イオンモール 配当金 いつ。 配当と株式分割の推移

【配当収入】(8905)イオンモールから配当金が入金されました。

イオンモール 配当金 いつ

イオンモール【8905】基本情報 銘柄 イオンモール 業種 不動産(非住宅) 証券コード 8905 市場 東証一部 株主優待回数 年1回 権利確定日 2月末日 株価 株主優待獲得株数 100株 株主優待 イオンギフトカードまたは、カタログギフトまたは、カーボンオフセット 継続保有特典 あり 企業サイト イオンモール【8905】は、イオングループが運営するモール型ショッピングセンターです。 イオンモール【8905】株主優待情報 優待獲得株数・優待内容詳細 100株以上 【以下から1つ選択】 ・3,000円相当のイオンギフトカード ・3,000円相当のカタログギフト ・3,000円相当のカーボンオフセットサービスの購入 500株以上 【以下から1つ選択】 ・5,000円相当のイオンギフトカード ・5,000円相当のカタログギフト ・5,000円相当のカーボンオフセットサービスの購入 1,000株以上 【以下から1つ選択】 ・10,000円相当のイオンギフトカード ・10,000円相当のカタログギフト ・10,000円相当のカーボンオフセットサービスの購入 カーボンオフセットサービスとは? カーボンオフセットとは、日常生活などで避けることができない温室効果ガス(二酸化炭素など)の排出について、まずできるだけ排出量が減るよう削減努力を行い、どうしても排出される温室効果ガスについて、排出量に見合った温室効果ガスの削減活動から生じる排出権を活用する等により、排出される温室効果ガスを埋め合わせるという考え方です。 「カーボンオフセットサービスの購入」を選択いただきますと、株主優待品相当額分の二酸化炭素(CO2)排出権が、一般社団法人「」を通じて、国の償却口座に無償で移転されます。 株主優待の発送・到着はいつか 6月下旬に優待品選択に関する案内が発送される予定です。 優待品は8月中旬までに発送される予定です。 有効期限 選択した株主優待の申し込み締め切りは7月20日です。 申し込みをしなかった場合はイオンギフトカードが送られてきます。 イオンモール【8905】配当実績(1株あたり) 2015年2月 11円 2015年8月 11円 2016年2月 11円 2016年8月 13. 5円 2017年2月 13. 5円 2017年8月 16円 2018年2月 19円 イオンモール【8905】株主優待到着 2018年2月 Bコースのハーモニックのカタログギフトにしました。 母が大好きな泉屋のクッキーがあったので、母に直接送りました。 イオンモール【8905】株主優待まとめ イオンモール(8905)の株主優待は、イオンギフトカードまたは、カタログギフトまたは、カーボンオフセットから1つ選べます。 配当は順調に増えています。 株取引はご自身の判断と責任で行っていただきますようお願いします。 最新の情報は企業サイト等でご確認ください。 不利益が生じても一切責任を負いかねます。

次の

イオンモール[8905]の株主優待制度・業績と配当金推移

イオンモール 配当金 いつ

株の配当性向 配当性向とは、企業が稼いだお金をどれくらい株主に還元しているかっていう指標となるもの。 ふつう、企業の配当性向は20~30%が理想的と言われています。 配当性向が多ければ、株主にたくさん還元してくれる優良企業だとか、少なければ株主を小バカにしている悪徳企業だ・・・、なーんてことはありません。 営業利益が多くても、これから精力的に事業を拡大していこうとしている場合は、配当に多くは回せないこともありますし、無配なんてこともあるのです。 逆に、企業に成長の余地がないと、利益の使い道がない、配当に回すしかないということになり、配当性向が高くなるようです。 つまり、一般家庭でも収入に対しての、消費・浪費・投資のバランスをうまく考えなければ、家計が破綻してしまう・・・というのと同じなんですよね。 企業も家庭も、お金にしっかり向き合わないと、うまくお金を回せないってことなんだなぁ・・・と、改めて思ったりしたのです。 少し話がそれましたが、なぜに私が配当性向を気にするようになったかというと、2016年2月期の イオンの株の配当性向が389. 4%なんですよ。 思わず2度見、いえ3度見してしまいましたよ。 ふつう配当性向は20~30%なのに、さんびゃくはち・・・???%??? イオンは、純利益のすべてとこれまでの貯蓄?から配当金を出しているってことですよね? これって、なんだかやばいんじゃないの・・・?と一瞬思ったのですが、こういう企業のかけひきも戦略のうちってこともあるようです。 配当金を下げて株が売却されるよりは、利益に関わらず一定額の配当金を出したほうが、長期的な目でみればよかったりするわけです。 ・・・と、庶民な主婦の考えなわけなので、本当のところはわかりませんが、企業も一般家庭もみんな懐を守るために必死だということです。 ちなみにマックスバリュ中部の配当性向は29%でした。 イオン株主優待で還元されたお金 配当性向が30%だろうが300%だろうが、これからもイオンの株を保有していく気持ちは変わりありません。 イオンの株を売る日がくるとしたら、それは私が足腰弱ってイオンで買い物ができなくなった時。 いや、ネットスーパーを利用すればいいか・・・。 あ、でも死ぬまでには株を売っておかないと残された家族に迷惑になるよなぁ・・・、という余計なことまで想像したりしながら、4年間でイオン&マックスバリュから還元されたお金まとめ。 イオン配当金が11,000円。 マックスバリュ中部の配当金が1,900円。 トータル68,900円。 このほかに、マックスバリュの株保有で5,000円のお買物券がもらえるので、マックスバリュ中部と東北で年間1万円。 イオンやマックスバリュの株は10数万円で購入できるので、10万円預けても1円の利息しかつかない銀行に入れるよりははるかにお得です。 感謝、感謝であります。 マックスバリュ東北に期待 配当性向というものが少しだけわかるようになったら、もしかしてマックスバリュ東北の配当金が無いのも、これからどんどん事業を拡大していくための戦略か? などと希望的推測をしてみました。 しかし、マックスバリュ東北側の説明によれば・・・ 東北地方は少子化でどんどん人口減ってるんだよね。 消費税増税で、東北の人たちの財布のひもは固くなったんだよね。 東北地方は節約志向が強いんだよね。 ライバル店が周囲にたくさんあるんだよね。 ということでした(株主総会招集通知をフレンドリーに解釈した)。 今まで株主総会なんて行くつもりはこれっぽっちもありませんでしたが、企業のいろんなことがわかってくると、総会に出るのも楽しそう・・・なんて思えてくるから不思議なもんです。 マックスバリュ東北の株主総会は、今月秋田市で行われますが、仕事があるから行けません。 でもね、地元の応援はしたいので、マックスバリュ東北の株もしばらく保有していきたいと思っています。 というより、株価下がって売れないんですけどね・・・。 あはははは。

次の

イオンの配当金は、いつ受け取れるか?イオンラウンジや割引などお得がいっぱい!

イオンモール 配当金 いつ

株の配当性向 配当性向とは、企業が稼いだお金をどれくらい株主に還元しているかっていう指標となるもの。 ふつう、企業の配当性向は20~30%が理想的と言われています。 配当性向が多ければ、株主にたくさん還元してくれる優良企業だとか、少なければ株主を小バカにしている悪徳企業だ・・・、なーんてことはありません。 営業利益が多くても、これから精力的に事業を拡大していこうとしている場合は、配当に多くは回せないこともありますし、無配なんてこともあるのです。 逆に、企業に成長の余地がないと、利益の使い道がない、配当に回すしかないということになり、配当性向が高くなるようです。 つまり、一般家庭でも収入に対しての、消費・浪費・投資のバランスをうまく考えなければ、家計が破綻してしまう・・・というのと同じなんですよね。 企業も家庭も、お金にしっかり向き合わないと、うまくお金を回せないってことなんだなぁ・・・と、改めて思ったりしたのです。 少し話がそれましたが、なぜに私が配当性向を気にするようになったかというと、2016年2月期の イオンの株の配当性向が389. 4%なんですよ。 思わず2度見、いえ3度見してしまいましたよ。 ふつう配当性向は20~30%なのに、さんびゃくはち・・・???%??? イオンは、純利益のすべてとこれまでの貯蓄?から配当金を出しているってことですよね? これって、なんだかやばいんじゃないの・・・?と一瞬思ったのですが、こういう企業のかけひきも戦略のうちってこともあるようです。 配当金を下げて株が売却されるよりは、利益に関わらず一定額の配当金を出したほうが、長期的な目でみればよかったりするわけです。 ・・・と、庶民な主婦の考えなわけなので、本当のところはわかりませんが、企業も一般家庭もみんな懐を守るために必死だということです。 ちなみにマックスバリュ中部の配当性向は29%でした。 イオン株主優待で還元されたお金 配当性向が30%だろうが300%だろうが、これからもイオンの株を保有していく気持ちは変わりありません。 イオンの株を売る日がくるとしたら、それは私が足腰弱ってイオンで買い物ができなくなった時。 いや、ネットスーパーを利用すればいいか・・・。 あ、でも死ぬまでには株を売っておかないと残された家族に迷惑になるよなぁ・・・、という余計なことまで想像したりしながら、4年間でイオン&マックスバリュから還元されたお金まとめ。 イオン配当金が11,000円。 マックスバリュ中部の配当金が1,900円。 トータル68,900円。 このほかに、マックスバリュの株保有で5,000円のお買物券がもらえるので、マックスバリュ中部と東北で年間1万円。 イオンやマックスバリュの株は10数万円で購入できるので、10万円預けても1円の利息しかつかない銀行に入れるよりははるかにお得です。 感謝、感謝であります。 マックスバリュ東北に期待 配当性向というものが少しだけわかるようになったら、もしかしてマックスバリュ東北の配当金が無いのも、これからどんどん事業を拡大していくための戦略か? などと希望的推測をしてみました。 しかし、マックスバリュ東北側の説明によれば・・・ 東北地方は少子化でどんどん人口減ってるんだよね。 消費税増税で、東北の人たちの財布のひもは固くなったんだよね。 東北地方は節約志向が強いんだよね。 ライバル店が周囲にたくさんあるんだよね。 ということでした(株主総会招集通知をフレンドリーに解釈した)。 今まで株主総会なんて行くつもりはこれっぽっちもありませんでしたが、企業のいろんなことがわかってくると、総会に出るのも楽しそう・・・なんて思えてくるから不思議なもんです。 マックスバリュ東北の株主総会は、今月秋田市で行われますが、仕事があるから行けません。 でもね、地元の応援はしたいので、マックスバリュ東北の株もしばらく保有していきたいと思っています。 というより、株価下がって売れないんですけどね・・・。 あはははは。

次の