緊急事態宣言。 緊急事態宣言の最新状況|新型コロナ|NHK

風俗嬢から緊急事態宣言を望む声「2週間くらいしっかり休業」

緊急事態宣言

政府は13日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言について、39県で解除する方針を固めた。 具体的には「特定警戒都道府県」以外の34県に加え、「特定警戒」に指定した茨城、石川、岐阜、愛知、福岡5県で解除する。 宣言延長から1週間となる14日に、各地の感染状況を中間評価した上で解除を決定する。 首相は13日、首相官邸で開かれた会合で「満期を待たずに解除できるのは国民の協力の成果だ」と強調。 行動制限緩和に向け大阪府が策定した基準に触れ、「われわれも国民に分かりやすい出口戦略を説明したい」と語った。 政府は14日、専門家会議を開いて各地の状況を分析した後、宣言の一部解除を基本的対処方針等諮問委員会に諮問。 了承を得られれば、衆参両院の議院運営委員会で事前報告した上で、政府対策本部で一部解除を決める。 首相は午後6時から記者会見し、国民に協力を呼び掛ける。 13の特定警戒都道府県のうち、状況が依然厳しい北海道、千葉、埼玉、東京、神奈川、京都、大阪、兵庫の8都道府県では緊急事態を維持する方向だ。 21日をめどに2回目の中間評価を行い、先行解除の可否を再検討。 宣言の期限となる31日までに、再延長するか全面解除するかを判断する。

次の

政府 2020年5月25日 緊急事態解除宣言(全国で解除)/新型コロナウイルス感染症特設サイト/とりネット

緊急事態宣言

6月下旬から新型コロナの新規感染者数が増加を始め7月に入って急増しているのがわかります。 グラフの中ほどに目をやるとちょうど政府が4月初めにわが国初の緊急事態宣言を発動するかどうか迷っていた時期と、直近の感染者数のグラフの形が同じであることがわかります。 政府や自治体は情報操作をしている? 日本では4月7日に緊急事態宣言が発令されると翌日から公表される感染者数は500人を超える新しい水準へと移りました。 これはまったくの邪推ではあるのですが、コロナの患者数が東京五輪の延期が決まった3月24日の直後に増え、緊急事態宣言の直後にも増え、そして今回、7月5日の都知事選挙の直後に東京都の感染者数が増え始めたことで、われわれ一般国民から見ると政府や自治体は何らかの情報操作をしているのではないかと勘繰りたくなります。 それにしても政府はこの状況においても「直ちに緊急事態宣言を出すような状況ではない」という認識を表明しています。 これはいったいなぜでしょう。 その背景にある3つの理由について解説してみたいと思います。 理由1 前提が違う 政府が「4月のときと違う」と言う背景には同じような数の新規感染者が出てきていても4月とは前提条件が違うという論理が存在しています。 4月の緊急事態宣言発動時に最も危惧されていたのは医療崩壊でした。 当時と比べると感染者には30代以下の人が多いことで重症化する人の割合が少なく、医療現場は逼迫していないと言います。 別の前提として当時とは違いPCR検査数が激増しているという事実もあります。 覚えていらっしゃる方も多いと思いますが3月頃まではとにかく各地の保健所は理由をつけてPCR検査を受けさせることに消極的でした。 東京都では4月頭頃までは1日の検査数が500件に満たない状況がずっと続いていました。 これが4月中頃には1日1000件程度、5月には1500件程度と増加し、その後カウントの仕方が途中で変わっているという事実はありますが、7月現在で1日3500件程度の検査が行われるようになりました。

次の

緊急事態宣言、39県で解除。「新たな日常のスタート」

緊急事態宣言

2020年5月25日、安倍新型コロナウイルス感染症対策本部長 内閣総理大臣 が、特措法第32条第5項に基づき、 PDF:38KB を発出 緊急事態が終了した旨を宣言し、次に掲げる事項を公示。 【官報抜粋】 特措法第32条第1項の規定に基づく新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言 令和2年4月7日公示 について、緊急事態措置を実施する必要がなくなったと認めるため、同条第5項の規定に基づき、緊急事態が終了した旨を宣言し、これを公示する。 官報 2020年5月25日 PDF:2,137KB• 【官報抜粋】• 緊急事態措置を実施すべき 期間 令和2年4月7日 北海道については、同月16日 から5月31日までとする。 ただし、緊急事態措置を実施する必要がなくなったと認められるときは、特措法第32条第5項の規定に基づき、速やかに緊急事態を解除することとする。 緊急事態措置を実施すべき 区域 北海道、埼玉県、千葉県、東京都及び神奈川県の区域とする。 緊急事態の概要 略• 官報 2020年5月21日 PDF:2,137KB• インターネット版官報 2020年5月21日 無料閲覧期間:~2020年6月19日 2020年5月14日、安倍新型コロナウイルス感染症対策本部長 内閣総理大臣 が、特措法第32条第3項に基づき、 PDF:101KB 次に掲げる事項を公示。 【官報抜粋】• 緊急事態措置を実施すべき 期間 令和2年4月7日 北海道及び京都府については、同月16日 から5月31日までとする。 ただし、緊急事態措置を実施する必要がなくなったと認められるときは、特措法第32条第5項の規定に基づき、速やかに緊急事態を解除することとする。 緊急事態措置を実施すべき 区域 北海道、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、京都府、大阪府及び兵庫県の区域とする。 緊急事態の概要 略• 官報 2020年5月14日 PDF:2,120KB• インターネット版官報 2020年5月14日 無料閲覧期間:~2020年6月12日 2020年5月4日、安倍新型コロナウイルス感染症対策本部長 内閣総理大臣 が、特措法第32条第3項に基づき、 PDF:102KB 次に掲げる事項を公示。 【官報抜粋】• 緊急事態措置を実施すべき 期間 令和2年4月7日 埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、大阪府、兵庫県及び福岡県以外の道府県については、同月16日 から5月31日までとする。 ただし、緊急事態措置を実施する必要がなくなったと認められるときは、特措法第32条第5項の規定に基づき、速やかに緊急事態を解除することとする。 緊急事態措置を実施すべき 区域 全都道府県の区域とする。 緊急事態の概要 略• 官報 2020年5月4日 PDF:1,831KB• 【官報抜粋】• 緊急事態措置を実施すべき 期間 令和2年4月7日 埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、大阪府、兵庫県及び福岡県以外の道府県については、同月16日 から5月6日までとする。 ただし、緊急事態措置を実施する必要がなくなったと認められるときは、特措法第32条第5項の規定に基づき、速やかに緊急事態を解除することとする。 緊急事態措置を実施すべき 区域 全都道府県の区域とする。 緊急事態の概要 略• 官報 2020年4月16日 PDF:1,584KB• 【官報抜粋】• 緊急事態措置を実施すべき 期間 令和2年4月7日から5月6日までとする。 ただし、緊急事態措置を実施する必要がなくなったと認められるときは、特措法第32条第5項の規定に基づき、速やかに緊急事態を解除することとする。 緊急事態措置を実施すべき 区域 埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、大阪府、兵庫県及び福岡県の区域とする。 7都府県• 緊急事態の概要 略• 官報 2020年4月7日 PDF:2,539KB• インターネット版官報 2020年4月7日 無料閲覧期間:~2020年5月6日 新型コロナウイルス感染症対策本部 担当事務 感染症対策、全般的事項 コロナに打ち克つ新しい県民生活推進本部の担当事務を除く に関すること 住所 〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220 電話 0857-26-7799 0857-26-7958 受付時間 平日8時30分から17時15分 E-mail ファクシミリ 0857-26-8143 コロナに打ち克つ新しい県民生活推進本部 担当事務 「新しい県民生活」の定着、感染症対策と社会経済活動の両立、需要喚起等に関すること 住所 〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220 電話 0857-26-7656 ファクシミリ 0857-26-8194 電話受付時間 平日8時30分から17時15分 E-mail.

次の