ラインモバイル wifi。 【LINEモバイル】圏外になった時の対処法|iPhoneが圏外病に?原因を解説

LINEモバイルと自宅Wi

ラインモバイル wifi

LINEモバイルのSoftBank回線では実測で50〜120Mbpsくらいの超高速な通信速度が出ていて快適そのものです。 光回線やWiMAXの月額料金は5000円〜15000円程度かかるりますのでLINEモバイルの格安SIMで自宅のインターネットも兼ねることで 大幅に節約ができます。 LINEモバイルは格安SIMで最安の月額料金 LINEモバイルは月額500円だけで1GBの高速データ通信ができるLINEフリープランと3GB〜5GBのコミュニケーションフリープランがあります。 僕はこの月額500円のLINEフリープランのLINEモバイルのSIMカードを中古の1000円で購入したモバイルWiFiルーターにして使っていますが快適に使えています。 ちなみに LINEモバイルは契約後のプラン変更は無料で自由にできます。 例えば一番容量の多い10GBのプランであっても月額3200円くらいでスマホの電話とインターネット、自宅のインターネット回線のすべてを賄うことができます。 LINEモバイルの格安SIMは格安SIMの中でもほぼ最安の格安SIMなのでかなり安く運用することができます。 大手キャリアのdocomoやau、ソフトバンクは月額6500円〜15000円ほどの月額料金を取られます。 さらに自宅のインターネットの変わりとして使うとなると大手キャリアではテザリングオプションを払う必要があるのでさらに月額500円〜1000円の追加料金がかかります。 大手キャリアのdocomo,au,SoftBankはテザリングが有料ですがLINEモバイルは無料なのでテザリング用の回線としてLINEモバイルを使っている人が多くいます。 LINEモバイルは速度制限がない格安SIM ほとんどの格安SIMには3日制限という3日で300MBや500MB以上のデータ転送をすると速度制限がされて通信速度が200kbpsになります。 しかし LINEモバイルは速度制限は一切ありません。 3日制限がかからない格安SIMのため自宅のインターネットの代わりとして利用していて動画を大量に見たとしても3日制限がないので速度制限されることなく快適に利用できます。 当然ですが、契約しているプラン以上のデータ通信をすると速度制限がかかりますのでプラン選びは注意する必要があります。 逆に言えば、毎月使うデータ通信量分以上の容量のプランを選択していれば速度制限は一切かかりませんのでとても使いやすい格安SIMなのです。 テザリング時もLINEとSNSのデータ通信量はカウントされない LINEモバイルには LINEアプリで使ったすべての通信とTwitter、Facebook、インスタグラムのSNSで使ったデータ量を使用したデータ量としてカウントしない「」を唯一採用している格安SIMです。 そのためスマホやiPhoneでLINEやSNSを使った場合も使用したデータ量して一切カウントされないだけでなく、テザリングを使ってインターネットに接続しているスマホやiPhone、パソコン(PC 、ゲーム機で使用した LINEやSNSのデータ通信量は使用したデータ量としてカウントされません。 これらのサービスをよく使う場合は他の格安SIMとくらべて容量の少ないプランで足りるようになるためかなり節約ができます。 LINEモバイルはWiFiルーターでも使える LINEモバイルの格安SIMはWiFiルーターのデータ通信用のSIMカードとして使っている人も多くいます。 LINEモバイルの格安SIMはWiFiルーターやモバイルルーターにLINEモバイルのSIMカードを挿入したら、APNの設定を行います。 名前: LINEモバイル(わかりやすい名前でOK)• APN: line. ユーザー名: line line• パスワード: line• 認証タイプ: PAPまたはCHAP これだけでLINEモバイルのSIMを使ってインターネットに接続できるようになります。 LINEモバイルは速度制限・低速通信が緩い格安SIM LINEモバイルは速度制限、速度規制がほかの格安SIMよりも緩い格安SIMです。 LINEモバイルにかぎらずすべての格安SIMは 契約しているプランの容量以上のデータ通信をした場合に速度制限がかかります。 速度制限がかかった場合の通信速度は200kbpsが上限になります。 実際にわざと速度制限がかかるまでデータを消費して速度計測を行いましたが、200kbpsの2倍近い速度がでており、 他の格安SIMとくらべても快適に利用することができます。 500kbps程度の速度が出ているの高画質な動画の視聴さえしなければ快適に使う事ができてちょっとした驚きがありますね。 低画質でも見れない!という格安SIMがほとんどです。 公称値: 200kbps• 実測値: 500kbps 実際は2. 5倍の速度が出る 速度制限がかかった状態でもYouTubeも低画質に落として視聴すれば見ることが可能です。 もちろんテザリングを使ってインターネットをしているときも他の格安SIMよりも快適に利用できます。 LINEモバイルのプランは最初は3GBのコミュニケーションフリープランで十分 LINEモバイルは、1GB,3GB,5GB,7GB,10GBのプランがあります。 LINEモバイルで選ぶ最初のプランは3GBのコミュニケーションフリープランがおすすめです。 コミュニケーションフリープランは LINEアプリとSNSのTwitter、Facebook、インスタグラム(IGTVも含む)で使った通信を使用したデータ量としてカウントされないデータフリー(カウントフリー)が適用されるので大幅にデータ使用量を抑えられます。 1GBの容量のプランはLINEフリープランで、LINEアプリのみ使った通信を使用したデータ量としてカウントされないデータフリー(カウントフリー)が適用されます。 LINEフリープランはSNSは対象外です。 結論をまとめると、 SNSのTwitter、Facebook、インスタグラムをほとんど使っていなくてLINEをよく使っている場合はLINEフリープランがおすすめで LINEとSNSをよく使っている場合は、コミュニケーションフリープランがおすすめです。

次の

モバイルWi

ラインモバイル wifi

モバイルデータ通信は通話料金とは別に使用料がかかります。 細かい契約内容はキャリアにより異なりますが、「パケットプラン」「データプラン」などの名前で月々の支払い料金とモバイルデータの使用上限を設定していることが多いです。 モバイルデータ通信は通信量に制限がある モバイルデータ通信を利用してインターネットを利用すると、利用したデータ量の分だけ月々のデータ使用量に加算されます。 データ使用量が制限の範囲内に収まっていれば問題はありませんが、契約プランで設定されている上限を超えてしまうと通信制限をかけられたり、従量課金制プランで契約している場合はスマホ利用料金の請求額に超過分を上乗せされてしまったりすることがあるので注意が必要です。 通信制限を受けた時は? スマホで定額プランを契約している場合、モバイルデータ通信の使用量が指定されている上限を超えると通信制限を受けてしまいます。 通信制限を受けると極度に通信速度が遅くなったり、速度が足りず一部のインターネットを利用したサービスが一時的に使えなくなったりしてしまいます。 通信制限を受けてしまった時は制限が解除されるまで待つか、データ追加手続きを行って制限を解除します。 また、家庭のインターネットをWifi通信で使う場合、パソコンと同じようにほとんど気にすることなくインターネットを楽しむことができます。 家庭でWifiを使う利用料金は、機器をレンタルしない限り発生しないので、ご自宅のインターネット使用料のみで利用することができます。 ただし、外出先などで使える公共Wi-Fiは、モバイルデータ通信とは異なり毎回接続設定が必要で、場合によっては有料の利用登録が必要なこともあります。 最近よく聞く「ポケットWi-fi」とは 最近多くなってきたポケットWi-fi(モバイルWi-Fi)。 モバイルとWi-fiが合わさっているので、混乱してしまう方も多いと思うので最後に解説します。 ポケットWi-Fiとは、Wifi接続してモバイルデータ通信を使うことのできる機器のことです。 ポケットWi-Fiとモバイルデータ通信の違いは、以下のようにネットに接続するためにWifiを経由する点です。 ただし、大手キャリアのモバイルデータ通信の料金より比較的安く使うことができます。 また、ポケットWi-Fiのサービスによっては制限も少ないケースが多いです。 モバイルWi-fiを使うには専用の契約を行い、モバイルWi-Fiルーターと呼ばれる機器を購入、もしくはレンタルする必要があります。 モバイルデータ通信とWi-Fiの違い【メリット・デメリット】 モバイルデータ通信とWi-fiについて解説しました。 本来はモバイルデータ通信は通信に使う回線で、Wi-fiは機器同士を接続する規格という点で異なります。 ただし一般的に「Wi-fi」という言葉は、インターネットに接続したルーターに接続することを指して使われることが多いです。 ここでは、比較がしやすいようモバイルデータ通信と家庭に置いたWifiを使う場合、それぞれどんな違いがあるかをまとめてみました。 スマホは、特に設定をしなければモバイルデータ通信のみでインターネットに接続できます。 では、スマホをわざわざWifiで接続する必要があるか疑問の方も多いと思います。 次にスマホにWifiを設定するべき理由についてご紹介します。 必要?スマホでWi-Fiを使うべき理由 スマホのモバイルデータ通信は面倒な設定も不要でいつでもどこでも簡単にインターネットに接続することができます。 ところが、通信量の制限はかなり厳しいため、常にモバイルデータ通信で音楽や動画を視聴していると簡単に通信量の上限に達してしまいます。 そこで有効な方法が、スマホで自宅のWi-Fiを利用することです。 自宅でWi-Fiに接続すれば通信量が増えない スマホをWi-Fi経由でインターネットを利用した場合、月々のモバイルデータ使用量に追加されません。 さらに自宅のWi-Fiを利用した方が、通信速度も速く安定するので読み込み時のストレスも少なくなります。 そのため、スマホに自宅のWi-Fiを設定すれば、動画やストリーミングサービスなどを通信量を気にせず快適に楽しむことができます。 Wifiの切り替えは自動でできる スマホはモバイルデータ通信よりもWi-Fiを優先して接続する仕組みになっていいます。 そのため、スマホに自宅のWi-Fiを接続先として登録しておけば、外出先では自動でモバイルデータ通信に切り替わり、自宅に帰ると自動でWi-Fi接続に切り替わるようになります。 切り替えの手間がなくスマホのモバイル通信を節約できるので、自宅でスマホを使ってインターネットを楽しむことが多い方はWifiに接続することをおすすめします。 モバイルデータ通信とWifiを切り替えるには? スマホの設定を変更することでモバイルデータ通信を完全に切ってWi-fiのみでスマホを使ったり、Wi-fi環境下でもモバイルデータ通信に切り替えて使うことができます。 次の手順でモバイルデータ通信・Wi-fiの機能をオフにすると、自動的にオンになっている通信に切り替わります。 通信を元に戻すには、再度同じ手順でモバイルデータ通信・Wi-fiの機能をオンにしてください。 iPhoneの手順• Androidの画面上から下に向かってスワイプしてクイック設定パネルを表示します。 「Wi-fi」をオフ、「モバイルデータ通信」をオンにするとモバイルデータ通信に切り替わります。 「Wi-fi」をオン、「モバイルデータ通信」をオフにするとWi-fi通信に切り替わります。 Androidの場合は、機種によってはクイックパネルに「モバイルデータ通信」の項目がない場合があります。 通信制限を受けることが多い時は ただし使用量制限を超えることが多いようであれば、普段から以下のような点に気をつけてモバイルデータ通信を節約するようにしましょう。 自宅やWi-Fiの利用できる場所ではなるべくWi-Fiを利用する• Wi-Fiの利用できない場所での動画・アプリの使用を控える• アプリのインストール・アップデート時はWi-Fiを利用する 節約を心がけても制限内に抑えるのが難しいようであれば、日々のスマホの使い方や契約プランの見直しが必要です。 パケットプラン(データプラン)のグレードアップを検討しましょう。 スマホに自宅のWifiを設定する方法 スマホにWi-fiを設定したいけどやり方がわからない方のために、iPhone・AndroidでWifiに接続する設定手順を紹介します。 スマホに自宅のWifiを設定するには、次の手順で行います。 参考: 2. WifiのSSIDとパスワードを確認する Wifiの接続には、SSIDとパスワードの入力が必要になるので事前に調べておきましょう。 ルーター本体の背面や底面のラベルに記載してある 「SSID」と「パスワード(もしくは暗号化キー)」を控えてください。 会員制のWifiサービスなどを使う場合は、契約書類などに同様の記載がないか調べます。 スマホにWifiを設定する Wifi環境が用意できたら、スマホにWifi接続の設定を行います。 iPhoneとAndroidの設定手順についてそれぞれ紹介します。 Wifiの設定を行う際は、Wi-Fiルーターに近い場所で行ってください。 Wifiを優先して自動で切り替えるためにも、Wi-Fiとモバイルデータ通信のスイッチを両方オンにすることをおすすめします。 iPhoneの接続手順• ホーム画面から「設定」アプリを起動します。 続いて、「Wi-Fi」をタップします。 1番上にある「Wi-Fi」の項目をオンにします。 「ネットワークを選択」の中からご自宅のルーターのSSID(接続先名)を探します。 SSIDをタップし、接続パスワードを入力します。 最後に右上の「接続」をタップし、「Wi-Fi」の下にチェックの入った項目が追加されれば設定は完了です。 「Wi-Fi」の項目を表示した時に、チェックの入った接続先が表示されていればWi-Fiに接続済みです。 Androidの接続手順 Androidの場合は機種により設定の画面や手順が異なるため、必要に応じてマニュアル等を参照してください。

次の

LINEモバイルの評判徹底調査!実際の口コミ大告白【2020年】

ラインモバイル wifi

どこでもWi-Fiが使いたくてモバイルのWi-Fiルーター(ポケットWi-Fi、モバイルWi-Fi)を持ちたいと考えている人は多いと思います。 でも、 モバイルWi-Fiは普通に契約したら3,000円~4,000円程度かかってしまいますので、負担も大きく敬遠している人も少なくないでしょう。 しかし、 LINEモバイルなら月額500円からモバイルWi-Fiを使うことが出来てしまいます。 しかも格安SIMの中でも通信速度は早い方ですので、WiMAXやその他のモバイルWi-Fiを普通に契約するよりもオススメの方法です。 今回は、LINEモバイルでモバイルWi-Fiを格安で使う方法について解説していきます! 目次• LINEモバイルでポケットWi-Fiルーターを持つのがオススメの理由 一般的なポケットWi-Fiと比べて圧倒的に安い 格安SIMには「データSIM」「音声通話SIM」という2種類のがありますが、モバイルWi-Fi端末は音声通話に対応していないため、自ずとデータSIMを選ぶことになります。 LINEモバイルでデータSIMを選択する場合、から使うことができます。 一般的なモバイルWi-Fiは5GBで3,000円程度ですので、同程度容量の6GBを選んだとしてもおよそ半額の1,700円で使えてしまいます。 LINE、Twitter、Facebook、InstgramなどのSNSが使い放題 スマホやモバイルWi-Fiは、契約しているの上限を超えてしまうと通信速度の制限がかかってしまい、速度が大幅に遅くなってしまいます。 しかし、LINEモバイルの場合はSNSが使い放題となっていて、対象のSNSを使った場合にデータ通信量のカウントがされないというに対応しており、これが非常に大きなメリットです。 ベーシックプランの場合はLINEのみ、SNSデータフリーの場合はLINE、Twitter、Facebookの3つ、SNS音楽データフリーの場合はLINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICの5つが使い放題です。 しかも、もし他のコンテンツを使いすぎて速度制限がかかってしまった後も、該当SNSに関しては速度制限の影響を受けることなく使い続けることができます。 SNSをメインに使うことを考えているなら、SNSデータフリー 3GBでたった月々1,260円でLINE, Twitter, Facebookが使い放題。 非常に安い上に便利ですね。 TwitterやInstagramは画像や動画の多いコンテンツなので、何気なく使っているだけでもかなり通信量がかかってしまいます。 通信量を気にせずにこれらのSNSが使えるのはもちろん、浮いた通信量をネット検索やゲーム、YouTubeなど他のコンテンツにまわすことができるのも嬉しい点です。 格安SIMの中でも通信速度が速い 現在、格安SIMを提供しているキャリアは20社ありますが、その中でもLINEモバイルの通信速度は快適な部類です。 回線が混み合うお昼の時間帯などは速度が落ちる可能性はありますが、これはLINEモバイルに限らず格安SIM全体に言えることです。 お昼の時間帯でも他と比べると速度が出ますし、その他の時間帯は速い方です。 LINEモバイルにはドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線の3種類がありますが、LINEモバイルはソフトバンクの子会化したということもあるため、 もし速度を重視するならソフトバンク回線を選ぶと良いでしょう。 LINEモバイルの社長である嘉戸氏も「格安SIMで通信速度を重視するユーザーはソフトバンク回線を選ぶことになる」とコメントしています。 以下は管理人が実際にLINEモバイルを購入して計測した通信速度です。 回線はソフトバンク回線を選択しています。 一般的なモバイルWi-Fiの場合、速度制限後は128Kbpsという速度になってしまうため、ネット検索すらしんどくなるほど遅くなってしまいます。 LINEモバイルの場合、速度制限後の速度は200kbps。 3日間の通信速度制限がない 大手キャリアやほとんどの格安SIMは、3日間でデータ通信をたくさん使いすぎると、毎月のデータ容量の上限を超えた場合とは別に速度制限がかかってしまいます。 3日間の上限はキャリアによって異なりますが、例えば1日で一気にこの上限を超えてしまうと、向こう2日間はがかかった状態になってしまいます。 LINEモバイルの場合は3日間の速度制限がありません。 週末の休みに動画をたくさん観るなど、通信量の使い方に偏りがある場合でも安心して使うことができます。 契約期間がないのでいつでも解約できる WiMAXなど通常のモバイルWi-Fiの場合、基本的に2年契約の自動更新となっており、2年ごとの更新月以外で解約すると違約金が9,500円 税抜 がかかってしまいます。 LINEモバイルの場合、音声通話SIM・データSIMともに契約期間はナシ。 いつ解約してもわずか解約手数料1,000円だけで済みます。 極端な話、契約したその月に解約することもできてしまいます。 2年もあればあなたの環境も色々変わることでしょうし、それに伴ってモバイルWi-Fiが必要なくなる可能性もあります。 そんな時、がないLINEモバイルならいつでも解約することができるので、気兼ねなくモバイルWi-Fiを使い始めることができます。 通信エリアがドコモ、au、ソフトバンクと同じなので電波が入りやすい せっかくモバイルWi-Fiを持っていたとしても、電波が入らなければ意味がありません。 モバイルWi-Fiの中にはWiMAXなど使い放題のタイプがありますが、それだけで選ぶと痛い目にあいます。 管理人は過去にWiMAXを使っていたことがありましたが、非常にエリアが狭い上に、地下や高層にはめっぽう弱く、せっかく契約したのに思うように使えない場面が多く後悔しました。 LINEモバイルの場合はドコモ回線ならドコモ、au回線ならau、ソフトバンク回線ならソフトバンクの電波を使用しているため、通信エリアは大手キャリアとまったく同一で快適に使うことができます。 LINEモバイルでポケットWi-Fiルーターを使う方法 Wi-Fiルーターの端末を用意する まずはLINEモバイルのSIMカードを使用する本体を用意しましょう!方法は以下の4通りです。 LINEモバイル契約時にWi-Fiルーターをセット購入する 以前はLINEモバイルにWi-Fiルーター本体の取り扱いがなかったため他で用意する必要がありましたが、現在は契約時にセット購入することができるようになっています。 端末は限定されてしまいますが、詳しいことはよく分からないけど手っ取り早く安く使いということであればお勧めです。 新品のWi-Fiルーターを購入する 購入経路はAmazonでOKです。 Amazon内で「モバイルルーター」で検索すれば、SIMフリーのモバイルWi-Fiルーターがたくさん見つかります。 その中でも、いくつかオススメのものを紹介します。 Huawei:E5577S 1万円以下で買えるWi-Fiルーターですが、電池持ちも良く、評価も高いルーターです。 Huaweiという会社はスマホではあまり聞いたことないかもしれませんが、モバイルWi-Fiルーターではかなり前から機種を販売しています。 ちなみにソフトバンクのポケットWi-Fiも、Wi-Fi機種が販売開始された3Gの頃からずっとこの会社のものです。 NEC:Aterm MR05LN 通信速度は本体性能によっても変わります。 Aterm MR05LNは3つの周波数帯を束ねて通信を高速化する技術に対応しているため、先ほど紹介したHuaweiのルーターより受信最大速度が非常に早いです。 価格としては少し高めになってしまいますが、快適な速度と電池持ちを求めるのであればこちらをオススメします。 中古で安くWi-Fiルーターを購入する ルーター本体にお金をかけないためのもう1つの方法は、中古で購入することです。 ヤフオクなどを見てみると、安いものだと即決で2,000円~3,000円のものもあります。 以下はヤフオクで「モバイルルーター」で検索してみた結果です。 購入の際の注意点としては、ドコモかソフトバンクのルーター、もしくはSIMフリーのルーターを購入すること。 (理由は後述します) 安さだけで選んだけど、実際にSIMカードを差し込んでみたら対応していなくて使えなかった…なんてことのないようにして下さい。 スマホ関係はあまり詳しくないし、どれを選んだら良いかわからないという方は、この方法はオススメしません。 使わなくなったスマホをルーター代わりにする 「どれだけ長い期間使うかわからないから、新しい端末を購入するのはちょっと気が引ける」「短期で使いたいから、ルーター本体にお金をかけたくない」という場合もあると思います。 Wi-Fiルーターを購入するのがためらわれる場合は、過去に使っていたスマホをルーター代わりに使うのもアリです。 その場合はいくつか注意点があるので、を行う前に必ずチェックしておきましょう。 テザリングに対応していること 大前提として、スマホがに対応していることが必須です。 デザリングに対応していない機種の場合は、せっかくLINEモバイルを契約しても、本体のみでしか通信ができません。 購入元キャリアと同じ回線を選ぶか、SIMフリー端末であること LINEモバイルはドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線の3種類あるため、どのキャリアで購入したスマホ端末でも使えます。 ただし、購入元のキャリアとLINEモバイルで選択する回線は同じである必要があります。 例えばドコモで購入したスマホ端末なら、LINEモバイル契約時にドコモ回線を選ぶということです。 その他、元々SIMフリーという端末であれば問題なく使うことができます。 LINEモバイルのデータSIMに申し込む Wi-Fiルーター本体を入手したら、あとはLINEモバイル公式サイトから申し込むだけです。 LINEモバイル公式サイトはこちら また、申し込みの際にいくつか気をつけて欲しい部分があるので、必ず以下をチェックして下さい! 申し込みの際の注意点 音声通話SIMではなくデータSIMを選択すること LINEモバイルにはSIMの契約タイプが2つ、データ通信のみが使えるデータSIMと、データ通信に加えて音声通話ができる音声通話SIMがあります。 Wi-Fiルーターでは通話はできないので、音声通話SIMを選んでも意味がありませんし、価格もデータ通信SIMの方が安くなっているので、くれぐれも間違えないようにしましょう。 Wi-Fiルーター本体に対応したSIMサイズを選択すること SIMカードには標準SIM、microSIM、nanoSIMという3種類のSIMカードのサイズがあります。 どのSIMカードに対応しているかは、Wi-Fiルーター本体によってそれぞれ異なります。 あなたが手に入れたルーターがどれに対応しているのかを必ず事前にチェックし、LINEモバイルで契約する際には正しいものを選択するようにして下さい。 まとめ LINEモバイルでモバイルWi-Fiを格安で使う方法についてお伝えしました。 毎月500円から使うことができて、方法によっては本体も3,000円程度で手に入る。 しかも電波も入りやすい上に、いつでも自由に解約可能。 そう考えると、WiMAXなどのルーターを契約するよりも遥かに便利で経済的です。 あなたもぜひLINEモバイルで快適なWi-Fi環境を手に入れて下さいね。

次の