引越し 安い 口コミ。 「アート引越センター」は安い?高い?口コミから徹底調査してみた

サカイ引越センターの評判・口コミ【詳細と実際の引越し料金】

引越し 安い 口コミ

引越し料金は、引越しする時期によって変動します。 とくに注意したいのが、引越し業者に依頼が集中する3〜4月。 この時期は繁忙期と呼ばれ、それ以外の時期(通常期)に比べて、引越し料金が高めに設定されています。 繁忙期と通常期の引越し見積もり料金の平均をまとめたのが以下の表です。 引越し見積もり料金が高い時期(繁忙期)は3月と4月 引越し業者に依頼が集中するのは3〜4月です。 入学や卒業、就職、転職など、新生活がスタートさせる方が増えるこの時期、引越し業者は繁忙期をむかえます。 繁忙期となると、引越し業者では作業を担当するスタッフや手配できるトラックが不足しがちに。 そのため、希望した日に引越し予約をとりづらくなります。 繁忙期に引越しを予定している方は、引越し難民とならないためにも、早めに引越しの計画を進め、予定日を押さえておくことが大切です。 できるだけ安く引越しすることを優先したい場合は、繁忙期を避けて引越しするのがよいでしょう。 引越し見積もり料金が安い時期(通常期)は5~2月 繁忙期を除く、5〜2月は通常期と呼ばれます。 ゴールデンウィークがある5月、人事異動にともなって転勤が増える9月など、通常期でも引越し業者への依頼が一時的に増えることはありますが、繁忙期のように件数が多くなることはないようです。 通常期は、繁忙期に比べると引越し見積もり料金が安くなる傾向があります。 安く引越ししたい方は、ぜひこの時期に引っ越すとよいでしょう。 ただ、単身者の場合と比較して、繁忙期と通常期との差額が大きくなっています。 家族の引越しでは、休みを合わせたり、子どもの学校の事情があったりと、3月や4月の引越しが避けられないケースが多く、繁忙期に引越しが集中しやすい傾向があるのかもしれません。 単身者の引越し見積もり料金が安くなるのは11月、12月、8月 では、引越し見積もり料金が最も安くなるのはいつでしょうか。 以下の表は、単身者の引越しにかかった費用を月別にまとめたものです。 次いで8月が安く、45,746円です。 逆に、引越し料金が最も高いのは3月で58,168円、次いで4月が高く、55,010円です。 引越し料金の最安値と最高値との差額は、最大で13,135円となっています。 荷物が多い単身者の引越し料金が最も安くなるのは11月で、56,935円。 次いで8月が安く、58,447円です。 逆に、引越し料金が最も高いのは3月で87,643円、次いで4月が高く、81,943円です。 引越し料金の最安値と最高値との差額は、最大で30,708円となっています。 時期によって料金が変動することについて、アート引越センターの塚本斉さんに伺いました。 「引越し料金が高くなっている3月と4月は1年で最も引越しの依頼が集中する時期です。 でも例えば、3月のなかでも上旬と下旬ではご提示できる引越し料金は異なります。 3~4月は繁忙期ですが、そのなかでも最も引越しが集中する時期は、3月下旬~4月上旬にかけてです」(塚本さん、以下同) 3〜4月にかけて引越しの依頼が集中するため、3月・4月の料金が高くなるわけですね。 ただし、同じ3月でも、引越し料金を安くするためには、下旬より上旬に引越しするほうがよさそうです。 それぞれ、75,567円、93,538円となっています。 4人家族の引越し料金が一番安くなるのは6月で119,801円です。 逆に、引越し料金が一番高いのが3月。 2人家族は118,811円、3人家族は153,053円、4人家族は188,056円です。 引越し料金が最も高くなる月と安くなる月の差額は、2人家族で43,244円、3人家族で59,515円、4人家族で68,255円に。 単身者と同様、家族やカップルの場合でも、繁忙期の引越し料金が通常期に比べて大幅に高くなっていることが分かります。 引っ越し料金は、引っ越しする時期や家族の人数によって大きく変動することが分かりました。 では、やむをえず繁忙期に引っ越しする場合、引っ越し料金を安くするにはどうしたらよいのでしょうか。 ここからは、引っ越し料金を安くするための方法をご紹介します。 1:複数の引越し業者の見積もりから一番安い料金を選ぶ 引っ越し料金は業者ごとに異なるため、最も引っ越し料金が安い業者を見つけるためには、複数の引っ越し業者から相見積をとり、比較する必要があります。 とはいえ、何社にも見積もりを依頼するのは面倒なもの。 そんなときに役立つのが、一括見積もりサイトです。 引っ越しに関する基本的な情報を入力するだけで、大手から中小まで、さまざまな引っ越し業者に見積もりを依頼することができます。 各社が提案する引っ越しの料金が一目で分かるので、簡単に最も安くなる業者を探し出すことができます。 2:訪問見積もりを依頼する 電話やネットで引越し見積もりをすると、荷物の量を自分で申告するので、あやまって多めに申告してしまうこともあります。 そうすると、見積もり料金が実際よりも高くなってしまう可能性があります。 荷物の量を正確に把握する自信がない場合は、訪問見積もりを利用するのもよいでしょう。 訪問見積もりとは、引っ越し業者に自宅を訪問してもらい、荷物の量などを実際に見て確認しながら引っ越し料金の見積もりを依頼することを言います。 訪問見積もりでは、熟練のスタッフが見積もりしてくれるため、正確な引っ越し料金を知ることが可能です。 実際、引っ越し会社の営業担当者に、訪問見積もりが本当に必要かどうか聞いてみたところ、どの引っ越し業者も「訪問見積もりしたほうが引っ越し見積もり料金が安くなることが多い」と回答しています。 また、訪問見積もり時に引越し料金を安くしてもらうよう交渉することもできます。 なかには「いま決めてくれたら〜円安くします」と即決を条件に値引きを提案する引越し業者もあります。 ほかにも検討したい引越し業者がある場合、見積り額に納得いかない場合は、きちんと断りましょう。 3:引越し前に不用品をできるだけ処分する 荷物を減らし、引っ越しに使用するトラックの大きさをサイズダウンできれば、大幅に引っ越し見積もり料金を抑えることが可能です。 引っ越しの荷物がどのサイズのトラックでまかなえるのかを知るのは難しいもの。 そこでトラックの大きさごとの引っ越し料金相場を以下にまとめました。 【トラックの大きさごとの料金の相場】 トラックの種類 大きさ 荷物量の目安 料金の目安 軽トラック 約5~5. 5㎥程度 単身(荷物小) 34,372円 1. 5トントラック 2トンショートトラック 約10~11㎥程度 単身(荷物大) 48,697円 2トンロングトラック 2. もしこれを2. 5トントラックにサイズダウンすることができれば、引っ越し料金は69,887円に。 14,187円も安くすることが可能です。 引っ越しの荷物を減らすには、不用品をできるだけ処分するのがおすすめです。 使い古して捨てようかと迷っている大きな家具など、引っ越しする前に捨てることができれば、ワンサイズ小さいトラックを使用できるかもしれません。 引っ越し料金を安くすることを優先するのであれば、引っ越し後ではなく引っ越し前に不用品の処分を検討しましょう。 4:大安を避ける 縁起がよいとされる大安を避け、仏滅や赤口などを選ぶことで、引っ越し見積もりが安くなる場合があります。 引っ越しする日のお日柄を気にする方は少なくありません。 とくに参考にされることが多い暦注が六曜。 そのため、縁起がよいとされる大安の日に引っ越し依頼が増える傾向にあり、割引が適用されにくくなる可能性が高まります。 縁起のよい悪いはあまり気にしない、それよりも引っ越し料金が安くなるほうがよいという方は、ぜひ仏滅や赤口を狙ってみるとよいでしょう。 5:早めに引っ越し見積もりを申し込む 早めに引っ越し見積もりを申し込むのも得策です。 早いうちから引っ越し会社に混雑していない日を問い合わせ、提案された日に引っ越しを依頼することで、値引きを検討してくれる引っ越し業者もあるからです。 早めに引っ越し予約すると、「早割」のようなサービスを受けられるケースもあります。 引っ越しすることが早くから分かっている場合は、日程に余裕をもって早割りサービスを積極的に利用するとよいでしょう。 6:梱包・荷ほどきは自分で行うプランに 引っ越しの荷物の梱包や荷ほどきを自分で行うプランを選択することで、引っ越し見積もり料金が抑えられます。 引っ越し業者には、梱包や荷ほどきなどをすべて業者まかせにできるプランがあるのが一般的です。 そのようなプランでは、引っ越し作業の手間が少ない反面、料金が高くなる傾向があります。 引っ越し料金を安くするのであれば、荷物の運搬以外の周辺的な作業を自分でするプランを選びましょう。 7:単身者なら単身パックがおすすめ 単身者であれば、単身パックを利用することで引っ越し見積もり料金を安くすることが可能です。 荷物が少ない単身者向けに、多くの引っ越し業社が単身パックを用意しています。 単身パックとは、引っ越し業者ごとにコンテナを用意し、それに収まる荷物だけを運ぶプラン。 輸送できる荷物が少ない代わりに、料金が安くなっているのが特徴です。 引っ越し業者が提供する単身パックには以下のようなものがあります。 引っ越し業者 プラン内容 コンテナサイズ 日本通運 「単身パックS」「単身パックL」の2種類から選択できる。 混載便とは、同じ方面に向かうトラックの荷室を共有し、引っ越しの荷物をまとめて運ぶ引っ越しトラックのこと。 引っ越し業者が提供する混載便には以下のようなものがあります。 引っ越し業者 プラン名 プラン特徴 アーク引越センター ミニ引越し長距離プラン ワンルーム〜1LDKまでの少ない荷物の量で長距離(100km以上が目安)の引っ越しの場合に利用できる。 大型家具・家電の荷造りや運び込み、配置などはスタッフが対応。 1台のトラックで複数の引っ越しをまかなうため、引っ越し見積もり料金が安く設定されています。 運搬できる荷物の量が限られているため、荷物の量が少ない方はぜひ確認してみてはいかがでしょうか。 9:コンテナ便を利用する 荷物の量が多い方は、コンテナ便を利用することで引っ越し見積もり料金が安くなるかもしれません。 コンテナ便とは、JRの貨物用コンテナを使って引っ越しの荷物を運ぶ方法のこと。 トラックの燃料費や人件費を削減できるぶん、引っ越し見積もり料金が安く設定されています。 単身者だけでなく、家族のように荷物が比較的多くても利用できる場合があります。 引っ越し業者が提供するコンテナ便には以下のようなものがあります。 引っ越し業者 プラン名 プラン特徴 アリさんマークの引越社 長距離エコ便 引っ越し業者のスタッフは、旧居での荷造りと搬出、新居への搬入と最寄り貨物駅まで/からのトラック輸送を担当。 長距離エコリーズナブルパック 引っ越し業者のスタッフは、旧居での荷造りと運び出し、新居での搬入作業などを担当。 ただし、通常の引っ越しよりも輸送日数が余計にかかる傾向があり、住まいと駅が離れていると、かえって費用がかかるケースもあるので注意が必要です。 10:長距離の引越しなら帰り便が使える場合も 帰り便が利用できれば、引っ越し見積もり料金を安くすることが可能です。 帰り便とは、引っ越し作業を終えて帰途につく空のトラックを有効活用するプランのこと。 引っ越し料金には、往復分の運賃が含まれるのが一般的です。 ところが、帰り便で必要なのは片道分の運賃だけなので、引っ越し見積もり料金が安く抑えられます。 引っ越し業者が提供する帰り便には以下のようなものがあります。 引っ越し業者 プラン名 料金(税別) プロスタッフ 長距離引越し格安プラン 52,000円〜(関西方面) 42,000円〜(中部方面) 66,000円〜(中国方面) 76,000円〜(四国方面) 91,000円〜(九州方面) 55,000円〜(東北方面) ただし、帰り便では、あくまで往路を行く便が優先です。 そのため、日にちや時間帯の希望が通らない可能性も少なくありません。 11:フリー便や午後便がお得! 引っ越し見積もり料金は引っ越し時期だけでなく、引っ越しする時間帯によっても変動します。 とくに予約が集中しやすい午前中に作業を開始するほうが午後よりも高くなる傾向があるようです。 そのため、時間指定をしないフリー便や午後便を利用することで、引っ越し見積もり料金を安くすることができます。 ただし、引っ越しの移動距離が長く荷物の量も多い場合は注意が必要です。 引っ越し作業に時間がかかり、その日のうちに作業が完了しなかった場合、追加料金を請求される場合があるからです。 事前に引っ越し業者に相談するとよいでしょう。

次の

引越し革命は2chでトラブルの評判?実際の口コミはここまで良かった

引越し 安い 口コミ

サカイ引越しセンター 2. アート引越しセンター 3. 赤帽 4. 日本通運 5. クロネコヤマト 私は以前引越し業者で見積もり担当をしておりました。 8年間で約3,000件の成約をいただき、引越しの見積り料金の相場についてはかなり詳しいと自分でも思っています。 その経験を元に、一番安い引越し業者を見つける方法を提案させていただきます。 ずばり、てっとり早く安い引越し業者を見つけるには、一括見積もりを利用してしまうのがベストです。 最大8社からすぐに見積もりが届きますので、その中から一番安い引越し業者を選ぶだけです。 (情報1) 引越しをする人は毎月数え切れないほどいます。 ですので、CMをバンバンながしているような大手の引越し業者になると、高めの料金設定でもお客さんは来るのです。 逆に言うとCMをはじめとした広告宣言費をたくさん使っているので、その分引越し料金は高くなっています。 なので、最初に見積もりで提示される引越し料金は高めになっています。 だからこそ、交渉次第で数万円の値引きができる場合があるんです。 私自身これを知る前後で引越し料金が大きく変わりました。 引越し業者は値引き交渉されることも想定した上で、はじめは高めの料金を提示してくることが多いです。 (私のいた引越し業者でも実際そうでした・・・) なので、最初に提示された金額に従ってしまうとかなりの金額を損してしまうことになります。 必ず値引き交渉を一度は行いましょう。 (情報2) 一括見積もりをするだけで安くなるわけではないです。 最近ではほとんどの人が、まずは無料の一括見積もりサイト( など)を利用して見積もりを複数もらうようです。 複数業者の相見積もりなので、それだけで料金が安くなっていると思っている人が多いです。 しかし実際は先ほども言ったように、初回に提示される料金は高めの料金なのです。 なので5社に見積もりをもらっても、高い見積もり書を5枚集めただけなんてことになってしまいます。 なので、例え一括見積もりを利用した場合でも、値引き交渉は行ったほうがいいのです。 これは知っている方も多いかもしれませんが、引越しが決まっているのであれば1日でも早く見積もりを依頼したほうが得です。 引越し業者としても準備がしやすいですし、予約も埋まっていないので料金も安くなりますし、サービスも良くなります。 1つのテクニックとしては、具体的な日にちが決まっていなくても、まずは見積もりをもらっておくことがおすすめです。 引越業者としても、一度安い見積もり書を出してしまうと、そこから大幅な値上げもしにくいというところが少なからずあります。 (注意) すでに引越し業者が決まっている人は無料見積もりサービスのご利用をお控えください。 引越しの料金を少しでも安くするためには、荷物を少なくすることや各社から見積もりを取得すること、そして値段交渉やオプションの交渉が必要です。 引越し料金はトラックの大きさや荷物、ダンボールの量で決まります。 大きなトラックが必要になれば、その分燃料代が高くなりますし、高速道路などの通行料に影響するため値段は上がります。 そして当たり前ですが、荷物が多くなればスタッフの人数も多く必要になります。 単身者の引越しの場合、スタッフは1人や2人であることがほとんどです。 しかし、大型家具が多いとその人数では対応できなくなってしまいます。 また、荷物が多いと梱包用のダンボールもたくさん必要になります。 ある程度のダンボールは引越し業者から無料でもらえますが、それを越える荷物がある場合は追加で購入したり、スーパーマーケットなどからもらってこなければなりません。 時間のない引越しをする場合、ダンボールを探して近所のお店をめぐる時間ももったいないことです。 業者からもらえるダンボールで収まらない荷物がある場合、持っていくことよりも処分することを考えたほうが効率的です。 また、荷物を少なくすれば引越しの前後にかかる作業も簡単になります。 梱包したりダンボールから荷物を出す作業は、引越しをするさいにかなり時間が取られる作業です。 基本的な考えとしては、「自分が絶対に必要なものは持っていく。 それ以外は削除する。 」です。 特にここ1年ぐらいで使っていないものは、今後も使わない可能性が高いものです。 引越しの機会に処分しても問題ないでしょう。 (今流行の断捨離ですね。 ) 引越し業者一括見積もりのメリット 引越し業者を決める際には、業者に見積もりを依頼しますが、その際に引越し業者一括見積もりを使用して各社の見積もりを取得するといいでしょう。 引越し業者一括見積もりをすることで、まず自分が引越ししたい日に対応可能な業者が絞られます。 自分で一社ずつ電話をかけて問い合わせなくて良いので、これだけでもだいぶ大きな時間短縮になります。 そして見積もりを出してくれた各社の料金やサービス内容を比較しながら、最終的に依頼する業者を選んでいきましょう。 特に各社がオプションとしていることが多いピアノの運搬やエアコンのセッティング、ペットの引越しなどが必要な場合は特に念入りに確認することが大切です。 なぜならこれらの作業は引越し業者からさらに外部に依頼する可能性があるからです。 これらの作業を単純に外部に委託すると、5000円程度の差額が発生することがあります。 その際はその差額部分を利用して、値段交渉すると良いでしょう。 値段交渉とオプションの交渉 一括見積もりの結果、業者がいくつかに絞られてきたら、そこで決めてしまわずに値段交渉に入ります。 一括見積もりの結果として安い値段を提示してきた業者があれば、その値段を利用してほかの業者に交渉しましょう。 もちろん、各社少しずつ作業内容やサービスが異なりますから、必ず安くなるとは限りません。 しかし、うまく交渉すれば求めているサービスをより安く受けることができます。 値段交渉の結果と、各社のサービス内容などを考慮して納得できれば最終的に依頼する業者を決定しましょう。 この値段交渉には前述したエアコンのセッティングやピアノの運搬などといった個別の作業項目を使って交渉することも1つの方法です。 そして値引きが限界に達すると、業者はオプションの提供による実質的な値引きを提案してきます。 このオプションで良くあるのはダンボールの追加です。 通常の料金設定では、もともとある程度のダンボールが含まれています。 しかし、自分の荷物がそれ以上になりそうだとわかっていれば、ダンボールの追加を依頼するといいでしょう。 ダンボールは店舗などから自分で調達することもできますが、大きさが揃っている方が作業しやすいですし引越し業者のダンボールは丈夫で頑丈です。 足りなくなりそうであればダンボール追加のオプションを交渉してみましょう。 そのほかのオプションでよくあるのは、引越し後に不要になったダンボールや緩衝材などを無料で回収するサービスです。 引越し後は大量のダンボールや緩衝材がゴミとなってしまいます。 通常、これらの回収作業は有料サービスですがオプションで無料にしてくれることもあります。 新しい部屋にダンボール等がいつまでも残っていると鬱陶しいものですし、ゴミとして出すにも量が多ければ大変です。 引越し業者側もまだ使える資材は再利用したいという思惑がありますから、オプションに交渉してみると引き受けてくれる可能性が高いサービスとなります。 引越しはお金がかかるものですが、それでもこのようなコツを知っていると、妥協しないで少しでも安く引越しができます。 ぜひあなたの引越しに役立ててください。 値引き交渉の定石 見積もり料金を値引きしてもらう常套手段を1つ紹介します。 まず、引っ越しの見積もりは少なくとも3社に頼みましょう。 1社は大手の引越し業者、2社目は中堅の業者、3社目は小規模な会社といった感じです。 そして、訪問見積もりに来てもらう順番を工夫します。 初めに小規模な引越し業社に訪問見積もりしてもらいます。 小規模な引越し業者は、少しでも契約数を増やしたいので、想像以上に安い料金を提示してくれることが多いです。 しかし、ここで決めずに、もう少し粘りましょう! 次に中堅の引越し業者に訪問にきてもらいます。 ここで小規模な引越し業者に提示された見積もり書を見せると、「この値段は安すぎで、ちょっと怪しいですよ!うちならもう少し高くなりますが安心感があります!」といったようなことを言いつつ、そこそこ安い見積もり料金を提示してくれます。 しかしここでもまだ契約はしません。 最後に大手の引越し業社に訪問見積もりに来てもらいます。 1社目、2社目の見積もり書を見せつつ、大手んならではサービスの質も確認しておきましょう。 大手の引越し業者は、一律で値引きできる金額が決まっていたりします。 なので中小業者程の料金まで値引くことは難しいです。 しかし、ダンボールをサービスしてくれたり、米、ギフト券等のサービスをしてくれたりします。 このようにうまくスケジュールを組んで見積もりを依頼することで、お得な引越をすることができたりします。 引っ越し価格の最安値はどこにある? お店で売っている商品の値段はそれにかかるコスト(製造費や人件費など……)に利益を乗せて決まります。 これは、形のない商品、つまりサービス業においても同様です。 では、引っ越しの料金の値段はどのように決まるのでしょうか? できるだけ安く引越ししようと思ったら、ギリギリまで利益を引いた値段になるように交渉すればよいのでしょうか。 引っ越しの料金も物を買う時と同じように、基本的にはギリギリまで利益を引いた値段、赤字直前の値段が最安値となります。 しかし、中にはそれよりも更に低い金額となる場合もあります。 最安値で引っ越しするにはどうしたら良いのでしょうか。 また、それよりももっと安い値段で引っ越しできるのはどんな時なのでしょうか? 1件あたりの利益よりも件数が重視される 最安値について話すにあたり、まずは引っ越し営業の傾向について少し解説します。 引っ越しの料金はまず、見積もりに訪れた営業が料金表から値引きをし、その後他の業者の料金と比較しながら値引きしていくのが普通です。 こうした価格交渉があるために「引っ越し業者は少しでも高い金額で契約させようとしている」と思われがちです。 確かに業者からすれば高い金額で契約してくれるのに越したことはないのですが、この値引きの交渉は少しでも高くというだけでなく他の業者に客を取られないようにという意味もあるのです。 引っ越しの営業は、1件の引っ越し価格をあげるよりも、一見でも多く引っ越しを決めたいと考えています。 引っ越し業者が存続していくためには、常に一定数以上の引っ越しを行う必要があります。 収入に波があるギャンブラーよりも、収入が少なくても定期的に収入がある方が好まれるのと同じようなものです。 ですから、相当悪質な業者でないかぎり、ボッタクリ料金で契約させようとすることはありません。 高すぎる金額を提示すると、他の業者に客が逃げてしまう可能性のほうが高いためです。 ただ、件数重視なのは繁忙期以外の引っ越しの話です。 2月から4月の引っ越しシーズンの引っ越し料金は非常に高いです。 この時期は、引っ越し需要が急激に高まるため、値段を上げても契約が取れます。 「即決価格」は最安値 今ここで決めたらこの値段で引っ越しできますという形で提示される「即決価格」ですが、基本的にこの即決価格が引っ越し価格の最安値と見て良いです。 即決価格は赤字ギリギリの価格設定となっていることが多く、どの業者でもだいたい同じぐらいの金額です。 なぜ赤字ギリギリの金額を提示できるかというと、上で述べたようにそれだけ契約を欲しているためです。 たとえ利益が少なくても契約を取ること自体を重視しているため、サービス内容が同じならどの業者も同じような金額になるのです。 引っ越しにかかるコストというのは、どの引っ越し業者でもそれほど変わりません。 「複数業者から見積もりを取るつもりだったが、2軒目も3件目も最初と同じような値段だった」という話がよくあるのもこのためです。 即決価格よりも安い値段で引っ越しをすることは難しいため、一つの業者で即決を提案されたらそのまま決めてしまってもまず問題ありません。 引っ越しにも「セール」がある? スーパーやデパートなどで在庫処分のセールが行われるのは、季節の変わり目や新商品が出る前です。 新しい商品を仕入れるために、今ある在庫を捌いてしまいたいからです。 セールでは、商品を早く売り捌くために赤字価格で売りに出されることは珍しくありません。 同じようなことが引っ越しでも行われています。 引っ越しがなく、人でもトラックも余ってしまっている時です。 引っ越しがなくても、雇用やトラックの維持にはお金がかかります。 少しでもこの赤字を埋めるためには、原価を多少割ってしまっていても引っ越しを行うしかありません。 これが引っ越しの「セール」です。 ただ、このセール状態を外から見て判断するのは非常に難しいです。 洋服や家電であれば、季節外れだったり型落ちだったりすることがわかりますが、形のないサービスではそれがわかりません。 ですから、赤字覚悟の引っ越しを狙うことは一括見積もりを使わない限りまず不可能です。 運良くそういう時期に当たったらラッキー、程度の認識でいましょう。 運が良ければ、即決価格を示す時に「本当は赤字なんですが特別に」などと言ってくれるかもしれません。 その言葉を証明する手段がないため、誠実な営業に当たるかどうかも運にはなりますが。 その言葉を信じられるかどうかは、営業の人柄や電話で問い合わせたときの対応などから窺うしかありません。 即決価格よりも低い値段で引っ越しできるかどうかは運です。 本来の最安値である即決価格で引っ越しできれば十分です。 示された即決価格が本当に底なのかどうか知りたい時は、2社以上から即決価格を聞き出す必要があります。 いくら即決価格がどこの業者でも同じ程度と言えど、それを確かめるには複数業者から見積もりを取らなければなりません。 見積もり依頼後には各社から見積もりの明細書が各社から見積もり見積もりの明細書が届きます。 あまり多くの引越し業者に依頼しすぎると、対応が面倒になりますので、3~5社くらいにおさめるのがオススメです。 メール対応の良さから引越し業者の質を判断できます。 対応がいまいちな会社は、実際の引越し作業もいまいちな傾向はあります。 それゆえ、メールや電話での対応の良さなども業者選定の基準にいれることをおすすめします。 単身引越し、家族引越し、海外引越しなどなど いずれの引越しにも適用可能な値引き術になっています。 一括見積もりサイトも便利になってきていますので是非利用していきましょう!引越しダンボール無料、梱包資材サービスなど特典を提供してくれる会社も増えてきています。

次の

引越し安い【59%OFFマル秘交渉術】業者のおすすめランキング!単身や家族で激安は?口コミがいいのは?

引越し 安い 口コミ

これから引越しをするなら、やっぱり引越し業者の口コミって気になりますよね。 悪いウワサを耳にした事もあるし、引越し料金がものすごく高いかもしれない… 反対に作業員が丁寧だったとか、引越し料金が安かったなど高評価な意見も 口コミって様々な情報が詰まっていますよね。 今回は売上高・作業件数4年連続No,1のサカイ引越センターにスポットを当てて、実際にサカイ引越センターを利用した人たちの口コミを集めました! 『なるほど、サカイ引越センターはこれが人気の理由なのか』と納得の口コミがたくさん集まりましたよ~。 もちろんポジティブな口コミだけではないので、ネガティブな面も含め引越し業者選びで迷っている人は是非参考にしてみてください。 サカイ引越センター口コミ・評判 まずはピックアップした良い口コミを見てみましょう! 時期 3月 人数 2人 見積金額 9. 1万円 支払い金額 8. 見積もりに来ていただいた営業担当者の対応も、ムダがなくとても丁寧。 3月下旬、忙しい時期の引越しで費用は高めでしたが、様々な要望に応えていただきました。 引越し当日も作業員は実にテキパキと作業にあたり、 プロの仕事と感じる養生や梱包、搬出や搬入など、全て満足できる対応でした。 また引越しの際には、お願いしたいと考えています。 時期 11月 人数 5人以上 見積金額 5. 4万円 支払い金額 5. てきぱきとした作業の早さに毎度驚きます。 大物もしっかり梱包してくれるので安心感もあります。 引越し料金が安いのに、 作業終了後に10分間のサービスもついているので、カーテンと照明の取り付けをお願いしました。 もし次に引越しをする事があれば、またサカイ引越センターにお願いするつもりです。 とにかく営業の人も、作業員たちも仕事がてきぱきとしていました。 運搬時間も正確で、移転先での荷物のやりとりも想定していた時間よりも短く済み、 サカイ引越センターの印象が変わりました。 営業担当者や作業員の働きも気になりますが、ここで注目してほしいのが 引越しをした時期。 人数は2人なのに繁忙期の3月に引越しをしたという口コミと、人数は5人以上なのに閑散期の11月に引越しをしたという口コミでは、後者の方が引越し料金が安いですよね。 もしかしたら5人以上でも2人程度の荷物量しかなかったのかもしれませんが、本当に引越しは 時期によっても金額に差がでるもの。 繁忙期はなかなか予約がとれない時期なので、金額が高くても仕方なく契約をしてしまう人も少なくありません。 予約をとる事すら大変な時期に引越し業者をのんびり探しているヒマはないので、無料でまとめて引越し業者が探せる一括見積もりサイトがオススメです。 さすが大手引越し業者と言っても、中には気持ちよく引越しを終える事ができなかった人たちもいます。 トラブル防止対策にも繋がるかもしれないので、引越し業者の良い部分以外も知っておく事は重要ですね。 時期 9月 人数 単身 見積金額 9. 8万円 支払い金額 9. 私自身、仕事が忙しく引越し業者に連絡できずに時間だけが過ぎました。 家具に詳しい知人にお願いしてパーツを手に入れました。 引越し料金も安くないのにこの対応、 今後サカイ引越センターを利用する事はないと思います。 ただ、繁忙期だったためか、予定の時間よりかなり押してしまい終わる頃には真っ暗になっていました。 当然荷出し終了まで待つ必要があったし、エアコンもなく寒いし疲れました。 また、梱包サービスを頼みましたが、写真立てがぱっくり割れていました。 サカイ引越センターなら有名と安心していましたが、40万円もかかったのに、結構雑な梱包でがっかりでした。 時期 4月 人数 2人 見積金額 8. 5万円 支払い金額 8. 5万円と大台を割ってくれた。 サカイ引越センターの売りである引越しの研修を受けた社員による引越しというのも魅力を感じた。 引越し当日もマンション内の養生から家具や大型の電化製品の搬出入に至るまで 丁寧かつ迅速にやってくれた。 チームワークが乱れたのか、内輪揉めしていたのが残念。 ただ、 指定した時間を大幅に過ぎて来ました。 4月はハイシーズンで大手引越し業者は特に忙しいのは分かりますが、こちらの都合もあるのでその点は印象が悪かったです。 お金を出して時間を指定したのに、全く意味がなかったです。 時期 2月 人数 単身 見積金額 3. 9万円 支払い金額 3. サカイ引越センターさんにも他の引越し業者さんのように 即決でないと安くできないという事は言われましたが…。 でも、見積もりに来てくれた営業の人も、作業員も、とても爽やかで感じが良かったです。 私の作業が遅く荷物を詰めるのまで手伝って下さいましたが早くてキレイでびっくりしました。 慣れていなさそうなメンバーにも丁寧に指示をしていて、 見ていて安心できました。 見積もりの時に来てくれた営業マンも、親切で快く値段交渉にも応じてくれました! 家具のネジの締めすぎが数点見られましたが、サカイ引越センターは総合的に良いところが多かったです。 時期 2月 人数 単身 見積金額 約10万円 支払い金額 6. 最初の見積もり金額は10万円程度だったと思いますが、 他の引越し業者の見積りも取りたいと言うと、営業の人が上司に連絡をして、値下げしてくれました。 当日は前回と同じく時間通りの到着、丁寧な荷運びをしていただきました。 到着時間も遅れなく荷物を運んでもらい、傷一つなく大変満足しています。 時期 1月 人数 4人 見積金額 5. 5万円 支払い金額 5. 作業員さんはベテラン、アルバイトの2名が来てくれて、ベテランの人の手際がとても良く、アルバイトの人も頑張ってくれてスムーズに運搬作業を行ってくれました。 しかし、 営業の人は契約さえすれば良いのか、見積もり時には洗濯機の取り外しも付けると言っていたのに実際は付いておらず、作業員さんにサービスでやってもらいました。 ダンボールの数も足りずに営業の人には不満が残りました。 時期 8月 人数 2人 見積金額 5. 3万円 支払い金額 5. 追加のダンボールをお願いしたところ、数時間で持ってきてくれました。 また、当初は服をハンガーにかけたまま入れるケースを借りませんでしたが、引越し当日に持ってきてくれました。 作業も丁寧でしたし、荷物も少なかったので早く終わりましたが、作業が終わった後、敷地内に止めた車の中でタバコを吸っていたのは気になりました。 契約をしたその日に、引越し用のダンボールをすぐにいただけて助かりました。 また、荷造りのコツやダンボールの組み立て方についての説明もありがたかったです。 当日の作業もとてもスムーズで、部屋に傷がつかないよう、丁寧に作業していただきました。 ただ、 営業の人の押しが強く、他の引越し業者を検討させてもらう事さえできない雰囲気でした。 転勤のための引越しだったのですが、見積もりしてから引越し日まで少し時間を要したのが残念でした。 時期 11月 人数 3人 見積金額 5. 5万円 支払い金額 5. でもカーテンが付きっぱなしの部屋があったのに誰も教えてくれなかった事と、トイレがそのままになっていて トイレのおむつを入れる大きなゴミ箱や、お掃除グッズなどを後々自分で運ばなくてはいけなくてガッカリです。 気付かなかった自分たちも悪いですが、作業が終わったか一通り見てほしかったです。 時期 10月 人数 2人 見積金額 10. 9万円 支払い金額 10. また、当日荷物を搬入したりエアコンを設置してくれた人たちも人当りがよく、 作業が迅速・丁寧でとても良かったです。 ただ、荷物を搬出する作業員が2人いて、指示を出している人は動きにムダがなく、質問にも的確に答えてくれたのですが、もう1人の人は質問しても「聞かないとわからない」という感じで、言われた通りに動いているだけで、あまり慣れていない感じがとても不安でした。 ガラスの置物も2点壊れていました。 サカイ引越センターでは、引越し後に送られてくるアンケートはがきに、引越しで壊れていたものがないか記入する欄があるのですが、記入しても直る訳ではないので無意味な気がしました。 料金的には高すぎず安すぎずで、 相見積もりの時の営業担当者の対応が良かったので決めました。 作業員たちもテキパキ動いてくれてイヤな思いをする事なく引越しできました。 ただ、こちらの落ち度になるのかもしれないですが、引越し先に持っていく必要のない不用品が当初の予定より増えてしまい、その分追加料金が発生しました。 時期 9月 人数 2人 見積金額 30万円 支払い金額 30万円 距離 見積方法 直接引越し業者に依頼 営業担当者、作業員ともに誠実で明るかったのが良かったです。 他社も誠実さは皆さんありますが、サカイ引越センターの営業担当者が1番明るかったのが決め手でした。 ただ、見積もりミスか手配ミスか、 搬出が予定よりだいぶ時間かかってしまいました。 まぁ他の引越し業者さんでも時々そういう事はあるので仕方ないと思いました。 パンダの靴下を見られたのが良かったです。 売上高、作業件数ともに日本一を誇るサカイ引越センターは 金額も作業に関しても評価が高いです。 教育が行き届いていない引越し業者の場合は従業員の印象や応対などに関してのネガティブな口コミがあるので、作業中のトラブルはあったものの、営業担当者や作業員の印象は良いという口コミもあるように接客に関しては他社に比べて高評価と言えます。 他にも、金額が他社より安かったという点でサカイ引越センターに決めたという人も多く、やはり 数社から見積もりをとって比較する事は重要という事。 一括見積もりサイトを活用すれば気になる引越し業者が他社より金額が高くても、他社との比較や値段交渉をする事で 大幅な値引きも狙えるチャンスなのです! ただ、大手引越し業者とは言え、お金を払って指定したにも関わらず 時間通りに来てくれなかったなどの口コミもあります…せっかく安い引越し料金になっても満足できない引越しでは不満を感じてしまいますよね。 『価格が安かったし仕方ない』と納得できれば良いですが、大切な荷物の破損や紛失があればきっと穏やかではいられないと思います。 イヤな気分にならないためにも他社との比較をしっかりする事が重要ですね! サカイ引越センターその他の口コミ まだまだあります、サカイ引越センターの口コミ。 GOOD、BADそれぞれの口コミをまとめたので、参考にしてみてください。 サカイ引越センターGOOD口コミ 見積もりだけの約束だったのに、営業マンの押しが強くて危うく契約しそうに。 契約取らないといけないので必死になるのはわかるけど、、、他社の悪口も聞かされてとても気分が悪くなりました。 サカイ引越センターは 営業マンの押しが強いという口コミが多い印象です。 ただ、私もサカイ引越センターに訪問見積もりに来てもらった事がありますが、そこまで押しの強い営業マンではありませんでした。 営業マンも当日来る作業員も選べないのでイヤな思いをする事もあるかもしれませんが、そこは コールセンターや営業マンの応対も判断材料の一つにしましょう! 他社と比較して決めかねていたけど、最後は営業マンの印象が良かったから決めたという人も少なくありません。 サカイ引越センターの引越し相場料金は少々高め 引越し料金は時期や移動距離など様々な要素によって金額は変ってきます。 そこで同じ条件で各社の引越し相場料金を調べてみると下記のような金額になりました。 でも、サカイ引越センターを引越し料金で選んでいる人たちもいますよね。 相場料金は少し高めですが、条件や交渉次第では 他の引越し業者よりも安く引越しができる事もあります。 ただし、他社にも見積もり依頼をして引越し料金を提示してもらう事が大前提。 サカイ引越センターだけでは本当に1番安いかどうかわかりませんよね! 引越し料金を安くするために重要なのは、最初から引越し業者を決め込まずに 複数の引越し業者から見積りを取って比較検討する事。 CMで有名だからと最初からサカイ引越センターに決め込まず、無料の一括見積もりサイトを活用すると予想以上の引越し費用節約に繋がると思います!

次の