スケボー かつや。 佐藤健のキスシーンNGの舞台裏がヤバいらしい?

// ビックかつや // ビックなボールで耐久性UP かつやステッカー付き スケボー スケートボード ベアリング :BR

スケボー かつや

OTHER CONTENTS• 基礎知識• スケボー入門編• フラットトリック• アール・ランプ• 小技集• 初めてのスケボーを格安で! nolliskateboardingが推薦するショップ「輪生む」で取り扱っている組立済みスケートボード(コンプリート)はハイクオリティーな素材と製法で作られたデッキ(板)を含む高品質なギアを使用した初心者の方にイチオシのスケートボードです。 興味がある方は 「 2. BASICS (乗る・スタンス・進む・止まる) 自分のスケボーや必要な物が揃ったらいよいよ初ライドですが、その前に是非知っておいてもらいたいのが、スケボーの超基本動作である「乗る・スタンス・進む・止まる」の正しい知識です。 初めて板に乗る最初の二時間は、スケートボードを練習する過程で最も危険で、注意が必要な場面の一つです。 基本的な乗り方が身に付いていない状態は、運転の知識が全くないまま車を運転することに等しく、少しのミスが大きな怪我に繋がります。 安全にスケボーを始めるための知識を身につけ、怪我の無い初滑りをお楽しみください。

次の

Prime コンプリート一覧

スケボー かつや

前半:オーリーの基本的なHOWTO 後半:高さの出し方 動画の前半は、オーリーの基本的なHOWTO。 練習方法などの解説です。 自分が、めちゃめちゃ参考になったのは、 動画の後半部分。 「高さの出し方」 が参考になりました。 高さをだすには、前足を使わない 参考になった ポイントを紹介します。 かつやさんは、オーリーで本当に高さを出したいならば、 「前足を使うな!!」 と動画でいっていました。。。 これは、 「遅らせてあげる」といった表現のほうが正しいかもしれません。 「前足を使わない」と言った意味は、オーリーの 支点を上に持っていくため。 下の写真を見てください。 この支点の位置から、前足を前に送ってあげることで、テールが上がり、 オーリーの高さが決まります。 「高さのあるオーリー」をするには、いかにこの支点を 上に持っていけるかが、カギ。 オーリーの高さ=支点を上に持っていく この公式です。 これを考えると、かつやさんの 「前足は使うな」 と動画で言っている意味がよくわかります。 デッキの長さより上に支点を持っていく かつやさんのオーリーは、デッキの長さよりも上に支点を持っていっています デッキの長さより上に支点を作るには、下の写真のような状態を作ります。 デッキの長さ以上のオーリーをするならば、支点の位置を デッキの全長よりも上にしなければいけません。 そのために、デッキを立ち上げたときに、 すぐに前足を使わず、写真のような状態にもっていきます。 写真のような状態にもっていった後に、前足を使うと、支点がデッキの長さよりも上にあるために、高さのあるオーリーが可能になる。 そのための 「前足は使うな」 なのです。 この解説を聞いた時に僕は、 「なるほど。。。 」 と思わず声が出てしまいました。 日本一のオーリーを持つ男の説得力 スケボーをやっている人なら、オーリーの理論とか原理ってなんとなくわかっていると思います。 ただ、、、 圧倒的な高さを持つ、かつやさんのオーリーを見た後に、 完璧といっていいくらいの、オーリー理論の解説を聞くと、 「おー。。。 そうなのか!!!」 といった 納得感のある言葉しかでてこない。 そのくらいかつやさんのオーリーは凄いし、 説得力があります。 YouTubeの凄さ 僕は、この「日本一のオーリーを持つ」かつやさんのHOWTOを見て、 「YouTubeってホントに凄いな」 と思いました。 YouTubeがなかったら、日本一のオーリーのポイントは学べないし、、、 学びたいと思ったら、実際に会いに行かないと聞くことはできない。。。 こんな問題を、 動画1本で解決してしまう、YouTubeってホントに凄いなと。 そんな日本一のオーリーを持つ、かつやさんのHOWTO動画を見て思いました。 かつやさんの別の動画も凄い かつやさんの別の動画も凄いので、少し紹介します。

次の

御祭り騒ぎ?!!初の出雲スケートコンテスト!!!!2日間の旅!!

スケボー かつや

ボールが大きい分解のリスクが減ります。 今まで、トリック着地時などに分解した事がある方や、 とにかく長く使いたい方にお勧めです。 回転性は、 BLACK9 < BIGかつや < AIR になります。 かなり早いと思います。 (個人的にはウィールサイズが少し大きくなったような感じがしました。 ) スペシャルステッカーがおまけで付いてきます。 youtube. 一般的にラバーシールドは外れ易いですが、 勘合強めのスケートボード専用ラバーシールドを使っています。 そう簡単には外れないので安心です。 時速20km以上で長距離を 滑走される方はこのベアリングでは無く専用の ベアリングをお使い下さい。 内部が高熱になるため、分解のリスクがあります。

次の