松栄 堂 一関。 松栄堂 総本店 (ショウエイドウ)

シンガーソングライター・タテタカコ一関ライブ開催のお知らせ

松栄 堂 一関

松栄堂とは 松栄堂公式HPより 「 松栄堂」は、岩手県一関市の地主町にある明治36年創業の歴史ある和菓子屋です。 松栄堂の名前は、長寿と繁栄のシンボルである3界の松にあやかり、激動の時代を乗り越え、地元地域と共に末長い繁栄をという意味で名づけられたそうです。 松栄堂のある一関は、正月以外にも季節の行事でも餅をついて食べる習慣があり、結婚式や葬式の場でも「もち本膳」を振る舞うなど「 もち文化」が根付いている場所です。 このもち文化は、松栄堂のお菓子作りにも取り入れられています。 地元の原材料を基本としたお菓子作りをされています。 名物は一関藩主より名を貰った厳選した梅の実、青紫蘇、餅米を使った「 田むらの梅」とモチっとした団子の中にトロッとしたごま蜜が詰まった「 ごま摺り団子」です。 松栄堂は、古くからの歴史を持つ一関を代表する和菓子屋です。 モチっとした団子の中にはトロッとしたごま蜜が! ごま摺り団子とは? そんな松栄堂の商品で、自分が小さい時から好きなのがごま摺り団子です。 普通は、団子の上や周りに餡が絡められていますが、ごま摺り団子は団子の中にごま蜜がつまっています。 団子のモチっとした食感もよく、その中から溢れてくるごま蜜がまた美味しいです。 ごまの風味もしっかりとあり、ごま好きの自分にはたまらない一品。 ごまの旨みと香ばしさが口の中に広がりますよ。 ごまが餡が飛び出すので一口で食べるようにして下さいね。 甘さもくどくなく、1つ食べるともう1つ、もう1つとごま摺り団子が無くなっていきます。 笑 1口サイズで食べやすいことも、その要因の1つですね。 ちなみにごま摺り団子は、ジョジョの奇妙な冒険 第8部「ジョジョリオン」に登場するごま蜜団子のモデルです。 2012年に行われた「ジョジョ展」では、「杜王銘菓 ごま蜜団子」として販売されました。 国民的マンガに登場するなんて、凄いことですよね。 ごま摺り団子には、ずんだもちと春限定のさくらもちもありますのでそちらもオススメです。 お土産にもピッタリですよ。 ごま摺り団子の他にも松栄堂の商品は、ネット販売でも買うことができます。 せび皆さんにも食べて欲しい一品です。 遠藤 凌平 ryo Welcome to my blog. I 'm introducing Iwate. There're a lot of wonderful place in Iwate, so I want many people to come to here. There're The english article in English Blog of menu! 1人でも多くの人に岩手のことを知ってほしい|岩手のこと、マニラでの英語留学の経験など発信します。 ご連絡はTwitterからお願い致します。 Welcome to my blog. I 'm introducing Iwate. There're a lot of wonderful place in Iwate, so I want many people to come to here. There're The english article in English Blog of menu! 1人でも多くの人に岩手のことを知ってほしい|岩手のこと、マニラでの英語留学の経験など発信します。 ご連絡はTwitterからお願い致します。

次の

株式会社 松栄堂

松栄 堂 一関

明治36年に、初代が駄菓子製造販売から始めた株式会社松栄堂は、今年で創業115周年を迎えました。 昭和57年生まれで、五代目代表取締役社長の小野寺宏眞さんは、平成26年に同社の経営を引き継ぎ、初代から父まで受け継いできた和菓子製造の伝統を引き継ぎながら、地域と共に歩む菓子製造販売店として若者ならではの視点を活かした運営に取り組んでいます。 創業者の小野寺主馬蔵(しゅめぞう)さんは、埼玉県生まれの河川土木技師でした。 明治36年1月に北上川の柵ノ瀬付近の河川改修工事の現場監督として一関に移住し、小野寺家に婿入りしたとされ、同年8月には「菓子製造場及び営業用器具を買い入れた」という由緒書が残されているそうです。 社名は、川崎町の長寿と繁栄のシンボル「三界の松(別名:笠松)」にあやかって、松栄堂と命名しました。 同社の看板商品である「田むらの梅」は、宏眞さんの曾祖父で菓子作りの名工と呼ばれた二代目が、旧一関藩の当主田村丕顕公(ひろあきこう)から「一関の名と共に田村の名を後世に伝えるような菓子を創造したらどうか」との御意向を受け、初代と共に大正末頃から昭和初期に開発したと伝えられ、昭和3年に天皇献上品として精選、後は一関の名物として受け継がれてきました。 その後、若くして二代目は死去し、三代目(祖父)が引き継ぐ頃には太平洋戦争が悪化、店主である祖父も戦地へ赴き、戦後は一関を襲った台風による大水害が重なるなど一関でも多くの老舗が廃業に追い込まれました。 その頃、同社では菓子店でありながらその原料が入手しにくくなってきたことに加え、行政指導によってコッペパン作りを工場で行っていました。 まもなくして学校給食が始まると、同社が一関小学校の給食用パン製造委託工場に指定され、経済的にも安定しはじめ昭和25年には田むらの梅も復活し、一関復興の一つのシンボルにもなったと言われています。 松栄堂というと、ケーキを思い出す人も多くいるかもしれません。 昭和31年、旧一関市で初めて同社が洋菓子のケーキを製造販売しました。 現在、製造工場2か所(本社・平泉)、店舗は岩手県内8か所(季節店舗含む)に増え、時代と一緒に成長してきました。 「和菓子職人であった曾祖父、洋菓子を取り入れた祖父、それを受け継ぎ店舗の拡大を図った父、それぞれの思いがつまっている」と語る宏眞さんは、地元の高校を卒業後、上京し税理士法人を経て平成22年に地元へ。 四代目(父)から経営を引き継ぎ、最初に見直しを図ったのは菓子原料で、創業当時より「できるだけ地元産を」という教えから自分の目で確かめようと、広くなった一関市や平泉などの地場産に注目します。 以前から田むらの梅に欠かせない紫蘇は市内で契約栽培しており、梅は近くで採れたものを買取していましたが、千厩町磐清水に「梅の里村」という組織があることを聞きつけ、収穫祭にも参加するほど。 また、今年発売したばかりのりんごゼリーは、平泉町長島産りんごを使用しており、この夏のヒット商品となりました。 宏眞さんは「今後も旧町村ごとの素晴らしい素材を発掘し和菓子や洋菓子に取り入れたい」と意欲的です。

次の

松栄堂 さくらまち店

松栄 堂 一関

明治36年に、初代が駄菓子製造販売から始めた株式会社松栄堂は、今年で創業115周年を迎えました。 昭和57年生まれで、五代目代表取締役社長の小野寺宏眞さんは、平成26年に同社の経営を引き継ぎ、初代から父まで受け継いできた和菓子製造の伝統を引き継ぎながら、地域と共に歩む菓子製造販売店として若者ならではの視点を活かした運営に取り組んでいます。 創業者の小野寺主馬蔵(しゅめぞう)さんは、埼玉県生まれの河川土木技師でした。 明治36年1月に北上川の柵ノ瀬付近の河川改修工事の現場監督として一関に移住し、小野寺家に婿入りしたとされ、同年8月には「菓子製造場及び営業用器具を買い入れた」という由緒書が残されているそうです。 社名は、川崎町の長寿と繁栄のシンボル「三界の松(別名:笠松)」にあやかって、松栄堂と命名しました。 同社の看板商品である「田むらの梅」は、宏眞さんの曾祖父で菓子作りの名工と呼ばれた二代目が、旧一関藩の当主田村丕顕公(ひろあきこう)から「一関の名と共に田村の名を後世に伝えるような菓子を創造したらどうか」との御意向を受け、初代と共に大正末頃から昭和初期に開発したと伝えられ、昭和3年に天皇献上品として精選、後は一関の名物として受け継がれてきました。 その後、若くして二代目は死去し、三代目(祖父)が引き継ぐ頃には太平洋戦争が悪化、店主である祖父も戦地へ赴き、戦後は一関を襲った台風による大水害が重なるなど一関でも多くの老舗が廃業に追い込まれました。 その頃、同社では菓子店でありながらその原料が入手しにくくなってきたことに加え、行政指導によってコッペパン作りを工場で行っていました。 まもなくして学校給食が始まると、同社が一関小学校の給食用パン製造委託工場に指定され、経済的にも安定しはじめ昭和25年には田むらの梅も復活し、一関復興の一つのシンボルにもなったと言われています。 松栄堂というと、ケーキを思い出す人も多くいるかもしれません。 昭和31年、旧一関市で初めて同社が洋菓子のケーキを製造販売しました。 現在、製造工場2か所(本社・平泉)、店舗は岩手県内8か所(季節店舗含む)に増え、時代と一緒に成長してきました。 「和菓子職人であった曾祖父、洋菓子を取り入れた祖父、それを受け継ぎ店舗の拡大を図った父、それぞれの思いがつまっている」と語る宏眞さんは、地元の高校を卒業後、上京し税理士法人を経て平成22年に地元へ。 四代目(父)から経営を引き継ぎ、最初に見直しを図ったのは菓子原料で、創業当時より「できるだけ地元産を」という教えから自分の目で確かめようと、広くなった一関市や平泉などの地場産に注目します。 以前から田むらの梅に欠かせない紫蘇は市内で契約栽培しており、梅は近くで採れたものを買取していましたが、千厩町磐清水に「梅の里村」という組織があることを聞きつけ、収穫祭にも参加するほど。 また、今年発売したばかりのりんごゼリーは、平泉町長島産りんごを使用しており、この夏のヒット商品となりました。 宏眞さんは「今後も旧町村ごとの素晴らしい素材を発掘し和菓子や洋菓子に取り入れたい」と意欲的です。

次の