ゴン メルエム。 いま暗黒大陸編だけどゴンとキルアは何してるんだっけ?【ハンターハンター】

【ハンターハンター】ゴンとメルエムの同じ座り方について考察

ゴン メルエム

モンスター名 最新評価 ジンの息子 ゴン(進化) 8. 0 キャラの点数全体見直しのため、点数を変更。 5 現環境においてトップクラスのアタッカー性能を持つ。 最近の高難易度の適正は少ないものの、その火力の高さからギミック問わず活躍できるクエストが多い。 そのため点数を9. 5とした。 そのため神化の点数を削除。 5 キャラの点数全体見直しのため、点数を変更。 0 他キャラの台頭により、現環境では友情が火力不足。 また強力なSSも現在の主な活躍の場である【究極】ではターン数の長さが目立つ。 以上の理由から9. 0とした。 5 直殴り、友情コンボ、SS共に高い火力を出せるという点を評価。 同点数のキャラ以上の活躍ができると判断し、点数を9. 5に変更。 0 神化を9. 0 進化は8方向EL、底力適応時のSSの火力が8. 0点並と評価。 神化は友情、SSの攻撃範囲と火力の高さから、ADWの中でも上位に入るとし9. 0点とした。 キラー発動時で、打撃部分は闇属性の弱点で約240万ダメージ、爆発は画面上全ての敵に約65万ダメージ。 更に味方の友情も誘発するため、敵全体に大ダメージを与える事ができる。 単体・複数どちらにも火力を出せる友情 獣神化の友情は全敵貫通ロックオン衝撃波と気弾。 前者は雑魚処理に、後者はボス単体相手に火力を出せる。 Cキラーものるため、クエストを通してアタッカーとして活躍できる。 ゴン(獣神化)の弱い点 最近の高難易度に適正が少なめ 獣神化のアンチアビは超ADW&アンチ魔法陣。 魔法陣が必要となるクエストはそこまで多くなく、ギミック対応力は低め。 特に轟絶クエストなど、最近の高難易度クエストではあまり適正を持たない。 ゴン(獣神化)の総合評価と使い道 ゴン(獣神化)は直殴り・友情・SSのいずれも高火力で、アタッカーとして非常に優秀。 ギミック対応力は低めだが、その火力からギミック問わず様々なクエストで活躍できる。 25 タス後限界値 20374 28320 418. 38 ゲージショット 成功時 - 33984 - キラー発動時 - 50976 - Lv120時ステータス ステータス HP 攻撃力 スピード Lv120 16785 26873 397. 27 タス後Lv120 21685 29373 435. 25 タス後限界値 18937 28192 417. 30 タス後限界値 23649 25358 354. 75 タス後限界値 14980 17896 267. 12 スキル ストライクショット 効果 ターン数 絶対ハンターになってみせる! 自身のスピードがアップ 12 友情コンボ 説明 最大威力 8方向レーザーM 【光属性】 8方向に属性中レーザー攻撃 4735 入手方法 ハンターハンターコラボガチャで入手 モンスト他の攻略記事 4日連続で獣神化&改が解禁!.

次の

【ハンターハンター】メルエムとゴンさんはどちらが強いか考察してみた!

ゴン メルエム

ピトーよりも強い瞑想後ネテロより強いメルエム。 メルエムは被爆後の再生により更に強くなった。 果たしてヒソカはメルエムに勝てるのだろうか。 もう少し詳しく見てみよう。 瞑想前のネテロは、• モラウ• ノヴ とどっこいどっこいの強さだと本人は言っている。 これはあくまで謙遜であり、ノヴの評価では瞑想前ネテロはモラウやノヴよりも強いのだが、年老いたネテロはモラウやノヴと驚くほどの実力差があるわけでもないだろう。 つまり、• ネテロ• モラウ、ノブ はほとんど同じような強さと考えられる。 そのモラウやノヴを役不足と言ったカンザイを、ヒソカは85点の評価を付けた。 (備考:このときカンザイは役不足を力不足という意味で使っている) ここまでの情報をまとめると、• 瞑想前ネテロとどっこいどっこいのモラウとノヴ• そのモラウとノブを役不足扱いしたカンザイ• そのカンザイを85点の評価を付けたヒソカ• そのヒソカより薄気味悪いオーラを放つピトー• そのピトーが全力で放った攻撃を上回る速度で攻撃した瞑想後ネテロ• その瞑想後ネテロを倒したメルエム• クロロは、2対1とはいえゼノとシルバを相手にして少し押されていた。 あの時クロロはあくまで能力を盗もうとして戦っていたのだが、サシでやったとしても十中八九ゼノが勝つ程度の強さである。 たとえ クロロが本気でゼノをヤろうとしても、勝負はどっちに軍配があがるか分からないという程度の実力差だろう。 つまりゼノの実力は、• クロロが本気を出したらやられるかもしれない• クロロが本気を出さなければほぼ勝てる というものである。 ゼノはいつもネテロに泣かされており、そのネテロはメルエムに敵わなかった。 しかも、ゼノはメルエムと対峙したとき一瞬 死を覚悟した。 ヒソカがメルエムを倒す光景が浮かばない、だが・・・ 作中の証言やデータを元に検証すると、 ヒソカがメルエムに勝つ確証は得られない。 純粋な攻防力ならおそらくメルエムに軍配が上がるだろうから、普通の方法ではヒソカの勝ち目は薄い。 ヒソカがメルエムを上回る可能性があるとすれば、相手の念を無効にさせる技を持っている場合だ。 つまり、 強制的な絶である。 例えば、具現化系の能力であれば物体化したものに特殊な能力を付け加えることで、相手を• 麻痺させたり• 眠らせたり することができる。 相手を絶にするのは、• クラピカ• ナックル のように、 少し厳しめの条件や制約をつければ可能である。 ヒソカは変化系の能力者なので、どちらかというと具現化系の能力も得意であるから、 こういった技を隠し持っていてもおかしくはない。 念での戦闘は、純粋な攻防力の高さだけが勝負を決めることは無いため、戦闘狂のヒソカならおそらくこれくらいのことは織り込んで戦うだろう。 キルアは「 強い者ほど強さを隠すのが上手い」とも言っており、ヒソカが本気を出したらもしかするとメルエムを打ち負かすかもしれない。 関連記事 まとめ メルエムとヒソカは戦ったらどっちが勝つのか?という答えは、現時点の情報では メルエムに軍配が上がると言ってもいいだろう。 むしろ、これだけヒソカに 悪材料が揃っているのにメルエムとどっちが強いのかということが議題にのぼること自体が凄いのだ。 ヒソカは、• ゴンにプレートを奪われても• カストロ戦で腕が飛んでも• レイザーのボールを受け止めて指がイっちゃっても• ゴトー戦で腕がねじれても 「 本気を出していないだけ」 「 遊んでいただけ」 で済んでしまう。 本当にそうなのかもしれないが、読者にそう思わせることができているというのがヒソカの真の凄さなのだ。 「 まだ何か持っている」という興味を持たせることに成功しているのである。 これが、ヒソカが1巻から現在まで現役で居続けられる最大の要因なのだろう。 1秒以下の闘い黒子舞想(テレプシコーラ)はピトーが全力で闘う時に発現させる念能力だ。 能力発動から攻撃までにかかる時間は0. 1秒を切る。 この30巻で、キメラアントと人間との戦いがついに終結する。 アニメの何話で使われていたか歌っている歌手は誰かも合わせて記しておく。 感動のシーンやかっこいいシーンをベスト10の形式で紹介しよう。 現時点で厄災について分かっていることをまとめようと思う。

次の

ゴン=フリークス (ごんふりーくす)とは【ピクシブ百科事典】

ゴン メルエム

対比描写 では実際にゴンとメルエムの対比描写がされているハンターハンターの作品中のコミックの巻と話数について確認していきます。 対比描写の内容としては片膝をついて座り、右肘を膝にかけて左手は地面についているというものです。 ゴンはピトーがコムギを治療するのを待ち、メルエムはネテロ会長が対話に応じるのを同じポーズで待っていました。 ゴンの描写 まずはゴンの描写からですが、ピトーがゼノの龍星群(ドラゴンダイヴ)に巻き込まれて重症を負ったコムギを治療するのを待つときに座りました。 この座った時に対比となる描写でのポーズがとられています。 275 約束」での描写です。 ゴンには最初コムギがカイトと同じように壊されているように見えたわけですが、ピトーが治療している事を理解します。 ただ感情は思考に追いついていませんでした。 ピトーに攻撃を仕掛けようとしますが、そこをキルアに止められコムギの治療を待つ判断をします。 その時に座って待つことにしたゴンがとったポーズが最初です。 実はこれと同じポーズというか姿勢をメルエムがとっていたんですね。 メルエムの描写 次にメルエムがゴンと同じようにとったポーズはネテロ会長と運ばれた戦争兵器の実験場での事です。 288 賞賛」での描写です。 ネテロ会長の実力と心を見抜いたメルエムは対話を求めました。 そして対話をするために座りました。 この時のポーズがゴンがとったポーズと同じだったわけです。 これは明らかに偶然ではなく、ハンターハンターの作品全体やキメラアント編に張られている伏線と大きくかかわってくる描写と予想できます。 この深い意味が込められている対比描写での伏線を考察していきます。 実はメルエムとネテロの攻防が終わって、もう一度メルエムが対話を求めて座ったときには片膝をつく足は逆になっていました。 297 最後」での描写です。 ゴンとメルエムの関係 それでは実際にゴンとメルエムが対比描写で描かれたという事で、この描写が何を意味しているのかや、どんな隠れた裏設定や伏線が存在しているのかなどを考察していきます。 2人の光 メルエムは母親であるキメラアントの女王に「全てを照らす光」という意味の名前を授かっています。 これは目の見えない暗闇の中にいるコムギの「全てを照らす光」という意味が込められていました。 メルエムとコムギは「光」と「闇」として対比していました。 そして実はゴンもハンターハンターの作品の中で明確に「光」として設定されています。 199 光と影」のタイトルを見てください。 そしてこの中でキルアの心理描写があります。 「ゴン・・・お前は光だ。 時々まぶしすぎて真っすぐ見れないけど、それでもお前のそばにいていいかな?」 ゴンとキルアは「光」と「影」として対比していました。 ハンターハンターのキメラアント編はカイトが右腕を失うところから大きく物語が進みだします。 右腕を失ったカイトとゴンは生き残り、左腕を失ったメルエム(ピトーに治療されて左腕は回復)とネテロ会長は死んでしまいました。 キルアは闇の住人とかつてネテロ会長に評されていましたが、キメラアント編では作品のタイトルが示すように明確に「影」として描かれていました。 光を支え、より輝かすための存在ともいえます。 一方でコムギが影かというと、ちょっと違うかなと思うわけです。 軍儀では世界チャンピオンでもあったわけですしね。 目が見えない事で純粋な闇に例えられていたんじゃないでしょうか? 表現の仕方によりますが、闇が悪であるとは限らないのかなと思います。 コムギの場合は光が見えない闇の中にいたという事です。 人と蟻 ハンターハンターのキメラアント編は軍儀の儀の文字が示すように「人」と「蟻」すなわち人と虫について語られています。 「人」は個を重んじます。 でもこれはアブラハム・マズローの提唱した自己超越やカール・ ヤスパースの提唱した限界状況などによって覚醒すれば個より種を重んじるようになる事もあります。 一方で「蟻」は種を重んじます。 ただそこには種族愛があるとは限りません。 女王蟻や女王蜂などが働き蟻や働き蜂を使って種の繁栄が全てであるように、個は大切にされる必要性はないのです。 生まれながらに個としてではなく種として黙々と働くわけです。 でも実は「働きアリの法則」というものが存在します。 本当にきちんと働いているアリは2割しかいないということで現実社会の人間世界と共通するものがあるようです。 「働きアリの法則」は「パレートの法則(ばらつきの法則)」の意味で使われる事もあります。 冨樫義博先生のナレーションが心に残ります。 ネテロ会長が「貧者の薔薇(ミニチュアローズ)」で自爆を選択した気持ちを考察したナレーションにて語られています。 「人と蟻でどこが違うのか。 298 薔薇」 人と蟻の対比に関してはメルエムと対比されていたのはゴンよりは女の子として軍儀で戦ったコムギや、人類の代表として戦ったネテロ会長だったと考察できます。 悪意について 光として描かれていたゴンとメルエムでしたが、2人は一度はコムギを殺そうとしています。 コムギがカラスに襲われているのを助けるシーンにおいて、メルエムはその直前までコムギを殺そうとしていました。 でもネテロ会長を倒した後に取ったポーズは左膝を立てる描写になっていて、それまでとは左右反転するポーズを取っていたので人として傾いたのだと思います。 一方でゴンもピトーに対して「次ゴタゴタ言ったらそいつを殺す」と何の罪もないコムギを自分の目的を遂行するために手段を選ばない意思を示しています。 300 保険」でのセリフです。 蟻の王メルエムはコムギを大切に想い守るようになりました。 一方で人間のゴンはコムギを守る事はなかったわけですが、代わりに命を懸けて守ったのは影の立場であったキルアでした。 メルエムを支えたピトーそしてゴンを支えたキルア。 あまりにも深い設定ですね。 キルアの神速(かんむる)はコムギやアルカなどの小さな女の子(北朝鮮の闇の中にいる13歳の女のコ、家族に囚われたナニカ)を逃がして自由にするために使われた技です。 まとめ ハンターハンターのキメラアント編はゴンとメルエムの対比描写などを含めてあまりにも多くの事が語られています。 実はゴンとメルエムが対比描写で描かれているのと全く同じではないのですが、メレオロンも似たような姿勢でいる描写がありました。 これはさすがに単なる偶然かもしれませんけどね。 メレオロンが透明になってナックルとシュートを観察しているシーンです。 メルエムはコムギとも対比描写されていていて、この母子愛を描いた描写はハンターハンターの考察ファンの中では有名なシーンがあります。 奇しくも冨樫義博先生の名前には「義」があります。 「義」の文字に「人」と「虫」を足すと軍儀の「儀」となりキメラアントの「蟻」となるわけです。 実際に冨樫義博先生は作品内にも登場しています。 東ゴルトー共和国は明確に北朝鮮をモデルにした国でした。 貧者の薔薇(ミニチュアローズ)はアメリカが日本に落としたとされる2つの核がモデルになっていました。 この記事を書いてからかなりの時間が経ってから知ったのですが、現実はなんとも残酷で悲惨なもので、広島と長崎に使われた原爆は日本製の地上起爆(地上爆破)だったという説ががあり、かなり検証がされています。 日本の歴史は捏造とすり替えで成り立っています。 明治維新でロスチャイルド家に仕掛けられた、なんちゃって日本人(なりすまし日本人)支配を作り上げた田布施システムは今も本物の日本人を苦しめています。

次の