ドコモ id 払い と は。 d払いで「iD」が利用可能に ドコモのAndroid端末から順次

ドコモが作った電子マネー、iDが持つ5つのメリット・デメリット

ドコモ id 払い と は

iDキャッシュバックを理解する まずは、iDキャッシュバックを改めて、正しく理解するところから始めてみます。 そもそもiDキャッシュバックとはどういう仕組みなのでしょうか。 ドコモでは以下のように説明されています。 dカードの電子マネー「iD」によるショッピング利用代金から、「iDキャッシュバック」分をご請求時に減額(充当)するサービスです。 もう少し言い換えると、 ドコモの電子マネー決済「 iD(アイディー)」を利用して買い物をした際に、iDキャッシュバックの残高を所有している場合、その分を請求額に充当することで、購入代金が割引される仕組みのこと、ですね。 つまり、iDキャッシュバックを仮に5,000円分所有していた場合、iDで実際に5,000円分の買い物をした時にその請求分にiDキャッシュバックが充当され、購入代金が発生しないという形になります。 iDキャッシュバックは、そのままお金と同じ意味を持つんですね。 iDキャッシュバックを10,000円分持っていれば、それはiDで1万円分の買い物ができることを意味します。 すなわち、iDキャッシュバックの1円は、iD利用時の1円と同価値というわけです。 利用方法は極めてシンプル、ただただ 「iD」で買い物をするだけ。 なので、iDキャッシュバックを利用する、という感覚は全くないんですね。 「iD」を利用して買い物をしたら、勝手にiDキャッシュバックで減額(充当)されていた、というイメージですね。 なので、「iDキャッシュバックを使わないといけない」と構える必要はありません。 普通にiDを日々利用すればiDキャッシュバックは消費されていきます。 iDキャッシュバックをもらう方法 では、iDキャッシュバックはどういうシーンでもらうことができるのでしょうか。 今のところそう多くはないのですが、主に二つのパターンがあります。 dポイントをiDキャッシュバックに交換する 貯まったdポイントの利用方法の一つとして、「 iDキャッシュバックへの交換」という方法があります。 dポイントを何らかの商品購入に利用しようと考えた場合、単純にdショッピングで購入したりdポイント加盟店で利用したりすることでdポイントを活用できるわけですが、もっと多くの実店舗でdポイントを利用できないだろうか、と考えた場合に、iDキャッシュバックは効果的に利用することができます。 つまり、iDキャッシュバックにdポイントを交換しておけば、iD決済を利用できるお店であればどこでもiDキャッシュバックを購入分に充てることができる、というわけです。 例えばdポイント1万円分をiDキャッシュバック1万円分に交換したなら、1万円分のiDを「iD決済導入店舗」で利用できることになります。 dカード/dカード GOLD入会特典としてiDキャッシュバックをもらう もう一つ、まとまったiDキャッシュバックをもらえる機会として、 dカード/dカード GOLDの申し込みをした際の、があります。 特にdカード GOLDの場合、 最大13,000円分のiDキャッシュバックがもらえるため、非常にお得です。 特典は、2,000円分のiDキャッシュバックがもらえる特典1、1,000円分がもらえる特典2、8,000円部がもらえる特典3、合計2,000円分がもらえる特典4と4つに分かれており、それぞれ付与されるタイミングも異なるので注意が必要ですが、iDキャッシュバック分だけをiDで利用したいという場合には、iDキャッシュバックの残高を確認しながら利用していくといいでしょう。 この件は、当記事の最後でもう少し詳しく触れます。 iDキャッシュバックの残高確認方法 iDキャッシュバックの 残高確認を実施したい場合には、 dカードの公式サイトから確認することができます。 公式サイト内、会員ページのご利用状況確認の画面の下、「よく使われるメニュー」の中の、「 iDキャッシュバック照会」という項目を選択しましょう。 iDキャッシュバック残高および利用期限の確認をすることができます。 iDキャッシュバックは即時でiD利用額に充当され始めるわけではない 例えば dポイントをiDキャッシュバックに交換申し込みしたとして、申し込み完了後すぐに、iD利用分にiDキャッシュバックが充当され始めるわけではないので注意しましょう。 iDキャッシュバックをdカード/dカード GOLDの「iD」利用代金に充当できる期間は、申込受付月の16日を起算日とした6ヶ月間(15日まで)となり、その期間に充当されなかったiDキャッシュバック(dカード)は失効してしまいます。 ここでまず理解したいのは、iDキャッシュバック充当のタイミングです。 例えば、1月13日にdポイントのiDキャッシュバックへの交換手続きを実施したとします。 その場合、申込月、つまり1月の16日を起算日とし、それ以降6ヶ月間が充当対象期間となるため、 1月13~15日の間に利用したiDの請求分には、まだ充当されない、というわけです。 では逆に、1月25日にdポイントのiDキャッシュバックへの交換手続きをした場合、申込月はやはり1月で、その16日を起算日とするため、16日を既に過ぎている25日の場合は、 申し込み後、iDキャッシュバックが反映し次第、すぐに充当対象となります。 よって、dポイントのiDキャッシュバックへの交換からすぐにiD利用分に充当されない、毎月1日~15日に交換申し込みをした場合には、充当タイミングはその月の16日が起算日となるため、どうしても早めに充当させたい場合には、そこまでiD利用を待つ必要があります。 iDキャッシュバックの利用期限 では、その iDキャッシュバックの有効期間はいったいどうなっているのでしょうか。 iDキャッシュバックは、普通に「iD」を日々利用していればすぐに使い切ってしまう可能性が高いため、利用期限はそれほど気にする必要はありませんが、もし「iD」を使い慣れておらずついつい後回しにしてしまった場合、どうしても 失効してしまう可能性があります。 iDキャッシュバックの有効期限としては、 6ヶ月、とされていますが、「15日まで」という点をみてもカウントの仕方が慣れていないと少し難しいですし間違ってしまうと大変なので、「6ヶ月」というざっくりとした期間だけ覚えておいて、 詳細は必ずdカード公式サイトのiDキャッシュバック照会にて、利用期限を確認するのがお勧めで、その方が間違いもありません。 dポイント交換で追加をすると残っていたiDキャッシュバックも利用期限が最新化される iDキャッシュバックは、全体として利用期限は一つなので、例えば利用期限があと一ヶ月のiDキャッシュバック残高を残した状態で、さらにdポイント交換でiDキャッシュバックを追加した場合、利用期限残り一ヶ月だったiDキャッシュバックも含めてすべてのiDキャッシュバックが、利用期限残り6ヶ月に更新されます。 つまり、 6ヶ月に最低1度、dポイントを必ずiDキャッシュバックに交換していけば、利用期限はずっと切れないまま継続することができます。 とはいえ、iDキャッシュバックが6ヶ月の間消費されずに残る、ということはよほどiDを利用しない、つまり「iD」利用の習慣がついていない場合に限られると思われるため、その場合にはあえてdポイントをiDキャッシュバックに交換したりはしない方がいいでしょう。 iDキャッシュバックの充当対象は「iD」利用分に対してのみ・クレジット決済利用分は対象外 i Dキャッシュバック(dカード/dカード GOLD)の充当対象となるショッピング利用代金は、あくまでdカード/dカード GOLDの「iD」を利用した分のみで、dカード/dカード GOLDのクレジット決済利用にはiDキャッシュバックは充当されません。 そのため、「iD」での商品購入と、「クレジットカード」での商品購入は同じdカード/dカード GOLDを利用するとしてもそれぞれ違いがあるということをまずは意識しておきましょう。 iD決済とクレジット決済の違いについてはコチラも参考にどうぞ。 dポイントをiDキャッシュバックに交換する場合は、下記公式サイトから手続きを実施します。 ネットワーク暗証番号、またはdアカウントでログインをしましょう。 以下のような画面が出てきます。 ここから申し込みをすれば完了なのですが、ここで一つ、要注意ポイントがあります。 iDキャッシュバックには「dカード」と「dカードmini」がある 画面を見ていくとすぐに気づくと思いますが、dポイントをiDキャッシュバックに交換する場所が、上と下に合計二つ存在しています。 その二つとは、「 iDキャッシュバック(dカード)」と「 iDキャッシュバック(dカードmini)」です。 非常に似ていますので迷ってしまいそうです。 あるいは、間違って交換してしまわないとも限らないので、しっかり確認しましょう。 dカード/dカード GOLDで利用するのは「iD(dカード)」なので、ここで選ぶのは「iDキャッシュバック(dカード)」の方です。 iDキャッシュバック(dカードmini)にdポイントを交換してしまうと、dカード/dカード GOLDで利用したiD決済にはiDキャッシュバックが充当されませんので要注意です。 そもそもdカードminiとは何かというと、 dカード/dカード GOLDを持たなくても「iD」を利用できる、ドコモ契約者向けサービス、と考えてもらうとわかりやすいと思います. もし、dカード miniのiDにiDキャッシュバックを充当させたい場合には、dポイントをiDキャッシュバックに交換する際に、「iDキャッシュバック(dカード)」ではなく、「iDキャッシュバック(dカードmini)」を選ぶしかありませんが、普通はこちらを選ぶことはあまりないと思いますので、dポイントをiDキャッシュバックに交換する場合には必ず「iDキャッシュバック(dカード)」を選ぶと覚えておきましょう。 ただし、もし 「iD」をスマホで利用している場合、稀だとは思いますが、 dカード/dカード GOLDを所有していても「iD(dカードmini)」がスマホのiDアプリで設定されているケースも考えられます。 その場合、iDキャッシュバック(dカード)にdポイントを交換してiDを利用しても、利用しているiDは「iD(dカードmini)」なので一切iDキャッシュバックが充当されない、というケースが起こらないとも限りません。 それを防ぐためには、iDキャッシュバック(dカード)に確実にdポイント交換を実施したなら、 「iD」を利用する際にはdカード/dカード GOLDを直接利用するか、または dカード/dカード GOLDを設定したApple Payを利用するようにすれば間違いありません。 まぁ、iDの設定がminiになっていないか確認すればいいんですけどね。 iDキャッシュバックは1口2,000ポイント 実際にiDキャッシュバックにdポイントを交換する場合の単位としては、 1口あたり2,000ポイントとなっています。 つまり、 2,000ポイント満たない場合には、iDキャッシュバックへの交換はできません。 交換可能な最大ポイント数は、 一ヶ月あたり40,000ポイント、つまり20口です。 まぁ、これくらいあれば十分ですよね。 もっと大量のdポイントを所有しているなら、毎月40,000ポイント交換すれば年間48万ポイントをiDキャッシュバックに交換できます。 まぁほぼあり得ないですね。 ちなみに、 dポイント(期間・用途限定)はiDキャッシュバックへの交換には利用できませんので注意しましょう。 dカード GOLD入会特典でiDキャッシュバックをもらったけどよくわかっていない、という方はもったいない dカード/dカード GOLDの申し込みをすると入会特典として、最大13,000円分(dカードは最大8,000円分)のiDキャッシュバックをもらうことができます。 しかし、それは非常にもったいないです。 改めてこの記事の内容を踏まえてiDキャッシュバックを理解し、しっかりiDを利用して、もらったiDキャッシュバックはしっかり使っていきましょう。 iDキャッシュバックの意味がわからずdカード GOLDの申し込みに踏み出せなかった、という方はこれで心配はないと思います。 dカード GOLDまとめ記事を再確認されて、早めに申し込みをしておきましょう。 関連記事:「」.

次の

『iD(アイディー)』が使えるお店・加盟店を業種別にまとめてみた【2020年最新版】|キャッシュレスJAPAN

ドコモ id 払い と は

「iD」ってなんだ? 画像引用元: 「iD」は「アイディー」と読みます。 身分証明などを意味するID(identificationの略)という言葉もありますが、それとは別です。 「iD」とは、ドコモの電子マネーの名前です。 よって名前自体には意味はありません。 iDはポストペイド Suicaやnanacoといった 有名な電子マネーには、先払いのプリペイド式のものが多いです。 先にお金を払って、その分だけ電子マネーとして使えるという方式です。 いわゆる 「チャージ」を必要とするものはプリペイドです。 これに対してiDは、後払いのポストペイド式となっています。 後払いなので、事前にお金を払ってチャージする必要はありません。 iDを使った分だけ、後から支払うのです。 ポストペイドのメリット ポストペイドのメリットは、使いたい時にいつでも使えることです。 プリペイドですと、いざという時にチャージしていなかったから使えなかった、なんてことが起こり得ますが、ポストペイドならばあり得ません。 また、プリペイドだと一度チャージしてしまったら、後からやっぱやめたと引き出すことは困難です。 よほど特別な事情がなければ認められません。 ポストペイドのiDならば、使いたい時に使うだけなので、余らせてしまったりなくしてしまったりもありませんね。 iDで支払いをする方法 画像引用元: 肝心のiDで支払いをする方法ですが、実に簡単です。 dカードならば事前に何か設定などする必要はありません。 iDでの支払いに対応しているお店で、dカードをリーダーにかざすだけ大丈夫です。 クレジットカード払いだとサインなどの手間を求められる場合がありますが、 iDならばサインレスで大変スピーディに買い物できます。 注意点としては、i D払いに対応しているお店はクレジットカード払いに対応しているお店と比べて少ないことです。 使えるお店については公式ページをご覧ください。 iDで使った支払いは、毎月のdカード利用料と一緒に請求されます。 つまり dカードのクレジットカード払いの分とまとめての請求です。 クレジットカード払いと何が違うの? 事前にチャージする必要なく、請求はdカード利用料金と一緒にされるiD払いですが、そうなると気になるのは クレジットカード払いとの違いです。 iD払いとクレジットカード払いに、実際的な違いはないと言えます。 ユーザーにとっては、お店でdカードをかざして買い物をして、使った分の請求が後から来るという、何ら手順は変わりません。 強いて言うなら前述したように、 クレジットカード払いだとサインを求められるなど、手間がかかる場合がある程度です。 どちらの支払いでもdポイントで1%還元! dカードを利用する度、100円(税込)につきdポイントが1ずつ貯まっていきます。 還元率で表すと1%です。 この還元は、iD払いでもクレジットカード払いでも同様です。 「dカード特約店」では支払い方法に注意! 画像引用元: iD払いでもクレジットカード払いでも還元率は同じ1%であることは上記の通りです。 しかし、 実は「dカード特約店」でdカードを使う場合に限り、どちらの支払いを選ぶかで還元率が変わってくることがあります。 「dカード特約店」とは、dカードでのお買物100円(税込)につき1ポイントが貯まる決済ポイントに加えて、利用額に応じて1%以上の特約店ポイントがたまるお店のことです。 dカード特約店によっては、この特約店ポイントをもらう条件に、支払い方を指定していることがあるのです。 iD払いのdカード特約店について 画像引用元: dカード特約店は現在、40店を超えています。 しかし、 「特約店ポイント」がiD払いのみで還元される特約店は、下記の8店舗のみです。 オリックスレンタカー• タワーレコード• 紀伊國屋書店• 洋服の青山• THE SUIT COMPANY• ジェイアンドジェイグループ• ビッグエコー• さわやか無線センター 上記8店舗を除いたの 30店舗以上のdカード特約店は、dカードによるクレジットカード払いのほうが「特約店ポイント」がついてお得になります。 店舗数だけで比較すれば、 基本的にdカードによるクレジットカード払いのほうがお得になる割合が高いといえます。 iD払いとdカードクレジットカード払い、 どちらがお得か常に注意を払うのが億劫な場合は、以下の方法をおすすめします。 上記8店舗中に常用の店があれば、そこにだけiD払いを意識してその他はdカード払いを選択するだけでも、高還元率の恩恵を受けられるかと思います。 一方で、 「特約店ポイント」がiD払い、dカード払いどちらでも還元される特約店もあります。 下記の10店舗です。 ENEOS• マツモトキヨシ• コナカ• フタタ• 第一園芸• 伊達の牛たん本舗• チェッカーキャブ• 東京無線タクシー• ローソン• ルートインホテルズ iD払い優先店舗と同様、よく利用する店舗が上記dカード特約店にあれば、還元率を含めてサインレスでスピーディに決済可能なiD払いがおすすめです。 特約店毎にdカードのiD払いとクレジットカード払いを使い分けて高ポイント還元を得たい方、どれくらいの還元率か詳しく知りたい方は以下をご覧下さい。 dカード特約店一覧 dカード特約店の詳細な還元率を、分野ごとに整理して比較一覧にしています。 dカード特約店のポイント還元率は2019年7月現在のものとなります。 ガソリンスタンドやレンタカー会社は数ありますが、 dカード使用者は意識してこの2店を利用するようにしましょう。 さて、表の「決済方法」ですが、 「カード」とだけ記載されている特約店はクレジットカード払いによって特約店ポイントが貯まることを示しています。 「iD」とだけ記載されている特約店は、iD払いによって特約店ポイントが貯まることを示しています。 今回の場合でしたら、ENEOSならばiD払いでもクレジットカード払いでも 通常の1%還元+特約店ポイント0. 5%=実質還元率1. 5%となります。 オリックスレンタカーを利用する際はiD払いを選択することで、 通常の1%還元+特約店ポイント3%=実質還元率4%となります。 クレジットカード払いの場合は通常の1%しか還元されません。 つまり、 オリックスレンタカーを利用する際は必ずiDで支払いするようにしましょう。 割引率は5%です。 ルートインホテルズ以外はすべてカード払い限定で特約店ポイントが付与されます。 旅行会社を使うときはクレジットカードで支払っておけば間違いありません。 特に洋服店では還元率が3. 0%に届くお店が多く、オススメです。 ショッピング分野はiD払い限定とクレジットカード払い限定が入り混じっています。 間違いないように、支払いの前にレジで確認したほうがよさそうです。 5~10. 5倍になるというサービスです。 ポイントUP中のショップはホームページから確認できます。 しかしいずれも還元率は2%であり、大サービスとまではいかないのがやや残念ではあります。 この分野はすべてクレジットカード払いによって特約店ポイントを得ることができます。 日経ビジネスは最大5%の還元になるので大きいですね。 このプリペイドカードにdポイントをチャージすることで還元されます。 dカードで直接支払いをしても1%しか還元されないのでご注意ください。 必ずプリペイドカードにdポイントをチャージして使いましょう。 伊達の牛たん本舗は3%、十徳グループは4%と、 カフェ・レストラン分野は全体的に還元率が高いですね。 利用の際は必ずクレジットカード払いをするようにしましょう。 ビッグエコーは全国に店舗を展開しているので、歌いたくなった際は是非探してみてください。 そして 忘れずにiDで支払いましょう。 いずれも還元率は2%です。 すべてiD払いで特約店ポイントが付与されます(チェッカーキャプはクレジットカード払いも可)。 クレジットカード払いでもiD払いでも特約店ポイントが付与されます。 還元率は2パーセントなのですが、両店とも特約店の中でも特にお得なお店となっています。 なぜなら、 ローソンもノジマもdポイント還元だけでなく、支払額自体が3. 0%割引されるからです。 つまり、合計で5%のお得になります。 ローソンはiD払いでもクレジットカード払いでも特約店ポイントが付与されますが、 ノジマはクレジットカード払いのみなので気をつけましょう。 特約店ではiD払いとクレジットカード払いを使い分けよう! iD払いでもクレジットカード払いでも、普段使う分には違いはありません。 請求は両方まとめてきますし、どちらも基本的な還元率は1%です。 しかし、 dカード特約店で買い物をする時に限り、どちらで支払いするかで還元率が変わってくることがあります。 特約店でお得に買い物をしたい際は、iD払いとクレジットカード払い、どちらで特約店ポイントが付与されるのか必ず確認してから買い物をしましょう。 ちなみにiPhoneやApple Watchでの 「Apple Pay」は、dカードで登録している場合iD払いに該当します。 この記事を読んだ人におすすめの記事• 買い物や交通機関を利用する際、iPhoneをかざすだけで決済できる「Apple […]• dポイントスーパー還元プログラムというdポイントをお得に貯められるプログラムをご存知でしょうか。 ドコモで2019年6月10日から実施されているプログラムです。 d払いやiDを普段から利用している方にはぜひ活用をおすすめします。 今回はdポイントスーパー還元プログラム […]• お財布やカードがなくてもお買い物ができるおサイフケータイは、すでに多くの方に活用されています。 この記事は、docomo iDとdカード GOLD(ゴールド)をお使いの方に向けて、もっと得する方法を解説したものです。 docomo iDとdカード […]• 聞いたことや見たことはあるけど意外とまだ使っていない人が多い「おサイフケータイ」。 何でもかんでもスマホだけでやっていたら何か起きた時に心配と思っていませんか? 実は「おサイフケータイ」はロックもかけられますし、使用停止も簡単にできてしまうのでむしろ安全です。 しかもお得なポ […]• dカードはドコモやドコモ光を利用している方ならdポイントがお得に貯まったりローソンなどの特約店でお得に商品を購入することができる便利なカードです。

次の

d払いとiD払いの違いをわかりやすく比較!お得なのはどっち?

ドコモ id 払い と は

【PR】Sponsored by 株式会社NTTドコモ d払いとiDの基本情報を解説 d払いとiDは、どちらもドコモが提供している決済サービスです。 2つのサービスの違いについて解説していきます。 d払いとは d払いは2018年4月からスタートした QR バーコード決済です。 やなどと同じサービスです。 iDよりも新しい決済サービスといえます。 dお店でアプリのQRコードを読み取ってもらう、または、お店にあるQRコードを読み取るだけで決済が完了します。 さらに実店舗だけでなくネットでの決済時に利用できることに加え、 dポイントを貯めることができ、使えるという特長があります。 さらに詳しく知りたい方は下記記事をご覧ください。 d払いとiDの3つの違いとは? ここからはd払いとiDの3つの違いを分かりやすく解説していきます。 使える端末の違い d払いもiDも使用するには端末が必要ですが、使える端末の条件が異なります。 d払いは専用の アプリをインストールできるスマホであればどのスマホでも利用が可能です。 一方、iDでの支払いができるスマホは、Androidならば おサイフケータイまたは Google Pay、iPhoneならば Apple Payが搭載されている端末に限られています。 ただし、iDはクレジットカード自体にiD機能がついていることもあるので、対応のスマホやスマホ自体をもっていなくてもiD機能のついたカードを用意すれば利用できます。 d払いはiDのようにカードにd払い機能がついているものはないので、必ずスマホが必要です。 使い方の違い お店などで支払いをするときにd払いとiDとでは使い方が異なります。 d払いはスマホのアプリを開いてバーコードを表示させたり、QRコードを 読み取って支払いをする「 コード読み取り方式」で支払いをおこないます。 iDは端末にiDに対応したスマホやクレジットカードをかざして支払いをする「 非接触型決済」です。 d払いはアプリを開く必要がありますが、iDはかざすだけなのでアプリを開く必要はありません。 決済方法の違い d払いやiDで支払ったお金は最終的にどのように決済するのでしょうか? d払いとiDとでは最終的な決済方法も異なります。 d払いは、クレジットカード、電話料金合算払い、ドコモ口座充当、dポイント充当のいずれかです。 iDは、クレジットカード、プリペイドカード、デビットカードによる決済が可能です。 d払いはどれも後払い型ですが、iDは後払い、前払い、即時払いに対応しています。 d払いとiDはどちらが使いやすい? d払いとiDのどちらかを使いたいけれど、面倒な手続きや複雑な設定は避けたいと思っている方もいるでしょう。 d払いとiDでは、どちらが設定や登録が簡単か比較してみます。 支払いはどちらがスムーズ? 先ほども説明しましたが、d払いはスマホのアプリを開いてバーコードを表示させたり、QRコードを読み取って支払いをします。 iDは端末にiDに対応したスマホやクレジットカードをかざして支払いをします。 d払いはアプリを開く必要がありますが、iDはかざすだけなのでiDの方が支払いがスムーズでしょう。 ドコモ回線の契約は必要? d払いもiDもドコモが提供している決済サービスであるため、ドコモ回線をもっていないと使えないのではないかと思っている方もいるかもしれません。 しかし、d払いもiDもドコモ回線の契約がなくても利用することができます。 ただし、d払いの場合、ドコモ回線を契約していない方はdアカウントを取得が必須となります。 また、d払いに対応したクレジットカードまたはdポイント充当の決済方法しか選ぶことができません。 ドコモとキャリア契約をしている方であれば、d払いの決済方法がクレジットカードやdポイント充当だけでなく、電話料金合算払いやドコモ口座充当が選べます。 設定や申し込みは難しい? d払いやiDを導入するのに特別な申込みは原則として必要ありません。 申込みが必要になるのは、iD機能をつけたクレジットカードやデビットカードを新規で発行してもらう場合だけです。 設定としてはアプリのインストールや決済手段の紐づけがありますが、d払いとiDの設定の難易度に差はありません。 d払いは アプリのインストールが必ず必要です。 d払いのアプリをインストールしたあとに、職業や利用目的を選択し、クレジットカードやdアカウントの紐付け設定をすれば完了です。 iDの場合は、利用する端末がスマホかカードかによって設定の有無がことなります。 スマホなどの端末でiDを使う場合は、d払いと同様に アプリをインストールする必要があります。 アプリをインストールしたあとに、iDに紐づける決済サービス クレジットカードやメルペイなど を設定すれば完了です。 カードにiD機能がついてる場合には、アプリのインストールなどの設定は必要ありません。 それぞれの申し込みと同時にiDも申し込んだことになり、カードが届いたときから使えるようになっています。 ポイント還元はどっちが得? d払いの加盟店では、dポイントは1ポイント1円として利用することができます。 せっかくd払いやiDを使うのであればdポイントを貯めてお得に利用したいですよね。 d払いとiDのポイント還元はどちらがお得なのか比べてみましょう。 そもそもd払いもiDもdポイントの還元を受けることができるのでしょうか? d払いやiDを利用してdポイントがもらえる条件について簡単に説明しますね。 まず、d払いであれば電話料金合算払いやクレジットカードなどどのような最終的な決済方法であってもdポイントはもらえます。 しかし 、iDの場合はdカードやdカードゴールドで引き落としをしないとdポイントがもらえません。 iDについていえば、iDの利用でdポイントがもらえるというよりは、決済に利用したクレジットカードのポイントがもらえるということです。 d払いの支払い方法をクレジットカードにした場合は、d払いとクレジットカードそれぞれのポイントがもらえます。 さらに、d払いは使うシーンによってdポイントの付与率が異なります。 街のお店でd払いを利用すると 200円 税込 につき1ポイントですが、 ネットでd払いを利用すると 100円 税込 につき1ポイントがもらえます。 街での支払いは0. 5%の還元率ですが、ネットなら1%の還元率になるということです。 d払いとiDどちらがおすすめ? お得な使い方は? d払いとiDの特徴から向いている人やお得な使い方を解説します。 それぞれ一長一短ありますが、d払いもiDも、dポイントを貯めたいのであればdカードやdカードGOLDを利用したほうがお得です。 d払いが向いている人は? d払いはどのような決済方法でもdポイントが貯まります。 貯めたdポイントは決済に充当することもできます。 そのため、dポイントを貯めて利用したいという方におすすめできます。 また、おサイフケータイやApple Pay対応のスマホを持っていない方でも、アプリさえインストールできれば利用できるので、d払いなら機種を変更する必要はありません。 ネットショッピングではdポイントの還元率が1%なので、ネットショッピングをよくする方にもおすすめです。 d払いが向いている人• dポイントを貯めたい・使いたい• スマホを変えたくない• ネットショップをよく利用する d払いのお得な使い方 d払いをよりお得に使うためのポイントは、dカードやdカードGOLDで決済することです。 なぜなら、d払いによって得られるdポイントとdカードまたはdカードゴールドでの決済時に得られるdポイントがあり、dポイントの 二重取りができるからです。 iDが向いている人は? iDはすでに利用できる店舗が多いことから、すぐにいろいろなお店で使いたいと考えている方に向いています。 また、クレジットカードなどにiD機能をつけておけば、決済時にアプリを開く手間がありません。 デビットカードや プリペイドカードを利用すれば、後払い以外の支払い方もできます。 iDが向いている人• 利用できる店が多いほうがいい• アプリを使いたくない• 前払いや即時払いにしたい iDのお得な使い方 iDはdカードやdカードGOLDで決済をしないと、dポイントが貯まりません。 dポイントを貯めたいのであれば、dカードやdカードゴールドは必携です。 iD機能付きのdカードやdカードGOLDがあれば、アプリは必要ありません。 d払いやiDにdカードを強くおすすめする理由 d払いやiDの決済に使えるクレジットカードはdカードやdカードGOLD以外にもありますが、dポイントを効率良く貯めるという観点においてdカードやdカードGOLD以上にメリットのあるクレジットカードはありません。 d払いでポイントを二重取りしたり、通常ではdポイントが貯まらないiDの利用でdポイントをもらうためには、dカードやdカードGOLDが欠かせません。 iD機能付きのdカードまたはdカードGOLDをもっていれば、iDしか使えないお店はiDで決済し、d払いが使えるお店はd払いで決済するという使い分けも可能です。 どちらの方法でも決済できるようにしておけば、使えるお店の幅も広がりますし、dポイントも効率よく貯まります。 さらに、クレジットカード、d払い、iDという3つの決済方法を揃えておくことで、キャッシュレス消費者還元事業の恩恵も確実に受けることができます。 【PR】Sponsored by 株式会社NTTドコモ d払いとiDの使えるお店 d払いやiDを導入しても、使えるお店が身近にないと利用する出番がなくなってしまいます。 iDが使える端末は全国に106. 4万台以上あります。 2019年12月時点 そのため、「ぜんぜん使う機会がない」という心配は少ないと思いますが、よく利用するお店でd払いやiDが使えるのか気になるところだと思います。 コンビニやドラッグストアなどを例に、どのようなお店がd払いやiDでの決済が対応しているのかを調べてみました。 全ては紹介しきれませんが、主なものを載せています。 なお、店舗によっては一部利用ができないところがあることもあります。 ちなみに、今後は JPQRというQRコード規格の統一がすすんでいきます。 そのため、現在はd払いが使えないお店であっても、他のQRコード決済が使えるお店であれば今後d払いが使えるようになる可能性がとても高いです。 これから使えるお店も拡大されていくことでしょう。 iDも使えるお店がさらに増えつつあります。 d払いを使うかiDを使うかは、持っている端末やよく利用するお店、希望する決済のスタイルによっても異なりますが、dカードやdカードGOLDを利用して両方使うのがいちばんおすすめです。 d払いのアプリがインストールできる端末を持っているのであれば、dカードやdカードGOLDにiD機能をつけ、d払いとiDをシーンによって使い分けることで個人の利便性を損なうことなくdポイントも効率よく貯めることが可能です。

次の