想では無いと思うけど、なんか食材が活きていないような気がした茶碗蒸し。 陸奥八仙(青森県) もう日本酒止まらないぜ。 これも見た事ある。 鮪の中落ち、沢庵、大葉、いくら、通称ばくだんと言うらしい。 ばくだんを海苔に乗せ巻いて食べる。 シャリが欲しくなるのは私だけか!?普通にトロタク巻を細巻きにして食べたい(笑) 大将がしばし厨房に入って出てこないと思ったら、何やら炒飯みたい料理が出てきた。 これ何か分かる? とり貝の肝で作った炒飯なんだって。 とり貝の肝、食べた事ないから味が分からないが癖が全く無く、コクと旨味がしっかりある。 鮑の肝みたいな濃厚な味は無いけど、旨い。 むしろ旨過ぎて大盛りの丼に盛って食べてみたい! (今日一感動した品だった) 日本酒追加。 料理は少しずつ出し、味付けや食材は酒飲み様にしているのでお酒が進む。 コース料金が安くてお酒を飲んでカバーする作戦かな? 握り 一品料理が終わり、後半は握り。 と、その前にハイボールを注文。 日本酒が続くとどうしても口内が飽きてしまう。 握り準備をしている段階で、鮪物凄く薄く切っているから何に使うんだ?と、思ったら中とろと赤身を合わせて一貫にして握った。 大将曰く、中とろが上に来ると中とろの味になって、赤身が上だと赤身の味になる。 最初の食べ口と後半の味の違いが楽しめると。 面白い発想だけど、個人的には別個で握ればいいと思った(笑) 真子鰈。 縁側を乗せて、淡白な身と縁側の脂をミックスさせている。 シャリはコシヒカリで米酢のみ。 米粒が立っている印象はなく、少しねっとりしたシャリ。 温度は一定を保ち、シャリと一体化させている。 脂が少なく、酸味を強調している小肌。 青魚が続く。 至って普通の鯵だが、肩身をさらに半身に切っているので芸術的には見えなく、見栄えが良く無い。 (味は良いけど) 鰯。 同様に鰯もそうだ。 こう言うところでコース料金が安い理由がはっきり出てしまう。 この位で良いと言う意見ももちろんあるとは思う。 (後、全員分の鮨をまな板に握ってから出すのはやめてほしいかな。 出来れば握ったら直ぐに皿にのせてほしい!) 白イカ。 細切りソーメンの様なスタイル。 繊維は口内で感じるが、噛むほどに甘みが出てくる白イカは美味しい。 とり貝。 出す瞬間に、パチンッと叩きとり貝がビヨーンっと仰け反る。 時期的に、そろそろ終わりな食材かな。 白えび。 富山名物、白えび握り。 海苔のアリとナシ、皆さんはどっち派? 私は海苔の美味しさにもよるけど、軍艦に出来るものは軍艦で食べて海苔の風味も一緒に楽しみたいかな。 小丼で出してくれるお店ならまた別の話だけど。 海苔プリーズ(笑)!! 最後に穴子が出てきてコース料理が終了。 正直腹5分目くらいだったが、巻物だけ追加して会計をもらう事にした。 大好きなトロタク巻きと、鯖ガリ巻き。 巻物はセンスが出るよね。 最後にお椀を頂いてご馳走様でした。 関連する記事• 2017. 08 渋谷でNo. 1と言われている寿司屋「くろ崎」に行ってきました! 都内には素晴らしいお寿司屋がたくさんある中で、「くろ崎」は予約が困難で有名なお店です[…]• 2017. 08 五反田の老舗寿司屋「すしやの馬太郎」に行ってきました! この地で30年以上もやっている、本当に老舗で価格もとてもリーズナブルです。 立地的に考えると高[…]• 2020. 03 以前から行ってみたかった鮨屋「寿し道桜田」。 こちらの店主は都内の某有名店で修行したのち、お店を構えました。 実は「鮨 とかみ」で一年程働いていたそうで[…]• 2018. 30 札幌で回転すしを検索したら、ヒットしたのが「根室花まる JRタワーテラスプレイス店」(以下、「根室花まる」)。 調べて見ると、もの凄い行列と待ち時間が[…].

次の

鮨 からく (すしからく)

鮨 かくの

Makuake|職人技と適正価格。 近年は人気が高まり、高級化が進むばかり。 特に名店がひしめく六本木エリアでは、コースの平均単価で2万円以上。 ドリンクまで含めると3万円近くかかることも珍しくありません。 そんななか、当店「鮨かくの」では、 ミシュラン三つ星の超有名店と同じ仕入れ先のネタを使いながら、お任せコースを12,000円 ~ご提供してきました。 名店仕込みの丁寧な手仕事を、適正な価格で楽しめることから、本物の江戸前鮨を知るお客様に足繁く通っていただいています。 このクオリティを保ちながら、この気軽さ。 両方を兼ね備えた店は、現在の六本木では希少だと自負しています。 当店の店主 角野維之の若き感性と実直さは、丹精込めて握られる鮨の1貫1貫すべてに表れ、舌の肥えた大人も満足させます。 たとえば、香ばしくあぶった穴子に塗るツメ。 通常なら、30分〜1時間煮詰めてツメを完成させますが、角野のツメは湯煎で3日かけて煮詰めます。 しかも修行時代から16年間、継ぎ足し続けてきたツメを使用しているため、仕上がりは水あめのようにとろりと滑らか。 口に入れた瞬間、シャリ、穴子、ツメが渾然一体となったおいしさを奏でます。 また、鮨に使う米や水、酢などあらゆる素材も厳しい目でセレクト。 どれも店主角野の職人技を引き立てるのにふさわしい配役です。 料理だけでなく、お客様に喜ばれるのが、肩肘張らずにゆったりと鮨をつまめるアットホーム感。 それは、店主角野と妻のふたりで営んでいるからこそ。 そうした心地よい雰囲気を醸し出す店は、六本木界隈ではおそらく見つけることはできないでしょう。 また、当店を訪れるお客様に 心からのおもてなしをするため、あえて1日3組までにお客様を限定しているのも特徴。 客数を限定しているからこそ、店主と妻のたった二人で営む店であっても、細かいところまで行き届いたサービスがご提供でき、お客様には最高に贅沢な時間をお楽しみいただけるのです。 六本木のメイン通りから少し離れた立地のため、静かで寛げる環境も魅力。 街の雑踏を忘れさせてくれる隠れ家的な雰囲気も、「鮨かくの」の特徴です。 若き鮨職人が魂をこめて握る江戸前鮨、ぜひ、この機会にご堪能ください。 炙りトロとトリュフと卵かけご飯が融合した、「炙りトロTKG」が味わえる、マクアケ限定リターン 名店仕込みの丁寧な手仕事を、適正価格で楽しめることから、本物の江戸前鮨を知るお客様に足繁く通っていただけるようになりました。 ただ、まだまだ当店のことを知らない方も沢山いらっしゃると思います。 そこで、まずは一度当店の江戸前鮨を気軽に味わっていただきたいという想いから、 お試しコース、Makuake限定コース、そしてお得な特典が得られる会員特典をご用意。 さらに、今回いずれかのコースをご支援いただいたお客様は、 コースの最後に「お代わり一貫」をサービスさせていただきます。 (コースの中から特にお好みだったお鮨をもう一貫お出しします) また、Makuake限定コースに含まれる、 炙りトロとトリュフと卵かけご飯が融合した「炙りトロTKG」は、今回のためだけに用意した逸品。 究極の贅沢感を味わっていただけます。 さらに、 数量限定の早割リターンは今回限りのお値打ち価格に設定。 ここまでお得に手に入れることができるのは今回限りです。 鮨かくのお試しコース (税サ込価格:14,520円) まずは気軽に当店をお楽しみ頂きたいという想いから、今回のために特別にご用意したお試しコースです。 季節や仕入れ状況によって内容は変わります。 Makuake限定おまかせコース (税サ込価格:20,570円) Makuake限定でご用意したおまかせコースです。 当店自慢の 蝦夷バフンウニと自家製イクラ醤油漬けの小どんぶりや、今回のためだけに用意した、炙りトロとトリュフと卵かけご飯が融合した 炙りトロTKGなど、 「鮨かくの」を味わい尽くしていただける内容に仕上げました。 季節や仕入れ状況によって内容は変わります。 この機会をお見逃しなく 最高峰のおいしさが叶うのは、魚介、米、水などあらゆる素材を厳選しているから 当店の特徴は、 とにかく気軽に、肩肘張らず、江戸前の基本を押さえた鮨と創作料理を楽しめること。 しかし、雰囲気は気軽でもお出しする鮨には、並々ならぬ思い入れと情熱を発揮。 特に、素材選びには格段のこだわりを持ち、店主角野がかつて修行していた高級鮨店とのつながりを生かし、 豊洲から最高級の素材を仕入れています。 実はこの仕入れ先は、ミシュラン三つ星の超有名鮨店と同じ。

次の

鮨 からく (すしからく)

鮨 かくの

新ランチメニューのお知らせ 鮨からくランチメニューが新しくなりました。 どうぞ宜しくお願いいたします!! 握り寿司) にぎり13カン、巻物1本 鉄たっぷり 859kcal 8,000円 握り寿司 にぎり10カン、巻物1本 脂肪控えめ 659kcal 5,000円 握り寿司 にぎり7カン、巻物1本 脂肪控えめ 526kcal3,000円 特選丼 まぐろのづけ、まぐろの中落ち、煮穴子、いくら、鯛のゴマ醤油 この写真に中落ちが加わります。 鉄分たっぷり 819kcal 2,900円 からく丼 まぐろのづけ、煮穴子、鯛のゴマ醤油 鉄分たっぷり 153kcal 2,400円 江戸前丼 まぐろのづけ、まぐろの中落ち、鯛のゴマ醤油 脂肪控えめ 620kcal 1,600円 国産うなぎ押し寿司 4,000円 からく特製 喜楽御前 季節の煮物、小鉢、サラダ、日替わり寿司、うなぎちらし、薬膳スープ 3,000円 ワインペアリングコース ワイン三種、握り寿司、ワインに合わせたお料理 10,000円 江戸の粋をにぎる 全てのすしダネに下ごしらえをする 昔ながらの江戸前の仕事を頑なに守る ふぐコースのご案内 会社の目標達成、社員の皆様の仕事の活力、プライベート、ご家族団欒等、からくの宴がお役にたてばとご用意させて頂きました。 是非この機会に「ふぐコース」をお楽しみくださいませ。 おすすめ情報 20,000円の「ふぐコース」(要予約) 「からく」流のふぐの味をお楽しみ下さい。 「鮨からく」流ワイン好きに喜ばれる和のつまみ 発売 鮨屋らしい小粋な酒肴には江戸前の仕事が活かされ、さらに香りと風味をプラスしてワインとの相性を引き出したシンプル美味な和のつまみが揃いました。 私が敬愛する中本聡文ソムリエ監修によるワインとつまみの相性コラムも充実。 ワイン好きに贈る保存版です。 今年も最高のレストランに鮨の部TOP10に入りました。 おかげさまで、今年もプロが選んだ東京最高の10店(東京最高のレストラン2017)の寿司の部7位に選ばれました。 これも、日頃からご愛顧いただいているお客様あってものです。 これに満足せず、最高の江戸前鮨をご提供できるよう、精進してまいします。 見習い募集 本格江戸前鮨とワインに興味のある方ご連絡ください。 若い先輩達と、楽しく修行しませんか。 風水の第一人者のDr. コパ先生も、応援してくれますので、運気アップ間違いなしですね。 ご連絡お待ち申し上げます 銀座鮨からく戸川まで 03-3571-2250 江戸前鮨紹介動画 English subtitles (江戸前鮨とは?) からくの紹介動画です(youtube 英語字幕です。 是非ご覧下さいませ。

次の