リクルートカード オススメ。 史上最強の還元率!リクルートカードのメリット・デメリット

リクルートカードはポイントサイト経由で8000円相当!VISAマスターは週末キャンペーンを狙え!

リクルートカード オススメ

「リクルートカード」の入会キャンペーンがお得です。 「リクルートカード」の入会と利用で最大11,500円相当のポイントを獲得することができます。 その秘密はポイントサイトの利用です。 ポイントサイトを経由することで、「リクルートカード」側のキャンペーンとは別枠でポイントを獲得できるため、このようなお得な内容を実現できます。 「リクルートカード」といえば、雑誌などで「最強のクレジットカード」とも言われている大人気のクレジットカードです。 これだけ大量のポイントを獲得できるチャンスはなかなかありませんので、興味はあったけどきっかけがなかった、という方は、ぜひこのお得なタイミングでご検討ください。 更新履歴(2020年7月4日):週末限定でモッピーで3,500円+リクルートカードで8,000円、合計11,500円相当の大還元! 目次• リクルートカードとは 「リクルートカード」とはその名前のとおり、リクルートが発行するクレジットカードです。 リクルートカードの特徴 年会費無料でありながら、ポイント還元率がクレジットカード界最強レベルの「1. 2%」となっている点が特徴となっています。 また、「じゃらん」や「ホットペッパービューティー」、「ボンパレモール」などのリクルートのサービスでカードを利用することで、 最大4. 2%のポイント還元を受けることができます。 獲得したリクルートポイントは、前述のリクルートのサービスで利用することもできますし、 「Pontaポイント」に交換することで、Ponta提携店舗で利用することもできます。 つまりは、効率良くポイントを貯めて、便利にポイントを使える、とても優秀なクレジットカード、ということが言えます。 リクルートカードのスペック 「リクルートカード」は以下になります。 国際ブランドは「Master」「VISA」「JCB」の3大ブランドから選択することができます。 年会費は繰り返しになりますが、永年無料となります。 旅行傷害保険については、利用付帯にはなりますが、海外、国内で、それぞれ2,000万円、1,000万円となっています。 年会費無料のクレジットカードとしては、手厚い補償となっています。 ショッピング保険が付帯しているのも嬉しいポイントですね。 リクルートカードの入会キャンペーンで利用するポイントサイト さて、そんな優秀なクレジットカードである「リクルートカード」ですが、 入会するなら、ポイントサイト経由が断然お得です。 ポイントサイトを経由することで、 「リクルートカード」側のキャンペーンとは別枠でポイントを獲得することができます。 今回ご紹介するポイントサイトは「モッピー」です。 ポイントサイトのモッピー(moppy)とは モッピー(moppy)は、 株式会社「セレス」が運営するポイントサイトです。 内職や副業、お小遣い稼ぎを目的としたポイントサイトとして人気が高く、 累計会員数800万人以上を誇る、日本最大級のポイントサイトです。 2005年設立ということで、 15年以上の歴史があります。 モッピーは規模も大きく、歴史もあるポイントサイトですが、最近、ホームページやポイント還元制度を次々にリニューアルしています。 また、 魅力あるキャンペーンを連発するなど、今一番勢いのあるポイントサイトと言っても過言ではなく、陸マイラー御用達のポイントサイトとなっています。 当ブログでも、様々なポイントサイトと比較の結果、と位置付けています。 リクルートカードの入会キャンペーン:モッピー側 リクルートカードの入会キャンペーン:案件概要 さて、まずは、ポイントサイトの「モッピー」で募集中の「リクルートカード」の入会キャンペーンの内容を確認したいと思います。 案件の概要としては、 「リクルートカード」の新規発行で、モッピーの3,500ポイントを獲得できるという内容になっています。 モッピーのポイントは、 1ポイント=1円の価値がありますので、 3,500円分のポイントを獲得できるという計算になります。 「リクルートカード」は人気のクレジットカードですので、ポイントサイトにこれまでなかなか登場してきてません。 それが、今回久々の登場(復活)となっています。 ポイント数は少ないですが、取りこぼしのないようにしたいところですね。 こちらの案件はお得が故に、 週末限定の期間限定ポイントアップになっています。 ご興味の方はお早めにご検討ください! リクルートカードの入会キャンペーン:案件詳細 今回の案件の「獲得条件」および「獲得外条件」は以下になります。 重要な点は赤字にしてあります。 今回の入会キャンペーンは「 初めて「リクルートカード」のお申し込みをされる方」が対象となります。 既に「リクルートカード」をお持ちの方は対象外となりますのでご注意ください。 また、今回、 国際ブランドは「JCB」のみが対象となります。 VISAやMasterCardが選択できないのはちょっと残念ですね・・。 通常、クレジットカード案件の場合、利用条件(何ヶ月以内にいくら使わないといけない)などが設定されている場合がありますが、こちらの案件の場合は、利用条件が設定されていません。 そういう意味では、非常に取り組みやすい案件とも言えますね。 【獲得条件】• 初回クレジットカード発行 <=利用条件なし!• 対象カード:リクルートカード (JCB)• 「 リクルートカードプラスの申し込み」および「 すでにリクルートカード・プラスをお持ちの方」は対象外となりますのでご注意ください。 【獲得対象外】• リクルートカードの入会キャンペーン:リクルートカード側 続いては、リクルートカード側のキャンペーンになります。 「リクルートカード」側では、 最大で8,000円分相当のポイントを獲得できるキャンペーンを実施中です。 キャンペーン特典は、以下のように3つの特典の合わせ技で構成されています。 <キャンペーン特典>• 新規入会特典で 1,000ポイント、カードマイページより受取り手続きが必要です。 【リクルート期間限定ポイント】• カード初回利用特典で 3,500ポイント、後日自動加算されます。 【リクルート期間限定ポイント】• 携帯電話料金決済特典で 4,000ポイント、後日自動加算されます。 【リクルート期間限定ポイント】• 合計(1+2+3):8,000ポイント! こちらのキャンペーンは週末限定、2020年7月3日10:00から 7月6日9:59までの期間限定となっています。 どの特典の獲得条件も難しくはありませんので、楽々8,000円分のポイントを獲得することができます。 年会費無料のクレジットカードでこれだけの特典を獲得できるというのは、とってもお得ですね。 リクルートカードの入会キャンペーン:獲得できるポイントとマイル数 リクルートカードの入会キャンペーン:獲得できるポイント数 こちらの案件で獲得できるのは、モッピーの3,500ポイントと、リクルートの8,000ポイントでした。 モッピーの 1ポイントは1円の価値、リクルートの 1ポイントは1円の価値がありますので、合計で 11,500円相当のポイントを獲得できるということになります。 <獲得できるポイント数>• モッピーの3,500ポイント(= 3,500円相当)• リクルートの8,000ポイント(= 8,000円相当)• 合計:11,500円相当! リクルートカードの入会キャンペーン:獲得できるANAマイル数 また、 モッピーは陸マイラー御用達の「TOKYUルート」にも対応しています。 TOKYUルートに獲得したポイント乗せると、 75%の交換レートでANAマイルに交換可能となります。 <獲得できるANAマイル数>• 獲得できるANAマイル数:3,500円分のポイント x0. まとめ:リクルートカードの入会で合計11,500円相当は最高レベルのお得さ!まだお持ちでない方はお見逃しなく! 今回は、「リクルートカード」の入会キャンペーンをご紹介しました。 新規入会でモッピーから3,500円相当、その後の条件クリアでリクルートカード側から最大8,000円相当のポイント還元を受けることができます。 両方合わせると、なんと11,500円相当の価値を獲得することができるということになります。 「リクルートカード」といえば、雑誌などで「最強のクレジットカード」とも言われている大人気のクレジットカードです。 これだけ大量のポイントを獲得できるチャンスはなかなかありませんので、興味はあったけどきっかけがなかった、という方は、ぜひこのお得なタイミングでご検討ください。 当ブログからモッピー にご入会、新規登録いただくことで、 500円分のポイントがプレゼントされます。 <=2020年7月31日までの期間限定で 1,000円分に増額中です! 陸マイラー注目記事 各ポイントサイトではお得な入会キャンペーンを実施中です。 当ブログでは、複数のポイントサイトと協業させていただいており、特別な入会特典を多数ご提供しております。 陸マイラーとは?という基本はこちらにまとめております。 これから陸マイラーを始めるという方はぜひここからスタートしてください。 ANAマイルの貯め方はこちらの記事でまとめております。 誰でもコツさえ掴めば、 年20万マイルを超えるような大量ANAマイルを獲得できるようになります。 JALマイルの貯め方はこちらの記事でまとめております。 基本は前述のANAマイルの貯め方と同じになりますが、JALマイル独自のルートが存在します。 長らく JALマイルは貯めづらいと言われてきましたが、近年はぐっと貯め易い状況となっています。 アメックスでは現在、紹介プログラムによって獲得できる特典が高騰中です。 利用金額に応じて大量ポイントを獲得することができます。

次の

リクルートカードの7月キャンペーンとポイントサイト特典!最大11.2%還元で6%がJALマイルに!

リクルートカード オススメ

モンちゃん ジャンル別人気のおすすめクレジットカード• クレジットカードのメリット• クレジットカードのポイントの貯め方• クレジットカードのポイントの使い方• クレジットカードの種類• クレジットカードの作り方• クレジットカードのデメリット• まとめ• キャッシュレス決済が進むなか、クレジットカードやスマホ決済は必須アイテムになりました。 ただ、いざクレジットカードを作ろうとすると種類も多く、どのカードを作れば良いのか迷います。 特にクレジットカードを初めて作る学生さんや新社会人の方は知らない事も多いでしょう。 ポイントも貯めたいし、マイルも気になるけど年会費はいくら?などもあると思います。 三井住友カード ゴールドは国内で最も人気のあるゴールドカードです。 ゴールドカードと言えば、三井住友カード ゴールドがを思い浮かぶ人も多いと思います。 空港ラウンジは無料でドクターコール24で急病やケガなどを医師・看護師・保健師などの専門スタッフと電話相談が出来たりもします。 三井住友カード ゴールドの年会費はネット申し込みで初年度無料、2年目から1万円 税別 がかかりますが、 マイ・ペイすリボに登録をして、年1回以上カード利用で年会費が半額になります。 海外・国内旅行傷害保険は最高5,000万円と内容が手厚いのも特徴です。 JCBゴールド 現金を持たなくても良い これもクレジットカードの大きなメリットです。 クレジットカードがあれば、現金はある程度あれば何とかなります。 食事に行って「思ったより高かった」という事もあります。 その時にクレジットカードがあれば安心です。 クレジットカードがあれば、現金を持ち合わせていなくても、すぐに支払いができます。 スマートな会計ができるのもクレジットカードの魅力です。 支払方法も、1回払いから、分割払いや、ボーナス一括払いなど、さまざまな種類が用意されているので、少額のお買物から高額なお買物まで、いろいろなシーンで役立ちます。 財布や預金口座に現金がない場合でも、クレジットカード1枚あれば、多彩な支払方法から最適なものを選択し、買い逃しを回避することが可能です。 引用: 銀行振り込みや代引きが不要になる 10年くらい前は、ネットショッピングをすると代引きが多い時代でした。 玄関で宅急便の人にお金を払うアレです。 当時はネット上でカード番号を入力するのが少し怖い背景もありましたが、今はクレジットカード決済が普通です。 モンちゃん 例えば、年会費1万円 税別 の三井住友カード ゴールドだと、 海外・国内旅行傷害保険は最高5,000万円付いています。 あくまで仮の話ですが、海外でトラブルにあって死亡した場合に最高5,000万円の保険がおります。 質問:海外旅行傷害保険の付保証明書を発行してもらうには、どうすればよいですか? 海外旅行傷害保険に加入していることを証明する付保証明書の発行は、VJ保険デスク(三井住友海上)までお電話にてお申し出ください。 お申し出から1週間程度で発送し、国内住所へ郵送にてお届けいたします。 時間に余裕をもってご連絡ください。 なお、受付の際に会員番号・カード名義・渡航先・渡航期間などお伺いいたしますので、お電話の際はお手元にカードをご用意ください。 年会費が高額なクレジットカードほど、もらえる保険額も多くなります。 なお、クレジットカードの旅行保険には自動付帯と利用付帯の2種類があります。 おすすめは自動付帯です。 JCBのokidokiポイントで交換できるもの• ディズニーキャラクターグッズ• 東京ディズニーリゾート(R)・パークチケット• 東京ディズニーランド(R)ホテル ペア食事券• ディズニーアンバサダー(R)ホテル ミッキーズ・ペントハウス・スイート宿泊• グルメ関連• エンターテインメント・レストラン• キッチン用品• ヘルス&ビューティー• クオカード• ギフトカード・商品券• キャッシュバック• JCBトラベル 旅行代金ポイント充当プラン• ポイントチャリティー• 他社へのポイント移行 以上、ポイントを使う・貯めるのお話でした。 クレジットカードの種類 ここからはクレジットカードの種類の説明を分かりやすく簡単に説明します。 クレジットカードには、VISA・JCB・アメックスのような決済機能を持つ会社と、自社ブランドに決済機能をつけて発行する発行会社があります。 カードの発行会社とは カードの発行会社とは、利用者の申し込みがあると、 クレジットカードを発行する会社の事を言います。 具体的な例でいうとこんな感じです。 7大国際ブランド• VISA(ビザ)• MasterCard(マスターカード)• JCB(ジェーシービー)• American Express(アメリカン・エキスプレス)• Diners Club(ダイナースクラブ)• 銀聯(ぎんれん)• Discover Card(ディスカバーカード) 有名なのはダントツでVISAです。 日本の強みはJCBカードがある事です。 あくまで仮の話ですが、他国の決済システムを利用していて、その国との友好関係が崩れたときに決済システムが利用できなくなる可能性もありえます。 その点、日本にはJCBカードの決済システムがあるので、クレジットカード決済が出来なくなるという事はありません。 日本にいると、当たり前になっているので分かりにくいですが、これは他国からするとすごい事になります。 国際ブランドは、その名のとおり世界中の国や地域で利用できるクレジットカードのブランドのことです。 例えば、Visaブランドと提携している三井住友カードを保有している場合、さまざまな世界中の国や地域で支払いに使うことができます。 また、決済だけでなく、クレジットカード優待の割引や特典、付帯保険による補償なども、日本国内と同様、海外でも受けられます。 引用: クレジットカードのランク クレジットカードには、初心者でも作りやすい一般カードからゴールドカード、プラチナカード、そしてブラックカードとランクがあります。 ブラックカードを持っている人は全国で1%くらいしかおらず、超難易度の高いクレジットカードです。 初めてクレジットカードを作る人や新社会人・学生・主婦の人は審査の甘い一般カードから入って、30歳くらいでゴールドカードを目指すのが標準的です。 年会費無料でおすすめのクレジットカードは楽天カードです。 ブラックカードとは、アメリカン・エキスプレスが発行する「センチュリオン・カード」の代名詞です。 2002年日本に上陸して以来、会社経営者や有名人がカードホルダーとなり人々の注目を集めています。 アメリカン・エキスプレス以外にも「ダイナースクラブ プレミアムカード」、「JCBザ・クラス」も通称ブラックカードと呼ばれています。 センチュリオン・カード同様、カード会社からのインビテーションが必要でクレジットヒストリー 利用履歴 を磨いて待つしかありません。 付帯するサービス内容については一切公表していません。 クレジットカードを作る条件• 18歳以上である(高校生は不可)• 安定した収入がある• 学生や専業主婦でもOK 学生でも18歳以上の大学生や専門学生はクレジットカードが作れます。 ただし未成年の場合は親の承諾書が必要です。 残念ながら高校生はクレジットカードは作れません。 主婦の場合、家族カードは作れますが、自分名義のカードを作るとすると、 配偶者の収入が審査の対象になります。 イオンカードなどの流通系カードは簡単に作れます。 クレジットカードを作るのに必要なもの クレジットカードを作る時に必要なものは、 本人確認書類と引き落し銀行口座の2点です。 引き落としの口座はゆうちょ銀行でも可能です。 クレジットカード申し込みフォームの項目• 生年月日• 電話番号• メールアドレス• 居住年数• 引き落とし口座• 勤務先• 借入状況• 運転免許証番号 たいていのカード会社は、その日のうちに審査がされ、 3~5日で書留でクレジットカードが自宅に届きます。 初めてカードを見た時の嬉しさは言葉で言い表せないモノがあります。 感無量というやつですね。 カードが届いたら、印字されている氏名と間違いがないか確認をしましょう。 以上、ここまでがクレジットカードの作り方でした。 とても簡単です。 カードの審査に落ちた場合どうするか クレジットカードの審査落ちは普通にあります。 ある程度の年収もあって勤続年数もそれなりなのに「カード審査に落ちた」というのもあります。 今回、クレジットカードの審査に落ちた時に、次をどうするか?の対策を解説します。 年会費無料のクレジットカードの注意点• 初年度だけ無料• 年1回の利用で無料• 自分に必要なサービスかどうかを調べてからカードを作るのがおすすめです。 クレジットカードを使い過ぎる クレジットカードのデメリットに「つい、使い過ぎてしまった・・」というのがあります。 これは皆に共通して起こる現象です。 なぜこの現象が起こるのか?ですが、答えは簡単で、手元に現金がなくてもカードで支払えるからです。 代表的な例でいうと「衝動買い」と「飲み屋」です。 皆さんも一度は経験があるのではないでしょうか。 カードを持ってまだ浅い人は注意しましょう。 リボ払いや分割払いの怖い罠 クレジットカードのデメリットで怖いのがリボ払いです。 リボ地獄にならないためにもリボ払いのルールを確認しておきましょう。 クレジットカードの選び方• メインカードを決める• サブカードはよく使うサービスで特典のあるものにする• サブカードは基本は年会費無料にする まずはメインカードを決めましょう。 一般的には年会費が有料のプロパーカードがおすすめです。 クレジットカードにこだわりが無い人は、楽天カードやイオンカードなどでもOKです。 次にサブカードですが、 年会費無料のクレジットカードで十分です。 楽天をよく利用する場合は、Amazonの利用が多い人は。 エポスでよく買い物をする人はなどです。 あくまで特定の店舗でポイントを多く貯めるだけの感覚で十分です。 興味がない人はサブカードを作る必要はありません。 次に悩むのがマイル系カードです。 マイルを貯めたい人はマイルカードをメインカードにするしかありません。 全てのカード決済をANAカードやJALカードなどに1本化します。 コンビニの利用もマイルカードをおすすめします。 そこまでしないとマイルは貯まりません。 ガソリンカードなどは、年会費無料のでOKです。 最後に、クレジットカードの年会費の有無ですが、自分が作りたいカードに欲しいサービス内容があるのであれば、年会費無料のクレジットカードでOKです。 ゴールドカードにしか、その機能が無い場合は財布と相談しながら作りましょう。 たいていの人は複数枚のクレジットカードを持っています。 カードは使い分けが必要な時代です。 楽天カード 監修者:ファイナンシャルプランナー 水上克朗 プロフィール 慶応義塾大学卒業後、大手金融機関にて、営業・企画・総務・クレジット業務などを経験。 また、自身のライフプランを見直し1億円資産の捻出方法を確立。 現在、執筆、監修、セミナー・研修講師、FP資格取得講座、FP個別相談などで、金融・資産運用、ライフプランなどの観点からアドバイスを行っている。 ファイナンシャルプランナーであり、大手金融機関でクレジット業務にも携わった、水上克朗氏が。 保有資格 CFP(日本FP協会認定) 1級ファイナンシャルプランニング技能士 DCプランナー 著書 「」 アチーブメント出版 所持クレジットカード ・楽天カード ・JCB CARD W ・オリコカード ザ・ポイント ・セゾンインターナショナル ・dカード GOLD ホームページ おすすめクレジットカード比較 当社調べ.

次の

リクルートカードのポイント還元率1.2%最強!最大4.2%貯まる使い方

リクルートカード オススメ

年会費無料で持つことが出来るカードの中でも、 付帯サービスのバランス・高ポイント還元率・ポイントの使い勝手の良さなど、様々なメリットを兼ね備えている 「リクルートカード」 現在においても、数あるクレジットカードの中でも不動の人気をキープしています! かつては、年会費:2,000円(税抜)に対して還元率2%という驚異のスペックがウリだったリクルートカードプラス(JCB)が存在したのですが、• 2016年9月:nanacoへのチャージでのポイント付与が対象外となり改悪• カード会社にとっては顧客を増やすことも大事ですが、とりまく経営環境というのも非常に厳しいものだと思い知らされます。 年会費無料のリクルートカード(JCB/VISA/Master)はまだ大きな改悪には至ってはいませんが、少々不安でもあります。 実際に私自身もリクルートカードを使っているのですが、 万人にオススメ出来るカードとして財布の中に一枚しのばせておきたい推薦候補として是非挙げたいものです。 今回は安定した上位人気を誇るリクルートカードについてまとめました!• ローソン• ケンタッキーフライドチキン• GEO• 昭和シェル• 高島屋• ルートインホテルズ• 大戸屋• ピザハット• AOKI• オリックスレンタカー• HMV• ヒマラヤ• コジマ など…• リクルートカードを使う• リクルートポイントがたまる• Pontaポイントへ交換する• 各種サービスや店舗で利用する リクルートポイントには 「期間限定ポイント」というものもあり、 ポイント交換や利用先が限定され、有効期限が設定されているものになります。 これらは Pontaポイントへの交換は不可となりますが、対象サービスでの利用が可能です。 対象となっているサービスでポイント消費をする場合、 Pontaポイントとも併用できます。 これらのポイントを利用する際、下記のような 優先順位でポイントの消費がされますので要チェックです!• 5マイル• 83ポイント• リクルートポイント・Pontaポイントは 利用可能単位が1ポイントからと、小口消費できるところが良い点だと思います。 コツコツとじっくりためたい人・無駄なくこまめに消費したい人どちらにも向いているでしょう。 有効期限も「最後に加算があった月の12ヶ月後の月の月末まで」なので、1度でもリクルートカード決済を行ったりすると有効期限が伸びるので 実質無期限で使えると思います。 2%還元• 2%還元 「リクルート系のサービス=リクルートカード決済でオトク」ということを常に念頭に入れておくとOKです。 また、飲み会の幹事を積極的に務めて「お店の予約をホットペッパーで…」という具合に手配するのもかなり有効的ですね! 電子マネーチャージで リクルートカードの素晴らしいところは、 電子マネーへチャージでポイントGET&その電子マネーを利用してポイントをGETの二重取りが可能な点です。 電子マネーへのチャージでもリクルートポイントが加算対象となるので、利用している方は是非取り入れたほうがよいでしょう。 還元率も1. 2%はキープです。 最近はクレジットカードでの電子マネーへのチャージが可能であっても、ポイント付与対象外となっているカードが多くなっています。 リクルートカードはJCB・VISAどちらでもポイント対象の付与の電子マネーがあるので貴重クレジットカードです。 VISA・Master:nanaco、モバイルSuica、楽天Edy、SMART ICOCA• JCB:nanaco、モバイルSuica 特にVISA・Masterに関してはチャージでのポイント加算対象となる電子マネーが充実しているので、 電子マネーと連動してリクルートカードを持ちたい方はVISA・Masterブランドがオススメです。 家族カード・ETC利用で リクルートカードは、家族カードやETCカードの発行も可能です。 ETCカード: JCB(発行手数料・ 年会費無料)/ VISA・Master( 発行手数料1,000円(税抜)・年会費無料) 家族カードやETC利用で獲得したポイントを合算すると、ポイント獲得のスピードやボリュームが一気にアップします! どのブランドを選択しても家族カードは無料で持つことが出来るのですが、 ETCカードについては JCBが発行手数料・年会費無料なのに対して、VISA・Masterは発行手数料が有料という違いがあります。 リクルートカード(JCB)の発行元:JCB• リクルートカード(VISA・Master)の発行元:三菱UFJニコス それぞれカード会社が異なっているため、 JCBプラスVISAかMasterブランドの両方を持つことが出来るのです! 両ブランドともに年会費は一切無料なので、持っておいても損はないでしょう。 新規発行手数料:1,000円(税別)• 年会費:無料• 中国へビジネスや観光で渡航する機会がある方・多い方は銀聯カードはまさに必携カードだといえます。 VISAやMasterが使えないようなローカルエリアであっても、銀聯カードは使えることが多いようです。 中国渡航の際には是非お供しておきたいものですね! よって、VISA・Masterブランドを選ぶと銀聯カードをオプションで発行できるのでより海外決済で便利になりますね! Apple Payの利用も可能(VISA、Master) iPhoneを利用している人の中には、Apple Payを使っている方も最近は多いのではないでしょうか。 リクルートカード(VISA、Master)ではApple Payの登録が出来ます!また、リクルートカード(VISA・Master)がApple Payで割り当てられるのは、 「QUICPay」です。 注意点として、リクルートカード(JCB)は現時点ではApple Pay非対応となっています。 今後対応についての見通しは不明ですが、使えるようになると良いですね。 VISAとMasterならどちらがよい? 二枚持ちをするとなった場合には「VISAとMasterどちらにしよう?」と迷う方もいるでしょう。 どちらもほぼカードの機能としてはあまり変わらないので、財布の中にある国際ブランドのバランスをみながら好みで選んでよいかと思います。 リクルートカード(VISA)と(Master)の違いとしては、 Apple Payでの使い方の部分です。 よって、 MasterのほうがApple Payの使い勝手の面ではやや上ということになります。 Apple Payを使う方は、Masterブランドを選択しておくと無難ではないでしょうか。 JCBブランドでも非接触型ICカードである QUICPayを追加で発行することが出来るので、Apple Payを使わない方でもポストペイ型の電子マネーを利用することは可能です。 その点を考えると、利便性はあまり大きく変わらないかと個人的には思います。 有料道路を利用するためのETCカードはJCB発行で費用をかけず無料で。 電子マネーへのチャージはポイント付与対象の幅が広いVISA・Masterで。 海外へ渡航する際は、加盟店が多いVISA・Masterを携行で決済が便利。 中国へ出張・旅行に出る場合は、VISA・Masterブランド発行と同時に銀聯カードも入手で現地でも安心便利。 JCBしか使えない店舗あるいはVISA・Masterしか使えない加盟店など、使い分けが出来る。 Apple Payを少しでも便利に使いたいのでMaster。 二枚持ちでこのような使い方を実現することができます! 利用サービスやシチュエーションに応じて使い分けると、ポイント獲得の機会を逃さず大変効率的ですね! ポイントの獲得明細は二枚のカードを持ちつつも、リクルートID一つで連動となるので、それぞれのカードで獲得したポイントも一緒に見ることが出来るので、管理の面でも問題なしです。 提携ブランド JCB(発行元:JCB)、VISA、Master(VISA・Master発行元:三菱UFJニコス) 支払日 15日締め/翌月10日払い 年会費 無料 ポイント名称 リクルートポイント(共通ポイント:Pontaポイント) ポイント還元率 1. 2%(100円=1. これで選択肢が更に増えたのはうれしいですね。

次の