くるぶし 腫れ ぷよぷよ 痛く ない。 くるぶしの少し下。

くるぶしの腫れ:医師が考える原因と対処法|症状辞典

くるぶし 腫れ ぷよぷよ 痛く ない

くるぶしの腫れは痛みを伴うことが多く、靴が履けなくなったり、歩行に支障が出たりと不便を生じることが多い症状です。 転んだあと、ずっとくるぶしのあたりが痛くて腫れている• くるぶしのあたりが腫れて激しく痛む• くるぶしや手の関節にコブのようなものができている このような場合に考えられる原因には、どのようなものがあるのでしょうか。 くるぶしの腫れを引き起こす病気 くるぶしの腫れの原因としては、大きく分けて骨や関節の病気、体の病気があります。 骨や関節の病気 骨や関節の病気は、くるぶしの腫れの大きな原因です。 捻挫・骨折 とは、骨以外の関節を支える靭帯や軟骨などが、大きな力が加わることによって損傷した状態のことです。 一方、は骨が折れてしまうものだけでなく、骨が欠けた・ヒビが入った、潰れたなども含む骨のけがです。 ・、どちらもくるぶしの腫れの一因です。 ほとんどの場合には強い痛みを伴って腫れ、動かしにくい・動かせない、もしくは歩けないなどの症状を伴います。 速やかに受診し、適切な処置を受けることが大切です。 滑液包炎 かつえきほうえん 滑液包とは、足首など、大きく動かすことが多い関節をスムーズに動かすために存在している関節外の袋状の構造です。 滑液包炎とは、この滑液包に過剰な摩擦や圧迫が加わることにより炎症が起こり、滑液包に水が溜まる状態です。 この病気は、正座など足首前方への刺激が続くことで起きやすいといわれています。 こぶのように腫れたり、痛みを感じたりすることがあります。 変形性足関節症 足首の関節軟骨が加齢などにより変性・摩耗することで炎症を起こし、腫れや痛みなどが生じる病気です。 スポーツなどで足首をよく使う人、を繰り返している人、足首のをしたことがある人では発症するリスクが高いともいわれています。 足関節周囲脂肪腫 とは、皮膚の下に脂肪のかたまりができる良性の腫瘍のことです。 体のさまざまな部分にできますが、足関節周囲にできたとき、くるぶしが腫れる原因となります。 治療をしないと徐々に大きくなっていくことが多いといわれています。 体や皮膚の病気 全身や皮膚の病気によって、くるぶしの腫れが現れることもあります。 痛風性足関節炎 尿酸という物質の結晶が足関節内に生じ、急性を起こす病気です。 尿酸の結晶が関節内に析出し、滑膜を刺激し発作が起こると赤く熱を持って腫れ、非常に強い痛みを伴います。 くるぶしや足の親指などは発作がよく起こる場所です。 痛みの急性発作は7~10日でおさまっていくことが多いですが、の人に、繰り返し起こります。 発作を繰り返すと関節自体にも変性変化が生じてきます。 痛みがないときにも、の治療を継続して行うことが大切な病気です。 一度、内科あるいは整形外科を受診しておきましょう。 関節リウマチ 体の免疫システムが誤って自分の細胞を攻撃してしまう、の一種です。 特に関節に炎症を起こすことが特徴で、痛みや腫れなどが両側の多関節に現れます。 両側左右対称性に手指や手関節などの細かい関節に加え、股・膝・足の大関節にも起こりやすいといわれています。 症状として発熱、、倦怠感などを伴うことがあります。 症状が進行すると関節の破壊が生じ、曲げ伸ばしが難しくなり、・変形など日常生活に支障をきたすこともあります。 蜂窩織炎 ほうかしきえん 皮膚の脂肪組織など、比較的深い部分が細菌などに感染して炎症を起こす病気です。 体のどの部分でも発症しますが、手足などでは比較的起こりやすいといわれています。 を起こした部位は赤く熱を持って腫れ、痛みを伴います。 程度によっては発熱など、全身の症状を伴うこともあります。 受診の目安とポイント けがなどのきっかけがあるくるぶしの腫れや、突然激しい痛みを感じたような場合には早めに受診しましょう。 また、そこまで強い痛みでなくとも続いている、腫れてきているなどの場合にも一度受診が必要です。 原因によって専門の科目が分かれるものもありますが、くるぶしの腫れを主な症状として受診するなら、まずは整形外科でよいでしょう。 受診の際は、くるぶしの腫れはいつからあるのか、ほかにはいつからどんな症状があるのか、きっかけとなった出来事などをできるだけ詳しく医師へ伝えることがポイントです。 日常生活上の原因と対処法 日常生活に原因があり、くるぶしが腫れることもあります。 むくみ ふくらはぎの筋肉が衰え、血液を心臓に戻す力が衰えるとむくみが起きやすくなります。 また、お酒の飲み過ぎ、塩分の取り過ぎなどもむくみの一因です。 むくみを感じたら 筋肉量をキープするよう、毎日適度な運動を心がけましょう。 加えて、アルコールや塩分を取りすぎないよう食生活を見直すことも大事です。 また、むくみが強いときには手やローラーを使って、強すぎない程度に足のマッサージを行うのもよいでしょう。 足への負担 長時間の立ち仕事やスポーツなどは足に負担をかけることがあります。 足への負担もくるぶしの腫れの原因となります。 足への負担を軽減するためには 立ち仕事をしている人は適度に休憩をはさんだり、クッション性の高い靴を履くなどして、なるべく負担を軽減しましょう。 スポーツをしている人がくるぶしの腫れを感じた場合には、痛みや心当たりがなくとも一旦中止し、診察を受けたほうがよいでしょう。 良くならないときには 自分でできる対処法を試しても症状がよくならない場合には、思いもよらぬ原因が潜んでいることもあります。 筋力低下で生じるむくみは、起床時には軽減し、夕方になるにつれ悪化します。 起床時にもむくみが軽減しない場合には、下肢静脈血栓症や腎臓疾患の可能性があります。 一度、整形外科で相談してみましょう。

次の

足首やくるぶしの痛みや腫れの原因と対処法!内側と外側の違い!

くるぶし 腫れ ぷよぷよ 痛く ない

くるぶしが腫れてぷよぷよしていることがありませんか。 足首の違和感が気になって、足のくるぶし付近を見てみると腫れていることがあります。 くるぶしを触るとぷよぷよして水が溜まっているように感じます。 くるぶしが腫れてぷよぷよしているときは、関節部分にある滑液包(かつえきほう)が炎症を起こしている可能性があります。 くるぶし付近の腫れや痛みの原因には、 ・捻挫・骨折・外反母趾・痛風・腱鞘炎・偏平足 ・ 後脛骨筋腱機能不全症・足根幹症候群などもあります。 足首付近の捻挫の多くは、足首を本来の稼働域を超えて動かしてしまったことで起こります。 足首の靭帯を損傷してしまう症状になります。 捻挫を起こして足首に腫れや熱がある時には、足首を動かさないように固定して安静にするのがベストです。 足首の骨折には、自覚症状がある骨折と無自覚の疲労骨折があります。 足首の痛みや違和感が続くときには病院でのレントゲン検査が必要になります。 外反母趾は足の指が腫れたり痛む症状ですが、足に負担をかけることで足首にも支障がでます。 外反母趾は足の指だけに異常が生じるだけでなく、足首やくるぶしにも腫れや痛みの症状が発症するので注意する必要があります。 痛風でも足首やくるぶしに異常が現れます。 痛風になると、足首やくるぶしが真っ赤に腫れて強い痛みがでます。 足首やくるぶしの筋肉は損傷していませんが、尿酸が蓄積して我慢できない痛みがでます。 腱鞘炎の原因は足の使い過ぎです。 腱鞘炎で足首やくるぶしが痛くなったら、アイシング・冷湿布を貼るなどをして安静にするのがベストです。 偏平足でも足首やくるぶしに異常が現れます。 偏平足だと地面の衝撃が足裏全体に直接伝わるので足首やくるぶしが痛くなります。 くるぶしが腫れだけでなく痛みも伴うときには、・捻挫・骨折・外反母趾・痛風・腱鞘炎・偏平足・ 後脛骨筋腱機能不全症・足根幹症候群も疑った方がよさそうです。 次に、くるぶしのぷよぷよの腫れについて紹介します。 くるぶしのぷよぷよの腫れ くるぶしの腫れに痛みが伴うときには、・捻挫・骨折・外反母趾・痛風・腱鞘炎・偏平足・ 後脛骨筋腱機能不全症・足根幹症候群などの疑いがあります。 くるぶしがぷよぷよに腫れて痛みが少ない時には関節部分の滑液包(かつえきほう)の炎症の疑いがあります。 くるぶしや肘などの関節の骨が出っ張った部分には、骨と皮膚の間に滑液包(かつえきほう)があります。 滑液包(かつえきほう)は薄くて平たい袋です。 滑液包の中には、少量の滑液が入っています。 滑液包は骨と皮膚が滑らかに動くように、クッションの働きをしています。 くるぶしが水ぶくれのように膨らんでいる原因は、滑液包の炎症で滑液が過剰に漏れ出しているからです。 くるぶしが腫れたら くるぶしが腫れても痛みがひどくなければ心配することはありません。 患部を冷やして安静にしていれば治ります。 滑液包(かつえきほう)の炎症が小さく初期症状であれば自然に治ります。 肩や肘などの関節の出っ張った部分であればどこでも炎症が起こる可能性はあります。 ぷよぷよの腫れの中には、リウマチや細菌感染によるものもあります。 しかし、足関節やくるぶしの腫れはほとんどが滑液包の炎症なので心配はいりません。 くるぶしが腫れて痛い くるぶしが腫れて痛いときには、整形外科で診察をおススメします。 滑液包の炎症でくるぶしが腫れて痛いときは、鎮痛剤を服用して患部を固定する治療が行われます。 ぷよぷよの腫れが大きくて関節に負担を与えている場合は、滑液包の中の余分な滑液を針で抜き取ります。 また、感染症の疑いがあるケースでは滑液の中身を検査することもあります。

次の

くるぶしが痛い原因は怪我だけじゃない?痛くなる病気とは?

くるぶし 腫れ ぷよぷよ 痛く ない

Sponsored Links くるぶしの内側と外側の痛みで原因は違う? 生活に支障来すこともある 足の痛み とりわけ「くるぶし」が痛いともなると、 歩くのもちょっと辛い・・・。 くるぶしの痛みで考えられる事は、 捻挫、 骨折、 痛風などが考えられます。 関節をくじけば 捻挫になりますし、 大きな力が加わった場合には 圧迫骨折や 疲労骨折などもあります。 また、尿酸が体内に溜まり結晶化すれば痛風となり、 発作が起きると大変激しい痛みを起こします。 対して、足首を外側に ひねってしまった場合は 外反捻挫となります。 窮屈な靴を無理に履いていたり、 急にランニングなどを始めアスファルトの上を 走ったりといったことで起こります。 Sponsored Links くるぶしが腫れてるけど痛くない!これはむくみ?病気? くるぶしの外側に大きく腫れをおこし、 痛みはまったく無く患部を触るとぷよぷよしている ・・・などといった事があります。 多くは 「滑液包炎」という症状で、 中には液体が入っており、 皮膚・筋肉・腱・靭帯が 骨と接している部分に炎症を伴うものです。 正座をした際などで繰り返す事があり、 くるぶしに圧がかからない様に座布団を敷く といった事で日常気をつける必要があります。 くるぶしを含み足首などの「 むくみ」を感じる場合は、 ・糖尿病性腎症 ・急性糸球体腎炎 ・慢性心不全 ・肺性心 などといった重病性の病気による事もあるので 病院にて医師に診察を受け、 検査等したほうが良いでしょう。 くるぶしが腫れて内出血を起こしてるときは? くるぶしや足首周辺の腫れが 酷く、内出血を起こしている場合に 考えられるのは、 「足首捻挫」です。 足首をひねった場合に関節周辺の靭帯が断裂を起こし、 そこから出血を起こしたことによって起こります。 かなり断裂が酷い状態=内出血の量も増えます。 先ほどもお話した「内反捻挫・外反捻挫」ですが、 内反捻挫の場合は外側のくるぶしに内出血が見られ、 外反捻挫の場合は内側くるぶし付近に内出血が見られます。 後々後遺症を残さない様に早めの処置が必要で、 いずれにしても医師の診断は行った方がよいでしょう。

次の