クウガ 一条さん 俳優。 仮面ライダークウガに出演する一条刑事と昭和仮面ライダーシリーズに出演...

仮面ライダークウガ 一条さんのインタビューが胸熱! 全49話を無料配信 (2015年7月2日)

クウガ 一条さん 俳優

仮面ライダークウガのあらすじ• 舞台は放送当時と同じ西暦2000年• 架空の山である九郎ヶ岳で謎の遺跡を発見• 発見した教授は目覚めた未確認生命体のグロンギに発掘隊を全滅させられる• 主人公の五代雄介は冒険家• 長野県警の一条薫と出会い、グロンギの存在を知り、対決を繰り広げる 昭和ライダーは主人公が改造人間という事が多く、ライダーも複数人いました。 しかし、 平成ライダーのクウガはライダーがクウガ1人です。 また、長野県警の一条薫との信頼関係も深めていく等の人間ドラマも描かれています。 正義のヒーローが戦う所、人間ドラマ、イケメンライダー等の見所がたくさんあって、それぞれ家族が違った視点で一緒に楽しめる物語になっていたんじゃないでしょうか。 そんな記念すべき平成ライダー第1作目となる仮面ライダークウガを演じたのは、今でも活躍中の オダギリジョーさんです。 オーディションに合格して決まったようですが、なんと 「リアルな芝居がやりたくて俳優になったから、特撮はやりたくない」と言っていたそうなんです。 確かにドラマや映画と特撮では演じる内容に違いがありそうですよね。 本名 小田切譲 クウガを演じた時からカタカナ表記になった 生年月日 1976年2月16日 執筆時43歳 出身地 岡山県 身長 176cm 血液型 O型 所属事務所 鈍牛倶楽部 活動期間 1999年から オダギリさんは個性的な雰囲気を持っている人なので、良い意味で年齢不詳だなと思っていたのですが、もう40代なんですね。 1999年から活動されているので、この記事を書いている時点で活動を始めて20周年を迎えられました。 活動を始めて2年目に仮面ライダークウガの主人公に抜擢されたという事は演技についても評価が高かったんじゃないかと思われます。 しかし、前にも書いた通り、オダギリさんは 特撮はやりたくないと言っていたんです。 そんなオダギリさんが、どうしてクウガを演じる事になったのか?そもそも俳優として活動する事になったキッカケは何なのか?詳しく調べてみました。 デビューのきっかけは? オダギリさんは小さい頃に両親が離婚しており、母子家庭で育ちました。 1人息子という事もあり、母親がいない時は映画館で過ごす事が多く、この事が映画監督を目指すキッカケになったのだそうです。 あれ?映画監督?俳優じゃなくて?…そうなんです!実はオダギリさんは最初、 映画監督を夢見ていたんですね。 しかし、夢を叶える為にアメリカのカリフォルニア州立大学フレズノ校に入学しますが、手違いで俳優養成コースに入学する事になってしまいます。 私だったら、手違いに気付いた時に退学を選んでしまいそうです。 しかし、オダギリさんは2年間演技について学び、日本に戻ってから現在所属している鈍牛事務所の俳優養成所の門を叩きます。 その後、 1999年に舞台『DREAM OF PASSION』で俳優デビューを果たします。 仮面ライダーは演じたくなかった? 舞台デビューを果たした、翌年の2000年に仮面ライダークウガの主人公である五代雄介役のオーディションを受けて、見事合格しました。 記念すべき平成ライダーの1作目の、しかも主役に選ばれたら、俳優としては喜ぶ所ですよね。 ただ、オダギリさんは前にも書いた通り、特撮はやりたくないと言われていたんですね。 その理由としては「あまりに現実と離れている演出や変身して戦うヒーローは気持ち悪い」、「変身とか怪人とかありえない事は嫌い」などと言っていたようです。 特撮ファンやオダギリさんファンの間では、こんな噂も出ていたんです。 自分の意見をはっきりと言えるオダギリさん。 改めてカッコいいと思いましたね。 正直、評価を得る為に良いコメントをする事も出来たと思うんです。 でも、そういう事はしないで自分の思っている事をはっきりと言うのは勇気が必要な事ですよね。 ただ、特撮に対しては否定的な考えを持っているみたいですが、『仮面ライダークウガ』のプロデューサーだった高寺成紀さんがパーソナリティーを務めている「高寺成紀の怪獣ラジオ」にゲスト出演した時にクウガについて、このような事を言っています。 「一括り(ひとくくり)で言ってしまえば、ヒーローものにはそんなに興味はないけど、クウガは大事。 自分にとってもすごく大事な作品。 」 クウガを黒歴史だと勘違いしてしまっていたファンとしては、とても嬉しい言葉ですよね。 オダギリさんはクウガに出演した後も、たくさんの作品に参加されているので、最近出演した作品について語る事が多くて、クウガはデビューしたばかりの作品だから、話す事が少なかっただけかもしれません。 オダギリジョー出演作品 映画• 血と骨 2004年• オペレッタ狸御殿 2005年• メゾン・ド・ヒミコ 2005年• SHINOBI 2005年• 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 2007年• 人類資金 2013年• 湯を沸かすほどの熱い愛 2016年 ドラマ• サトラレ 2002年• 不機嫌なジーン 2005年• 時効警察 2006年/帰ってきた時効警察 2007年/時効警察2019 仮 2019年 今はどんな活躍をしてる? 様々な役柄を演じてきたオダギリさんですが、最近CMで見ませんか? コミカルなCMに出演中 初めて見た時、思わず笑ってしまいました。 最後の「エアペイ…。 」で、あんなに気持ちを込められるのは、さすがですよね。 以前は他のバージョンも放送されていました。 近代化する前と思われる山村が舞台• 橋の建設が進む川岸の小屋に住み船頭を続ける主人公(船頭)は、黙々と渡し舟を漕ぐ日々を送っていた。 そんな折、主人公の前にひとりの少女が現れ、主人公の人生は大きく変わっていく……というストーリー 主人公の船頭を演じるのは大物俳優の柄本明さん、共演には今後が期待されている若手俳優の村上虹郎さん。 もう、この2人が出演するだけでも、見応えがありそうなのに、オダギリさんが監督という事で注目が集まっています。 他の出演者も徐々に紹介されるようなので楽しみに待ちたいと思います。 プライベートでは良きパパ! プライベートでは2008年2月16日にモデルで女優の香椎由宇さんと結婚されました。 キッカケは映画での共演だったのですが、なんとこの2人、 誕生日が一緒なんです。 しかも、その誕生日に入籍したんですよ。 誕生日が同じ人と出会う確率は13万人に1人、結構数字が大きくて分かりづらいですよね。 神奈川県海老名市の人口が約13万人と言われています。 つまり!大きな市に住んでいる人の中なら1人は同じ誕生日の人がいるという事になります。 外を歩いている時に「もしかしたら、あの人は同じ誕生日かな?」と考えてしまいそうですね。 プチ情報:オダギリさんはあの芸人と同級生だった? 芸能界で、これだけ多く活躍している人がいたら、同級生がいてもおかしくないですよね。 実はオダギリさんも「お前に食わせるタンメンはねぇ!」というギャグで一躍有名になった次長課長の河本準一さんと小学生時代、同級生だったんです。 しかも小学生時代はオダギリさんよりも河本さんの方がモテていたんだとか!小学生時代って1つ特技を披露すると、そこからモテるって事ありましたよね。 足が速い、面白い、背が高いなど、河本さんは小学生時代からクラスの盛り上げ役だったようなので話しやすさからモテていたのかもしれませんね。 同級生という縁もあって、「ボクらの時代」で当時のエピソードを語り合い、オダギリさんの中編映画の監督作品「さくらな人たち」に河本さんは出演しています。 自分の作品に友達が出演してくれるって、とても嬉しい事ですよね。 また、テレビで共演している所を見てみたいです。 まとめ• 仮面ライダークウガの俳優さんはオダギリジョー• 映画監督を目指していたが手違いで俳優の道へ• 特撮は嫌いだが、クウガは大事に思っている• 現在も映画やドラマで活躍中で CMにも出演していて自身の監督作品も公開予定• 香椎由宇さんと結婚後、悲しい別れもあったが受け止めて前に進んでいる• 次長課長の河本準一さんと同級生 クウガの事を語る事が少なかったオダギリさんですが、それでもクウガという作品をとても大切に思われていました。 様々な役柄を演じる事で国民的な俳優として活躍されています。 プライベートでは結婚・次男との悲しい別れ等、波瀾万丈な人生を送られています。 家族との時間も大切にしてもらいながら、今後の活躍にも期待したいです。

次の

仮面ライダークウガ 一条さんのインタビューが胸熱! 全49話を無料配信 | ガジェット通信 GetNews

クウガ 一条さん 俳優

原田龍二さん舞台「サザエさん」を降板!代役は葛山信吾さん 原田龍二さん、新たな三枚目の面も面白くてプチブレイクしていましたけど、不倫のニュースはビックリしました。 9月に「サザエさん」のマスオ役に決まっていたそうですが、良い夫の代表のマスオさんの役にはそぐわないということで降板になりました。 当然という気がしますが、よりによってマスオさんの役というのは皮肉ですね。 代役は 葛山信吾 かつらやましんご さんという俳優さんです。 気になったので、どんな俳優さんなのか調べてみました。 翌年にドラマ「ヴァンサンカン・結婚」でデビューしましたが、2000年放送の 「仮面ライダークウガ」の一条刑事役というとピンと来る人も多いかもしれませんね。 葛山信吾さんのプロフィール ・本名:葛山信吾(かつらやま しんご) ・生年月日:1972年4月7日 ・出身地:三重県亀山市 ・血液型:O型 ・身長:176cm ・事務所:株式会社CES ・家族構成:妻(細川直美)、娘2人 「仮面ライダークウガ」の他には、NHK大河ドラマ「 利家とまつ 加賀百万石物語」をはじめとして、土曜ワイド劇場などのテレビドラマに出演しています。 【猛省】『クウガ』から15年。 1988年の第2回全日本国民的美少女コンテストの グランプリを受賞して芸能界入りしました。 1993年放送のNHK連続テレビ小説「かりん」でヒロインを演じて一気に人気女優の仲間入りをしました。 タモリさんがファンと公言していたのも有名です。 それにしても、夫婦揃ってコンテストでグランプリを受賞しているんですね! 葛山信吾さんとは2002年に結婚、2人の子供にも恵まれています。 結婚後は余り表に出ていませんでしたが、2011年に「二人の食卓 ありがとうのレシピ」というテレビ番組に夫婦で出演しました。

次の

一条薫とは (イチジョウカオルとは) [単語記事]

クウガ 一条さん 俳優

【保存版!】「仮面ライダークウガ」心に残る、感動の名セリフ! こんなやつらの為に、これ以上誰かの涙は見たくない!みんなに笑顔でいてほしいんです!だから見てて下さい!俺の、変身!! (そんなのきれいごとじゃな いか!)「そうだよ、だからこそ、現実にしたいじゃない」 俺、中途半端はしません! さっきから五代さんの言ってること、綺麗事ばっかりやんか! でも!だからこそ現実にしたいじゃない!本当は綺麗事が、いいんだもん!!これ(拳)でしかやり取りできないなんて、悲しすぎるから! 俺を殴ってどんな気がした? 嫌な感じがしただろう? それをあいつはずっとやってるんだよ。 体が自分のものじゃなくなるかもしれないっていう恐怖の中で、弱音も吐かず、皆の笑顔を守るためにな。 これが『死』ってやつだ…頭の中でこねくり回した、妙な理屈や幻想なんか入り込む余地はない…それが『死ぬ』ってことだ。 お前もそのうち死ぬよ。 俺だっていつか死ぬ。 生きてる時間をどう使おうがお前の勝手だ。 お父さんが亡くなって確かに悲しいだろう。 だがそんな時こそ、お母さんや妹の笑顔の為に頑張れる男になれ! いつでも誰かの笑顔の為に頑張れるって、凄く素敵な事だと思わないか?先生は…先生はそう思う! 蝶野さん、生きてますか?生きてるなら、生きてる事を自分で楽しくした方がいいと思うけどな。 この雨だって絶対止むよ! そしたら青空になる! いまだってこの雨を降らせてる雲の向こうには、どこまでも青い空が広がってるんだ! 仮面ライダークウガの作品概要 「仮面ライダークウガ」は、テレビ版としては「仮面ライダーBLACK RX」以来11年ぶり、シリーズ全体でも「仮面ライダーJ」以来5年半ぶりに復活した仮面ライダーシリーズ。 ライダーのモチーフはクワガタ。 20世紀最後の仮面ライダーシリーズでもあり、平成ライダーでは唯一。 主人公・五代雄介は、とりわけたくましい外見をしているわけではないが、弱音を吐かず、自らに与えられた役割と使命を理解して行動する典型的なヒーロータイプ。 「笑顔を守る為に戦う」と他人の為に自己犠牲を厭わぬその姿勢に、「完璧超人過ぎて真似できないが憧れる人物」として多くの視聴者からの共感を得た。 その独特の作風は、ファン層の拡大や玩具展開含めてクウガ以降のシリーズの指標のひとつになっている。 仮面ライダークウガのあらすじ 超古代。 邪悪な力で異形の怪人に変身する戦闘集団「グロンギ」によって滅亡の危機に瀕していた古代民族「リント」は、人間を超変身させるベルトを創りだして戦士クウガを誕生させ、グロンギを撃退・封印した。 西暦2000年、長野県九郎ヶ岳遺跡の封印が解かれ、2000年の眠りから覚めたグロンギ族が活動を開始する。 最初のグロンギ「ズ・グムン・バ」の襲撃を受けた冒険家・五代雄介は謎の声に導かれて同遺跡から発掘されたベルト「アークル」を装着し、警官隊の銃撃をものともせずに暴れ回るグムンに殴りかかる。 戦士クウガに変身し、なんとか白のクウガ・グローイングフォームに変身した五代は、グムンに襲われていた長野県警の一条薫警部補を救い出す。 人々の笑顔を守る為に異形の怪人達と戦う! 仮面ライダークウガの主な登場人物・俳優 五代雄介(ごだい・ゆうすけ) 演:オダギリジョー クウガに変身する冒険家。 初変身時24歳。 本人曰く「夢を追う男」「2000の技を持つ男」。 普段はカレーショップ「ポレポレ」で店の手伝いをしており、戦い以前は世界中を飛び回っていた。 一見頼りない優男風だが、芯の通った心の強さをもっている。 パーソナルアクションとして、小学生時の恩師「神崎昭二」から教えてもらった親指を立てる「サムズアップ」を使う。 神崎昭二と西暦2000年までに2000の技を覚える約束を交わし、1番目の技は「笑顔」、そしてクウガへの変身が2000番目の技となった。 一条薫(いちじょう・かおる) 演:葛山信吾 長野県警の刑事で、九郎ヶ岳周辺での調査中に五代雄介と知り合う。 その後、東京の警視庁に出向し、クウガと協力してグロンギを倒していく。 「五代雄介」とフルネームで呼び、単独で行動し危機に陥る事もあるが、携帯電話をマナーモードにすること以外なんでもこなす万能刑事である。 沢渡桜子(さわたり・さくらこ) 演:村田和美 城南大学で考古学の研究をしている五代雄介の友人。 当初は戦い五代が巻き込まれる事に恐れを抱いていたが、吹っ切れた後は、ベルトに刻まれた古代文字を解読して五代雄介を心身共に助ける。 五代みのり(ごだい・みのり) 演:葵若菜 現:千崎若菜 五代雄介の妹。 保育園で保育士をしているが、兄のかわりに「ポレポレ」で働く事もある。 クウガに変身する兄の身を案じて葛藤した事もあったが、吹っ切れた後は兄を信頼し続ける。 椿秀一(つばき・しゅういち) 演:大塚よしたか 関東医大病院に勤務する司法解剖専門医で一条の友人。 五代雄介に協力してクウガの体の謎を解く事や、グロンギによる犠牲者の解剖を担当して、撃退方法のヒントを導き出す事に尽力した。 五代雄介がキノコ種怪人メ・ギノガ・デに敗れて心停止した際には、彼が行った電気ショックがライジングフォームの誕生につながった。

次の