お と わ のぶこ。 【衝撃事実】中野信子は脳科学者IQ148の天才!旦那や子供とプロフィールも

プロフィール

お と わ のぶこ

蘭字というのは中国から伝わった業界用語で、輸出茶に貼られたラベルを総称して言う。 仏教壁画を研究していた井手暢子さんが、長年の準備を経てまさに西チベットに行こうとした時天安門事件が起こり、入国が叶わなくなった。 失意の中、ふと寄った地元の図書館菊川文庫ギャラリーで、井手さんがこれまでに知る日本デザイン史の常識を揺るがすような蘭字の展示とめぐり会った。 井手さんの関心は蘭字に向かった。 静岡市の茶業会議所を訪ね蘭字の来歴を聞き、横浜市の開港資料館に足を運んで800枚もの蘭字が保管されているのを知った。 蘭字の小さな枠の中には、日本茶がどこの国に輸出され、どの港に運ばれていたかなどの情報が記されている。 美術的にも浮世絵師の存在や、絵に描かれた風俗、英文字の書体で時代や文化的背景を知ることができた。 蘭字の謎解きはビジュアルデザイナーの眼があってこそ解明できることが多く、蘭字の研究は茶産地における茶の輸出文化史を探る作業になった。 井手さんにとって幸運だったのは、蘭字製作の現場を知る年輩の方々の話を聞いてから、研究に取り掛かれたということだ。 井手さんの研究は美しいカラー絵が入った単行本で発表され、埋もれていた蘭字に光を当てた。 茶業界や印刷業界の人々は、蘭字の価値を再認識することとなった。 蘭字には茶産地の自負があり、デザイン性の高い蘭字はパッケージに魅力的な付加価値をつける。 井手さんは現代に蘇える新蘭字がお茶独自のラベルとして活用されていけばいいと考えている。 蘭字に興味を持ってくれた人々に向け、2012年5月に浜松市の平野美術館で単行本の発表以降に集めたコレクター所蔵の蘭字を展示発表する準備を進めている。 デザイン史を塗り変える事実 明治初期、静岡で茶業に関わった元幕臣と 蘭字の中の近代グラフィックデザイン 菊川文庫で蘭字を見たとき、これはデザイン史が修正されるんじゃないかと感じたのですが、謎解きをしていくと、実際に近代デザイン史を10年繰り上げるような事実が出てきました。 蘭字の枠の中にある英文字が記す都市や港の名、社名などを調べると、扱われていた年代や背景、デザインされた年代などが裏付けられます。 中国のものはもっと小さくて地味です。 日本においてデザイン的に完成度が高くなったのは、江戸時代からの浮世絵の木版画刷りシステムが整っていたからです。 現在のデザインや、印刷事業所のシステムの原型が既にできていたのです。 蘭字の背景を研究することは、お茶やお茶貿易の歴史を調べることにつながりました。 明治初期の静岡には気概や教養ある幕府の元官僚が大勢いて、お茶の生産やその後の輸出茶業を築いたのではないでしょうか。 私が研究を進める中で多くの人の協力を得られたのは、そういう方たちの茶業に対する思いが集まったのではないかと思います。 明治時代の静岡茶の輸出が契機 後の地場産業につながった蘭字や茶箱の制作 蘭字を知る人が居なくなる寸前に出会えた幸運 明治33年に清水港が開港しましたが、大生産地に近いということで、輸出茶に関連したいろいろな業種や外国商館、仲買人や、印刷所、茶箱製造業などが明治末までに移転してきたのです。 静岡県には山林も、木を輸送できる大きな川もあり、県内で茶箱や蘭字を制作するための材料調達ができました。 当時の優れた技術が静岡に移植されて、それが後の地場産業の成立につながったと私は考えています。 聞き取り調査では、輸出茶時代を知っている茶商で『貿易茶物語』という本を書いた94歳(当時)の大石鵜一郎氏、静岡市茶町でかつて蘭字を作っていたお店でその記憶があるという女性、お父さんが蘭字屋さんで制作工程などを知っていた版画家の方などにお会いできました。 皆さんお年寄りで、研究がもっと後だったら貴重な情報が埋もれてしまったと思います。 お話を聞いて、私が蘭字の制作工程や絵の具、のりなどについて推測したことが、ほぼ間違いなかったことも確認できました。 蘭字を知ってもらうための活動 茶業界や印刷業界の蘭字を見直す動き 新蘭字を提案し、新しい情報も公表していく 蘭字について本や学術論文を書き、講演や雑誌への寄稿をして、世に知ってもらう活動をしてきました。 死語になりかけていた蘭字が少し息を吹き返し、茶業界や印刷業界の人も蘭字を生かす試みをしています。 私は、マイブレンドしたお茶を小分けにして名刺や挨拶替わりに使える、新蘭字のお茶パッケージを提案しています。 蘭字の本の反響で、内容を補足するお話があったり、調べてほしいという依頼がきたり、新しい発見もありました。 大阪や四日市などから今まで見なかったものが出てきたので、それを浜松の平野美術館でお見せします。 ここ菊川市は茶産地で、かつて静岡茶の輸出拠点でした。 輸出茶の作業場だったという倉庫が残っており、これを保存しようという運動もあります。 そのお茶の産地に住み、現場で多忙に働いているデザイナーではなく大学勤務主体だから研究ができ、輸出茶に詳しい人脈が次々できた。 そういう巡り合せで私は蘭字に関われたと思っています。 2月』で蘭字の展示と講演会 など•

次の

【衝撃事実】中野信子は脳科学者IQ148の天才!旦那や子供とプロフィールも

お と わ のぶこ

中野信子 なかの のぶこ さんといえば、どこにでも居そうな、平凡な名前の方だと思いがちですよね。 ところがなんと!中野信子さんは、 『IQ148』の脳科学者なんです。 さらに、医学博士と作家でもあります。 名前は平凡でも、中身がちょっと違って居ましたね。 ちなみに、中野信子さんの、IQ148がどれ位 凄いかと言うと、IQ120以上からが秀才。 IQ140以上からは天才と呼ばれるそうです。 東大生平均がIQ120なので中野信子さんは それを超えていますからどれ位凄いかですね。 当然、普通のレベルでは有りませんから、中野信子さんは子供時代からも、協調性がなく此の子は変わっている、と言われていたそうです。 凡人のレベルを越えた、優秀な人達にはよくある話かもしれませんが・・。 今回は、そんな『IQ148』の中野信子さんの出身高校や、夫と子供と、中野信子さんは 本当は金髪なんだけど、普段はウィッグを使っているとか? その理由と病気との関係と、中野信子さんは創価学会?なども調査して見たいと思います。 中野信子のプロフィール• 本 名:中野信子 なかののぶこ :旧姓は原信子(はら のぶこ)• 生年月日:1975年?月?日推定年齢(40歳か41歳)• 出身地:東京都• 身長:158cm• 血液型:A型• IQ:148 元MENSA会員• 出身中学:創価中学?• 出身高校:創価高校?• 出身大学: 東京大学工学部応用科学• 最終学歴:東京大学大学院医学系研究科脳神経専攻博士課程修了• 所属:株式会社ビッグベン• 配偶者:中野圭(なかの けい)(元武蔵野美術大学講師) 2011年に結婚。 両親の他に、妹さんが1人います。 両親は 高校時代に離婚していますね。 子供時代は今で言う KYで、傍若無人と言うか、あまりにも空気が読めなくて、 一般的にはありえない言動があったようです。 その 頻度がひどかったために、 いじめの対象にさえならなかったとか、ご自身で言われています。 ここまで来れば、凄すぎますね(笑い) 旧姓は原なので、もともとの名前は原信子さん。 東大の学位論文の要旨には、著者名が「原信子」になっていますね。 論文のタイトルは 「高次聴覚認知における知覚的範疇化の神経機構 : fMRI・TMSによる複合的検討」 まったく何のことを言っているのか分かりませんね??? 中野信子さんの出身中学や高校は一体どこなのか? 中野信子さんの学歴や経歴は公表されているんですが、なぜか 出身高校については公表されておらず情報が有りませんでした。 これには何らかの理由があるのかもしれませんね。 わざわざ隠しているということも考えられますが、優秀だから、 偏差値の高い、いわゆる有名高校が出身高校であることは容易に推測できますね。 最終学歴が大学院なんだから、高校名を公表しててもよさそうなものなんですけど、分かりません、 きっと訳があるんでしょう。 2chなどでの噂では 創価中学・高校出身ではないかとの話もでてきますが、確証がありませんね。 筆者のような凡人には考えられないようなエピソードですが、サワコの朝というテレビ番組に出演された時、東大に進学した理由を語っています。 中野信子 なぜ「他人の不幸」は快楽なのか? 現代社会の闇を象徴するような感情には「シャーデンフロイデ」という学術名があり、誰でも持っている感情なのだという。 脳科学者の中野信子氏にお話をうかがいました。 ところが、家庭の経済状況から私立大学に行くことは許してもらえず、 仕方なく東京大学に進学したそうです。 仕方なく東大ですよ(笑い) 元MENSA メンサ 会員です。 お笑い芸人ロザンの宇治原史規さん 京都大学卒業 、理学博士で脳科学者の茂木健一郎さん 東京大学卒業 、お笑い芸人のパックンさん ハーバード大学卒業元メンサ会員 などが日本人の中では有名ですね。 中野さんの著書 『脳科学から見た「祈り」』にその原因はありますが、 旦那さんも含めて創価学会との関係が噂になっています。 出版社は「潮出版社 うしおしゅっぱんしゃ 」です。 ここは創価学会系の出版社ですね。 そして、この本の中では、 「南無妙法蓮華経」を唱えることが脳科学的に良いと賞賛するようなことを書いてあるんです。 これは、創価学会会員や、日蓮宗の門徒の人の お題目なんですね。 中野信子さんと創価学会との関係が噂になったのは、こんなことからだったんですね。 もし、それが事実ならば、不明だった出身高校は創価高等学校、中学校は創価中学なんて可能性も出てきます。 創価学会との関係を知られるのが マイナスイメージになると考えるのか、本当は学会員なので、それを隠すために出身高校名だけは公表していないことも考えられますね。 科学と宗教は、相容れないものが有るのが今日までの一般的な認識でありますから 自身が、科学者でありながら、観念的な宗教の世界に属しているとすれば、一般人の目からはどんな風に映るかを憂えたのかも知れませんね。 と言うのは 筆者の独善的な考えでありますので誤解のないようにお願いします。 (笑い) 夫と子供について調査しました 中野信子さんの夫は 武蔵野美術大学講師の中野圭さん。 長身のイケメンだそうです。 中野信子さんご本人も美女の部類に入るでしょう。 才色兼備の美男美女の組み合わせですよねなんとも羨ましい限りではありますが・・・。 このご夫婦は、今まで一度もケンカをしたことが無いそうです。 理由は、夫が優しすぎてケンカにならないからだそうです。 妻の信子さんは、 脳や心理学の研究をされてますが、その中でも恋愛と脳の分析が得意だそうです。 タイトルに子供の事も入っているのですが、子供についての情報は誠に残念ながらありませんでした。 ウイキで調べても余りにも情報が少ないです。 もし、 この夫婦に二世が誕生しているとすれば、どんな天才でしょうかね? 『IQ148』の遺伝子から生まれた子供ですから、天才中の天才になるかも知れないですね! でも、余談ですが、世界のイチローに、子供がないようにあの遺伝子を継承するものがいないと言うのは、何なんですかね? ひょっとすれば、子供さんはいらっしゃらないのかも?ですがでも、この件に関しては、 もっと詳しく調査してお伝えしたいと思います。 カツラを付けておられた理由と病気が有るのか? 脳科学者 中野信子さんが変人で楽しい。 情熱大陸の動画より。 中野信子さんはヘヴィメタルバンド「聖飢魔II」の信者でありますのでそれが昂じて、 髪を金髪に染めておられました。 しかし、自身の立場も考えておられるんですね。 脳科学者 中野信子が情熱大陸でヅラをカムアウト。 帽子を脱いだら金髪が出てきてひっくり返ったぞ — Arai Kaoru araikaoru 学者・科学者として人前に出るときは 黒髪のウィッグを着けているそうです。 ま、当たり前と言えば当たり前のことですね(笑い) でも、最近はかつらをやめたっていう噂もありますが、かつらの理由と病気の関連性では、 病気が理由でかつらをつけているんではないようです。 筆者も関心を持っていたのですが、単なるヘヴィメタのファン故の理由でした。 以上が、中野信子さんの報告でした!! 最後まで読んで頂き 有り難うございますもし宜しければコメント欄に感想などを 頂ければ幸いです!.

次の

おとなの日~のぶこ~ [てっちゃんハト(みなすきぽぷり)]

お と わ のぶこ

蘭字というのは中国から伝わった業界用語で、輸出茶に貼られたラベルを総称して言う。 仏教壁画を研究していた井手暢子さんが、長年の準備を経てまさに西チベットに行こうとした時天安門事件が起こり、入国が叶わなくなった。 失意の中、ふと寄った地元の図書館菊川文庫ギャラリーで、井手さんがこれまでに知る日本デザイン史の常識を揺るがすような蘭字の展示とめぐり会った。 井手さんの関心は蘭字に向かった。 静岡市の茶業会議所を訪ね蘭字の来歴を聞き、横浜市の開港資料館に足を運んで800枚もの蘭字が保管されているのを知った。 蘭字の小さな枠の中には、日本茶がどこの国に輸出され、どの港に運ばれていたかなどの情報が記されている。 美術的にも浮世絵師の存在や、絵に描かれた風俗、英文字の書体で時代や文化的背景を知ることができた。 蘭字の謎解きはビジュアルデザイナーの眼があってこそ解明できることが多く、蘭字の研究は茶産地における茶の輸出文化史を探る作業になった。 井手さんにとって幸運だったのは、蘭字製作の現場を知る年輩の方々の話を聞いてから、研究に取り掛かれたということだ。 井手さんの研究は美しいカラー絵が入った単行本で発表され、埋もれていた蘭字に光を当てた。 茶業界や印刷業界の人々は、蘭字の価値を再認識することとなった。 蘭字には茶産地の自負があり、デザイン性の高い蘭字はパッケージに魅力的な付加価値をつける。 井手さんは現代に蘇える新蘭字がお茶独自のラベルとして活用されていけばいいと考えている。 蘭字に興味を持ってくれた人々に向け、2012年5月に浜松市の平野美術館で単行本の発表以降に集めたコレクター所蔵の蘭字を展示発表する準備を進めている。 デザイン史を塗り変える事実 明治初期、静岡で茶業に関わった元幕臣と 蘭字の中の近代グラフィックデザイン 菊川文庫で蘭字を見たとき、これはデザイン史が修正されるんじゃないかと感じたのですが、謎解きをしていくと、実際に近代デザイン史を10年繰り上げるような事実が出てきました。 蘭字の枠の中にある英文字が記す都市や港の名、社名などを調べると、扱われていた年代や背景、デザインされた年代などが裏付けられます。 中国のものはもっと小さくて地味です。 日本においてデザイン的に完成度が高くなったのは、江戸時代からの浮世絵の木版画刷りシステムが整っていたからです。 現在のデザインや、印刷事業所のシステムの原型が既にできていたのです。 蘭字の背景を研究することは、お茶やお茶貿易の歴史を調べることにつながりました。 明治初期の静岡には気概や教養ある幕府の元官僚が大勢いて、お茶の生産やその後の輸出茶業を築いたのではないでしょうか。 私が研究を進める中で多くの人の協力を得られたのは、そういう方たちの茶業に対する思いが集まったのではないかと思います。 明治時代の静岡茶の輸出が契機 後の地場産業につながった蘭字や茶箱の制作 蘭字を知る人が居なくなる寸前に出会えた幸運 明治33年に清水港が開港しましたが、大生産地に近いということで、輸出茶に関連したいろいろな業種や外国商館、仲買人や、印刷所、茶箱製造業などが明治末までに移転してきたのです。 静岡県には山林も、木を輸送できる大きな川もあり、県内で茶箱や蘭字を制作するための材料調達ができました。 当時の優れた技術が静岡に移植されて、それが後の地場産業の成立につながったと私は考えています。 聞き取り調査では、輸出茶時代を知っている茶商で『貿易茶物語』という本を書いた94歳(当時)の大石鵜一郎氏、静岡市茶町でかつて蘭字を作っていたお店でその記憶があるという女性、お父さんが蘭字屋さんで制作工程などを知っていた版画家の方などにお会いできました。 皆さんお年寄りで、研究がもっと後だったら貴重な情報が埋もれてしまったと思います。 お話を聞いて、私が蘭字の制作工程や絵の具、のりなどについて推測したことが、ほぼ間違いなかったことも確認できました。 蘭字を知ってもらうための活動 茶業界や印刷業界の蘭字を見直す動き 新蘭字を提案し、新しい情報も公表していく 蘭字について本や学術論文を書き、講演や雑誌への寄稿をして、世に知ってもらう活動をしてきました。 死語になりかけていた蘭字が少し息を吹き返し、茶業界や印刷業界の人も蘭字を生かす試みをしています。 私は、マイブレンドしたお茶を小分けにして名刺や挨拶替わりに使える、新蘭字のお茶パッケージを提案しています。 蘭字の本の反響で、内容を補足するお話があったり、調べてほしいという依頼がきたり、新しい発見もありました。 大阪や四日市などから今まで見なかったものが出てきたので、それを浜松の平野美術館でお見せします。 ここ菊川市は茶産地で、かつて静岡茶の輸出拠点でした。 輸出茶の作業場だったという倉庫が残っており、これを保存しようという運動もあります。 そのお茶の産地に住み、現場で多忙に働いているデザイナーではなく大学勤務主体だから研究ができ、輸出茶に詳しい人脈が次々できた。 そういう巡り合せで私は蘭字に関われたと思っています。 2月』で蘭字の展示と講演会 など•

次の