うたコン 司会。 『うたコン』“産休”小郷知子アナの後任に片山千恵子アナ

NHK「うたコン」無観客で生放送 司会の谷原章介「熱く熱くお届け」石井竜也ら熱唱― スポニチ Sponichi Annex 芸能

うたコン 司会

中国・武漢で発生した新型コロナウイルス(武漢ウイルス)の感染予防に伴い、2月25日放送の『うたコン』(NHK大阪ホールから生放送)は、無観客で行われました。 また、3月3日と10日の『うたコン』も同じく無観客で行われるとのこと。 仕方がありませんが、残念です。 ところで『うたコン』の司会は、2016年4月よりこれまで、俳優の谷原章介さんとNHK女性アナウンサーとの2人で務められていました。 女性アナウンサーは以下の方々です。 ・橋本奈穂子アナ(2016年4月~2017年3月) ・小郷知子アナ(2017年4月~2019年10月) ・片山千恵子アナ(2019年11月~2020年3月) 現在は谷原章介さんと片山千恵子アナとのコンビですが、2020年4月より、片山千恵子アナウンサーに変わって 赤木野々花アナウンサーが務めることになったとのこと。 NHK 赤木野々花アナウンサー 赤木野々花アナは、岡山県出身で慶應義塾大学総合政策学部卒業後、2013年にNHKに入局。 徳島放送局、大阪放送局を経て、 2017年度より東京アナウンス室に配属。 「ニュースほっと関西」や「ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ! 」などの番組を担当。 バラみたいにきれいじゃなくても、野に咲く花のように踏まれてもまた咲く、誰にも見られていなくても咲けという意味。 また赤木野々花アナは、ハープ奏者という一面も。 アイリッシュハープを3歳から、グランドハープは小学生からやっていたとのこと。 母がビオラ奏者で、ハープ奏者が羨ましかったようで、物心ついてから毎日3時間演奏したようです。 ちなみに赤木野々花アナの同期には、上原光紀アナや保里小百合アナ、澤田彩香アナなどがいます。

次の

NHK「うたコン」無観客で生放送 司会の谷原章介「熱く熱くお届け」石井竜也ら熱唱― スポニチ Sponichi Annex 芸能

うたコン 司会

東京・渋谷の放送センターで会見に臨んだ谷原は「NHKでは『きょうの料理』で3年間ほどお世話になっており、また別の局で10年ほど4時間半の生番組をやらせてもらっているんですが、歌の番組で生放送というものにすごく緊張しています。 これまであまりご一緒することがなかった演歌・歌謡曲の歌手の方々とも頑張っていきたいと思っています」と意気込みを語った。 俳優としては大河ドラマへの出演歴もあり、料理番組から歌番組までますます活躍の場を広げることになる谷原。 番組は、『NHK歌謡コンサート』の後継番組として、演歌・歌謡曲からさらにジャンルを広げ、生放送・生演奏・生歌唱にこだわってさまざまな音楽を届けていく。 『NHK歌謡コンサート』のメイン視聴者層は60代・70代には新しい世代の音楽を、若い世代には従来からある演歌や歌謡曲の良さを知るクロスポイントとなるような番組づくりを目指す。 谷原は「メディアとしてのテレビの力が落ちていると言われていますが、地方によっては映画館もなく、コンサートも行われず、テレビで『歌謡コンサート』を観るのを楽しみにしていた方もたくさんいらっしゃる。 大都市ではもう一周して、好きなアーティストに釣られてテレビを観るきっかけになればいいなと思う。 番組から大ヒット曲を出したい」と高い目標も掲げていた。 谷原とともに番組を進行するのは、『首都圏ネットワーク』を担当していた橋本奈穂子アナウンサー。 絶対音感の持ち主で、中学・高校では吹奏楽部でテナーサックスを担当していたという。 「子どもの頃から音楽が大好きで、歌にたくさん救われてきました。 すてき歌手の皆さん、すてきな谷原さんとご一緒できることをうれしく思っています。 素晴らしい音楽を皆さんにお届けしていきたいと思います」と抱負を語っていた。

次の

知子日記

うたコン 司会

東京・渋谷の放送センターで会見に臨んだ谷原は「NHKでは『きょうの料理』で3年間ほどお世話になっており、また別の局で10年ほど4時間半の生番組をやらせてもらっているんですが、歌の番組で生放送というものにすごく緊張しています。 これまであまりご一緒することがなかった演歌・歌謡曲の歌手の方々とも頑張っていきたいと思っています」と意気込みを語った。 俳優としては大河ドラマへの出演歴もあり、料理番組から歌番組までますます活躍の場を広げることになる谷原。 番組は、『NHK歌謡コンサート』の後継番組として、演歌・歌謡曲からさらにジャンルを広げ、生放送・生演奏・生歌唱にこだわってさまざまな音楽を届けていく。 『NHK歌謡コンサート』のメイン視聴者層は60代・70代には新しい世代の音楽を、若い世代には従来からある演歌や歌謡曲の良さを知るクロスポイントとなるような番組づくりを目指す。 谷原は「メディアとしてのテレビの力が落ちていると言われていますが、地方によっては映画館もなく、コンサートも行われず、テレビで『歌謡コンサート』を観るのを楽しみにしていた方もたくさんいらっしゃる。 大都市ではもう一周して、好きなアーティストに釣られてテレビを観るきっかけになればいいなと思う。 番組から大ヒット曲を出したい」と高い目標も掲げていた。 谷原とともに番組を進行するのは、『首都圏ネットワーク』を担当していた橋本奈穂子アナウンサー。 絶対音感の持ち主で、中学・高校では吹奏楽部でテナーサックスを担当していたという。 「子どもの頃から音楽が大好きで、歌にたくさん救われてきました。 すてき歌手の皆さん、すてきな谷原さんとご一緒できることをうれしく思っています。 素晴らしい音楽を皆さんにお届けしていきたいと思います」と抱負を語っていた。

次の