ハニー レモン ソーダ ネタバレ 52。 ハニーレモンソーダ【第52話】最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

【『ハニーレモンソーダ』10巻ネタバレ感想】林間学校にて最高の三浦くん

ハニー レモン ソーダ ネタバレ 52

「ハニーレモンソーダsparkle35」あらすじネタバレ (三浦君を独り占めしたい・・・なんて) そんな事を考えながら1人寂しく帰宅中の羽花。 しかし、三浦は走って羽花を追いかけて来てくれていたのでした (三浦くんは私の所有物じゃないのに) (・・・今 まだ 奈乃ちゃんと一緒かな・・・) と思いながらさみしく歩いていると 三浦から着信があり、携帯が鳴った。 羽花「もっ もしもし」 三浦「石森 おまえ今どこ」 電話の向こうの声で、走っている事に気付いた しかし、 今あったら余計な事を言ってしまいそうで 嘘をついて電話を切ってしまった。 羽花「もう家に着きます」 三浦「・・・嘘つくなよ」 三浦「どうせ独りで帰ってんだろ?」 羽花「足も背中も もう痛くないです ・・・じゃあ」 羽花「着いたから家に入りますね」 三浦「石」 羽花「三浦くんも お気をつけて じゃあ」 ツー ツー ツー 三浦を独り占めした自分の気持ちを必死に押し殺すのでした 言えない・・・知られたくない・・・ 翌朝学校で 翌朝登校する羽花に友達が寄ってきて 昨日の保健室でのことを忠告して来た 「あの奈乃ちゃんて子 おかしいよ!」 「え?」 「三浦くん とろうとしてんだと思う?」 「保健室入ってくるタイミング狙いすぎ」 「部活 新しいこと始めたいって 羽花ちんとまんま同じこと言ってたから」 と奈乃が怪しいと忠告をしてくれた しかし、信じられない羽花は、そんな奈乃をかばってしまう。 「・・・そ そんなわけないよ・・・!」 とそこへ、奈乃が登校してきた。 昨日の事を謝ってきた タイミングが悪かった事や、空気が読めなかった事 そして、三浦を頼って一緒について来てもらってしまった事 目に涙を浮かべて謝る奈乃に周りも「勘違いだった?」と思うのでした。 「ごっ ごめん! これじゃあ みんなが悪者みたいに見えちゃうね! 羽花ちゃん ごめんね」 しかし、あのあと羽花を追いかけていった三浦に 大切にされている事をうらやましがる奈乃。 「・・・いいな うらやましい 羽花ちゃんと替われたらいいのに」 一瞬凍りつく羽花だったが 思い過ごしだと自分に言い聞かせた。 三浦の教室で 授業で資料集を忘れた奈乃は三浦に見せて欲しいと頼んできた。 その時、羽花が好きすぎて、真似をしてしまったことを謝る奈乃。 しかし三浦は、謝りながら 机をくっつけようとした奈乃を止めて距離を置いた。 「オレ寝るから」 「・・・すぐ終わらせて、すぐ返すね」 と言う奈乃に自分の資料じゃないと伝え 「オレのだったら貸さねぇよ」 と言った後、羽花を真似している事について はっきりと断言した 「ーーー観測不足だな 確かにあいつ すぐに泣くけど 自分の保身のために 泣いたりしねぇから」 奈乃の本性 羽花が三浦の教室に会いにきた。 ドキドキして覗き込んでいると 羽花に気付いた仲間が三浦を探してくれた。 しかし、秒で消える三浦はそこにはいなかった。 なんとなく教室を見渡すと三浦の机が目に入った しかし、隣の席に奈乃のカバンも目に入ってきた・・・ (席 隣なんだ・・・)と複雑な気持ちになる羽花 いつもなら三浦の近くに どんな女の子がいたってなんとも思わないはずなのに 少し動揺して教室を後にした。 とそんな時、廊下を歩いていると三浦からラインが入った 「いつものとこ」 三浦からのメッセージは2人だけの場所で集合のメッセージだった。 (三浦くんを ひとりじめしたい) 羽花はうれしくて走りながらその場所へ向かった。 しかし、そこには奈乃が立っていた 「あれ 羽花ちゃん」 なぜここに奈乃がいるの?と呆然としてしまった。 「休みたいときは、ここを使ってるって 三浦くんが教えてくれたの」 と衝撃的な言葉を言った後 「・・・なんてね 嘘だよ 前に2人がここに上がってくの見たんだ 私も入っちゃった 立入禁止なのに いいよね 羽花ちゃんも入ってるんだもん」 しかし、真面目な顔でこう言った 「ねぇ 三浦くんにはどうやって取り入ったの? 教えてよ」 奈乃の本性を知った羽花ははっきりと答えた 「教えない!」 そこへ三浦がやって来て奈乃の肩を引っ張った 「おまえ何してんの?」 立ち去ろうとする奈乃を呼び止める三浦だったが 羽花が袖を引いて止めた。 そして、三浦をひとりじめしたい気持ちを 抑えることが出来なくなった羽花は本音が溢れ出てしまった。 (もう 無理) 「不安と 嫉妬で 変になりそう」 「三浦くんは 私のだもん」 と大粒の涙を流してしまった 羽花の本音を知った三浦はそっと抱きしめて 「羽花 ーーーそうだよ そうだよ オレはおまえの 大丈夫だから」 嬉しくて泣き続ける羽花だった。 そして心の中で 「奈乃ちゃんと 話をしなければ」 と思う羽花でした。 おわり 「ハニーレモンソーダsparkle35」は U-NEXT(ユーネクスト)にて無料で読むことができます。 週末を利用して一気に読みたい人や通勤中や通学中、 待ち合わせの時間つぶしなどでお楽しみ下さい! 「ハニーレモンソーダsparkle35」を無料で読む方法!【U-NEXT版】 以上「ハニーレモンソーダsparkle35」のあらすじネタバレを紹介しましたが いかがだったでしょうか? 「原作を読みたくなった!」 「文字だけだからよく分からない」 「もう一度、絵付きで 読みたい!」 と思った方に耳寄りなで情報です! なんとU-NEXTでは、初回登録特典として 31日間、無料で「U-NEXT」を体験することが出来るんです。 そして、そのポイントを使うことで「ハニーレモンソーダsparkle35」を無料で読むことが出来ます。 興味のある方は、下記リンクよりご登録ください。 「ハニーレモンソーダsparkle35」の感想まとめ ようやく恋人同士になった2人。 しかし、新たに強敵が登場。 でも果たして奈乃のような子が現れたら 気持ちが移ってしまうのでしょうか? でも三浦はそんな性悪な奈乃を見抜いていたんですね! いつもクールで攻撃的なだけに ここまでハッキリといい捨てるところは たまらなくカッコイイですね! こんな事を言ってくれた事を知っていたら 羽花もここまで不安な気持ちにならかったかもしれません。 でもいつも思うのですが 良くも悪くもハッキリとストレートに意見を言うな〜って思います。 私なら、ショックで怖くてひたすら落ち込んでしますかもしれません。 そう言う意味では、羽花ちゃんは本当に 強くなって来てるんだな〜って思います。 でも奈乃はこのまま引き下がるのでしょうか? いやいや、絶対に何か起こりますよね。 今後も目が離せない作品です!.

次の

ハニーレモンソーダ【最新52話ネタバレ】1年記念!!普通の放課後デートもしたことない二人は…

ハニー レモン ソーダ ネタバレ 52

伝えたい気持ちを界に伝えられてとても幸せな時間を過ごしました。 特別な記念日だというのに、特になにも予定していなかった羽花は、みんなに言われすぐにケータイで検索をしました。 記念日デートですること… プリクラを撮って、ご飯をたべて、映画をみて、お揃いのアクセを買って… 定番のものがズラっと検索結果に並んでいます。 検索結果は普通の高校生なら普通のデートプランですが、羽花と界はしたことがありません。 なぜなら、2人のデートといえばいつもゲーセンだったのです! 驚きを隠せない友だちからは、軽く時間のムダだよ!!と言われてしまう始末。 ビックリしすぎた羽花は震えはじめ、界に向かって今日私とデートしてください!!と自分から誘うのです! もちろんこれは記念日デート。 今までを取り返すように、大事な記念日になるように、羽花は張り切っています。 記念日デート、1つ目はプリクラです。 人生で初めてとるプリクラ。 挙動不審になっている羽花に対し、界は慣れた手つきで操作し撮影に入りました。 …が、慣れていないせいで羽花は残像になってしまったり、見切れてしまったり、変な盛りになってしまったり… 理想と現実を突きつけられてしまいましたが、羽花ははじめてのプリクラに嬉しいようです。 プリを撮った後は、マック(も、羽花は人生初です。 )、映画へと向かいました。 そして最後…ペアアクセ。 界は、一応調べるわ…となにがいいか調べてくれるようです。 1年経ったのに拙い自分。 そんな時に限って検索したものの悪い方が目についてしまいます。 すれ違い、考え方や価値観の違いが見えてくる頃———— その結果を見ていた羽花に、ペアアクセが売っているお店が近くにあると界は話しかけます。 羽花はちょっと黙ってから三浦くんはどう思う?と聞いてみました。 界の答えは…いらない。 タピオカを買いに行き、自分で界のために用意したピアスを出そうとしていたところ… 羽花は見事噴水に落としてしまいます。 タイミングよく戻ってきた界は、噴水から拾いこれ俺の?と聞きました。 …うん、と答えると界はすぐにピアスをつけます。 そして界から羽花に渡してきたものは…? あらすじが分かって、ネタバレを読むのも面白いけど、やっぱり物足りない!絵が欲しい!! ストーリーを絵で楽しむのが漫画の醍醐味でもありますからね。 31日間無料で試せる• 600円分のポイントプレゼント• 80,000本以上の見放題動画作品が視聴できる• ハニーレモンソーダsparkle52の感想 1年経ったんですね! 羽花・界にとってもあっという間だったと思いますが、読んでいた私もあっという間に1年だと思ってしまいました(笑) そして、2人のデートはいつもゲーセンだったんですね(笑) らしいっていえばらしいですけど、それ以上にいろいろなことがあって、デートといったデートをあまりしていなかったのかもしれないなって思いました。

次の

ハニーレモンソーダのネタバレ(結末、最終回)ってどうなるの?早く続きが読みたい!

ハニー レモン ソーダ ネタバレ 52

ハニーレモンソーダのあらすじ紹介 中学校時代は「石」とまで呼ばれた、 ドン臭く、影の薄い少女、 石森羽花は、高校に入っても、 なかなか自分を出すことを できないでいました。 しかしレモン色の髪を持つ美少年、 三浦くんと顔を合わせた羽花は、 大きな声でのあいさつから始まり、 いじめてくる相手に対して、 見事に反撃してみせるなど、 次々と「殻」を破っていきました。 その姿は三浦くんたちにも 関心を引き起こさせるものがあり、 孤立しがちだった羽花は、 個性豊かな仲間とともに キラキラの青春を過ごしていきます。 ハニーレモンソーダのネタバレと今後の展開は? 高校入学一週間目にして、 炭酸のジュースを、揉め事に 巻き込まれる形で被ってしまった、 影の薄い少女、石森羽花。 中学校時代は「石」とあだ名され、 特に体育の授業では固まってしまい、 周りから浮きまくってしまうタイプで、 今回に関しても、張本人の三浦くんが 一応謝っていると言うのに、 うっかり逃げ出してしまいました。 しかし、過保護で優しい両親に、 甘えるような生活ではいけないと、 気合いを入れ直して登校した羽花は、 うっかり超早く来てしまい、 三浦くんと鉢合わせてしまいました。 しかし、クールで無表情な感じの 三浦くんは、羽花にしっかりと 挨拶をさせるなど面倒見の良い点もあり、 結果羽花は、三浦くんから 挨拶されるという「貴重」な 経験を得ることになりました。 その後もクラスの女子、遠藤さんに 助け舟を出したところ感謝されて、 仲良くなるなど良いことが続きますが、 「石」と呼ばれた羽花の過去を知る、 生徒たちと再会してしまい、 羽花はまたも沈んでしまいます。 そんな羽花を見かねて、またも三浦くんは 助け舟を出してくれますが、 羽花はこの学校に通うきっかけとなった、 三浦くんが絡むある出来事を思い出し、 勇気を振り絞ってみせるのでした。 サイト内で【 ハニーレモンソーダ】を検索! ハニーレモンソーダの読んでみた感想・評価 パワー系の男子が地味系の女子を、 引っ張っていく物語かと思いきや、 成長と決断に軸足が置かれていて、 非常に爽やかで充実感ある、 密度の濃い一作でした。 本作のポイントは第一に、 主人公を取り巻く仲間と 環境にあると言えます。 主人公である羽花は、勉強に強く、 反面人付き合いが苦手で、 入りやすく自由な校風の学校には、 イマイチ苦手なイメージですが、 「殻」を破ってからは、 そこがプラスに働いているんですね。 良いとは言えない環境にメゲず、 意思を貫いて戦う、的な、 根性でやり過ごす作品もありますが、 本作は羽花を否定せず、また、 彼女とは違う価値観も認めているので、 非常に和やかな雰囲気なんですね。 もちろん、色々な人が集まる、 自由系の学校ですので、羽花は、 狙われたりもしますし、 三浦くんタイプの生徒は目立って、 反感を買いかねないわけですが、 事があっても空気は変わりません。 地味な自分がダメではなく、 周りだけが悪いでもないという、 融和的な結論に至れるのは結構、 難しかったりもしますが、 それだけに本作のスタンスは 貴重なものがあると言えます。 もちろんスタンスが違うとは言え、 羽花も三浦くんも実に魅力的で、 単に顔立ちが良いのではなく、 ふとした時の表情などに、 若者特有の輝きがしっかりと、 見て取れるのも素晴らしかったです。 ハニーレモンソーダはこんな方におすすめな作品!必見 学校で人前で話すのが苦手だ、 体育の授業についていけない、 クラスメイトとうまく喋れない……。 明確ないじめを抜きにしても、 大人目線で考えてもなかなか大変な、 トラブルが頻発するのが学校ですが、 わずか数年間のことだからと、 「特殊な環境」に我慢するのも、 大局的にはアリな選択肢でしょう。 しかしそれでは、キラキラした、 本当に自分の憧れていた青春や、 未知の可能性というものには、 ずっと手が届かず、後々になって、 後悔するかも知れません。 本作はそんな大変で面倒で、 でも「何か」があるかも知れない、 「普通」の学校生活を、 本当に輝かしく描き切っています。 ヒロインの羽花は、見た目的にも、 特技的にも目立つタイプではなく、 「漫画的」ではなく「本当」に、 どこにでもいる娘なのですが、 だからこそその一歩を出す、 力強さが輝いて見えました。 キラキラした学園生活という、 素晴らしい数年間を、 羽花たちの目を通じて、 満喫したい方にはオススメですし、 能力やルックスにも関係ない、 本当の魅力を楽しむこともできます。

次の