たか けいしょう けが。 休場の貴景勝「グリッと音がした」ケガ瞬間振り返る

貴景勝、逆転優勝へ9勝目 「あしたはあしたの風が吹く」

たか けいしょう けが

まで持たないかもしれない。 横綱(33)の6度目Vで幕を閉じた大相撲7月場所。 22日の優勝一夜明け会見では、「最高の気分」と満面の笑み。 さらに「日々、成長をしたいという気持ちは変わらない」と、決意も新たにした。 一方、後輩の後塵を拝したのが(34)だ。 14日目を終えた時点で2敗。 千秋楽で1敗の鶴竜に勝てば優勝決定戦に持ち込めたものの、がっぷり四つに組みながら寄り切られた。 12勝3敗は横綱としては申し分ない成績とはいえ、無敵を誇った白鵬にしては物足りない数字。 そこで気になるのが、決まり手だ。 白鵬がもっとも得意としているのは寄り切り。 全盛期は年に30番前後、この手で勝ったことがある。 それが今場所はたったの2番。 12勝中、1勝は不戦勝として、残り9番は引き技や投げ技で、盤石の寄りは影を潜めている。

次の

阿武咲(おうのしょう)は膝の怪我から復活し三役を狙う!|相撲道

たか けいしょう けが

秋場所千秋楽の優勝決定戦には敗れたものの「10勝以上」の条件をクリアし、大関復帰が決まった。 だが、再び危機が訪れている。 関脇・御嶽海との優勝決定戦で左胸を痛め、一夜明けて検査に行った病院で「6週間の加療が必要」と診断されたのだ。 その容態を巡って、様々な情報が飛び交っている。 「貴景勝も左利きで、左のおっつけやいなしが武器。 押し相撲一辺倒だから、四つ相撲の稀勢の里より影響は大きいのではないか」(同前)とみられている。 一方で、貴景勝の後援者は、重傷説を否定する。 豪栄道(大関)や琴奨菊(前頭7)だって大胸筋をケガした後に長く相撲を取っている。 追われるようなかたちで協会を去った貴乃花親方の愛弟子だけに、貴景勝には敵も多い。 ケガが重いという情報を流す人たちがいるんじゃないか。 秋場所だって、場所前には調整遅れなど悲観的な情報ばかり報じられていたのが、ふたを開けたら千秋楽まで優勝争いに絡んでいる。 九州場所に出られる可能性だって十分あると思いますよ」 ただ、誰に対してもガチンコの貴景勝には、対戦相手も容赦なく弱点を攻めてくる。 来場所は横綱の白鵬と鶴竜が戻ってくるし、カド番大関の高安、関脇に陥落して2度目の大関復帰が懸かる栃ノ心も必死の土俵になる。 難敵揃いなのは間違いなく、九州場所直前まで、貴景勝の容態を巡る情報戦は続きそうだ。

次の

大相撲ニュース

たか けいしょう けが

白鵬は引退か?貴景勝に三連敗と怪我!? 大相撲に横綱が不在という状況が 続いています! 稀勢の里の引退、鶴竜の怪我、 そして白鵬の怪我による休場という 事態に見舞われているのです! そんな中、白鵬はネット上を中心に 引退か?と囁かれています。 貴景勝に敗北した事で三連敗となった 白鵬。 相撲協会からは大きな怪我に見えない という疑惑かけられています。 このまま連敗が続けば横綱を 引退せざる得ない為に、 怪我による休場という手段を取った のかとも言われています。 最近では衰えを指摘されていた白鵬。 貴景勝という日本人力士の躍進や 同じモンゴル人横綱の鶴竜も同じ様な 現状にあります。 その為に、 以前からまことしやかに囁かれていた モンゴル人力士達による八百長相撲に 終止符が打たれるのでは無いかという 話まで出る事態に! そんな白鵬の引退のウワサ、 疑惑となっている怪我による休場、 八百長相撲に関して更に詳しく 見て行きましょう。 白鵬は引退の危機か!?貴景勝に敗北! 大相撲初場所13日目に横綱白鵬は、 関脇の貴景勝に敗北して三連敗と なりました。 そして14日目に怪我を理由に、 休場をしていました。 ネット上ではそんな白鷗に対し、 引退をするべきか、話題になりました。 もう、白鵬欠場で引退はすべきです。 ニュース 優勝の望みがなくなると球場。 そうやって「東京オリンピック」で土俵入りをしようとしてらしいけど、お願いですから引退してください。 白鵬の土俵入りは勝手にアレンジしてインチキです。 — 吉沢賢 kenyosizawa1 稀勢の里が引退し、鶴竜も同じ様に 休場。 横綱不在の初場所にかなりの不満が ぶつけられたのがわかりますね。 白鵬の休場は本当に怪我が原因か?貴景勝に敗北が本当の理由? 白鵬の師匠である宮城野親方によると、 白鵬は初場所4日目、5日目時点で 右膝、左足首を痛めていたと 言われています。 しかし、横綱審議会からは、 休場をする程の大きな怪我をしていた と思えないと疑問を持たれています。 そして、横綱審議会は白鵬と鶴竜の 力士としての力が落ちてきたのでは 無いかという発言をしました。 横綱審議会は白鵬の休場を 怪我によるものではないと 考えています。 力士としての力が落ちてきた事による 貴景勝達に三連敗という状況から 逃れる手段と捉えている可能性が あるという事です。 それが事実ならば何故白鵬は、 休場をしてまで、三連敗という事実から 逃げる必要があったのでしょうか? それは横綱が引退するシステムに 関わっています。 スポンサード・リンク 白鵬に忍び寄る引退の影!モンゴル力士は八百長相撲をしていた? 三連敗を喫した白鵬。 横綱の引退は基本的に相撲協会から 勧告されたりはしません。 また、一度横綱になったら、 そこから下の番付に降格という 事もありません。 自己判断で引退を 決めるしかないのです。 そこに今回の白鵬休場の理由があると 言えます。 また、 白鵬が引退した場合、同時に同じ立場に 立たされた鶴竜にも引退の危機が あると言えます。 実は以前からモンゴル力士には 八百長相撲の疑惑がありました。 2人がもし引退し、八百長相撲疑惑が 事実ならば、これからはそれは困難に なるかもしれません。 そんな白鵬の休場理由と 八百長相撲疑惑に迫って行きましょう! 横綱は力不足となったら引退?白鵬が休場した理由! 横綱は前述した様に、 他者から勧告されて引退するのでは ありません。 自身の力が落ちてきた際に、 周囲の反応も踏まえて 自己判断で引退するのです。 つまり今回の白鵬の休場は、 三連敗という力士としての力が 落ちている事実から一時的に 避難するために行われたという 見方もできます。 三連敗どころか、 そこから更に連敗となると引退は 避けられなかったと考えられる 為です。 白鵬と鶴竜の引退は八百長相撲の終焉? 窮地に立たされた白鵬ですが、 同じモンゴル人横綱の鶴竜と共に 引退すればモンゴル人力士の 八百長相撲が終わるのではないかと 囁かれています。 そもそも、モンゴル人力士の 八百長相撲のウワサは元貴乃花部屋の 貴ノ岩に日馬富士が暴行を行った騒動の 際に出てきた物です。 貴ノ岩は、白鵬も属している モンゴル人力士で構成された モンゴル互助会からの八百長相撲を 拒否した為に暴行を受けた という内容のウワサです。 ウワサが事実ならば、 今回のモンゴル人横綱が同時に引退し、 互助会の影響力が弱まれば、 互助会による八百長相撲が出来なくなる のではという考えが出来ます。 あくまで八百長相撲は ウワサの域を出ない物です。 ですが、 貴景勝等の日本人力士の台頭が 見られる今の状況を考えると、 互助会の影響力減少に関しては あり得そうな事ですね。

次の