ムバッペ 背 番号。 新星ムバッペ、来季のPSG背番号は「7」と発表…新番号決定で残留濃厚か

フランス代表、背番号10の系譜。ジダンからムバッペへ…王者たちが受け継いできた誇り高き称号

ムバッペ 背 番号

この記事のには以下のような表記揺れがあります。 キリアン・ムバッペ• 国内リーグ戦に限る。 2019年9月3日現在。 2018年9月3日現在。 、所属。 ポジションは。 ただ、名の Kylian( フランス語発音: キリヤン)は、「キリアン」と日本語表記されることがほとんどである。 それはまず、当人の祖先の出身地のの言語の発音と、当人の出生地のの発音との対立があるという。 結果、「エムバペ」「ムバペ」「ンバペ」「エンバペ」「ムバッペ」など、多様な表記がある。 日本のメディアは「エムバペ」表記を好んで使用し、やなどのゲームでは「ムバッペ」を使用するが、のインタビュー動画内において本人は「ムバッペ」「エムバペ」「エンバペ」の中では「 エンバペ」が最も近いと発言している。 経歴 [ ] プロ入り前 [ ] 1998年12月20日にで誕生。 父親のウィルフレッド・エムバペは出身のサッカー指導者でキリアンが所属した最初のクラブ でコーチを務め、人の母親は元選手。 義兄にあたる(元代表のサッカー選手ジャン・ケンボの息子でキリアンの両親が里親となっていた)はかつてでプレーしたこともあるスポーツ一家であった。 少年時代にかつてやなどを輩出したフランス一の育成の名門、に入学、その頃から才能は知れ渡っており、2012年にはがエムバペを練習に招待している。 モナコ [ ] 2013年からのユースチームに所属し、2015年12月2日の戦にてとの交代途中出場でプロデビューを果たした。 2016年2月20日、戦にて17歳と26日でプロ初得点を記録した。 の記録を抜いてモナコでの最年少得点記録となった。 2016-17シーズン、のラウンド16・戦ではモナコの選手として1997年の以来となるを達成した。 2017年2月11日、第25節の戦ではリーグ史上2人目の若さでハットトリックを達成した。 3月15日、・決勝トーナメント1回戦の戦では第1戦に続いて得点をしてベスト8進出に貢献した。 3月19日、第30節の戦では2得点を決めて4連勝に貢献。 4月12日の準々決勝の戦のアウェーでの第1戦で先制弾を含む2ゴールを挙げた。 これにより決勝トーナメントにおける1試合複数得点の最年少記録を18歳と113日に更新した。 ホームでの第2戦でも先制ゴールを挙げ、モナコの2003-04シーズン以来の準決勝進出に貢献した。 UEFAチャンピオンズリーグ準決勝の戦ではトータルスコア1-4でチームは敗退したものの、5月9日に行われたアウェーでの第2戦でからチーム唯一となるゴールを挙げた。 5月17日の第37節・戦では決勝点となる先制点を挙げ、モナコに17季ぶりとなるリーグタイトルをもたらした。 パリ・サンジェルマン [ ] 2017年8月31日、へ2018年6月30日までのレンタル移籍(買い取りオプション付き)で加入することが発表された。 オプションを行使することにより、2022年までの契約となる。 年俸は2017-18シーズンはモナコ時代と同じ の最低保障年俸 となる。 9月8日、移籍後初戦となる戦で先発フル出場し、初ゴールを含む1ゴール1アシストで勝利に貢献した。 10月29日、UEFAチャンピオンズリーグ第3節の戦でも得点を決めて、10代におけるCL最多得点を更新した。 12月6日、UEFAチャンピオンズリーグ第6節の戦で2点ビハインドで迎えた50分、のパスに反応し、ヘディングでCL通算10ゴール目を挙げた。 18歳11ヶ月での二桁到達は史上最年少となった。 2018-19シーズンから背番号を29番からの移籍で空き番号となっていた7番に変更することが決定。 8月19日、第2節戦で後半から今季初出場を果たすと2ゴールを決める活躍を見せた。 10月7日の戦ではわずか13分の間に4ゴールを奪う圧巻の活躍を見せチームを5-0の大勝に導いた。 11月3日、第12節の戦でも得点を決め、45年ぶりとなる19歳でリーグ戦通算40得点をきめる記録を達成した。 2019年2月23日、第26節の戦でも2得点をきめ、わずか20歳と3か月でリーグ通算50得点に到達した。 代表経歴 [ ] でのエムバペ (表彰式にて) として各年代でプレーし、2016年にに出場し、5得点を記録しチームを優勝に導いた。 2017年3月26日、の戦で18歳と95日で代表デビューを果たした。 2017年8月31日のW杯予選戦で代表初得点を挙げた。 のメンバーに選出。 6月11日、第2戦の戦で得点を決め、同大会における最年少得点者(19歳183日)となった。 6月30日、決勝トーナメント1回戦の戦では2得点をあげる活躍で勝利に貢献した。 決勝の戦では4点目となるミドルシュートを決めフランスの優勝に大きく貢献した。 10代選手がワールドカップの決勝に出場したのは、の、のに続き史上3人目、決勝でゴールを決めたのはペレ以来2人目となる60年ぶりの出来事となった。 2018年のロシアワールドカップでは初のワールドカップ出場で4得点を取りフランスを優勝へと導いた。 人物 [ ] ストライカーとして若くしてモナコでデビューし、先述の通り最年少得点記録を塗り替えたことなどからの再来と称されている。 エムバペ本人は幼い頃はに憧れており 、ジダンを真似てヘアスタイルをにしようとするほどであった。 パリ・サンジェルマン移籍後はに似ているとしてチームメイトから「」のニックネームで呼ばれており、2017年12月17日の戦では試合に乱入したタートルズに扮したファンに抱きつかれる一幕もあった。 同リーグ所属のを乗せた飛行機の墜落事故の捜索活動へ27000ポンド(約380万円)を寄付した。 個人成績 [ ] クラブ シーズン リーグ リーグ カップ リーグカップ 国際大会 通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 2015—16 11 1 1 0 1 0 1 0 13 1 2016-17 29 15 3 2 3 3 9 6 44 26 2017-18 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 2017—18 27 13 5 4 4 0 8 4 44 21 2018-19 29 33 4 2 2 0 8 4 43 39 2019-20 20 18 通算 97 62 13 8 10 3 26 14 145 87 代表歴 [ ] 出場大会 [ ]• U-19フランス代表• 2016年 - ( 優勝)• フランス代表• 2018年 - 優勝• 2018年 - 試合数 [ ]• 国際Aマッチ 33試合 12点(2017年- ) 年 出場 得点 2017 10 1 2018 18 9 2019 5 2 通算 33 12 代表での得点 [ ] 日付 場所 対戦相手 スコア 結果 試合 1 2017年8月31日 、 4-0 4-0 2 2018年3月27日 、 0- 1 1-3 3 1- 3 4 2018年6月10日 、 1-1 1-1 親善試合 5 2018年6月21日 、 1-0 1-0 6 2018年6月30日 、 3-2 4-3 2018 FIFAワールドカップ 7 4-2 8 2018年7月15日 、 4-1 4-2 9 2018年9月9日 、 1-0 2-1 10 2018年10月12日 、 2-2 2-2 親善試合 11 2019年3月22日 、 0— 1 1—4 12 2019年3月26日 、 3-0 4-0 UEFA EURO 2020予選 タイトル [ ] チーム [ ] モナコ• :1回(2016-17) パリ・サンジェルマン• :3回(2017-18, 2018-19, 2019-20)• :1回(2017-18)• :1回(2017-18)• :2回(2018, 2019) 代表 [ ]• : 2016• : 2018 個人 [ ]• ・最優秀若手賞:2016-17, 2017-18, 2018-19• ・ベストイレブン:2016-17, 2017-18, 2018-19• ・得点王:2018-19, 2019-20• ・最優秀選手賞:2018-19• :2017• ・ヤングプレイヤー賞:• FIFAワールドカップ ドリームチーム:2018• :2018, 2019• :2018• フランス年間最優秀選手賞:2018 脚注 [ ] []• Qoly. 2017年12月18日. 2017年12月19日閲覧。 サッカーダイジェストWeb. 2017年9月19日. 2017年9月23日閲覧。 SoccerKingJP 2019年10月6日. ツイート. より 2019年10月11日閲覧。 Le Vestiaire du Sport 2017年12月20日 仏語記事• com 2017年5月18日• - UEFA. com 2016年2月13日• - Qoly 2017年4月25日• - フットボールチャンネル 2017年6月14日• soccerway. com. 2015年11月2日閲覧。 BBC Sport. 2016年2月23日閲覧。 ESPNFC. com. 2016年2月24日閲覧。 soccerway. com. 2016年12月15日閲覧。 - フットボールチャンネル 2017年2月13日• スポニチアックス(2017年3月17日)• - スカパー 2017年5月10日• - PSG. fr 2017年9月1日• Goal(2017年12月6日)• ゲキサカ(2018年8月19日)• goal. サッカーダイジェスト(2018年11月3日)• ゲキサカ(2019年2月24日)• fifpro. org. 2019年9月25日閲覧。 Goal(2017年3月26日)• ゲキサカ 2017年9月1日• ゲキサカ(2018年6月22日)• ゲキサカ(2018年6月30日)• ゲキサカ(2018年7月15日)• GOAL 2017年10月25日• the WORLD 2017年9月12日• PSGムバッペ、エミリアーノ・サラの事故解決へ380万円寄付。 パイロットが依然行方不明…• FIFA. com. 2018年7月23日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 mbappe -• KMbappe -• at FFF• - Soccerwayによる個人成績•

次の

エムバペ(ムバッペ)の経歴と年棒やプレースタイルは?名前の違いや彼女がいるかも調査!

ムバッペ 背 番号

はFW。 利き足は右足。 ・の所属。 概要 ・19区(近郊ディ)出身。 とにを持つ。 でして以降、驚異的なでのに。 やに次ぐ次世代の補との呼びが高く、には19歳にして彼らが今だ成し遂げていないを経験している。 はドナ。 しかしのにおいてはムバッペのほうが多くする。 一時やなどでエムバぺ呼びが扱いされた時期もあっただろうか。 生い立ち 導者である人のと元選手である人のというの系で生まれ育ち、幼少期の頃から才を評価され、や・といった名選手を輩出した一の育成の名門クレールフォンテーヌ研究所に入所。 からがを務めるディに入り、する。 当時からの高さは知れ渡っており、にはからに招待されている。 モナコ時代 からのユーに所属。 そこで頭を現すと、第節戦でにしてを果たす。 の第27節ワ戦では、と26日で初を記録し、の記録を抜いての最年少得点記録保持者となる。 5-16は、が若手を積極的に起用しようとしたこともあり、としてする機会が増える。 となったの第節メス戦では、史上最年少となるを達成。 そして、エムバペの名をに知らしめたのがこの年の()決勝での大活躍である。 ラウンド16の戦では legと legで連続を決め、に貢献。 準々決勝の戦の legでもアで2を奪い、準決勝でに敗れたものの、アの2 legでから一のを奪い、の快進撃の立となった。 の第節サンテエ戦では決勝点となる先制点を決め、にぶりとなるをもたらしている。 このショナルな活躍ぶりに、各のは獲得に乗り出すようになり、2年にしてすでににとどまるだけの器ではなくなっていた。 パリ・サンジェルマン時代 やへの移籍が噂された中、のへの買い取り付き移籍が決定。 このときが提示した額は0万(約24億円)と言われ、すでに20歳の頃のの7倍の給与を受け取っていることになる。 ははじめで翌年のに1億00万(約億円)を支払うことで全移籍することになる、といったものだった。 にして巨額の取引がなされた存在となったが、第5節のメス戦で移籍後初出場を果たすと、11という々しいを飾る。 以降、、と共に強な3を形成。 でもを相手にを決めるなど、活躍。 の2ぶりのに貢献する。 全移籍に移行した8-19からはを「7」に変更。 すると、これまでをかに上回るでを量産。 第9節の戦では1で4得点を決める圧巻の記録を作る。 には20歳にして通算得点に到達。 が長期離脱となった後半戦はとしての重責を負うようになったが、それでも勢いは止まらず、戦の得点数は33得点まで伸び、初の得点王と最優秀選手賞をW受賞する。 9-20は第3節のトゥーズ戦でを負傷し欠場を続けていたがの第3節の・ジュ戦では後半からの出場にもかかわらず3得点1と大暴れし全復活を印付けた。 出遅れていたでも第10節のニース戦で開幕戦以来のを決める。 にの感染拡大のため、は中断。 その後となり、戦18得点で2年連続得点王にき、時代と合わせて4年連続を経験する。 フランス代表 からを歩んでいたこともあり、各年代の代表でした経験を持つ。 にで開催された 9選手権6に9代表として出場し、5得点を決めてをに導き、大会の優秀選手に選ばれている。 代表には、予選の戦でと日で。 以降、代表に定着するようになりの予選戦で代表初を記録する。 にで開催されたに憧れのが付けていた「10」を付けて出場。 右で起用されると、的なでの攻撃の切り札的な存在となり、中のを魅了する。 第2節のー戦で初を決め、大会における最年少得点者となる。 ラウンド16では、擁すると対戦。 前半に的なでPKを得れば、後半に2得点を奪う活躍を見せる。 になわれたとの決勝では、後半20分にミを決めての4点を奪い、以来2人 出場も3人 となる決勝戦でを決めた10代の選手になる。 大会では得点の4得点を記録し、の2度のに貢献。 賞も受賞し、19歳にしての頂点を経験することに。 個人成績 試合 得点 5-16 11 1 6- 29 15 8 1 0 (n) 27 13 8-19 29 33 9-20 20 18 プレースタイル でした頃は左がとなり、の再来と称された。 へ移籍してからはが左にいることもあり、右、2の一、1と前線のあらゆるを経験。 より的な動きを覚え、得点感覚が年々増している。 代表では右で起用されることが多い。 どのでも自分の長所を発揮できる対応がある。 一番の特徴は何といっても的な。 最高時速は・7キロ。 はのと遜色ないである。 一歩のが尋常ではないのため、静止した状態からの加速が速く、独で相手の守備を壊すだけのが備わっている。 また、ドリブルの切れ味も特徴的であり、自慢のを活かしつつ緩急をつけることで相手に的を絞らせない。 小さく蹴り出しながら進む独特のムから一気にを入れて大きく蹴り出し、で見せたよFをぎり置き去りにする。 身体だけでなく、にも秀でており、を落とした状態のときにシコを披露することもある。 を受けるための動作もうまく、足下でを受けることも、に走りこんでを受けることも得意としている。 は、を狙った正確なののほうが多い。 で起用されたときは、から中に切れ込んでのも多い。 同時に味方を使ったもに入っており、大外からのの精度も高い。 ただ最近は裏に抜け出そうとする動きが減り、持ち味を生かしきれない試合もそこそこ増えている。 は4と較すると戦術的に未熟な面があるためエムバぺほどのの持ちであれば流すでも通用してしまうのが要因と言われている。 戦的に制覇は当たり前のにとっての本命と言っていいでの大一番でパッとしなかったりするのもぬるま湯に浸っている状況から起因しているという見方も多い。 ・ザ・の質が下がり足元でを受けたがったり大げさなをしたりと化してきてるとも。 のであるに所属するは、対戦した選手の中で手のつけられなかったFWに、っ先にエムバペの名前を挙げている。 決勝における一試合複数得点記録 と日。 最年少二桁得点 と11カ 関連動画 関連商品 外部リンク• 関連項目•

次の

キリアン・エムバペ

ムバッペ 背 番号

パリ・サンジェルマンのキリアン・ムバッペ【写真:Getty Images】 パリ・サンジェルマン(PSG)に所属する19歳のフランス代表FWキリアン・ムバッペは、新シーズンから背番号を変更することになるようだ。 仏紙『パリジャン』が22日付で伝えている。 昨年8月末にモナコからPSGへ移籍したムバッペは、背番号「29番」を使用していた。 弟の誕生日から取ったという番号であり、モナコ時代にも着用していたものだ。 PSGではMFルーカスが今年1月にトッテナムへ移籍して以来空いている番号だ。 7番を選ぶのは、ムバッペにとって「憧れの選手の一人」であるクリスティアーノ・ロナウドを象徴する番号だという理由によるものだという。 C・ロナウドはマンチェスター・ユナイテッドでもレアル・マドリーでも、ポルトガル代表でも7番を着用。 この夏に移籍したユベントスでもやはり7番となる。 ムバッペはロシアワールドカップでフランス代表の「10番」をつけ、優勝に貢献する活躍を見せた。 だがPSGではすでにFWネイマールが10番を使用しており、この番号がムバッペのものとなることは当面なさそうだ。 【了】.

次の