臭い お なら の 原因。 おならが臭い!おならがよく出るのは病気!?その原因と効果的な対策はコレ!

【医師監修】おならが臭い原因と改善方法

臭い お なら の 原因

臭いにおいのメカニズムを知って、頭皮のにおい予防をしましょう スポーツの後や、ずっと帽子をかぶっていてふと脱いだ時、満員電車の中で人とぶつかるくらい密集した際など、 頭皮の臭いがふとした瞬間に気になってしまう時ってありますよね。 頭皮が臭うのは男性に限ったことではありません。 実は毎日シャンプーしている 女性の方の中でも頭皮がくさいという方は少なくないのです。 毎日きちんとシャンプーをしていていも、頭皮のケア用のシャンプーを使っていても、頭皮が臭ってしまうことがあるのです。 あの何とも表現しにくいプ~ンと漂う臭い、寝具に付いてしまっている方も多いと思います。 せっかく良い香りのシャンプーやヘアアイテムを使用しても、元の部分である頭皮が臭ってしまっては台無しです。 毎日、しっかりケアしてるはずなのに頭皮がくさい、という方は 原因を考えてみましょう。 今日で 頭皮の臭いにおいとおさらばしましょう! 目次• 頭皮のにおいとは キチンと洗髪をしているのに 頭皮が臭うという方もいると思います。 これには理由があり、主に「 フケ」と「 皮脂」が原因とされています。 フケや皮脂自体が臭うということはないのですが、フケや皮脂というのは雑菌にとって格好の餌食となってしまいます。 そのため、 頭皮で雑菌が大量に繁殖してしまって炎症を起こしてしまったり、においの元となってしまうのです。 頭皮の臭いの一番の原因は 頭皮の脂です。 頭皮から出る汗や一緒に分泌される皮脂、そして皮脂に含まれる物質が頭の臭いと関係しているのです。 皮脂は頭皮の健康状態を保つためには欠かせないのですが、分泌量が多くなりすぎるとニオイが生じます。 頭皮から分泌される皮脂が酸化してしまい、それが臭いになるというものです。 皮脂の酸化は 時間経過が主な原因です。 人間の皮脂も、通常の料理油などと同様に酸素に触れることで酸化します。 食用の油も酸化すると嫌なにおいがするように、皮脂も酸化すると悪臭を放ってしまいます。 酸化しやすさは、分泌された皮脂の状態も関係しています。 皮脂の酸化にかかるまでの時間は、個人差はありますが、 約6時間ほどとされています。 これによると日中に活動をした場合、夕方ごろには頭皮が臭い始めてしまうのです。 酸化自体はなかなか防ぐことが難しく、夕方になると頭皮が嫌な臭いになるという方も多いのではないでしょうか。 皮脂が多く分泌されると頭皮がかゆくなります。 そこで何も気にせずに掻いてしまうと頭皮に傷がつき、 傷ついた頭皮を早く直そうと新陳代謝が活性化し、新しい皮脂が分泌され、においの元となる皮脂の過剰分泌という悪循環に陥ってしまいます。 このように頭皮のニオイの原因は、皮脂が過剰に分泌されることや、分泌された皮脂が 酸化してしまうことにあります。 この皮脂の分泌量には、さまざまな要因が関係しているのですが、特に深い関係なのが ホルモンバランスの状態です。 女性ホルモンには以下の2つがあります。 エストロゲン• プロゲステロン これらがうまくバランスを保ちながら、女性らしい体型を作る働きや、子宮の働きを整えるなどの 体調管理をおこなっています。 ホルモンバランスが崩れるということは、ホルモンに関わっている体内の器官が正常に機能してない状態です。 正常な状態でないと肌や髪に特に出やすく、肌荒れや髪のパサつきなどの症状などは、ホルモンバランスが崩れているというサインにもなります。 頭皮のにおいとホルモンバランスの関係 ホルモンバランスが崩れると頭皮のニオイが悪化します。 なぜかというと、ホルモンバランスが崩れると 皮脂の分泌量が増えるからです。 さらに、新陳代謝が悪化することも頭皮のニオイに悪影響を与えます。 新陳代謝は、古くなった細胞や老廃物を新しく作り変える機能ですが、 機能が低下してしまうと頭皮の状態が悪化しやすくなりニオイの増加につながります。 このような頭皮のニオイを抑えるためには、ホルモンバランスを整える必要があります。 ホルモンバランスを整えるためには、 規則正しい生活が欠かせません。 特に太陽の光をたっぷり浴びることや、睡眠をたくさん取ることが大切になります。 また、 適度な運動やバランスのとれた食事もホルモンバランスを整えるのに効果的です。 そのことから、大豆食品に含まれているイソフラボンは、ホルモンバランスを整える作用が期待できますので、是非、取り入れたい食事メニューとなっています。 関連記事 男性の臭いの原因「アンドロステノン」 アンドロステノンとは、男女を問わず汗に含まれているステロイドのことです。 哺乳類のフェロモンとして初めて定められ、アポクリン汗腺という汗を出す器官から分泌される男性ホルモンが、皮膚の常在菌により代謝されてできた化合物です。 ニオイ物質のもとであるアンドロステロン硫酸抱合体という成分は、皮脂に含まれており、もともと皮膚に存在する常在菌により分解されることでアンドロステノンを発生します。 男性特有のにおいであり、そのにおいは人によって違っています。 不快なもの、甘いもの、森林のようなものなどさまざまなにおいのものがあります。 男性は、アンドレステノンを不快に感じることはあまり多くないのですが、 女性は明らかに不快と感じるということが分かっています。 男性の皮脂分泌量は女性の2倍あるので、そのぶん常在菌も多く、いわゆる「おやじ臭」が強くなるのです。 お肉などの動物性タンパク質は摂りすぎると、皮脂の分泌が多くなり頭皮や体臭が濃くなるのです。 皮脂が増えると 酸化して、空気中に臭いが広がります。 頭皮には身体よりも皮脂腺が多いので、臭いもそれだけ多くなります。 皮脂の分泌を防ぐには、お肉を控えめにしましょう。 また、脂っこい物も頭皮が臭う原因になるので、気になる方は減らしましょう。 外食が多い方も要注意 食品添加物の多いコンビニの食べ物や、刺激の強いジャンクフードも頭皮が臭う原因です。 食品添加物は 活性酸素を生み出します。 活性酸素は 細胞を酸化させるので、臭いの原因になるのです。 また、外食や加工食品を多く摂取していると、身体に悪影響を与える添加物や、糖分、脂質を過剰に摂取してしまうので、腸内環境が悪化し、 身体全体の循環が悪くなります。 身体全体の循環が悪くなるということは、老廃物が体内に蓄積されていくということなので、血液やリンパ液の流れが悪くなり様々なトラブルを起こしてしまいます。 肌荒れ• 頭皮の毛穴がつまる 身体の循環というのは、 肌の新陳代謝に大きく影響します。 頭皮も肌ですので、血行を良くして、活発に新陳代謝がおこなわれていないと、老廃物が溜まり、頭皮の臭いの原因になってしまいます。 新陳代謝を促すためには、腸内環境が整っていることが大切です。 腸内環境を整えるためには、栄養バランスの取れた食事を摂取する必要があります。 糖分、脂質の摂取を抑え、食物繊維を含んだ緑黄色野菜、大豆製品、魚介類、海藻類などを中心にバランスの良い食生活を心掛けましょう。 刺激物や甘いものが好きな方はほどほどに 身体に刺激のある食事も、頭皮の臭いを強くしてしまいます。 辛い物やコーヒーは、 交感神経を刺激して皮脂を過剰に分泌させるからです。 ストレス解消に甘い物を食べるという方も居ますが、甘い物も頭皮の臭いの原因です。 また、アルコールは活性酸素を増やすだけでなく、 良質な睡眠が取れなくなります。 良質な睡眠が取れないと活性酸素が除去できないので、頭皮の臭いの原因になります。 食事の時間も臭いに関係します また、食事時間が不規則になると、ホルモンバランスが崩れて頭皮が臭いやすくなります。 食事が乱れている方は、時間を改善するだけで頭皮の臭いを防げる可能性もありますよ。 そのためお風呂に入らず洗髪しなかったり、雑な洗い方をして十分に皮脂や汚れが落ちなかった場合は、皮脂が酸化して「 過酸化脂質(脂質が活性酸素によって酸化されたものの総称)」となり、雑菌を増やして臭いの元を作ってしまうのです。 といって、逆に シャンプーをしすぎるとこれもまた頭皮のトラブルを引き起こし、臭いの原因となることがあります。 皮脂は天然のオイルですから、それを取りすぎてしまうと頭皮がもっと皮脂を出そうとして分泌が活発になり、べたつきや臭いにつながるのです。 ですので、正しく適切な洗髪をすることが臭い防止につながります。 身体の中でも頭は汗をかきやすく、皮脂分泌の多い部位と言われているので、毎日しっかり頭と髪の毛を洗わないと頭皮の汚れを十分に落とすことができません。 毎日かく汗と落としきれなかった皮脂が混ざり酸化することによって、頭皮の嫌な臭いが発生してしまいます。 頭皮の汚い状態が続くと臭いだけでなく、フケやかゆみ、炎症、脱毛、薄毛の原因になってしまうので 早めのケアが必要です。 雑菌が繁殖するとさらに臭いが強くなる危険性もあります。 しかし、髪のことを考えるのなら、ぜひ洗髪後はドライヤーを使ってください。 髪の毛を洗った後すぐに乾かさないと、どんなに皮脂汚れをしっかり取り除いても、頭皮の臭いが発生してしまいます。 髪の毛が濡れた状態のままでいると、雑菌が繁殖し、フケの原因となる癜風菌という カビが増えてしまい、フケと頭皮の臭いを発生させるのです。 カビが大好きなのは皮脂の中にある角質なのです。 テレビドラマなどで、お風呂上がりの女性が、濡れた髪をタオルでくるんでビールを飲むシーンがありますが、あのような行為は頭皮の健康を損なう行為です。 菌が繁殖すると 臭いの原因になるという現象は、洗濯物の生乾きの臭いなどでご経験のある方もいらっしゃるかと思います。 洗濯物を洗濯機から出し忘れたり、室内干しをしたりすると、雑菌が繁殖して嫌なにおいがするのと同じで、髪の毛もすぐに乾かさないと、頭皮に雑菌が繁殖し、カビが増えてしまうのです。 わたしたちの身体には、 常在菌と呼ばれる細菌が存在します。 腸内のビフィズス菌などという言葉は耳にしたことがあるかと思いますが、それと同じ類です。 頭皮の常在菌は、汗をかくときにそれをエサにする形で繁殖します。 汗をかいた後にそのまましばらく放置してしまうと、細菌の繁殖を招いてしまうのです。 また、髪の毛が濡れたまま寝てしまうのも、かなり髪自体にダメージを与える行為です。 濡れた髪はキューティクル成分が非常にはがれやすい状態なので、そのまま寝てしまうと、まくらや布団に髪をこすりつけてしまい傷つけてしまいます。 頭皮に湿気がこもるため嫌な臭いも発生してしまいます。 今までドライヤーを使ってない人にとっては、ちょっとめんどくさいことかもしれませんが自分の頭皮と髪の毛を守り、臭いの発生を防ぐにはぜひドライヤーを使いましょう。 髪の毛を洗ったら、まず タオルドライをし、次に ドライヤーで、 完全に乾かしましょう。 毛先だけ乾かして終わりにせず、根元からしっかり乾かすことが大事です。 枕は、しょっちゅう丸洗いできるものではありませんし、羽枕を使っている人は、長期間に渡り洗濯をしていない枕を使っています。 その為、ピローケースを清潔に保つことは、頭皮の臭いを防ぐ為には、とても大切です。 せっかくきれいに洗髪しても、 ピローケースが汚れていると、洗髪した意味が無くなってしまいます。 人間は、睡眠中にたくさん汗をかきますが、頭皮は特に汗腺が多く、気がつかないうちにたくさん汗をかいているので、 ピローケースは雑菌が繁殖しやすいのです。 枕によって手入れの方法は違いますが、丸洗いできない枕は、• 天日干し• 陰干し• 風に通す などの方法で、枕も清潔な状態に保つようにしましょう。 このように、頭皮の臭いの原因となる要素は、普段の生活の中にたくさんあります。 それらを一つずつ見直し、健康で衛生的な生活を送ることで、臭いを改善していきましょう! 加齢臭 ニオイに敏感な方でも 自分の加齢臭には気づきにくい場合がほとんどです。 なぜなら人間の嗅覚は順応性が高く不快なニオイでもすぐに慣れてしまうからです。 そのため 他人の加齢臭は不快に感じても、 自分の加齢臭に気づいていないことがよくあります。 頭皮は加齢臭の出やすい箇所 頭皮には毛穴がたくさんあるため皮脂を分泌する汗腺、皮脂腺が多い箇所です。 そのため 加齢臭が出やすい箇所になります。 ですので、頭皮の加齢臭をチェックすることで身体から加齢臭が発せられているか確認しやすい箇所でもあります。 またそのほかの 加齢臭が出やすい箇所は以下の通り。 耳の後ろ• 鼻の脇• 背中 加齢臭の発生原因 加齢臭の発生は、 皮脂の酸化が原因です。 酸素が活性化したものを 活性酸素といい、体内の細胞を酸化させてしまいます。 活性酸素によって皮脂が酸化されることで、 過酸化皮脂という物質になります。 そして、歳を重ねることでパルミトオイレン酸という脂肪酸の1種を分泌するようになります。 パルミトオイレン酸と過酸化皮脂が反応することで臭いの原因となるノネナールという物質が発生してしまうのです。 若い頃は体内にある抗酸化物質が働いて、酸化を防いでくれるのですが、歳を重ねるごとに抗酸化物質の働きが弱まります。 皮脂が酸化することで、 頭皮の臭いの原因となってしまうのです。 また、女性ホルモンが減少することでもパルミトオイレン酸が増加してしまうので注意が必要です。 頭皮加齢臭チェック方法 頭皮の加齢臭は簡単に チェックすることができます。 頭皮にティッシュを押し当て皮脂をふき取りましょう。 ふき取ったティッシュのニオイをかぐことで加齢臭が出ているか判断することができます。 ティッシュから油の劣化したニオイや、ろうそくのようなニオイが感じられた場合は加齢臭が出ているといえます。 また普段使用している枕も判断材料になります。 枕から上記のような不快なニオイがした場合も加齢臭が出ている証拠です。 しっかり洗って汚れをしっかり取り除く、当たり前のことですがとっても大事なことなのです。 そのため、 シャンプーのタイミングとしては、夜寝る前が一番おすすめです。 この時、スタイリング剤などの付着した汚れをシャンプーでしっかり洗浄すること、シャンプー剤のすすぎ残しがないようにたっぷりのぬるま湯で地肌を洗い流すことがとても重要になってきます。 スタイリング剤やシャンプー、トリートメントなどの残留物も、頭皮トラブルとして臭いやかゆみなどの原因となります。 ですので、ただシャンプーすればいいというのではなく、その都度の丁寧な洗浄できれいな頭皮を作る事がなによりの方法です。 朝シャン派の方は、シャンプーのタイミングを夜にして洗浄のタイミングを見直すだけで、しっかりとしたケアになります。 ぜひ、 夜のシャンプーを習慣化してみてください。 皮脂の分泌が多いからと言って、洗浄成分が強いシャンプーで洗ってしまうと、それが原因で更に皮脂が分泌し、においを発生させてしまう可能性があります。 ですので、自分に合ったシャンプーを使用する事はとても大切なのです。 色々やったけど結局においが改善しないという方は、シャンプーを見直してみましょう。 これをすることでほこりや汚れを浮かせるのでスムーズに汚れを落とすことが出来ます。 また、 ブラッシングは頭皮の血行をよくしマッサージ効果もありますので、ぜひ行ってください。 次に シャンプー前にしっかり髪と地肌をぬらすことです。 実はここでしっかり流すことで汚れの 7割は落ちるといわれています。 この後のシャンプーの泡立ちもよくなるのでしっかり行いましょう。 軽く髪の毛の水気を取ったあと、手にシャンプーを取り手のひらでまず泡立てます。 直に頭に液をつけると刺激が強すぎて、髪が痛んだりすすぎ残しの原因になることがあります。 泡立てたシャンプーは髪ではなく頭皮を洗うことを意識してつけるとよいでしょう。 頭全体を丁寧に指の腹でしっかり洗ったあと、すすぎは十分に行ってください。 シャンプーの洗い残しは髪のダメージや臭いの大きな原因となりますので、ここはしっかりすすぎましょう。 リンスやトリートメントを使用する際は、絶対頭皮につけないようにしてください。 せっかくキレイになった毛穴をふさいでしまうことになります。 ですので、髪の毛の中間から毛先に対してつけるようにしましょう。 すすぐ時は髪にしっとり感が残るくらいがベストです。 また、シャンプーをする上で注意事項が3点あります。 爪を立てずに指の腹で洗うようにする• 洗髪をしすぎない• キチンと洗い流す 基本的にはこの3つとなります。 爪を立てずに指の腹で洗うようにする においの元となる頭皮の細菌の繁殖は、多くの場合かゆみを伴います。 頭皮がかゆくなると洗髪をしているときにも爪を立てて洗う人が多いと思われますが、 爪を立ててしまうと頭皮に傷が付いてしまって、それが原因で更に 炎症を起こしてしまうことがあります。 そうなると頭皮を治すために過剰に細胞分裂を行ってしまい、 フケを大量に発生させることになってしまいます。 「キチンと洗っているのにフケが出る」という方は、このような悪循環に陥っていることが多く、洗っているつもりで頭皮を傷つけているのです。 洗髪をしすぎない 次に、洗髪をしすぎてしまうと頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。 そうなると、脳は必要な量の皮脂を分泌しようと、今まで以上に皮脂を分泌する命令を出してしまいます。 清潔にしているつもりが、かえって皮脂の分泌量を増加させてしまい、においを発生させる原因となっているのです。 シャンプーは 1日1回、優しく丁寧に行うことが大切です。 キチンと洗い流す 最後に、シャンプー後はキチンと流すようにしてください。 そうしないと、 シャンプーが頭皮の毛穴に残ってしまい残留物が皮脂を酸化させ、においの原因となってしまいます。 また、刺激が強いシャンプーを使っていると、毛穴にダメージが残り頭皮のにおいだけでなく、抜け毛や薄毛へと悪化させてしまうこともあります。 私たちが考えている以上に頭皮というのはダメージに 弱い部分です。 また、汗を分泌する汗腺が多いために皮脂が溜まりやすい部分でもあります。 特に夏場はキチンと洗い流さないと、頭皮が臭う原因となってしまいますので十分に注意するようにしてください。 もう少し詳しく知りたい方は以下も参考にしてみてください。 乾かす際は自然乾燥ではなく、ドライヤーを使ってしっかりと乾かすようにしましょう。 頭皮が生乾きのままだと雑菌の温床になります。 ドライヤーを頭皮にあてすぎるのも良くありません。 しっかりとタオルドライをしてからドライヤーを使うようにしてください。 ドライヤーをあてるのは、毛先ではなく根本を中心にしましょう。 根本にドライヤーの風があたっていると、毛先は自ずと乾いていきます。 毛先だけ乾かしてドライヤーを終わらせてしまうと、根本が半乾きのままになってしまうので、そこから菌が繁殖してしまいます。 しっかり乾かす事を意識しましょう。 皮脂は酸化すると不快なニオイを発します。 そのため 抗酸化作用の高いビタミンC、Eを多く摂取することでニオイを抑えることができます。 ですので、 加齢臭などを抑えるためには 脂質が少なくビタミンC、Eが多く含まれている食事を摂ることが大切です。 イソフラボンがたっぷり含まれた納豆や豆腐も活性酸素を抑えてくれるので、頭皮の臭いが気になる方にはおススメです。 また、脂肪になりやすい食べ物や 動物性のタンパク質は頭皮の皮脂分泌バランスを崩してしまい、過剰に分泌させる 原因になります。 トンカツやから揚げ、ピザやハンバーグといった脂っこい食事は極力控えて、野菜中心のバランスの良い食事を心がけましょう。 脂が多く含まれている ファストフードやインスタント食品も要注意です。 また、マーガリン、パン、ケーキ等に含まれる トランス脂肪酸もなるべく避けるようにしたほうが賢明です。 どのように食事内容を変えれば良いのかわからないという方は、 和食メインの食事にしてみましょう。 ただ、自分の好みの物を食べられないのはストレスがたまりますよね。 どれも適度に摂り入れるのでしたらストレス解消にもなりますが、過剰に摂取してしまうと頭皮の臭いの原因になります。 バランスよく、食べ過ぎないように注意すれば大丈夫ですよ。 頭皮はお肌と繋がっているのでお肌の調子が悪いと頭皮の調子も悪くなります。 肌トラブルが多いと頭皮の臭いも強くなる、という方も少なくありません。 肌トラブルはストレスなども原因になりますが、お酒の飲みすぎやタバコもお肌に悪いとされているので控えるようにしてください。 また、運動をすることでにおいの原因になる活性酸素を抑えることは可能となります。 老化による活性酸素を抑えるためには、ウォーキングやスイミングなどの有酸素運動を行うことがとても有効です。 運動は、1駅前に降りて歩くなど、生活の一部の習慣にしてしまうと無理なく続けることが可能ですので、すぐにできる対策でもあります。 このように 頭皮のにおいはケア次第で改善する事ができます。 日頃からしっかり意識しましょう。 しかし実際には各メーカーから様々な育毛リンスが発売されています。 育毛リンスには、「育毛剤」と同様の成分が配合されています。 臭いやかゆみを防ぐだけではなく、天然ユーカリエキスなどが保湿剤として配合されている場合が殆どです。 つまりシャンプーでしっかりと頭皮の汚れをとって、その後の頭皮ケアとしてこの育毛リンスを使う訳です。 そうすることによって頭皮や髪は潤いを保つことができますし、雑菌が繁殖するのを防ぐ事ができます。 育毛リンスの注意点 育毛リンスを使う際に注意をしてほしいのは、「すすぎ」です。 リンスが十分に洗い流されていないとリンスの成分が髪に残り、抜け毛の原因となることもあります。 そのため、ぬるぬる感がなくなるまでしっかりと洗い流すようにしましょう。 薄毛に悩んでいる方、頭皮の嫌な臭いに悩んでいる方は是非参考にしてみてください。 特に痛んだ髪は、トリートメントやヘアオイルでケアすることを心がけたいです。 代表的なヘアオイルには以下のようなものがあります。 ローズ• グレープフルーツ果皮油• オレンジ油• ユズ果皮油 髪の「におい」というものは、体臭の中でも周囲が感じやすいものです。 逆に、頭部のシャンプーやトリートメントの香りというものは、自分に対してもよく香り、周囲に対しても良い香りがすれば、 良い印象を与えることができます。 自分のまわりも虜にする、リラックス効果のある香りのヘアオイルをつけたいものですね。 ローズ 長年特に女性から愛されている香です。 バランローズや ローズマリーの香りなどは、すれ違うとふわっと香り恍惚とした気持ちにさせてくれます。 また、ローズの香りではなく、ローズ自体から抽出したローズオイルは、数千本のバラからすこしずつ集めた貴重なオイルです。 椿 椿油も非常に人気のあるヘアオイルです。 オレイン酸という人間の油分にきわめて近い不乾性の油で、髪の毛の潤いを保つのに適したオイルと言われています。 香りも無香料に近く、くせのない香りで多くの人に受けいれられやすい香りのヘアオイルです。 グレープフルーツ果皮油 これは、リラックス効果だけではなく、同時に食欲を抑制する効果もあり、精神的に落ち着ける成分であることがわかります。 オレンジ油 疲れや緊張感といったものをほぐすリラックス効果があります。 ユズ果皮油 心を和ませたり、気持ちを落ち着かせる効果を持っています。 特にユズ皮をお風呂に入れてゆず湯として楽しんだことのある人は、ゆずのほのかな香りが鼻腔をつくとどことなく精神が静まっていくのを感じたことがあるはずです。 これらの成分が含まれたヘアオイルを使用すれば、心が和んだり、精神的に落ち着いたり、リラックスする効果が期待できます。 香りに関しては人それぞれの好みがあるので、自分で実際に試して、好きだと思える成分の香りを探すといいでしょう。 香りの良いヘアオイルは、単に良い香りがするというだけでなく、肝心の髪の保湿やツヤを出す効果にも優れています。 そういった意味でも機能と香りのハイブリッドの効果のあるヘアオイルを選んで利用していきたいですね! ヘッドスパによる頭皮のにおいの解消 頭皮のにおいに ヘッドスパは効果的です。 毎日シャンプーをしていても、普段のワックスやスプレーなどの整髪剤というのは取り切れないものです。 また、シャンプーのすすぎがあまく、シャンプー剤が頭皮に残ってしまう事もよくあります。 ヘッドスパは、そういった自分では落としきれない汚れをしっかり取り除いてくれます。 ですので、 ヘッドスパをやる前と後では、頭皮の状態が全く変わってきます。 また、ヘッドマッサージをしっかりやることにより、頭皮の血行が促進され、頭皮のにおいだけではなく、頭皮のトラブル全般の改善に繋がります。 ですので、自分でケアしていても中々頭皮のにおいが改善しないという方は、一度ヘッドスパを是非試してみて下さい!.

次の

おならが臭い!おならがよく出るのは病気!?その原因と効果的な対策はコレ!

臭い お なら の 原因

汗が臭い原因 7つ 1. お肌が不衛生 誰もが陥る代表的な汗臭さは、皮脂や垢などの汚れや皮膚表面の細菌が原因です。 通常、汗は無菌状態で無臭だと言われていますが、皮膚上に長く留まることで汚れと混ざり細菌のエサとして分解されます。 この時に発生する分解臭が汗の臭いを強くしています。 さらに、汗をかいて皮膚が高温多湿な状態になることで細菌がますます繁殖しやすくなり、汗臭の原因が増えていきます。 疲労やストレス お仕事や育児などで睡眠不足や精神的・肉体的ストレスを受け続けている状態でいると、思いもよらない汗臭が発生してくる場合があります。 例えば、ストレスにより血行が悪化したり肝臓などの内臓機能が低下したりすることで、「」と呼ばれるアンモニア臭を伴った汗をかくようになります。 その他には、暑さなどに関係なく急に多量の汗が噴き出す「」と呼ばれる症状が現れることも。 このような発汗ではミネラル分の再吸収が間に合わないために、臭くなりやすいベタつきのある汗がでます。 汗をかかない生活 普段からあまり運動をしない方や冷房の効いた室内でずっと過ごしているような方は、汗をかく機会が少ないので「汗腺機能が低下」している恐れがあります。 汗腺が衰えてしまうと、上手に全身から発汗することができなくなって、顔やワキなどの特定の箇所だけに大量に汗をかくようになります。 さらに、汗と一緒に不純物が排出されてしまうので、ベトベトした汗になって臭いが強くなります。 無理なダイエット法 食事制限による無理なダイエットを行っていると「血行不良」に陥ります。 血行の悪化は血液中の乳酸を増やし、アンモニアと結びつくことで汗を臭くする原因になります。 また、糖質制限ダイエットでは、果物が腐ったような独特な汗の臭いがする「ケトン臭」とよばれる体臭が引き起こされ、さらには口臭や尿もケトン臭独特の臭いがしてきます。 脂っこい食事 普段の食生活も汗の臭いと関係があります。 肉類や揚げ物などの脂っこい食事を好む人の場合、皮脂やアンモニアなどが汗に混ざって排出されやすくなるので、汗はすぐに臭くなります。 また、このような食事は汗をかきやすくしたり皮脂分泌を増やしたりしてしまうので、さらに汗臭さが増すことになります。 便秘 便秘が続くと腸内に悪臭ガスが蓄積されます。 それらのガスは血液にのって全身を巡り、最終的には汗とともに排出されてしまうので、アンモニア臭や便臭のする汗をかくようになります。 また、余分な脂肪分を便とともに排泄することができないために、皮脂分泌が増えて汗が臭くなりやすく、さらにはなどの体臭に繋がる場合も考えられます。 衣類の汗染み 汗の臭いは衣類にも注意が必要です。 発汗後にできた汗染みを放置したままでいると、高温多湿になって細菌がどんどん繁殖してしまい衣類自体が汗臭くなってしまいます。 とくに、襟元やワキ、背中、などは汗染みができやすく臭いも強くなりがちですので、発汗後や帰宅後にしっかりとケアすることが大切になってきます。 汗の臭い改善法 1. お肌を清潔に保つ 一般的な汗の臭いを改善・予防するためには、何よりもお肌を清潔に保つことが重要です。 毎日の入浴はもちろん、発汗後はこまめに汗拭きシートやタオルなどで拭き取るようにして下さい。 ただし、乾いたタオルで拭いてしまうと、体温調節が十分に働かずにさらに汗をかいてしまう場合もあるので、硬くしぼった「濡れタオル」で拭くのがオススメです。 その上で、デオドラントスプレーなどを活用して、殺菌・抗菌や制汗などの汗の臭いを作り出す原因を出来るだけ軽減していきましょう。 リラックスできる環境づくり ストレスについては根本原因を排除することが一番の解決法ですが、現代社会においてそれはなかなか難しいことです。 そのため、普段から「ストレスをいかに解消するか」を意識しながら生活してみて下さい。 例えば、腹式呼吸によるリラックス法を取り入れてみたり、就寝前にぬるめの湯船にゆったり浸かって眠りの質を高めたりなどの工夫をすることで、毎日の生活に無理なく取り入れることができるはずです。 その他のリラックス法についての詳細は、「」をご覧ください。 普段からしっかり汗をかこう 汗腺の衰えによる汗の臭いを改善するには、汗腺を鍛えて臭いにくい「サラサラ汗」がかける体質にする必要があります。 例えば、毎日の入浴ではシャワーだけで済ませるのではなく、ゆったりと半身浴や手足温浴を楽しんだり、カラダへの負担が少ない有酸素運動や岩盤浴を行ったりするのがオススメです。 自然な発汗をじっくりと促すことができるので、汗腺の働きが高まってきます。 臭いにくい汗のかき方についての詳細は、「」をご覧ください。 健康的に痩せよう 健康的なダイエットでは、緩やかな食事制限と無理のない運動を並行して行うことが大切です。 とくに運動では、有酸素運動と筋肉トレーニングを取り入れて、基礎代謝と筋肉の燃焼力を上げていくことを意識してみて下さい。 継続的な運動はダイエットだけでなく、お腹周りの筋力向上や腸内が刺激されて便秘解消にもなるので、ポッコリお腹の改善にも役立ちます。 ダイエットによる汗臭についての詳細は、「」をご覧ください。 野菜中心の食生活に 食事の際は、肉類などの高カロリーな食品は控え、ビタミンや食物繊維が豊富に含まれた野菜や海藻類などをバランスよく取り入れましょう。 例えば、ビタミンCはストレス軽減やアルコール分解、タバコの無毒化などに役立つ栄養素です。 さらに、高い抗酸化作用によって加齢臭などの酸化が原因となる体臭の対策としても効果的ですので積極的に摂取するようにして下さい。 また、食物繊維については野菜類・果物類・豆類だけでなく、腸内環境を整えてくれる水溶性食物繊維のワカメやなどの海藻類もバランスよく摂取することで、より便秘が解消されやすくなります。 体臭対策に役立つ栄養素についての詳細は、「」を、便秘による体臭対策についての詳細は、「」をご覧ください。 衣類の汗染みケア 速乾性や通気性の高いインナーやあせワキパットを活用して、衣類に汗が直に染み込まないような工夫をしましょう。 もしも、衣類に汗が染み込んでしまった場合は、そのまま放置せずにすぐに着替えるのがベストです。 また、制服やスーツなどの毎日洗えない服については、帰宅後にスチームアイロンをかけたり風通しのよい場所で陰干ししたりすることで汗の臭いを飛ばしてあげるのが効果的です。 制服などのお手入れ方法についての詳細は、「」をご覧ください。 ミョウバン水も活用しよう! 食品添加物のミョウバンを水に溶かしてつくった「ミョウバン水」の活用もオススメです。 ミョウバン水には、消臭や抗菌・殺菌、制汗などの効果があると言われており、とても手軽に安価に作ることができます。 制汗や抗菌によって細菌の繁殖を抑えることができるだけでなく、酸性のミョウバン水がアルカリ性のアンモニア臭を中和してくれるので、疲労臭などの汗の臭い対策としても効果的です。 ミョウバン水の作り方や活用法については、「」をご覧ください。 まとめ:汗が臭い7つの原因と改善法 汗が臭くなるのは、お肌や衣類のケアが不十分だったり、運動不足やストレスなどによってカラダの機能が低下していることが原因と考えられます。 汗は臭いものと決めつけずに、発汗後のこまめなケアや健康的なカラダづくりを意識的に行って、「臭いにくい汗」を目指しましょう。

次の

おならが臭い原因: 症状からの病気チェック

臭い お なら の 原因

足の臭いは細菌が原因? ブーツを脱いだ時、爪を切ろうと屈んだとき、ふと「くさっ」と感じたことはありませんか?足の臭いを嗅ぎにきた飼い猫「クワッ」とフレーメン反応を起こしたことはありませんか? 足の臭いでお困りの方、その足の臭いは細菌が原因かもしれません。 人間の皮膚にはもともと目に見えない細菌がたくさんいます。 この細菌がどのようにして臭いを放つのか、なぜ足が臭うのか、ここでは足の臭いと細菌の関係についてお話していきます。 足が臭う原因 もともと人の皮膚にはいくつかの細菌が住み着いています。 この細菌のことを皮膚常在菌とよびます。 皮膚常在菌は我々の皮膚を健康に保つ為にはなくてはならない存在で、劣化した皮膚や皮脂を食べ繁、外からの害のある菌から皮膚を守る働きのある物質を作ってくれます。 しかし、彼ら皮膚常在菌が過剰に増えることで皮膚を守る物質を作るときに出る悪臭物質「イソ吉草酸」が増えるため臭いが生まれます。 ではなぜ過剰に増えるのか?それは温度と湿度が関係してきます。 皮膚常在菌に限らず菌類は高温多湿を好むものが多いです。 皮膚常在菌も同じく温かくてジメジメと湿気があるところで繁殖します。 もちろん皮膚常在菌は足の裏などの皮膚にも存在し、長時間靴を履き通気性が悪くムレやすい環境で繁殖が過剰になる為、足が臭いと感じるのです。 臭いの原因菌の繁殖を防ぐには 足の臭いの原因は細菌の繁殖によるものだとわかりました。 では、足の臭いを消す為には、細菌の繁殖をどのように抑えればよいのでしょうか? 1. 足を清潔にする 2. 靴下をこまめに交換する 3. 靴を干す この3つの方法で足の臭いの原因菌は繁殖しにくくなります。 足を清潔にする 皮膚常在菌は古くなった皮膚や皮脂をエサに増えます。 ですから足の皮脂や角質をキレイに洗い、エサをなくしてやりましょう。 具体的な手順は次のようになります。 洗面器(ふろ桶)にお湯を張り、食用の重曹をスプーン3杯まぜ足湯を作ってください。 足湯ができたら足をつけ、しっかりと温めます。 温まったら、石鹸を泡立たせ、指、指の間、爪、爪の隙間、爪の付け根と隅々まで洗います。 *この際力強くゴシゴシと擦らないで下さい 4. 隈なく洗い終えたら、手のひらで湯だまりを作りながらキレイに泡を洗い流してください。 最後にしっかりと水分をふき取り、足を乾かしましょう。 重曹には皮膚常在菌が作り出す悪臭の元「イソ吉草酸」を打ち消す効果があり、足の臭いをもとから断ちます。 靴下をこまめに交換する もともと足の裏は汗腺が多い為、汗をかきやすくなっています。 外出などで長時間靴を履いていると、足はどうしても汗をかきムレます。 すると汗をすった靴下にも細菌は移りさらに増殖します。 靴下に移った菌の増殖を防ぐにはどうすればいいか?それは簡単なことです。 新しい靴下に履き替えましょう。 長時間の外出または長時間お風呂に入れない状況のときは靴下だけでも、こまめに履き替えましょう。 履き替えるときに除菌シートやキレイなタオルで足をふき取ると、さらに繁殖を抑えるには効果的です。 また、靴下は抗菌靴下を使用するのも良いですね。 私用した靴下はキレイに洗濯し乾かしましょう。 靴を干す 靴も同じように履き続け放置しておくと菌の温床となってしまいます。 休日には靴を洗濯し、干しましょう。 天日干しすれば菌の繁殖を抑えるだけではなく、殺菌効果もあります。 しかし、雨の日や革靴など直射日光で痛んでしまう靴は、日陰干しでもかまいません。 その際は中に新聞紙などをまるめて靴の中につめると乾きが早くなります。 いかがでしたでしょうか? ちなみに、今まだまだ知られていませんが、「究極の美肌」を叶えられるクリニックが誕生したはご存知ですか? それは、 AIMです。 これまでと何が違うかと言うと、「脱毛+美肌」がコンセプトであり、これまでの単なる脱毛だけのクリニックとは一線を画します。 使い続ければ使うほど効果を実感出来る、有効成分たっぷりな美白ジェル。 また、薬用美白効果のみならずマッサージジェルとしても使用出来るため、フェイスラインをすっきりとさせ、 理想の小顔にもオススメできます。 正統派のシミ対策オールインワンとして各メディアで注目されています。 特徴3【 10役のオールインワン機能が優秀 】 シミウスジェルは1つで10役になる機能性の高さが人気です。 10個の機能は以下のとおりです。 ビタミンCの600倍、コエンザイムQ10の250倍の美容パワーを持ち、 お肌を乾燥から守るうるおいパワーもセラミドの約15倍、コラーゲンの約5倍だと言われています。 さらに、プレミアムスリーはビタミンA・E・C、ヒアルロン酸、セラミド、コラーゲンと 4つのトリプル処方でお肌のうるおいを守ります。 関連する記事•

次の