マクロン 記号。 ‾ 上につくハイフン (オーバーバー?) をパソコン、スマホ、キーボードで打つ方法、出し方 (チルダ~ 真ん中ハイフン

 ̄のアドレス入力方法教えて下さい

マクロン 記号

古典ラテン語では母音の長短を区別したが 、文字の上では区別がなかった。 区別するときにはに似た ()を使用した。 その後、母音の長短が失われた後に、学習者や研究者が母音の長短を区別するための補助記号としてマクロンを用いた。 また、など他の言語に関しても、同様の用途でマクロンを用いることがあった。 現代において、母音の長短を区別する言語のいくつかでは長母音にマクロンを加える。 ほかに、アキュート・アクセントを使う言語(など)、母音字を重ねる言語(など)がある。 で、第一声(陰平)のの表記に用いる。 詳細はを参照。 ギリシャ・アルファベット [ ] 現代のギリシャ語では母音の長短は区別されず、マクロンも使用されない。 古典ギリシャ語の学習・研究用に、長母音字の上にマクロンが付されることがある。 日本語をアルファベット表記した場合の長音 [ ] を表記する方法として各々の音を最大限尊重するが最も普及している事情もあってか、日本語の長音を表記する場合もにを付加する方法が最も普及している。 行政や交通機関における地名表記、外国人向けのなど、多くの分野で、このヘボン式ローマ字に長音符マクロンを付加する方式が採用されている。 Wikipedia の各国語版においても日本語の音写時にはこの方式が通用している。 日本国が定めている文字コードでは、までは長音表記に関する記載が無かったが、以降、マクロン付きの文字が収録されるようになった。 詳しくは、などを参照のこと。 音声記号 [ ] では文字の上に付し、中平板調の声調を表す。 その他 [ ] ・などの翻字において、長母音にマクロンをつけることが一般的に行われている。 一方、の翻字では、子音字の下にマクロンをつけることがある。 非ASCII図形文字を多用するプログラミング言語であるにおいて,マクロンは負数であることを示す。 符号位置 [ ] 注意: やはよく似ているが別の記号である。

次の

マクロン

マクロン 記号

この英字の上に載せる横棒のことは「マクロン MACRON 」と呼びます。 以下の通りです。 IMEの文字パレットなどを使って入力することもできますし、テキストエディタに搭載されている特殊文字入力機能を使って入力することもできますし、上記に表示されている文字をそのままコピー&ペーストしても良いでしょう。 もちろん、ウェブページの文字コードがUTF-8の場合であっても、文字実体参照を使ってはいけないことはありません。 つまり、上記のように文字実体参照を使う方法は、文字コードに関係なく使用可能です。 文字コードがなんなのかよく分からない場合は、この方法を使っておくのが確実でしょう。 例えば以下のように書けます。 そして、この方法を使えば、母音ではないアルファベットの上にマクロンを加えることもできるため、実際には使われない文字を作り出すこともできます。 私がちょっとだけ試してみたところ、表示できるブラウザと表示できないブラウザがありましたし、表示できるブラウザであっても使用フォントによっては表示できませんでした。 下図が表示例です。 でも、他のブラウザでは母音以外には合成できませんでした。 これは別にブラウザの仕様というわけではなく、表示に使われているフォントに影響されているような気もします。 私の環境では、例えばセリフ Serif 系フォントを使えば、合成できる文字もありました。 まあ、このように母音以外のアルファベットなどに長音記号を付加する必要性 需要 がないでしょうけども。 なんとなく顔文字を合成する目的でちょっと使われたりしそうかな? という気はします。 というわけで、ローマ字などで使われる「横棒 長音記号マクロン を加えた英字」を表示する方法でした。 このページの製作者は、にしし(西村文宏)です。 このページの内容は真実であることが基本ですが、虚構や妄想が混じっていることも多々あります。 も用意しています。 必要であればご使用下さい。 Nishishi All rights reserved. このページは、スマートフォン・タブレット等のモバイル端末でもご覧頂けます。 URLは端末に関係なく共通です。 横幅920px以上での閲覧がお勧めです。 ただし、古いブラウザ 特にIE7以下など では横幅に関係なくレガシーデザインになります。

次の

ローマ字で使う横棒(長音記号マクロン)を加えた英字を表示する方法

マクロン 記号

古典ラテン語では母音の長短を区別したが 、文字の上では区別がなかった。 区別するときにはに似た ()を使用した。 その後、母音の長短が失われた後に、学習者や研究者が母音の長短を区別するための補助記号としてマクロンを用いた。 また、など他の言語に関しても、同様の用途でマクロンを用いることがあった。 現代において、母音の長短を区別する言語のいくつかでは長母音にマクロンを加える。 ほかに、アキュート・アクセントを使う言語(など)、母音字を重ねる言語(など)がある。 で、第一声(陰平)のの表記に用いる。 詳細はを参照。 ギリシャ・アルファベット [ ] 現代のギリシャ語では母音の長短は区別されず、マクロンも使用されない。 古典ギリシャ語の学習・研究用に、長母音字の上にマクロンが付されることがある。 日本語をアルファベット表記した場合の長音 [ ] を表記する方法として各々の音を最大限尊重するが最も普及している事情もあってか、日本語の長音を表記する場合もにを付加する方法が最も普及している。 行政や交通機関における地名表記、外国人向けのなど、多くの分野で、このヘボン式ローマ字に長音符マクロンを付加する方式が採用されている。 Wikipedia の各国語版においても日本語の音写時にはこの方式が通用している。 日本国が定めている文字コードでは、までは長音表記に関する記載が無かったが、以降、マクロン付きの文字が収録されるようになった。 詳しくは、などを参照のこと。 音声記号 [ ] では文字の上に付し、中平板調の声調を表す。 その他 [ ] ・などの翻字において、長母音にマクロンをつけることが一般的に行われている。 一方、の翻字では、子音字の下にマクロンをつけることがある。 非ASCII図形文字を多用するプログラミング言語であるにおいて,マクロンは負数であることを示す。 符号位置 [ ] 注意: やはよく似ているが別の記号である。

次の