給料ファクタリング 危険。 【給料ファクタリングは闇金!?】特徴やメリット・デメリットを徹底解説!

給料ファクタリングの七福神は闇金?とても怪しいので調べてみました

給料ファクタリング 危険

給料ファクタリングとは 法人から売上債権を買い取り、現金化に対応する金融取引がファクタリングです。 一般的に資金繰りが厳しい企業がファクタリングを利用し、売掛債権の売却で早く現金を調達します。 そして会社で働く社会人が賃金を現金化できるよう、複数の業者が提供するサービスが給料ファクタリング。 スマホから簡単に申し込める業者が多く、給料日よりも前に現金を手に入れられるのがメリットです。 給料債権の買い取りであるため、消費者金融を利用できないブラックでも給料を限度額として借金できます。 ただ、給料ファクタリングは手数料がかなり高く、利用者が不当に損する事例が少なくありません。 どのようにして業者は給料を現金化するのか、給料ファクタリングという手口について詳しく見てみましょう。 給料の前借りを勧誘 給料債権を買い取りたい業者はホームページやSNSなどで給料ファクタリングを宣伝します。 例えば「給料ファクタリング」でネット検索すると、以下のようにアピールする業者が多数いるもの。 借金ではないから利息は発生せず、返済で生活を圧迫しない• カードローンや消費者金融とは異なり、ブラックでもOK• 社会保険に加入している人なら誰でもサービスを利用可能 また、業者がSNSで「即日振込」「他店で断られた人もOK」などと発信して、さまざまなユーザーに給料ファクタリングを勧誘。 そして電話やメールでお問い合わせがきたら、業者は手続きを始めます。 希望者を審査して契約 給料ファクタリングでは給料を買い取る必要がある以上、業者は希望者を審査します。 もしあなたが給料ファクタリングを申し込んだ場合、審査のために以下にある書類の提出を求められるのです。 顔写真付きの本人確認書類(運転免許証など)• 保険証(社会保険)• 最近受け取った数カ月分の給料明細(または給料振込が記載された通帳のコピー) これらの書類を参考にして、業者は希望者から給料債権を買い取れるか判断。 もし給料ファクタリングが可能であれば、希望者に給料債権の買い取りについて記載した契約書を送信します。 手数料を引いた資金を振込 給料の前借りを希望した人は業者の契約書を承諾することで、給料額から手数料を引いた資金が振り込まれます。 実際には振込手数料も引かれるため、15万円ほどの資金が入金されるもの。 ほとんどの業者は即日振込に対応していて、営業日の19時までに申し込めば当日に資金が振り込まれる場合もあります。 お金に余裕がない人が困らないよう、申込みから入金まで時間はあまりかかりません。 給料日に利用者が支払い 給料ファクタリングで前借りした利用者は期日までに給料全額を業者に支払うことが必要です。 返済期日は給料日から数日以内であることが多く、分割払いは基本的に認められません。 もし期日までに給料を業者に支払わなければ、業者が利用者に支払いを催促します。 場合によっては利用者が働く会社に連絡する業者もいるため、支払いから逃れるのは難しいです。 給料ファクタリングの違法性 「給料を前借りするだけなら安全では?」と思った人はいるでしょう。 ただ、給料ファクタリングの実態は高利貸しと同じであり、出資法や利息制限法に違反しているパターンがよくあります。 出資法では年109. 違法な金利である給料ファクタリングは数多くあり、法律上では利用者が給料全額を業者に支払う必要はありません。 給料ファクタリングが危険な理由 「上限金利を守って給料を前借りさせてくれる業者もいる」と考える人は少なからずいます。 出資法が認知されている今では手数料を調整して、低金利を約束する業者も複数いるもの。 ただ、金利が違法でなくても給料ファクタリングには危険性があり、業者から給料を前借りするのは避けるべきです。 給料ファクタリングが危険な理由は主に3つあります。 手数料が割高• 取り立てで会社にバレる• 自宅に嫌がらせされる それぞれの理由について詳しく見てみましょう。 手数料が割高 給料ファクタリングの手数料は給料により変動して、給料が少なくなるほど手数料が割高になります。 例えば、日経新聞の給料ファクタリング記事には以下のような事例が掲載。 10万円が振り込まれ、1か月後に手数料を含む15万円を返済• 6万円を借りて1か月後に13万円の返済を続けて自己破産 業者から給料を前借りすることで自分の取り分は少なくなり、より生活に余裕が無くなってしまいます。 「お金がないから」という理由で給料ファクタリングに頼るのはかなり危険です。 参考: 取り立てで会社にバレる もし資金の余裕がなくて業者に返済できなかった場合、利用者は給料債権を厳しく取り立てられます。 電話やメールで何度も催促されるほか、暴言や恫喝の被害にあうリスクも大きいです。 実際に日本ファクタリング業協会の相談事例には「会社に取引内容を告知して嫌がらせされた」「19時までに返済しないと会社に連絡」というケースが紹介されています。 給料の前借りで会社が取り立てられると、自分の信用を失って退職を迫られるリスクがあること。 安定して会社で働き続けるには給料ファクタリングを利用しないことが重要です。 j-factoring. ファクタリング業協会の相談事例には「マンションのドア、掲示板に張り紙をされた」という場合もあること。 周囲の人たちに借金の滞納をバラされることで、世間体や人間関係が悪化する可能性が高いです。 何も対策しなければ悪徳業者から追い詰められて、精神的に苦しみ続けることになります。 悪質な給料ファクタリング業者の対処法 「給料の前借りで被害にあわないか心配」と思った利用者はいるかもしれません。 もし給料ファクタリングに手を出してしまったときは、以下にある3つの方法で対処しましょう。 給料を振り込まない 給料ファクタリングを提供する業者は、高金利や無登録営業などで法律に違反している可能性が高いです。 違法な業者から不当に損しないために、自分の給料を支払うのはやめましょう。 出資法に違反した契約は無効となり、利用者が給料を支払わなくても法律上は問題ありません。 もし業者から給料の支払いを催促されても、連絡を無視して振り込まないことが重要です。 業者と連絡しない 悪質な業者は何とか利用者から給料を徴収するために、脅しや暴言で取り立てます。 支払い催促で嫌な思いをしないためには、業者との連絡手段をブロックすることがオススメです。 例えば、電話の場合は登録外番号着信拒否機能により、業者からの電話をすべて拒否できます。 メールであれば迷惑メール機能を利用したり、スパムメールとして報告したりするのが有効です。 法律事務所で相談する 返済しないことで自宅や勤務先に嫌がらせされて、精神的苦痛を受けている人はいるかもしれません。 もし業者からの嫌がらせが止まらない場合、法律事務所で相談しましょう。 法律事務所に債務整理を依頼することで、業者からの取り立てや嫌がらせを対策できます。 また、違法な業者は摘発を避けるために法律の専門家と関わった利用者を避ける傾向です。 安全にお金を調達する方法 「給料を前借りしないと生活できない」と悩んでいるときは信頼できる金融機関などを利用しましょう。 以下にある3つの方法により誰でも安全にお金を調達できます。 消費者金融を利用する• キャッシングを申し込む• 社会福祉協議会に相談する それぞれの方法について簡単に解説します。 消費者金融を利用する 銀行のカードローンに比べて審査のハードルが低く、お金を借りやすいのが消費者金融です。 消費者金融であれば収入の少ない人でもお金を借りられて、生活に必要な資金を確保できます。 利息制限法により利息が高額にならないから、給料ファクタリングよりも返済負担は少ないもの。 一部の消費者金融では即日融資にも対応しているから、すぐにお金が欲しい人も安心です。 キャッシングを申し込む クレジットカードを持っている人は、キャッシングでお金を調達しましょう。 審査が比較的緩い信販系であれば利用するハードルは低く、収入が少ない人でもキャッシング枠を得られます。 社会福祉協議会に相談する 「消費者金融やキャッシングすら利用できない」と悩んでいるときは、社会福祉協議会に相談することがオススメです。 担当者に収入状況などを伝えることで生活福祉資金を借りられる場合があります。 社会福祉協議会から借りたお金の金利は年1. 生活するためのお金に困っている人はお近くの社会福祉協議会に訪問しましょう。 まとめ 社会人に給料を前借りさせて、後日に給料全額を支払わせる手口が給料ファクタリングです。 利用者にかなり高額な手数料を要求する違法業者が多く、嫌がらせなどの被害を受ける人が大勢います。 もし生活するためのお金に困っているときは、消費者金融や社会福祉協議会を活用することがオススメです。 また、悪質業者からの取り立てに悩んでいるときは法律事務所に相談しましょう。 おすすめコラム• コラム一覧 相談・解決• 取り立て対策• 返済停止• 闇金の手口•

次の

給料ファクタリングの七福神は闇金?とても怪しいので調べてみました

給料ファクタリング 危険

給料ファクタリングとは 法人から売上債権を買い取り、現金化に対応する金融取引がファクタリングです。 一般的に資金繰りが厳しい企業がファクタリングを利用し、売掛債権の売却で早く現金を調達します。 そして会社で働く社会人が賃金を現金化できるよう、複数の業者が提供するサービスが給料ファクタリング。 スマホから簡単に申し込める業者が多く、給料日よりも前に現金を手に入れられるのがメリットです。 給料債権の買い取りであるため、消費者金融を利用できないブラックでも給料を限度額として借金できます。 ただ、給料ファクタリングは手数料がかなり高く、利用者が不当に損する事例が少なくありません。 どのようにして業者は給料を現金化するのか、給料ファクタリングという手口について詳しく見てみましょう。 給料の前借りを勧誘 給料債権を買い取りたい業者はホームページやSNSなどで給料ファクタリングを宣伝します。 例えば「給料ファクタリング」でネット検索すると、以下のようにアピールする業者が多数いるもの。 借金ではないから利息は発生せず、返済で生活を圧迫しない• カードローンや消費者金融とは異なり、ブラックでもOK• 社会保険に加入している人なら誰でもサービスを利用可能 また、業者がSNSで「即日振込」「他店で断られた人もOK」などと発信して、さまざまなユーザーに給料ファクタリングを勧誘。 そして電話やメールでお問い合わせがきたら、業者は手続きを始めます。 希望者を審査して契約 給料ファクタリングでは給料を買い取る必要がある以上、業者は希望者を審査します。 もしあなたが給料ファクタリングを申し込んだ場合、審査のために以下にある書類の提出を求められるのです。 顔写真付きの本人確認書類(運転免許証など)• 保険証(社会保険)• 最近受け取った数カ月分の給料明細(または給料振込が記載された通帳のコピー) これらの書類を参考にして、業者は希望者から給料債権を買い取れるか判断。 もし給料ファクタリングが可能であれば、希望者に給料債権の買い取りについて記載した契約書を送信します。 手数料を引いた資金を振込 給料の前借りを希望した人は業者の契約書を承諾することで、給料額から手数料を引いた資金が振り込まれます。 実際には振込手数料も引かれるため、15万円ほどの資金が入金されるもの。 ほとんどの業者は即日振込に対応していて、営業日の19時までに申し込めば当日に資金が振り込まれる場合もあります。 お金に余裕がない人が困らないよう、申込みから入金まで時間はあまりかかりません。 給料日に利用者が支払い 給料ファクタリングで前借りした利用者は期日までに給料全額を業者に支払うことが必要です。 返済期日は給料日から数日以内であることが多く、分割払いは基本的に認められません。 もし期日までに給料を業者に支払わなければ、業者が利用者に支払いを催促します。 場合によっては利用者が働く会社に連絡する業者もいるため、支払いから逃れるのは難しいです。 給料ファクタリングの違法性 「給料を前借りするだけなら安全では?」と思った人はいるでしょう。 ただ、給料ファクタリングの実態は高利貸しと同じであり、出資法や利息制限法に違反しているパターンがよくあります。 出資法では年109. 違法な金利である給料ファクタリングは数多くあり、法律上では利用者が給料全額を業者に支払う必要はありません。 給料ファクタリングが危険な理由 「上限金利を守って給料を前借りさせてくれる業者もいる」と考える人は少なからずいます。 出資法が認知されている今では手数料を調整して、低金利を約束する業者も複数いるもの。 ただ、金利が違法でなくても給料ファクタリングには危険性があり、業者から給料を前借りするのは避けるべきです。 給料ファクタリングが危険な理由は主に3つあります。 手数料が割高• 取り立てで会社にバレる• 自宅に嫌がらせされる それぞれの理由について詳しく見てみましょう。 手数料が割高 給料ファクタリングの手数料は給料により変動して、給料が少なくなるほど手数料が割高になります。 例えば、日経新聞の給料ファクタリング記事には以下のような事例が掲載。 10万円が振り込まれ、1か月後に手数料を含む15万円を返済• 6万円を借りて1か月後に13万円の返済を続けて自己破産 業者から給料を前借りすることで自分の取り分は少なくなり、より生活に余裕が無くなってしまいます。 「お金がないから」という理由で給料ファクタリングに頼るのはかなり危険です。 参考: 取り立てで会社にバレる もし資金の余裕がなくて業者に返済できなかった場合、利用者は給料債権を厳しく取り立てられます。 電話やメールで何度も催促されるほか、暴言や恫喝の被害にあうリスクも大きいです。 実際に日本ファクタリング業協会の相談事例には「会社に取引内容を告知して嫌がらせされた」「19時までに返済しないと会社に連絡」というケースが紹介されています。 給料の前借りで会社が取り立てられると、自分の信用を失って退職を迫られるリスクがあること。 安定して会社で働き続けるには給料ファクタリングを利用しないことが重要です。 j-factoring. ファクタリング業協会の相談事例には「マンションのドア、掲示板に張り紙をされた」という場合もあること。 周囲の人たちに借金の滞納をバラされることで、世間体や人間関係が悪化する可能性が高いです。 何も対策しなければ悪徳業者から追い詰められて、精神的に苦しみ続けることになります。 悪質な給料ファクタリング業者の対処法 「給料の前借りで被害にあわないか心配」と思った利用者はいるかもしれません。 もし給料ファクタリングに手を出してしまったときは、以下にある3つの方法で対処しましょう。 給料を振り込まない 給料ファクタリングを提供する業者は、高金利や無登録営業などで法律に違反している可能性が高いです。 違法な業者から不当に損しないために、自分の給料を支払うのはやめましょう。 出資法に違反した契約は無効となり、利用者が給料を支払わなくても法律上は問題ありません。 もし業者から給料の支払いを催促されても、連絡を無視して振り込まないことが重要です。 業者と連絡しない 悪質な業者は何とか利用者から給料を徴収するために、脅しや暴言で取り立てます。 支払い催促で嫌な思いをしないためには、業者との連絡手段をブロックすることがオススメです。 例えば、電話の場合は登録外番号着信拒否機能により、業者からの電話をすべて拒否できます。 メールであれば迷惑メール機能を利用したり、スパムメールとして報告したりするのが有効です。 法律事務所で相談する 返済しないことで自宅や勤務先に嫌がらせされて、精神的苦痛を受けている人はいるかもしれません。 もし業者からの嫌がらせが止まらない場合、法律事務所で相談しましょう。 法律事務所に債務整理を依頼することで、業者からの取り立てや嫌がらせを対策できます。 また、違法な業者は摘発を避けるために法律の専門家と関わった利用者を避ける傾向です。 安全にお金を調達する方法 「給料を前借りしないと生活できない」と悩んでいるときは信頼できる金融機関などを利用しましょう。 以下にある3つの方法により誰でも安全にお金を調達できます。 消費者金融を利用する• キャッシングを申し込む• 社会福祉協議会に相談する それぞれの方法について簡単に解説します。 消費者金融を利用する 銀行のカードローンに比べて審査のハードルが低く、お金を借りやすいのが消費者金融です。 消費者金融であれば収入の少ない人でもお金を借りられて、生活に必要な資金を確保できます。 利息制限法により利息が高額にならないから、給料ファクタリングよりも返済負担は少ないもの。 一部の消費者金融では即日融資にも対応しているから、すぐにお金が欲しい人も安心です。 キャッシングを申し込む クレジットカードを持っている人は、キャッシングでお金を調達しましょう。 審査が比較的緩い信販系であれば利用するハードルは低く、収入が少ない人でもキャッシング枠を得られます。 社会福祉協議会に相談する 「消費者金融やキャッシングすら利用できない」と悩んでいるときは、社会福祉協議会に相談することがオススメです。 担当者に収入状況などを伝えることで生活福祉資金を借りられる場合があります。 社会福祉協議会から借りたお金の金利は年1. 生活するためのお金に困っている人はお近くの社会福祉協議会に訪問しましょう。 まとめ 社会人に給料を前借りさせて、後日に給料全額を支払わせる手口が給料ファクタリングです。 利用者にかなり高額な手数料を要求する違法業者が多く、嫌がらせなどの被害を受ける人が大勢います。 もし生活するためのお金に困っているときは、消費者金融や社会福祉協議会を活用することがオススメです。 また、悪質業者からの取り立てに悩んでいるときは法律事務所に相談しましょう。 おすすめコラム• コラム一覧 相談・解決• 取り立て対策• 返済停止• 闇金の手口•

次の

給料ファクタリングとは?借金と何が違うの?違法という噂がありますが、実際の危険性を元銀行員が徹底解説します!

給料ファクタリング 危険

1.給料ファクタリングとは? そもそもファクタリングってなに? 実は給料ファクタリングとファクタリングは少し意味が異なります。 給料ファクタリングについて説明をする前に、まずは ファクタリングの仕組みについて解説します。 ファクタリングとは、昔からある現金調達方法の一つです。 簡単に言うと、 企業が代金請求権をファクタリング業者に買い取ってもらうことで、 予定されている代金請求日よりも前に現金を手に入れる方法です。 通常、会社が取引先に対して商品やサービスを提供しても、その対価である代金がその場ですぐに支払われることは稀です。 しかし「どうしても今すぐ資金が必要」という場合に限って、 会社はその代金請求権をファクタリング業者に売り払うことで、手早く現金を調達できるのです。 【注】 企業における 悪質なファクタリングにお心当たりのある方は、 「 」をご確認ください。 給料ファクタリングとファクタリングの違い それでは 給料ファクタリングについてご説明します。 給料ファクタリングとは、 会社員個人におけるファクタリングのことをいいます。 具体的には、会社員が給料を受け取る権利を業者に買い取ってもらうことで、 給料日よりも前に現金を手に入れる方法のことをいいます。 一般的にファクタリングという言葉は、会社(法人)における資金調達を指します。 しかし 給料ファクタリングは 利用者は会社員個人であるということを理解しておきましょう。 以上の点から 「通常のファクタリング」と 「給料ファクタリング」の違いをまとめると、次のようになります。 利用者 相手先 通常のファクタリング 会社(法人) 取引先 給料ファクタリング サラリーマン(会社員) 勤務先(職場) 給料ファクタリングは、個人がすぐにお金を必要とする際に利用されます。 例えば• 急な冠婚葬祭• 突然の入院や手術• 子供の学費を用意することになった• 財布を落としてしまい生活費が足りなくなった などが挙げられます。 このような状況は、みなさんも容易に想像ができるでしょう。 2.給料ファクタリングの種類を図解 実は給料ファクタリングには、 「3社間取引によるファクタリング」と 「2社間取引によるファクタリング」の2種類があります。 この給料債権譲渡と同時に、 ファクタリング会社から会社員への金銭支払いが行われ債権の買取が成立します。 【STEP3】 給料日になると 勤務先から給与ファクタリング会社に対して給料が直接支払われます。 3社間取引における、給料ファクタリング会社にとってのメリットは2つあります。 金銭の回収が非常に楽• 貸し倒れ(未回収)リスクが低い 一方、利用者である会社員にとっては 「職場に事情を相談しづらい」といったデメリットがあります。 ただ一つだけ異なる点があります。 それは、 会社員が 勤務先からの同意を貰わなくても給料債権を譲渡できるということです。 つまり 勤務先から会社員に対して支払われた給料が、利用者の手によってファクタリング会社へ振り込まれるのです。 この仕組みのメリットは、 会社員が自身の勤務先に事情を説明する必要がないという点です。 一方、ファクタリング業者からすれば 貸し倒れ(未回収)のリスクが高いというデメリットがあります。 そのため2社間取引の給料ファクタリングでは、 会社員が給料ファクタリング業者に支払う 手数料が割高となるのが特徴です。 給料ファクタリングには手数料が発生する 給料ファクタリング業者が会社員に対して債権の買取金額を支払う際には、 手数料が差し引かれます。 買取金額は、 買取額= 買取希望額(一般に会社員に支払われる給料の金額)- ファクタリング手数料 となるわけです。 20万円-2万円(手数料10%)= 18万円 給料ファクタリング会社は、会社員に対して18万円を支払います。 そして給料日になると、給料ファクタリング会社は20万円を入手するのです。 ちなみに3社間取引と2社間取引の手数料の割合を比べると、 手数料は2社間取引の方が圧倒的に割高なのです。 3.給料ファクタリングの3つのメリット 給料ファクタリングは当然、利用者にとってもいくつかのメリットが存在します。 個人信用情報への記載リスクを回避できる• ブラック状態でも利用できる• 勤務先の倒産による給料未払いリスクを回避できる つづいて、これらメリットのそれぞれについて詳しく解説していきます。 そしてその情報は、金融機関が融資をする際の判断材料として利用されるのです。 ですが、給料ファクタリングを利用しても 個人信用情報に利用履歴を記載されません。 なぜなら給料ファクタリングは、お金の借り入れではなく、 給料債権の買い取りという位置づけであるためです。 もし個人信用情報に借入事実が記載されると、新規借入が難しくなることがあります。 したがって、 個人信用情報への記載を回避できるということは大きなメリットといえます。 いわゆるブラックな借金漬け状態の人に、お金を貸してくれる金融機関はほとんどありません。 しかし 給料ファクタリングは 利用者本人の与信審査が甘いため、ブラック状態の 人でもカンタンに利用できるのです。 勤務先の信用さえあれば、利用者本人の経済状態は取引に関係ないのです。 勤務先が倒産して給料ファクタリング会社がお金を受け取られないとしても、利用者が責任を負う必要はありません。 4.給料ファクタリングのデメリットとは? とはいえ、給料ファクタリングにもデメリットは存在します。 手数料が非常に割高である これが最大の問題点です。 給料ファクタリングの手数料を金利換算してみると 一般的なカードローンよりもかなり高い利息となることが分かります。 具体的に、数字を使って見てみましょう。 例えば、2社間取引による手数料が20%の場合、年利換算すると240%という驚異的な数字になるのです。 一般的な金銭の貸し借りには利息制限法という法律が適用されており、 最大でも年利は20%までという制限が設けられています。 しかし 給料ファクタリングは貸金業でないため、 この利息制限法が適用されません。 これをいいことに、給料ファクタリング業者の中にはとんでもない 高利で営業をおこなう悪徳業者が数多く存在します。 また、一般的な賃金業には必要な行政の 営業許可も、ファクタリング業は必要ありません。 そのため、 悪徳業者は警察の目を気にすることなく 堂々と営業を続けられるのです。 ファクタリングを利用するなら、悪徳ではない普通のファクタリング業者を利用しましょう。 5.違法ファクタリング業者を見抜くポイント 違法ファクタリング業者であるかどうかを見定めるポイントは4つです。 【注】給料ファクタリングで実際にあった相談事例はこちら 「」 6.闇金対応は弁護士がおすすめ 弁護士に相談したほうがいい理由 警察や消費生活センター、各自治体の相談窓口でも闇金トラブルを相談することは可能です。 警察は闇金から具体的な実害を受けたという証拠がないと動いてくれません。 消費生活センターや自治体の窓口では、悩み相談はできても 根本的な解決にまで至らないことが多いです。 その点において 弁護士であれば、 闇金であるファクタリング業者のしつこい取り立てや嫌がらせをスムーズかつ確実にストップさせることができます。 今まで闇金に払ってきたお金が返ってくることもあります。 ただここで注意していただきたいのは、 弁護士であれば誰でもよいというわけではないということです。 相談するなら 闇金解決の実績が豊富な弁護士を必ず選びましょう。 給料ファクタリング業者の中には闇金などの悪徳業者がいる• 相手が闇金だと思ったらすぐに弁護士へ相談しよう 闇金トラブル、特に 悪徳ファクタリング業者は問題が複雑であるため、なるべく早い対応が大切です。 被害が大きくなる前に、解決に向けて乗り出しましょう。 ファクタリング業者など、闇金でお困りの方は、 今すぐ弁護士に相談をしましょう。 誰かに悩みを打ち明けるだけでも、きっと心が軽くなります。 シン・イストワール法律事務所は、これまでに数多くの闇金問題を解決してまいりました。 闇金問題のノウハウや経験が豊富なシン・イストワールへ、まずはお気軽にご相談ください。 今なら 電話・メールでの無料相談を受け付けております。 闇金トラブルでお困りの方へ 当サイトでは、シン・イストワール法律事務所監修の元、闇金に関する有効な情報を定期的に発信しております。 まずは無料相談をご利用ください。 シン・イストワールがお客様の立場になってアドバイスさせていただきます。 シン・イストワール法律事務所では日頃からお客様と丁寧に寄り添うことを心がけております。 「弁護士事務所に相談するのはちょっと緊張する」 そんな方でも安心してご連絡いただければと思います。 あなたの悩みを解決するため、わたしたちが全力を尽くします。 シン・イストワール法律事務所は連日、闇金をはじめとする金銭問題に悩むお客様と真剣に向き合うことで、これまで数多くの問題を解決してきました。 闇金問題でお困りの方はシン・イストワール法律事務所へお気軽にご相談ください。

次の