もつ 煮 レシピ 圧力 鍋。 【もつ鍋】人気のレシピ&作り方20選まとめ:具材やスープのアレンジいろいろ!

圧力鍋でつくる居酒屋風のモツ煮込みレシピ

もつ 煮 レシピ 圧力 鍋

気軽に食べることができ、人気の鍋ジャンルのひとつであるもつ鍋。 福岡・博多で第二次世界大戦後にもつ肉とニラをアルミ鍋で醤油味に炊いて食べたものが始まりと言われています。 福岡では郷土料理となっていて、一般の居酒屋でも博多ラーメンに次ぐ人気メニューになっています。 1992年に東京に博多風もつ鍋店がオープンしてからは、安くてボリュームがありお酒にもご飯にも合うので人気となり、全国的に食べられるようになりました。 最近では元祖もつ鍋以外にもさまざまな工夫をした変わりレシピなども出てきています。 今回はそんなもつ鍋のレシピを、基本の醤油味のもつ鍋レシピから、味噌味や塩味などバリエーション、もつを使わないもつ風鍋など5つのカテゴリーに分けて紹介します。 もつ鍋について お手頃価格でお酒のあてにもご飯のおかずにもぴったりで、人気のもつ鍋。 福岡・博多の郷土料理として有名です。 鰹や昆布などでとったダシににんにくや鷹の爪などを加え、醤油や味噌で味つけしたスープの中に、下処理したもつと大量のニラ・キャベツなどを入れ煮込んだ鍋料理を指し、残った汁にちゃんぽんの麺を入れて「しめ」にするのがポピュラーな食べ方になっています。 お店で提供される場合は、他の鍋のように、土鍋などを使用することがなく、両側に取っ手の付いた浅いステンレス鍋を使用するのが一般的です。 牛のもつにこだわる店や水炊き風に酢醤油を付けて食べる店など最近ではいろいろなもつ鍋を提供する店が増え、家庭でもさまざまなアレンジレシピが出てきています。 もつ鍋の調理法について 基本的なもつ鍋の作り方は鍋に昆布や鰹節でだしをとり、そこに、にんにくや生姜、鷹の爪など、もつの臭みを消して、風味をつけてくれる材料を入れ、醤油や味噌などで味をつけてスープを作り、具材を入れ煮込むと言った具合です。 キャベツやニラは適当な大きさに切りそろえておき、火が通りにくいものから順番に入れて行きます。 メインになるもつは臭みを抜くために、ざるなどにあけて沸騰したお湯をかけておきます。 ニラは最後に鍋の上にのせ、サッと火を通すことが多いです。 〆にはチャンポン麺を入れてラーメン風に食べることが多いですが、ご飯を入れて雑炊にすることもあるようです。 シンプルで飽きのこない醤油味の基本の簡単もつ鍋レシピです。 生姜とにんにくの風味がもつの旨みを引き出してくれており、食欲がどんどん増してきます。 牛もつがなければ、豚もつでもおいしくできます。 餃子の皮やスライス餅などをしゃぶしゃぶにするのもおすすめです。 お好みで豆板醤をくわえてもアクセントになります。 キャベツをまるごと1個使用した、野菜たっぷりでダイエット中にもおすすめのあっさり簡単もつ鍋レシピです。 生もつのこってりをさっぱり食べることのできるスープが特徴で、スープだけを味見すると少し物足りなく感じるくらいが、煮込んだ具材のうまみと一緒になった時にベストバランスになります。 しめにチャンポン麺を入れるのがおすすめです。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

【みんなが作ってる】 もつ鍋 圧力鍋のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

もつ 煮 レシピ 圧力 鍋

フリーアナウンサー/和酒コーディネーター テレビ、ラジオなど各媒体で活躍する一方、日本の食や和酒の魅力発信を積極的に行い、大切さ、楽しみ方を伝えている。 フィールドワークを信条とし、全国の田んぼや酒蔵に300回以上足を運ぶ。 Club Gastronomic Sake主宰。 女性向け日本酒本「日本酒日和」(舵社)監修。 日本酒造青年協議会「酒サムライ」叙任。 芸人でありながら趣味の料理が高じ、フードコーディネーター・野菜ソムリエ・食育インストラクター・BBQ インストラクター等の料理関係の資格を取得。 テレビ朝日【「ぷっ」すま】の『第2回芸能界お抱えシェフ-1グランプリ』では「大根のフルコース」、またTBS【爆問パニックフェイス!】の『凄腕料理芸人チャーハン対決』では「香り豊かなアナゴのチャーハン」を披露し、それぞれ優勝を果たす。 江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰 1979年生まれ。 江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)。 東京農業大学で発酵食品学を学んだのち、小豆島の醤油会社やオランダの帆船でのキッチンクルーとして勤務。 現在は東京・赤坂の「柳原料理教室」にて、近茶流宗家である父・一成と共に、日本料理・懐石料理を指導。 江戸時代の食文化の研究、継承をライフワークとする。 2015年文化庁文化交流使に任命され、約3カ月諸外国を回って英語で日本料理を教えるなど、日本料理をグローバルに広げる活動も積極的に行う。 NHKの大河ドラマ『龍馬伝』や時代ドラマ『みをつくし料理帖』の料理監修、料理考証も担当。 平成30年度、農林水産省・日本食普及親善大使に任命される。 趣味は茶道とクレー射撃。 フードアクティビスト/馬場企画 代表取締役編集者&ライター 食専門誌から一般誌、新聞、書籍、Webなど多方面の媒体を主戦場に、「調理の仕組みと科学」「食文化」「食から見た地方論」など幅広く執筆、編集を行う。 テレビ、ラジオなどでは飲食店や生産地についての知見を踏まえた、食トレンド/ニュース解説も。 近著に『家で肉食を極める! 肉バカ秘蔵レシピ 大人の肉ドリル』(マガジンハウス)ほか、自身も参加する調理ユニット「給食系男子」名義で企画・構成を手がけた『家メシ道場』『家呑み道場』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)はシリーズ10万部を突破。 最新刊に『新しい卵ドリル』(マガジンハウス)も。 編集者/著述家 大阪・岸和田生まれ。 神戸大卒。 『Meets Regional(ミーツ・リージョナル)』元編集長/日本文藝家協会会員/神戸松蔭女子学院大教授 京阪神エルマガジン社にて1989年「ミーツ・リージョナル」誌を立ち上げる。 93年~05年編集長。 「西の旅」編集長、取締役編集本部長を歴任した。 06年には編集・出版集団140Bを大阪・中之島に設立。 現在は雑誌、新聞、テレビ、ラジオなどで活躍している。 著者は『有次と庖丁』(新潮社)、『飲み食い世界一の大阪』(ミシマ社)、『濃い味、うす味、街のあじ。 』(140B)ほか。 2017年3月7日に新刊『いっとかなあかん店 大阪』、8月7日に『いっとかなあかん 神戸』(ともに140B)が出たばかり。 DJ/プロデューサー 1966年7月6日生まれ。 京都市出身。 97年秋『The Fantastic Plastic Machine』でデビュー以来、オリジナルアルバム他、アーティストのプロデュース、リミックスなど多数のアーティストの作品も手掛ける。 グルメ通としても知られており、全国各地を網羅する情報量を持つ。 コロムビア、avex、インディーズ時代のレア音源、新曲を含むレーベルの枠を越えた20周年の集大成とも言えるベストアルバム『Moments』がavexより発売中。 fpmnet.

次の

電気圧力鍋で作るとろっとろの牛すじ煮込みレシピ|キッチンスタジオ パンダ食堂

もつ 煮 レシピ 圧力 鍋

モツは、塩少々を入れたたっぷりの熱湯で5〜6分ゆで、湯をきって水で洗う。 煮汁のねぎの青い部分はぶつ切りに、にんにくはたたいてつぶし、ほかの材料とともに鍋に入れ、モツを加えて火にかける。 煮立ったらを除いてにし、約1時間煮る。 モツは、味つけする前に、香味野菜と一緒にじっくり煮ると臭みが消え、やわらかくなる。 ごぼうは1〜1. 5cm厚さのにする。 にんじんは1〜1. 5cm厚さのにする。 こんにゃくは1. 5cm角に切り、熱湯でさっとゆでる。 2の鍋に3と、足りなければかぶるくらいの水を加え、野菜がやわらかくなるまで約30分煮る。 合わせ調味料の半量を加えて15分、残りを加えてさらに10分煮る。 みそなどの調味料は2回に分けて加えるとしっかり味がしみて、風味もよくなる。 また黒砂糖で甘みをつけると、グッとコクが増す。 器に盛ってねぎをのせる。 好みで七味とうがらしをふって。 切り方 小口切り 端から1〜2cm幅に切ります。 実だくさんの汁ものの具などに。 みじん切り 1 切り離してしまわないよう、斜めに細かく切り込みを入れます。 裏返して同様に切り込みを入れます。 みじん切り 2 端から細かく刻みます。 みじん切り 1 包丁の刃先で、縦に4〜6本切り込みを入れます。 みじん切り 2 広がらないよう一方の手でまとめて押さえ、端から細かく刻んで。 しらがねぎ 煮ものや汁ものの飾り、薬味として使います。 水けをきるときに、ざるなどに上げればパリッと(画像右)、ふきんなどに包んで流水の下でもみ洗いし、水分を絞ればくしゅっと(画像左)させることができます。 しらがねぎ(1) 長ねぎの白い部分を長さ5〜6cmに切り、中心まで縦に切り目を入れて開き、芯を除きます。 しらがねぎ(2) 開いたものを重ねて、繊維に沿って端からごく細く切ります。 しらがねぎ(3) 冷水にしばらくさらし、水けをきります。 斜め切り 根元を切り落として端から1〜2cm幅に斜めに切り分けます。 斜め薄切り 根元を切り落とし、端からできるだけ薄く斜めに切ります。 繊維が短くなって、口当たりがよくなります。 縦半分斜め薄切り(1) 根元を切り落として縦半分に切り込みを入れ、端からできるだけ薄く斜めに切ります。 繊維が短くなるので、縦せん切りより食べやすくなります。 切り方 細切り 4〜5cm長さに切り、2〜3mm厚さの縦薄切りにしてから、少しずらして数枚重ね、繊維に沿って、2〜3mm幅に切ります。 きんぴらごぼうや、サラダなどに。 乱切り 4〜5cm長さに切り、2〜3mm厚さの縦薄切りにしてから、少しずらして数枚重ね、繊維に沿って、2〜3mm幅に切ります。 きんぴらごぼうや、サラダなどに。 ささがき(1) 縦に長い切り込みを、5mmくらいの間隔で外側全周に入れます。 ささがき(2) まな板の上でごぼうを回しながら、皮むき器で削っていきます。 薄くすんなりとした笹 ささ の葉の形に仕上げるのが理想的です。 斜め薄切り 斜めに包丁を入れて1〜2mm厚さに薄く切ります。 斜めの角度は、仕上げたい形によって調節して。 たたきごぼう 鍋に合わせた長さに切って、3〜10分、ごぼうの太さや、かたさの好みなどで加減してゆで、やわらかくしてからすりこ木などでたたきます。 こうすると繊維が切れて食べやすくなると同時に、味がしみこみやすくなります。 切ったら水につける アクが強く、空気に触れると変色しやすいので、切ったそばから水につけてアクを抜きます。 長くつけすぎると逆にアクが戻ったり、香りが抜けるので、5分ほどつけたらざるに上げます。 切り方 輪切り 横にして小口から厚さをそろえて切れば、輪切りに。 厚さは、料理に合わせて調節を。 いちょう切り(1) 作りたい分量の長さに切り、縦四つ割りにします。 いちょう切り(2) 四つ割りにしたうちの2本を、切り口を下にして置き、端から薄切りにします。 厚さを揃えて切ると、火の通りが均一に。 せん切り(1) 皮をむき、斜め薄切りにします。 せん切り(2) これを少しずつずらして重ね、端から細く切ります。 せん切り(3) 縦薄切りにしてからせん切りにしても。 この場合、4〜5cm長さに切ったら、縦に薄切りにします。 このとき、端を1枚切ったら、その切った面を下にして置くと、安定して切りやすくなります。 せん切り(4) これを少しずつずらして重ね、端から細く切ります。 短冊切り(1) 4〜5cm長さに切ったら、縦に1cm厚さに切ります。 短冊切り(2) 端から薄切りにします。 あられ切り(1) さいの目切り(約1cm角)よりさらに細かく、約5mm角に切る角切り。 4〜5cm長さに切ったら、5mm厚さの薄切りにします。 あられ切り(2) これを5mm角の細切りにしたら、端から5mm幅に切って、立方体にします。 ねじ梅 野菜を花の形に切る「花形切り」の一つで、立体感のある梅の花の形にしたもの。 煮ものなどに。 ねじ梅(1) にんじんは皮をむいてから7〜8mm厚さの輪切りにし、花形の抜き型を使って、抜きます。 ねじ梅(2) 花びらの境目5カ所全部から中心に向かって、包丁の刃元を使って2〜3mm深さの切り込みを入れます。 ねじ梅(3) 花びらの中心から、左側の境目の切れ込みに向かって、包丁の刃元を斜め下向きに進め、薄くそぎ落とします。 これを花びらごとに繰り返します。

次の