森林地帯 レベル上げ。 導き全地帯7にし知り尽くした俺が

【モンハンワールド:アイスボーン】地帯・Lv別出現モンスター一覧【MHWI】

森林地帯 レベル上げ

導きの地の専用素材はマカ錬金で交換可能 まず初めに知っておいて欲しいのは、導きの地の専用素材は一度入手したものなら、 ほとんどがマカ錬金を利用して交換可能となっています。 その為自分の地帯レベルが低くても、マルチプレイで一度でも素材を入手しておけば履歴がつくので、マルチプレイとマカ錬金を活用するのもおすすめです。 マカ錬金による交換が不可能なのは、古龍・金レイア・銀レウス・バゼル・ジョー・ラージャン・ティガ亜種・ジンオウガ亜種の歴戦素材は交換できないので、 登場したら最優先でストックしておきましょう。 最優先は歴戦イヴェルカーナ 歴戦イヴェルカーナから取得できる『 歴戦の冠角』は、ほぼ全ての素材へと交換可能な万能素材となっています。 もちろん歴戦古龍などのLv7で出現する歴戦素材には交換できませんが、それ以外は交換可能です。 その為、最優先として 歴戦イヴェルカーナが登場する地帯はどこでもいいのでLv7にしておきたいです。 おすすめは溶岩・氷雪地帯をレベル7固定にする まず筆者がおすすめする地帯のレベル上げ方は、最終的に 溶岩・氷雪地帯を レベル7にする方法です。 以前までは森林と荒地をレベル1にする『11777』がおすすめでしたが、現在は必要となる素材が多い 溶岩・氷雪地帯をレベル7で固定しておくと便利です。 その他の地帯は自分の欲しい素材と相談して上げましょう。 溶岩地帯の歴戦ラージャン素材は、カスタム強化の上限解放やラージャン武器の強化に要求される数が多いので優先してLv7で固定したい地帯です。 氷雪地帯はマカ錬金で交換素材の多い、歴戦イヴェルカーナが出現し、キャンプから遠くレベルが上げにくい地帯なので、Lv7で固定しておきたいです。 マカ錬金での交換ができない歴戦素材の出現地帯 森林:カーナ・クシャ 荒地:カーナ・ナナ・テオ・金レイア 珊瑚:カーナ・キリン・ネロミェール・銀レウス 瘴気:カーナ・ハザク・ティガ亜種 溶岩:クシャ・テオ・ナナ・ラージャン・バゼル 氷雪:カーナ・ジンオウガ亜種・ネルギガンテ 溶岩・氷雪地帯をLv7にしておけば、マカ錬金で交換不可能な8種類の歴戦モンスターを狩猟することが可能です。 全地帯をバランスよく上げるのは非推奨 全地帯をバランスよく上げると、レベル7の地帯が少なくなるor無くなってしまうので、登場するモンスターが少なくなってしまいます。 導きの地の素材はマカ錬金で交換可能な点や、歴戦古龍がレベル7から登場する事を考えると、『 レベルを上げるなら上げきる』事を推奨します。 レベルを上げきる前に素材の履歴を埋めておこう 地帯レベルを上げるのは大切ですが、 必ず素材を入手しながらLv7にしましょう。 マカ錬金で交換可能な素材なら、一度入手するだけでOKです。 バフバロのようなどこでも出現するモンスターならいいのですが、歴戦では無いトビカガチやクルルヤックなどは地帯レベルがあがると登場しなくなるので要注意です。 レベルの微調整は痕跡集めがおすすめ! 導きの地では地帯レベルを上げていると、レベルMAXの地帯レベルが下がってしまうこともあります。 その場合。 わざわざモンスターを倒すよりも簡単で、時間もかからないので、痕跡を集めて地帯レベルを微調整していきましょう。 逆にLvを上げたい地帯以外の痕跡を入手してしまうと、レベルが下がる原因になるので、しっかりと痕跡を見て入手するようにしましょう。 陸珊瑚ならキリン、瘴気ならラドバルキンやヴァルハザクといったように、 その地帯にしか登場しないモンスターの痕跡の方がゲージ上昇率が高いです。 ちなみにLv7の地帯は通常では地帯ゲージが表示されませんが、 ギルドカードならLv7の地帯でもゲージが表示されます。 ギルドカードで確認しながらLv7地帯を調整することをおすすめします。 効率良く地帯レベルを上げるなら、罠と痕跡を活用しよう 地帯レベルが上昇する要因は、モンスターの狩猟だけでなく、罠・痕跡採取・部位破壊といった調査ポイントが入手できるものでも上昇します。 その為、普通に狩猟するよりも、痕跡集めをして罠を何度も使って狩猟する方が地帯レベルは上昇します。 陸珊瑚ならキリン、瘴気ならラドバルキンやヴァルハザク、氷雪ならベリオロスといったように、 その地帯にしか登場しないモンスターの方がゲージ上昇率が高いです。 といった方法で地帯レベルを上げる事も可能です。 この方法はソロよりもマルチプレイで行なうと効率がいいです。 この方法は罠の補充が必要なので、キャンプから遠い氷雪地帯ではやりにくいです。 マルチプレイでの地帯レベル上げがおすすめ 2019. 12月のアップデートで、『他のプレイヤーが特殊痕跡を入手した場合、自分も特殊痕跡が入手可能になる』という変更がありました。 その為4人でのマルチプレイだと、特殊痕跡の入手量が4倍になるので効率がかなり上がります。 モンスターの強さによってゲージの上昇量は変わらないので、森林地帯ならドスジャグラス、荒地地帯ならクルルヤックを呼び出してマルチプレイでタコ殴りにすれば特殊痕跡を回収しながら簡単にレベル上げ可能です。 痕跡集めと罠も利用すればさらに効率がいいです。 しかしあくまで導きの地は探索なので、自分の狩猟したいモンスターと別のモンスターを狩りに行くプレイヤーや、狩りに参加せずに採取を行うプレイヤーも参加する事もあります。 その為、絶対にマルチプレイが最高率という訳ではありません。 まとめ ・導きの地は全ての地帯をレベルMAXにできないので、レベルを上げる地帯を選ぶ必要がある ・溶岩・氷雪地帯をレベル7で固定するのがおすすめ ・歴戦イヴェルカーナの素材で、ほとんどの素材がマカ錬金で交換可能。 リオレイア希少種などの素材は交換できないので集める必要あり ・地帯レベルを7にするまでに、マカ錬金で交換可能な素材を入手して履歴をつけておく アップデートの度に仕様が変わる導きの地ですが、2019年12月5日現在ではこの方法がおすすめだと思います。

次の

【MHWアイスボーン】導きの地は溶岩と氷雪をLv7がおすすめ!効率のいい地帯レベル上げの方法も紹介

森林地帯 レベル上げ

モンスターハンターワールド:アイスボーン ver. 01 クリア後 コピー禁止 1 地帯レベルの調整 2019年12月5日に配信されたver. 01で環境調整機能が追加されました。 伴い、地帯レベルの調整が便利になりました。 part2でまとめました。 以下はver. 01時点の情報です。 地帯レベルについてざっくり載せました。 導きの地のクエストカウンターで『モンスターをおびき出す』を選択します。 モンスターの出現場所がわかります。 ポイントを稼ぐと出現場所にある地帯のゲージが上がります。 他の地帯のゲージは下がります。 ハンターノートの生息地ではありません。 1-1 地帯レベル上げ 例えば、リオレイア亜種です。 出現場合は荒地と陸珊瑚です。 ポイントを稼ぐと荒地と陸珊瑚のゲージが上がります。 森林、瘴気、溶岩のゲージが下がります。 ポイントを稼ぐ方法です。 シビレ罠、落とし穴で稼げます。 無くなったらモドリ玉を使い補充します。 部位破壊と捕獲でも稼ぎます。 1-2 地帯レベル下げ 例えば、森林と瘴気の地帯レベルを下げたい場合です。 森林と瘴気に出現するモンスターを選ばないようにします。 選ばないことで下げます。 レアモンスター出現すると戦いたくなるけど、 調整中は我慢です。 1-3 地帯レベル 固定 地帯レベル調整後の話です。 クエストボードから導きの地の環境を固定することができます。 2 地帯レベルの確認 2-1 地帯レベル 全域マップ 2019年10月10日のアップデート ver. 01 で新地帯が追加されました。 伴った調整で3つの地帯をレベル7まで上げることができるようになりました。 わたしは荒地、陸珊瑚、溶岩を上げました。 [地帯レベル 17717] 森林 レベル1 荒地 レベル7 陸珊瑚 レベル7 瘴気 レベル1 溶岩 レベル7 2-2 地帯レベル ギルドカード 実は、ギルドカードではゲージの蓄積量 詳細 を確認できます。 ゲージはレベル7MAXではなく、レベル8相当までプールできます。 ゲージ調整に便利です。 探索中はギルドカードの確認はできません。 補足 地帯レベル 17717にした理由 わたしの1番の目的は『大霊脈玉』を稼ぐことです。 歴戦古龍など危険度3相当のモンスターが落とします。 戦いやすい歴戦古龍が出現する地帯を選びました。 ネロミュエール、イヴェルカーナが好きです。 その地帯でしか入手できない素材 マカ錬金できない素材 があれば選びました。 瘴気地帯は選びませんでしたが、事前に十分素材を稼いでおきました。 素材入手方法 マカ錬金のアイテム錬金で素材を錬金できます。 例えば『傷ついたイャンガルルガ』の アイテム 歴戦の銀狼毛 を作りたい場合です。 材料 歴戦の漆黒皮 or 歴戦の鋼翼 or 歴戦の冠角 があれば作れます。 一覧に作りたいアイテムがない場合、入手済みである必要があります。 傷ついたイャンガルルガは森林地帯 レベル6以上 のみ出現です。 レベルをキープしておく必要はないと考えました。 地帯レベルを上げる必要性 各地帯レベル5でレアモギーが出現します。 各地帯レベル7到達でチャームを獲得できます。 隠しモンスターの出現は以下です。 [森林地帯] Lv6 傷ついたイャンガルルガ Lv7 傷ついたイャンガルルガ [荒地地帯] Lv6 リオレイア希少種 Lv7 歴戦リオレイア希少種 [陸珊瑚地帯] Lv6 リオレウス希少種 Lv7 歴戦リオレウス希少種 [瘴気地帯] Lv6 ティガレックス亜種 Lv7 歴戦ティガレックス亜種 [溶岩地帯] Lv7 リオレイア希少種 Lv7 リオレウス希少種 Lv7 歴戦ラージャン モギーについて。 チャームについて。 本音 ソロプレイヤー泣かせだぜ、まったく 追記 ver. 01 [環境の調節機能] 導きの地の探索 受付嬢 で指定した地帯のレベルを減少させられる機能追加 クエストボードでも可能.

次の

【MHWアイスボーン】導きの地の地帯レベルの上げ方でわかったこと

森林地帯 レベル上げ

特に近接武器を使っている場合は回復カスタムはほぼ必須と言っても良いです。 今後強力な歴戦個体と戦う上でも、回復カスタムがあると生存率が上がるのでぜひ欲しいところ。 具体的に、レア度12武器の回復カスタムに必要になる素材は以下の通り。 レア度12武器の回復カスタムに必要な素材一覧 必要素材 必要個数 入手方法 歴戦の幻惑皮 7個 歴戦ネロミェール みなぎる雷電殻 5個 ジンオウガ 霊脈の古龍骨 3個 歴戦古龍 導きの龍骨【陸珊瑚】 1個 陸珊瑚の骨塚 歴戦の幻惑皮を手に入れるために、歴戦ネロミェールと戦う必要があるということですね。 ちなみにジンオウガから取れる素材も必要になるのですが、陸珊瑚のレベルを上げていくとジンオウガも出現するため、レベル上げついでに討伐していけば問題ないです。 導きの龍骨【陸珊瑚】については陸珊瑚の骨塚を漁っていればそのうち手に入るので、定期的に採取してみてください。 優先順位第2位:瘴気地帯 陸珊瑚のレベル上げが終わりカスタム強化ができたら、次は瘴気地帯のレベルを上げましょう。 瘴気地帯のレベルを6まで上げると ティガレックス亜種が出現するようになります。 ティガレックス亜種から作れる装備は『攻撃・体力増強・回復量アップ・弱点特効・満足感・解放』と言った王道かつ強力なスキルを発動できるので作っておいて損はないです。 任務クエストやフリークエストにはティガレックス亜種が出現することはないので、できれば早めに戦い捕獲まで行っておきたいところ。 MEMOモンスターを捕獲をするとフリークエストの特殊闘技場で再び戦うことができるようになります。 ただし、ティガレックス亜種は通常種以上に狂暴かつ大咆哮 攻撃判定のある咆哮 を使ってくるので、初見時は結構苦労すると思います。 しっかり装備を整えてから挑んでいきたいですね。 優先順位第3位:溶岩地帯 次におすすめなのがアプデで追加された溶岩地帯です。 この溶岩地帯をレベル7まで上げると、 ラージャンの歴戦個体が出現します。 ラージャンの歴戦個体からはぎ取れる歴戦の煌毛は、カスタム枠の2回目の拡張に必要となる素材です。 カスタム枠を広げることで真価を発揮する武器が多々ありますので、ぜひとも溶岩地帯のレベルも7まで上げましょう。 ただしその場合は上記で紹介した陸珊瑚地帯や瘴気地帯のレベルが下がるので、ある程度必要になる素材はゲットしてから溶岩地帯のレベルを上げるのが良いと思います。 優先順位第4位:あとは必要に応じて上げればOK 溶岩地帯までレベルを上げたら後はお好みでOKです。 使っている武器のレア度でカスタム強化に必要になる素材は異なってきますので、必要に応じてレベルを調整していきましょう。 ちなみに、カスタム強化の必要素材や地帯ごとのモンスターの一覧表はgame8さんの以下の記事が参考になります。 良かったら参考にしてください。 なので、単純に上記2種のモンスターの素材が欲しいということなら、導きの地で苦労してレベルを上げるよりもMRを上げる方が楽です。 ちなみに地帯レベルが低い人の救難に行くとレベルが上がりやすい ある程度地帯レベルが上がってくると、次第にレベルが上がりにくくなってきますよね。 そんな時には、あなたが上げたい地帯レベルがまだ低い人の地帯レベル上げを手伝ってあげると手っ取り早くレベル上げが可能です。 例えばあなたの森林地帯のレベルが6だった場合、森林地帯のレベルが1や2の人の地帯レベル上げを手伝うと効率良く森林地帯のレベルを上げることができます。 上記はフレンドと協力できれば効率がいいのですが、僕のようなソロプレイヤーは救難信号に頼るしかないですね。 目的の地帯レベルが低い人の導きの地に合流し、目的の地帯のモンスターを狩っていたら協力して討伐。 別の地帯のモンスターを狩っていたら離脱して 切断ではない 、再度救難信号を検索し目的の地帯レベルが低い人の導きの地に合流…を繰り返しましょう。 ちょっと根気は入りますが、高レベルになってしまった自分の導きの地を周回するよりは手っ取り早くレベルを上げることができると思います。 導きの地に入って右も左も良くわからない場合は、ぜひこの記事を参考に地帯レベルを上げてみてください。 それではここまで記事を読んでいただきありがとうございました。 また次回の記事でお会いしましょう。 ぐっさんでした!.

次の