シャドウ カビゴン 対策。 【ポケモンGO】レア枠 シャドウカビゴン・ミニリュウの遭遇・入手条件【GOロケット団】|ポケらく

【ポケモンGO】シャドウカビゴンを捕まえる方法!カビゴンを使ってくるロケット団のコメントも記載しています。

シャドウ カビゴン 対策

GOロケット団、なかなか難しいですね。 レベル40のトレーナーたちがみんな苦戦しているんですから、まだこれからというトレーナーはわけがわからないでしょう。 そんな私も先日、 シャドウカビゴン+シャドウサーナイト+シャドウギャラドスのチームに大苦戦してきました。 問題は シャドウサーナイトです。 ほんと強い。 自分のポケモンが瞬殺されていきます。。 「何回やりゃあいいんだよ・・」 と暑い中 数回チャレンジし、な〜んとかクリアしてきましたので攻略法を残しておこうと思います。 (うちおとす・ストーンエッジ) バトルの流れ• 対カビゴン:スペシャルアタック1回(ストーンエッジ)+げきりんをガードで勝ち抜き。 2発目のストーンエッジをチャージして通常攻撃でカビゴン倒す• 対サーナイト:開始と同時にストーンエッジ。 2発目のストーンエッジをチャージして通常攻撃でサーナイト倒す• 対ギャラドス:開始直後にストーンエッジ。 通常攻撃でギャラドス倒す いやあ、美しすぎますね。 サーナイト対策のポイント この動画から、大きなポイントが2つあります。 ポイント1:開幕直後にスペシャルアタックを撃つ 2戦目のサーナイト、3戦目のギャラドスに対して、開幕直後にストーンエッジを撃っています。 そのためほとんどダメージを受けていません。 開幕直後にスペシャルアタックを撃たなければならないので、逆算すると• カビゴン戦は耐久の良いバンギラスで戦う• カビゴン戦で 2発目のストーンエッジは撃たない• カビゴン戦で 3発目のストーンエッジをチャージする カビゴンが1戦目だとバンギラスで耐えることが可能です。 カビゴンのしたでなめる(ゴースト技)でもしねんのずつき(エスパー技)でもあくタイプには効果が軽減されるからです。 詳しくはこちらの記事をご覧ください。 バンギラスで2発目のストーンエッジを撃たず、通常攻撃で倒します。 そのときにストーンエッジのチャージがMAXになっていますが、 実は3発目のストーンエッジが裏でチャージ開始しています。 トレーナーバトルの仕組みとしてそうなっています。 その3発目はサーナイトを倒すころにほとんどチャージ完了となり、ギャラドスを簡単に倒せたというわけです。 ポイント2:「かみくだく」ではなく「ストーンエッジ」 動画のバンギラスのスペシャルアタックはストーンエッジです。 かみくだくではありません。 かみくだくの攻撃力が70、ストーンエッジが100。 チャージしたまま次の敵の開幕直後に大きな一撃を与える戦略ならば攻撃力の高いストーンエッジが適していると言えます。 また、サーナイト(エスパー・フェアリー)に対してかみくだく(あく)は等倍です。 そして思うほど早く貯まりません。 いわ技のストーンエッジもサーナイトに対して等倍ですが、次のギャラドス(みず・ひこう)に対して1. 6倍になるため、開幕直後にばつぐん技を発動するという流れが出来上がります。 ガチャ要素あり:敵の技タイプで難易度が変化 ロケット団のバトルは戦うたびに相手の技が違ってきます。 この使ってくる技のタイプによってバンギラスとの相性が違ってくるので難易度が変化するガチャ要素があります。 バンギラスの得意なわざを使ってくるパターンになるまで、バンギラスでがんばり続けるというのが正解かもしれません。 *うちおとすが今は覚えられないのですが、スペシャルアタックがストーンエッジならクリアできるはずです。 バンギラス(あく・いわ)の苦手タイプと得意タイプ バンギラスはかくとうが二重弱点で、カイリキーにめっぽう弱いのはよく知られていますが、今回のカビゴン、サーナイト、ギャラドスはどうでしょうか? カビゴンのわざはゴーストとエスパーでどちらもバンギラス優勢 カビゴンはゴースト技かエスパー技を使ってきます。 バンギラスはゴースト技を0. 625倍に、エスパー技を0. 391倍に軽減するためどんなカビゴンが来ようが楽勝です。 サーナイトのわざはフェアリーが来ると大苦戦・エスパーだと大勝利 サーナイトはフェアリー、でんき、エスパー技を使ってきます。 フェアリー技だと1. 6倍になるのでボコボコにやられます。 エスパー技だと0. 391倍になるので楽勝パターン。 でんきわざは等倍ですが、このトレーナーバトルだとダメージが多く感じるかもしれません。 ギャラドスのわざはみずが来ると大苦戦・あくだと大勝利 ギャラドスの技はあくとみずを使ってきます。 あく技だと0. 625倍に軽減するので楽勝パターン。 みず技だと1. 6倍のダメージでボコボコにされます。 私が勝利したパーティ:ヒードランもおすすめ 最後に、私が勝利したパーティーだけお伝えしておきます。 バンギラス(うちおとす・ストーンエッジ)• ヒードラン(ほのおのうず・だいもんじ)• ライコウ(でんきショック・ワイルドボルト) それぞれがカビゴン、サーナイト、ライコウとタイマンはれました。 それでもギリギリでしたね。 実はヒードラン、サーナイト対策におすすめです。 ヒードランは、はがね・ほのおタイプなのでフェアリー技を0. 391倍に軽減、エスパー技を0. 625倍に軽減出来るのでサーナイトガチャに影響しません。 体感的にもかなり長く戦えたと思います。 (それまでが一瞬で溶けましたので) ただ、最後にギャラドスがみず技使って来たらボコボコにされますけどね。 あく技でも等倍なので、まあサーナイト専用ですかね。 まとめ 今回はサーナイトがカビゴンとギャラドスの間に登場するパターンとしてポイントを紹介しました。 バンギラス(ストーンエッジ)で挑む• 2戦目、3戦目の開幕直後にスペシャルアタックを撃つ さらに• バンギラスの得意な技になるまで何度もチャレンジする• ヒードランもサーナイト対策におすすめ こういったこともお伝えしました。 さまざまなパターンでサーナイトやカビゴンと戦うことになろうかとは思いますが、ひとつの例としてこういった対策はいかがでしょうか。 また別パターンなど、いい情報があれば書きたいと思います。 それでは。 関連記事:•

次の

【ポケモンGO】シャドウカビゴン対策を考えてみた('ω')

シャドウ カビゴン 対策

高い特防と「とつげきチョッキ」によって特殊アタッカー対して非常に強く、真っ向から勝負をすることもできます。 対フェアリー。 ダイマックス時は防御を上げられる点も優秀。 対ゴーストタイプの技。 能力上昇を無視できるため、防御が上がっている相手にも使いやすい。 倒すのが難しいポケモンを無理やり突破する最終手段。 有利な相手には、ノーマル技やサブウェポンで攻めていくこともできます。 「まもる」は、カビゴンの高い耐久力と合わせることで、相手のダイマックスターンを消費させる他、相手の出方や道具の確認にも有効です。 対ゴーストタイプの技。 能力上昇を無視できるため、防御が上がっている相手にも使いやすい。 倒すのが難しいポケモンを無理やり突破する最終手段。 ノーマル技が半減される、鋼や岩を相手する場合の選択肢。 ゴーストへ使える技が減るため注意。 弱点をついて倒しやすい「ナットレイ」などのポケモンに効果的。 「あくび」による対面操作後に、交代先の飛行タイプなどに有効。 キョダイマックスカビゴンの育成論 基本型 性格 わんぱく 努力値 HP244 攻撃12 防御252 実数値 HP266-攻撃132-防御128-特防130-素早さ50 特性 持ち物 技構成 ・(ダイスチル) ・(キョダイサイセイ) ・(ダイウォール) ・(ダイウォール) 「キョダイマックスカビゴン」は、キョダイマックス技「キョダイサイセイ」により、 きのみを最大3回まで回収することができます。 ダイマックス中に回復しつつ攻撃できる数少ないポケモンなので非常に強力です。 対ゴーストタイプの技。 能力上昇を無視できるため、防御が上がっている相手にも使いやすい。 倒すのが難しいポケモンを無理やり突破する最終手段。 フィラのみリサイクル型 性格 わんぱく 努力値 HP252 防御252 素早さ4 実数値 HP267-攻撃130-防御128-特防130-素早さ51 特性 持ち物 技構成 ・(ダイウォール) ・(ダイウォール) ・(キョダイサイセイ) ・(ダイバーン) 回復量が多い 「フィラのみ」などの混乱実を、「リサイクル」で何度も使いまわしながら戦う、持久戦を基本とした型です。 専用技の「キョダイサイセイ」によって、攻撃しつつ回復するといった立ち回りができます。 ただし、「キョダイサイセイ」は確立で木の実を回収する効果であるため、余裕のある場合は「リサイクル」でHPを回復しましょう。 ノーマル技が半減される鋼や岩を相手する場合の選択肢。 ゴーストへ使える技が減るため注意。 対ゴーストタイプの技。 能力上昇を無視できるため、防御が上がっている相手にも使いやすい。 ドヒドイデやバンギラスに弱点を突ける技。 ダイマックス時は特防上昇が可能。 攻撃上昇の補助技。 HPを半分にする代わりに攻撃を最大まで上昇させる。 使用するときはHPの努力値を228にすると、使用後すぐにきのみが使える。 残りの努力値は攻撃へ。 倒すのが難しいポケモンを無理やり突破する最終手段。 カゴのみねむる型 性格 わんぱく 努力値 HP252 防御252 特防4 実数値 HP267-攻撃130-防御128-特防131-素早さ50 特性 持ち物 技構成 ・(ダイウォール) ・(ダイウォール) ・(キョダイサイセイ) ・(ダイバーン) 「のろい」で攻撃と防御を上げたあとに、回復手段として「ねむる」を採用しています。 「ねむる」使用後は、「カゴのみ」で即座に目を覚まし、HPを全回復して戦うことが可能です。 火傷などの状態異常にも強い点が、「ねむる」採用のメリットでもあります。 火傷の影響を受けない点が優秀。 ノーマル技が半減される鋼や岩を相手する場合の選択肢。 ゴーストへ使える技が減るため注意。 対ゴーストタイプの技。 能力上昇を無視できるため、防御が上がっている相手にも使いやすい。 ドヒドイデやバンギラスに弱点を突ける技。 ダイマックス時は特防上昇が可能。 倒すのが難しいポケモンを無理やり突破する最終手段。 カビゴンの役割と立ち回り 高耐久の物理アタッカー 「カビゴン」は高いHPと特防を持つ、高耐久の物理アタッカーです。 高い耐久を生かした受けポケモンとして戦うことも、攻撃を耐えつつ攻撃を上げて物理アタッカーとして戦うこともできるポケモンとなっています。 「フィラのみ」を始めとした、HPを回復できる木の実を持たせると、HPを回復しつつ攻撃できるので、非常に継戦力の高いポケモンです。 「トリックルーム」下のエースとして優秀 「カビゴン」は、素早さの種族値が低いので、「トリックルーム」下で多くのポケモンに先制して行動できます。 「ミミッキュ」で「トリックルーム」を使用した後に、カビゴンが先手で「のろい」を使い、防御と攻撃を上げる立ち回りが強力です。 カビゴンと相性の良いポケモン カビゴンが苦手な格闘技に強いポケモン 「カビゴン」が、格闘技に強いタイプのポケモンと相性が良いです。 格闘が無効に出来るゴーストタイプや、半減に出来る毒やフェアリータイプなどと組み合わせると、安全に交代する動きが出来るようになります。 そのため、その技を覚えられるポケモンでカビゴンが活躍できる場を作り出し、相手のポケモンをカビゴンで倒し切るという戦い方をすることができます。 弱点は格闘のみのため、弱点をつきにくいものの、弱点でなくても大ダメージを与えることは可能です。

次の

GOロケット団シャドウサーナイト対策を考える:タイプ相性レッスン特別編【ポケモンGO】

シャドウ カビゴン 対策

シャドウカビゴンを捕まえる方法 シャドウカビゴンを捕まえるには、シャドウカビゴンを使ってくるロケット団を倒す必要があります。 シャドウカビゴンを使ってくるロケット団はコメントで確認する事ができます。 シャドウカビゴンを使ってくるロケット団のコメントは、男女により違いがありますが上の3コメントになります。 しかし、上のコメントでも必ずシャドウカビゴンを使ってくるとは限りません。 上のコメントが表示された場合、ロケット団とバトルして使ってくるポケモンを確認する必要があります。 コメント「ノーマルタイプが弱いって思ってるのか?本当の強さをみせてやるっ!」でもシャドウカビゴンを使ってきますが、ゲットチャレンジにシャドウカビゴンが出現することは無いので注意します。 シャドウカビゴンを使ってくるロケット団のコメント一覧 【おとこ】 ・覚悟しろ! ・いちおう戦ってみるかー。 ・勝者のみが勝利できるのだ。 【おんな】 ・覚悟しなさい! ・いちおう戦ってみようかなー? ・勝者のみが勝利できるのよ。 シャドウカビゴンがゲットできるロケット団は、1目にシャドウカビゴンを使ってきます。 1匹目が、フシギダネやヒトカゲ、ゼニガメなどシャドウカビゴン以外の場合はゲットチャレンジにシャドウカビゴンが出現することはありません。 ロケット団が置いていくシャドウポケモンは、ロケット団の手持ちポケモンの1匹です。 1匹目がシャドウカビゴンだった場合に限り、ゲットチャレンジにシャドウカビゴンが出現する可能性があります。 シャドウカビゴン戦は、トレーナーレベルによりロケット団の強さが変わりますが、苦戦される方も多いようです。 対策として、バンギラスやメタグロス、ディアルガがオススメのようです。 個人的には、ミュウツーでゴリ押せました。 シャドウカビゴンを使ってくるロケット団に勝利したら、シャドウカビゴンのゲットチャレンジになります。 プレミアボールの数が少なく不安かもしれませんが、レイドバトルの捕獲率より高いので焦らずにボールを投げます。 以上がシャドウカビゴンをゲットする方法になります。

次の