洗剤 が 汚れ を 落とす メカニズム。 水垢と湯垢の見分け方と落とす順番!超簡単に汚れを落とす秘策も

洗濯方法の基本! プロが教えるこれだけ知っておけば家での洗濯が上手になる方法まとめ!

洗剤 が 汚れ を 落とす メカニズム

アルカリで油を落とす仕組み 【3】 アルカリで油を落とす仕組み ver. 20160513A 洗浄の「酸・アルカリ中和説」では、油は酸性汚れだからアルカリで中和すればよいと説明されます。 この説、一部分は合っていますが大部分が間違っています。 その間違いの元は「油は酸性の汚れ」という部分に起因します。 1 油の種類 油と一言でいっても、実は様々な種類のものが存在します。 化学の世界ではトリグリセリドと呼ばれ、より正確にはトリアシルグリセロールと呼ばれます。 洗浄関連では食品汚れの中の油汚れがこの部類に属します。 健康関連の分野では、体内に存在するこの成分を中性脂肪と呼んでいます。 酸性、アルカリ性の尺度で分類すると中性に属することになります。 油脂は3つの脂肪酸と1つのグリセリンが結合したものです。 この脂肪酸は皮脂汚れの中に多く含まれています。 主に石油から取り出されるもので、その性質は石油の性質を受け継いでおり、非常に水に混ざり合いにくいのが特徴です。 化学的な反応も起きにくいので漂白剤も効きにくく、衣類に付着した場合ちょっと厄介な汚れになってしまいます。 2 酸性の油は脂肪酸 上記の中で、酸性汚れと言う事のできる汚れは脂肪酸だけです。 脂肪酸はアルカリ成分と接触すると、直ちに石けんに変わってしまいます。 現在流通している大部分の石けんはこの反応を利用して製造されていますが、この反応は中和反応と呼ばれます。 よって、油汚れの中の脂肪酸汚れにアルカリを作用させると、脂肪酸は石けんに変わってしまいます。 脂肪酸は水に溶けにくいのですが、石けんになると非常に水に溶けやすくなるため、簡単に除去できるようになります。 たとえば、脂肪酸汚れには炭酸ナトリウムやセスキ炭酸ナトリウムは勿論のこと、重曹のような弱いアルカリ剤でも石けんに変わってしまい除去が容易になります。 この脂肪酸をアルカリで除去するという操作は、まさに酸性の油汚れをアルカリで中和して除去するという説明に合致します。 しかし、この脂肪酸汚れが含まれているのは皮脂汚れ程度です。 油脂・脂肪汚れの中にも僅かに含まれてはいますが、量的に無視できる程度のものです。 台所の油汚れとして問題になる食用油には殆ど含まれていないと考えたほうが妥当です。 洗浄の「酸・アルカリ中和説」での油汚れといえば、主として台所の食用油等が対象としてよく取り上げられていますが、これらは中和反応で落ちる油ではないのです。 中和反応とそうではないものとの違いですが、酸をアルカリで中和してやる反応であれば、弱いアルカリでも量的に十分なアルカリを作用させれば反応が進みます。 しかし、中和ではない反応の場合、弱いアルカリでは反応が起こらず、反応を進めるためには強いアルカリが必要だといった場面があるのです。 3 油脂・脂肪汚れの除去 動植物油脂であるトリグリセリドに対するアルカリの効果は脂肪酸に対する中和反応とは大きく異なるものとなります。 具体的には、アルカリの中でも、水酸化ナトリウムや水酸化カリウムなどの強いアルカリ剤では反応が進みますが、重曹やセスキ炭酸ソーダなどの弱いアルカリ剤では反応がほとんど進みません。 トリグリセリドにはエステル結合と呼ばれる部分があるのですが、強いアルカリを作用させると、この結合が切れて加水分解と呼ばれる反応が進むのです。 水酸化ナトリウム等の強いアルカリを動植物油脂に反応させると、石けんとグリセリンが生成されますが、この時の化学反応はケン化(鹸化)と呼ばれるものです。 石けん製造のための古くから存在する技術ですが、エネルギー効率の悪さから、最近では中和法が主流になっています。 強いアルカリ洗剤の主な目的の一つが、しつこい油汚れをこのケン化反応を利用して除去しようというものです。 古くなった油汚れは、油同士が横つながりの結合が生じてしまい、かたくなって除去が困難になりますが、内部に存在するエステル結合を強アルカリで切断してやると簡単に除去できるようになります。 実際、トリグリセリドは強い酸性条件下でも分解されます。 エステル結合の中の炭素に、電子対を有していない空の軌道があります。 つまり、トリグリセリドは酸・塩基反応のルイス酸として作用する構造を持っています。 強いアルカリ性条件下では、水酸化物イオンが電子対を与えるルイス塩基として作用し、酸塩基反応が進行することになってケン化が進みます。 一方、強い酸性条件化では水分子が電子対を与えるルイス塩基として作用します。 但し、酸性条件下ではエステル結合が分解する反応とエステル結合が形成される反応のどちらもが起こり得るので、たっぷりの水分子を供給してやることによって分解の反応が進むことになります。 いずれにしましても、油脂・脂肪(トリグリセリド)は強いアルカリによって分解されますが、これは中和反応ではありません。 また油脂・脂肪自体も酸性の物質ではありません。 この背景を知っておくと、弱いアルカリである重曹には油脂汚れを除去する力が非常に弱い点等を理解することができます。 4 炭化水素系汚れにはアルカリの効果は期待できない 鉱油系の炭化水素汚れにはアルカリ剤の効果は殆ど期待できません。 鉱油系汚れの除去にはベンジンなどの有機溶剤を用いるか、或いは界面活性剤を濃度の高い状態で用いてやるなどの対処法が求められます。 もともと「酸・アルカリ中和説」の油汚れには含まれていないのかもしれませんが、油の中にも酸やアルカリの効果が期待できない油汚れもあるのだということは知っておく必要があるでしょう。 また、炭化水素汚れは除去しにくい汚れだと言いましたが、実はケースバイケースで状況は大きく変わります。 機械油といってもサラサラタイプの油が硬質表面に付着している場合、水のスプレーだけでも結構効率よく除去することが可能です。 衣類に付着したサラサラの機械油も、素材が木綿やレーヨンなどであれば濃い洗剤を付けて揉んでやると比較的簡単に除去できます。 但し、グリース状になると非常に厄介な汚れになります。 グリースは鉱油と金属石けん(石けんとカルシウムイオンを反応させたもの)を混合したもの等が良く用いられていますが、これには水系洗浄ではお手上げ状態になります。 界面活性剤を使っても除去は困難です。 有機溶剤+機械力で除去する等の手段が求められますが、当然これらの汚れにアルカリ剤や酸剤は効果が期待できません。

次の

実はこんなメカニズム!ガラスの水垢が頑固なわけとお掃除方法|生活110番ニュース

洗剤 が 汚れ を 落とす メカニズム

しっかり水拭きしたはずのガラスに、いつの間にかうろこ状の水垢が付着していることはありませんか?せっかくきれいに掃除したのに、水垢がついている状態だとあまり清潔には見えませんね。 とくに、鏡に水垢が付着していると、使い勝手も悪化してしまいます。 ガラスの水垢を取り除くには、ただ雑巾などで水拭きするだけではいけません。 しっかり洗剤などの道具などを使用しないと、ガラス自体を傷つけるだけに終わる危険性さえあります。 逆にいえば、道具を有効活用すれば簡単に水垢を除去することができるでしょう。 そこで今回は、頑固なガラスの水垢を落とす方法を紹介していきます。 なぜ水垢が発生するのか、そしてどうすれば水垢の発生を防げるのかについても解説しているので、水垢でお困りの方は参考にしてくださると幸いです。 ガラスに水垢がつく原因 まず疑問として出てくるのは、なぜ水拭きしたガラスに水垢があらわれるのか、ということでしょう。 拭いてもなかなか落ちない頑固さも、理由が気になるところです。 ではまず、ガラスに水垢が発生する原因について解説していきましょう。 頑固な水垢が作られるメカニズム 普段皆さんが使っている水道水には、カルシウムやマグネシウムといったミネラル成分が含まれています。 水が乾燥するとミネラル成分だけが残るのですが、濡れたり乾いたりを繰り返すことでそれらが蓄積されていき、やがて水垢になるのです。 カルシウムやマグネシウムといったミネラル成分は、金属元素の1種となります。 ですので、水垢とはいうなれば金属の塊のようなものなのです。 そのため、ただスポンジで力任せに擦ったり中性洗剤で洗ったりしても、なかなか取り除くことができません。 地域別に水垢の発生率が違う? 水道水に含まれているミネラル成分が多いと、その分水垢も付着しやすい傾向があります。 このミネラル成分がどれだけ含まれるのかは、各地域の水道水の水源地によって変わってくるのです。 たとえば地下水を水源にしている地域の水道水は、ミネラル成分が多いと考えられるでしょう。 沖縄県や千葉県の水道水はミネラル成分が多いので、水垢がつきやすくなっています。 逆に愛知県や広島県の水道水はミネラルの成分が少ないため、水垢がつきにくいといわれているのです。 ミネラル成分の量は「硬度」の高さで知ることができるので、一度自分の地域の水質を確認してみるのもよいかもしれません。 お掃除の心強い味方!クエン酸で水垢掃除が簡単に それでは、どうすればガラスの水垢をきれいに除去することができるのでしょうか。 じつは、簡単に入手できる 「クエン酸」という粉末を用いることで、簡単に水垢を取り除き、きれいなガラスを取り戻すことができます。 クエン酸とは、柑橘系の果物などに含まれている酸性の成分のことです。 摂取することで疲労回復や老化予防などの効果があるだけでなく、水垢の除去やトイレの消臭など、掃除にも活用することができる便利な道具なのです。 クエン酸で水垢を除去しよう クエン酸で水垢の掃除をおこなうなら、まず「クエン酸スプレー」を作るところから始めましょう。 作り方は簡単で、小さじ半分のクエン酸を約100mlの水で溶かし、100円ショップなどで購入できるスプレーボトルに入れれば完成です。 水垢の主成分はカルシウムなのですが、これは酸と反応することで水に溶けやすくなるという特徴があります。 そのため、弱酸性のクエン酸スプレーを吹きかけてみると、スポンジで軽くこするだけで簡単に落とせるようになるのです。 より効果的にクエン酸の効果を発揮したい場合は、クエン酸スプレーを噴射した箇所にキッチンペーパーを張り付け、その上にさらにスプレーを吹き付けましょう。 そのまま1時間ほど放置してからキッチンペーパーを取り除けば、水垢は驚くほど落ちやすくなっているはずです。 なお、クエン酸スプレーの使い道は、水垢掃除だけではありません。 トイレの黄ばんだ汚れを落としたり、カーテンなどの布製品を消臭したりする際にも役立ちます。 クエン酸は非常に便利な掃除道具になり得るので、ご家庭に常備しておくのもよいでしょう。 niwaQ 除菌もできるクエン酸クリーナー 400ml クエン酸を使うときの注意点 ガラスの水垢を落とす際に重宝するクエン酸ではありますが、使い方を誤ると浴槽の損傷などの被害が起きかねません。 思わぬアクシデントを発生させないためにも、以下のような点には気を付けておくようにしましょう。 大理石には使わない 水垢の除去や臭い取りの際に活躍できるクエン酸ですが、アルミや大理石に使用してはいけないことを留意しておきましょう。 これらは酸性なので、アルカリ性のクエン酸が付着すると、傷ついたり変色が起きたりして、見た目が悪くなってしまうからです。 「混ぜるな危険」にご用心! 塩素系の洗剤には、必ずといっていいほど「混ぜるな危険」の表記があります。 これは、酸性の洗剤と混ぜると有毒のガスが発生し、死亡事故が起こる危険性があるからです。 クエン酸も酸性なので、塩素系の洗剤と併用するのは絶対に避けるようにしましょう。 ほかにもあります、水垢を落とす方法 水垢掃除に活用できる身近な道具は、クエン酸だけではありません。 酸性の洗剤を使って掃除するのも当然問題ないのですが、以下のような道具を使って水垢掃除をしてみるのもよいでしょう。 新聞紙 新聞紙を用いることでも、ガラスの水垢をきれいに拭きとることができます。 新聞紙に使用されているインクには水垢を取り除く効果があるのです。 さらにインクが薄い膜を作ることによって、水垢がつきにくくなるという副次効果もあります。 新聞紙の使い方ですが、水で新聞紙を濡らした後に、濡らした新聞紙で窓ガラスや鏡を拭き、その後に乾いた新聞紙でもう一度拭き取るだけです。 この方法だと家にある新聞を使うだけなので、とてもお手軽ですね。 お酢 手元にクエン酸がない場合、お酢を活用することでも水垢掃除をおこなうことが可能です。 お酢と水を1:1の割合で混ぜたお酢スプレーを、クエン酸スプレーのときと同じ要領で使用すれば、水垢を楽に落とすことができるはずです。 ただし、調味料などが含まれている「調味酢」を掃除に使うのはおすすめできません。 調味料がべたつきの原因になってしまうため、水垢とは別の問題が発生してしまうからです。 水垢掃除には、穀物酢やホワイトビネガーを使うとよいでしょう。 水垢を予防するためにできること ここまでガラスの水垢を取り除く方法を解説しましたが、水垢が出てくる度にクエン酸などで掃除をおこなうのが面倒だという方もいるでしょう。 この項目では、ガラスに水垢が付着するのを未然に防ぐ方法について紹介していきます。 汚れや水滴はすぐに拭き取る 水垢を発生させないためには、細かな掃除をするのがよいでしょう。 洗面所の鏡やお風呂場のガラスが汚れやすいのは、石鹸に含まれているカルシウムとマグネシウムが洗い流したときにガラスに付着し、それが水垢となるからです。 身体を洗った後は、しっかりと石鹸やシャンプーを洗い流し、水滴はすぐに拭き取るようにしましょう。 薬剤を使用する より効果がある水垢予防は、曇り止めや撥水剤を使用することです。 水垢のつきやすい鏡やガラスにこれらを使ってコーティングすれば、水をはじいてくれます。 水垢が発生する原因の多くは表面に付着した水滴なので、水をはじくようになれば水垢も出なくなるのです。 もしかしたら水垢ではなく酸焼けかも? クエン酸や酸性洗剤を使っても水垢が取れないと、困っている方も中にはいるかもしれません。 強力な洗剤でも落ちないとしたら、もしかしたらそれは水垢ではない可能性も考えられます。 その汚れは窓ガラスに起きやすい「酸焼け」という症状かもしれないのです。 酸焼けとは、ガラスに強い酸やアルカリが付着することで起こります。 これによって白い筋のような汚れが出てくることがあるのですが、その汚れを水垢と勘違いしてしまっているのかもしれません。 可能性は低いですが、可能性のひとつとして考えておきましょう。 もし酸焼けを起こしていると思ったら、何もしないで業者に相談するのをおすすめします。 酸焼けの修理はプロでないと難しく、素人が無理に手を加えようとすると、かえってガラスを傷つける結果に終わりかねないからです。 まとめ 朝から水垢だらけの鏡やガラスを見ていると、気が滅入ってしまうかもしれません。 1日の始まりを快適に迎えるためにも、こまめな水垢掃除は必要なのです。 クエン酸や新聞紙を駆使して、ガラスをピカピカに磨き上げてあげましょう。 ですが、もしクエン酸や酸性洗剤でも汚れが落ちないときは、水垢ではなく酸焼けを疑った方がいいかもしれません。 どうやっても水垢が取れないときは、一度ガラス業者に相談し、酸焼けかどうかを調べてもらうのがよいでしょう。 ガラス修理・交換を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。 (この記事は2018年12月06日に加筆・修正しています).

次の

なぜ汚れを落とすのに洗剤を使うの? | メンテナンスクリーニングのオフィスねこの手

洗剤 が 汚れ を 落とす メカニズム

ご家族の毎日のお食後の洗い物で食器やフライパンの汚れを落とすために使う洗剤。 その洗剤って、汚れを落とすもの、なんて割と誤解されていませんか?実は洗剤が汚れを直接落としているのでは無いのです。 アナタがご家族のお料理の後で 洗い物の時に使う台所用洗剤。 洋服や衣類を洗濯する時に使う 洗濯用洗剤。 外出先から帰った際や お掃除の後で使う 石鹸、ハンドソープ。 これらは全て洗剤です。 アナタに質問します。 「汚れを落とすためになぜ洗剤を 使うのでしょう?」 アナタはこんな風に 思ってませんか? 「そりゃ、洗剤が汚れを落とすからでしょ?」 そう、そう誤解されても無理ありません。 誰もがイメージしやすくて 説明しやすいからです。 『なぜ汚れを落とすのに洗剤を使うのか?』 それは、冷たい水やお湯の水の洗浄力で 汚れを流し落としやすくするために 洗剤の力を使うのです。 洗剤は(食器や調理器具など)対象物の 油汚れの表面に洗剤の界面活性剤に 吸着して対象物から汚れを浮かせ 分離させて剥がし落とす助けをする 洗い流す前の 補助的な役割をする 液体または固体の 洗浄液です。 要は、洗剤自体そのものが 直接汚れを落とすのではない ということです。 では、更にもう少し つっこんだ疑問へ進みましょう。 この画像は1年以上は全く掃除されたことが無いレンジフードの中で回転するファンの画像です。 よくあるTVショッピングのCMのように〇〇スチームクリーナーだけではキレイに落ちません。 少ーし化学的な小難しい説明になりますが 頑張ってついてきて下さいね(笑) 水は食塩のように 似たものを溶かす性質があります。 ここでの似たものは分子構造のことです。 水は食塩のようにイオン結合 (科学元素の陽イオンと陰イオン間で の静電引力による科学的結合)で 結びついてる物質をよく溶かします。 これは、 水分子に 電気的な偏りがあるためです。 砂糖やエタノールも水によく 溶けます。 似たもの同士はよく溶ける、 ということです。 一方、油はイオン性の無い共有結合で できた分子なので、水には溶けません。 アナタが普段よく使う 食用油や 石油のような物質は 分子に電気的な偏りが無いので 溶けないのですね。 上記の文中で説明に引用した 参考文献: 杉山美次 著 齋藤勝裕 著 さて、ここで洗剤に含まれる 界面活性剤について説明していきます。 汚れを落とすために界面活性剤が 非常に重要な役割を果たします。 私たちが美味しい餃子を食べる時 より美味しく味わうために 餃子用のタレを作りますよね? そのタレは 小皿にしょう油とラー油を入れて 食酢(お酢)を加えてよく混ぜます。 界面活性剤は この食酢の役割をしているのです。 水と油が混じり合わない理由は 上の部分でご説明しました。 その本来混じり合わない 反発する水と油の液体同士の間に 入り込んで仲を取り持つのが 界面活性剤です。 洗剤に含まれる界面活性剤分子の中に 水分子と親しみやすい親水基と 油分子と親しみやすい親油基を 同士に持っています。 つまり、界面活性剤分子は お湯に接する面には親水基を向けて 油汚れに接する面には親油基を向けて 互いを繋ぎ止める作用があるのです。 賢いアナタは 私がどう締めくくりたいか もうお分かりですね。 このブログタイトルの 『なぜ汚れを落とすために 洗剤を使うのか?』の答えは 油汚れとお湯を互いに結びつける 役割をする界面活性剤が 洗剤に含まれているから なのですね。 この画像は当社が施工したレンジフードのファンを洗浄クリーニング施工後の画像です。 洗剤とお湯を上手に活用すると、アルミ製のファンに光沢が出るくらいまでキレイに仕上がります。 本来ならすでに理由を 解説し切ちゃったので終わりですが 最後に洗剤が汚れを落とすメカニズムを 少しだけ簡単に解説して終わりましょう。 油汚れの界面に張りつく力が低下して 固体の油汚れがくびれて、 球状になって対象物から脱落して 巻き上げられる力(ローリングアップ)と 乳化作用(洗剤水溶液中に油汚れを 包み込んで安定する作用)で 汚れが剥がれ落ちていきます。 さらに、界面活性剤の 再汚染防止作用によって 一度取れた汚れが 対象物へ再びくっつかなくなります。 上記の文中の説明で引用した 参考文献: 阿部正彦 坂本一民 福井 寛 共著 これからもアナタに役立つような 情報を配信し続けていきます。 皆さま、初めまして。 当社オフィスねこの手の 代表 山下晴重と申します。 よろしくお願いいたします。 ハウスクリーニングに どういったイメージをお持ちですか? ご自分で落とせない汚れだけ 落としてさっさと帰る お掃除屋さん、 と思われていませんか? 当社は、もしかしたら アナタがこれまでに ご利用された他社さんや 漠然とイメージをされていた ハウスクリーニングとは、 全く異なるものかも知れません。 当社は、 いつでも安心な価格体系や サービスの内容を ご利用されるアナタのために 分かりやすさにこだわっています。 ご利用されるアナタに 分かりやすくなければ 意味がありません。 サービスの価値とは お客様である、アナタのために あるものです。 アナタのおウチのお掃除で お困りな事は何でも お気軽にご相談下さい。 どのような些細な事でも 親切・丁寧にお答えします。

次の