ドンチャック 歌詞。 ヤフオク!

ドン・チャックといっしょに 大杉久美子/東映児童合唱隊 歌詞情報

ドンチャック 歌詞

楽曲の世界観を表わすイラストは必見。 なんとこのイラストを描いているのは、チャックの大ファンを公言しているザ50回転ズのダニー! 「ベートーヴェンをぶっ飛ばせ」の邦題で知られるこの曲。 〈ロール・オーヴァー〉は、辞書的には〈転がる〉、〈転がす〉、〈寝返りを打つ〉。 しかし、ロック・ファンにとったら、もう〈ぶっ飛ばす〉以外の訳語は考えられない。 「ベートーヴェンを転がせ」ったって、あーた、ダイスじゃないんだから。 転がすは転がすでも、上手をつかんで豪快に土俵上に叩きつけて、背中に土をべったりつけるくらいの力技でなければなりません。 とにかく見事な訳だが、チャックの初めての日本盤LP『ロックの王者! チャック・ベリーのすべて』(ビクター=64年発売)では、普通に「ロール・オーバー・ベートーベン」という片仮名表記だった。 おそらくビートルズ・バージョンで広まった邦題と思われる。 ロックンロールに眉をひそめる良識派の大人のみなさんの神経を逆なでする題材で、それだけに快哉を叫んだティーネイジャーたちの顔が目に浮かぶ。 少年時代、ブギ・ウギ・ピアノを練習したくて仕方なかったチャックの前に立ちはだかっていたのが、姉のルーシー。 近所ではマリアン・アンダースン(黒人のクラシック歌手)と呼ばれるような才能の持ち主だった。 彼女のクラシック・ピアノの練習は無条件で認められていて、チャックがブギ・ウギを弾くには、彼女の練習のわずかな隙を見つけなければならなかった。 チャックの自伝によると、子供の頃、姉にピアノを独占されていた悔しさを歌ったとのことで、"巨匠ルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェンではなくルーシーに文句を言いたかったのだ"と語っている。 無論、クラシック音楽をロックンロールとは対極の音楽として認識していたのは間違いなく、世の中の"権威"を代表する音楽として、ぶっ飛ばしてしまったのだが。 ちなみに、イントロは「ジョニー・B. グッド」に繋がるもので、同系統のものでは最初に登場した。 また、バック全体のビートは跳ねているが、チャックがイーヴンの8ビート・ボトム・リフを弾いた、最初の曲という点でも重要な1曲と言えるだろう。 著者による意訳(?)も掲載。 直訳ではなくチャック・ベリーのメロディ/テンポを意識して訳しているので、実際に楽曲を聴きながら読み進めるのがオススメです とにかく侮れないフレーズの連発である。 2番の〈My heart's beatin' rhythm and my soul keeps singin' the blues〉は、縮めれば見事に〈rhythm and blues〉に。 この曲から生まれた曲もあれば(別項参照)、 "俺のブルー・スウェード・シューズ踏むなよ"と、ヒットしたばかりのカール・パーキンスの曲を引用したりもする。 締めの、"彼女が〈dime〉を持っている間は音楽が止むことなし"とは、コインをジューク・ボックスに入れ続けるからですね。 わかるわあ。 さて、この曲でポイントなのが、〈Reel and rock〉という英語フレーズ。 〈リール〉は釣竿の糸巻きからくるくる回るイメージだろうか? スコットランドの伝統的ダンスの一種でも、リールというのがある。 ビッグ・ジョー・ターナーの曲からもヒントを得ているとのことだが、チャック自身もこのフレーズを発展させて、「リーリン・アンド・ロッキン」(のP37を参照)を録音している。 原詩にはコード譜を掲載しているので、歌本としても使えます。 さらに、歌詞に出てくる英語フレーズの意味もバッチリ紹介。 意外と難しい単語がたくさん出てくるので、とても勉強になります。 オリジナルが聴けるアルバム 『Rock, Rock, Rock』 (1956年作品) おそらく史上初の"ロック映画"と言うべき、『Rock, Rock, Rock』。 ドゥワップ・バラードなども多く使われていたが、その中で最も強烈にロックを体現していたのが、チャックだった。 映画では1曲のみ(「ユー・キャント・キャッチ・ミー」)だったが、このオムニバス・アルバムでは「ユー・キャント~」の他に「サーティ・デイズ」「メイビリーン」そしてこの「ロール・オーヴァー・ベートーベン」の計4曲を収録して、ロック時代のトレンドセッターとしての姿を強烈にアピールした。

次の

ヤフオク!

ドンチャック 歌詞

コメント: 極力状態の良いものを扱っておりますが中古品につき経年相応のイタミや書き込みがある場合がございます。 また、本体以外に付属品がある商品で本説明に付属の記載がない場合、初回限定特典などは付属せず、プロダクトコードなどは使用済みとお考え下さい。 内容紹介 ザワザワ森の人気者、ドン・チャックの大冒険! 大反響にお応えして、往年の名作アニメ『ドン・チャック物語』の2ndシリーズが初DVD化! これにて完結! わけあって母のいない息子チャックの成長に人一倍心をくだく父の心配をよそに、いたずら盛りのチャックは、おしゃまなビーバーの女の子ララや、ウサギのミミ、小グマのダイゴら、さまざまな仲間とともにのびのびと暮らしている。 そんな仲間たちや父との交流、森での冒険を通して、チャックはしだいに成長していく。 「怪盗ブラックローズ」 「町から来たビューティフルガール」 「メエ先生のいない間の大事件」 「ルピックじいさんの水車小屋」 「アドベンチャー号 海へ行く! 」 「大騒動!! ザワザワ森」 「ザワザワ森でのめぐり逢い」 「悲しみの旅のはてに」 「我が娘を救うために」 「大あわて ガンテツ大王」 「母をたずねて ザワザワ森へ」 「郵便配達のウッディさん」 「あこがれのベンジャミン大佐」 「七人の盗賊をやっつけろ! 」 「ザワザワ森のクリスマス」 「ザワザワ森に帰って来たトビー」 「鳩がはこんだ友情」 「誰かがボクの命を狙ってる! 」 「ブラックローズの復讐」 「スーパーカーがやって来た! 」 「ラッパ狼のお見合い騒動」 「夜に悪魔がやって来る! 」 「困ったなまけもの」 「湖のおみやげ」 「ウォンテッド 指名手配 」 C ICHI 内容(「キネマ旬報社」データベースより) ザワザワ森の人気者、ドン・チャックの大冒険を描いた名作TVアニメ第2期のBOX第3弾。 ジャブジャブ川のほとりに住むビーバー・アリストテレスの子、ドン・チャックを中心に、愉快な仲間たちとの交流や友情と成長を描く。 第75話から最終第99話を収録。

次の

archive.islamicvoice.com: 新 ドン・チャック物語 DVD

ドンチャック 歌詞

AT-Xの『D・N・ANGEL』、二話からOP「白夜」が流れる。歌詞付きでふりがな付きということは、このアニメの想定視聴者層は低いのか? 話はパーマンというか、バケルくんというか。 つくづくパーマンの恋愛周りの設定は偉大だな。 『ドン・チャック物語』 53 54 53 「シンデレラになりたい」 ザワザワ森に曲芸一座がやってきた。 といってもメンバーは座長トッポと看板娘のジェニーだけ。 ラッパたちも儲けの半分をもらうということで手伝う。 舞台は大成功だが、ジェニーはろくに食べさせてももらえず、鞭で打たれる生活に耐えかねて逃げてしまう。 崖の上に追いつめた座長たちだが、ジェニーは転落してしまう。 座長に脅され、ラッパたちはジェニーの代わりの娘を捜すこととなる。 だが、ジェニーは生きていた。 翌朝、村ではガラスの靴を履けた者からミス・シンデレラを選ぶコンテントが行われていた。 候補に残った者たちは次々とさらわれてしまう。 その頃、ジェニーから事情を聞いたチャックたちは先回りしてトッポの車を追いつめていた。 刃向かってくるラッパたちは、「ララたちを帰せば罪にならない」とチャックに諭されて戦線離脱。 トッポは車ごと川に落ち、流されていった。 元気になったジェニーに、ララは「もう夢は見ない」というのだった。 ジェニーはフィフィの声優と思われる。 冒頭、キノコ採りで千本シメジを採るチャックたち。 ザワザワ森で、ララとミミ以外の女の子たちを初めて見た。 シカ?の女の子はメリー。 メエ先生の病院に看板が。 54 「にくしみをのりこえて」 最近村にやってきた虎のタイガン爺さん。 チャックはタイガンと仲良くなりたいが、アリストテレスは相手の気持ちを確かめるよう忠告する。 猿のモッキーが村にやってきた。 頬に傷のある虎の男、ブラックタイガーを捜しているという。 事情を聞いたメエ先生は、チャックの家にいるタイガンを紹介する。 タイガンはブラックタイガーを知らないというが、モッキーは顔色の変化を見逃さなかった。 メエ先生の好意に甘え、村に滞在することにする。 メエ先生とアリストテレスは、タイガンがブラックタイガーに脅されていると思うが、実はタイガンこそがブラックタイガーだった。 つけヒゲで傷痕をごまかしていたのだ。 その現場を見たモッキーと争いになるが、双方痛み分けで終わる。 モッキーは三年前に殺された両親の敵を取りに来たのだ。 モッキーは彼と決闘したいと言う。 翌朝、事情を聞いたチャックたちは、ブラックタイガーを探しに出かけるが、逆に人質に取られてしまう。 隙をついて逃げ出したチャックたち。 モッキーはブラックタイガーと決闘するが、ブラックタイガーは命乞いと見せかけて攻撃に転じる。 チャックが腕を噛んたのでブラックタイガーは川に落ちる。 川に流されるブラックタイガー。 モッキーはためらうが丸太を流し、命だけは助けてやる。 メエ先生とアリストテレスは、モッキーの態度を誉めるが、モッキーは悲観的だ。 丸太に捕まりながら、ブラックタイガーは悔恨の涙を流していた。 タイトルで期待したような直接的な和解はない。 そこが吉田喜昭脚本らしくて好き。 今回には二作とも次回予告あり。

次の