ディアン テ ギャレット。 お笑いの吉本、スポーツ界でも天下取れるか (3ページ目):日経ビジネス電子版

ディアンテ・ギャレットに代わり『Bリーグの顔』となるのは誰だ!? 2年目のBリーグに参戦した『注目すべき外国籍選手』

ディアン テ ギャレット

バスケットボール 2017. 27 2019. 13 ひろち~ アルバルク東京のメンバーやチアを紹介!グッズが結構カッコいい! 「バスケットは・・・お好きですか?」 はい、 赤木晴子さんの名言ですね。 晴子さんを知らない方はぜひ 「スラムダンク」を見てください! 日本でもバスケットボールのプロリーグがあるのを知ってましたか?そう 、「B. LEAGUE」ですね! B. LEAGUEは2016年に産声をあげたプロバスケットボールリーグです。 そのB. LEAGUEのチームの中でも一際目立つ存在なのが 「アルバルク東京」です。 なぜ目立つのか、それはめちゃくちゃ強いからです! 野球で言えば巨人みたいな感じです。 LEAGUEの前に所属していたリーグでは、 全国タイトルを17回も獲っているまさに名門です。 アルバルク東京のメンバーとチアはどんな人がいるの? アルバルク東京のメンバーはどんな人がいるのでしょうか? まずは、私も大ファンのこの人! 「田中大貴」です!! 名前:田中大貴(たなかだいき) 誕生日:1991年9月3日 出身:長崎県 身長:192cm 体重:93kg 同姓同名にフジテレビのアナウンサーがいますが、どちらもイケメンですよね~ アルバルク東京の選手の中でも 1、2を争う人気選手です。 実は田中選手、小学校2年生からバスケを始めているそうですが 初めは「それしかやるものがなかったから」という程度だったそうです。 それが今や日本代表にも名を連ねる有名選手になりましたから、才能がどこで開花するのか分からないものですね。 名前:ディアンテ・ギャレット 誕生日:1988年11月3日 出身:アメリカ合衆国ウィスコンシン州ミルウォーキー 身長:196cm 体重:85kg ギャレット選手の特徴は何と言っても ドレッドヘアを振り回しドリブルで切れ込むテクニックですね。 元NBAプレイヤーということで、技術は半端ないです! でもこのギャレット選手、 NBAのチームに所属していた時は補欠だったんですよ!! 実際にギャレット選手のプレイを見れば分かりますが、とんでもないドリブル技術を持ってます。 NBAのレベルの高さをまざまざと思い知らされましたね。 さて、たくさん選手がいるので次で紹介は最後にしましょう! 双子のノッポさん弟! 「竹内譲次」です! 名前:竹内譲次(たけうちじょうじ) 誕生日:1985年1月29日 出身:大阪府吹田市 身長:207cm 体重:98kg 竹内選手といえば、双子のお兄さん 「竹内公輔」選手と共に「竹内世代」なんて言われるほど一時代を築いた選手ですね。 日本人としては珍しく背が高くて俊敏な選手で、もちろん日本代表の常連です。 ちなみに 嫌いな食べ物は「きゅうり」だそうです(笑) その他にもたくさんの選手が所属していますが、紹介しきれないのでぜひ試合を見に来てください! スーパースター軍団と言われる選手達のプレイを間近で見れますよ。 次にチアの皆さんの紹介です!! ただチアの女の子はやっぱり情報があまり・・・というか無いですね(笑) 公式で掲載されているチアを3人だけ紹介しましょう。 まずは、リーダーの 「Marie」ちゃん! 名前:Marie 誕生日:2月5日 好きなもの:ネコ、タイ料理、マンガ ダンス経歴:高校から始め、卒業後は競技チアチーム所属、その後アルバルク9年目 次に、 「Yui」ちゃん! 名前:Yui 誕生日:1月9日 好きなもの:ポストカード集め、朝活、コーヒー ダンス経歴:高校から競技チアをはじめました。 アルバルクチアは4年目です。 そして、3人目は 「Emiko」ちゃん! 名前:Emiko 誕生日:5月10日 好きなもの:新喜劇、コーヒー、信玄餅 ダンス経歴:小学1年生からバトントワリングを習い、高校からチアダンスを始める。 競技チアダンスから応援のチアリーダーに転身しアルバルクチア1年目。 一度試合観戦をしてもらえれば、彼女たちの素晴らしいパフォーマンスを見ることができますよ! Sponsored Link アルバルク東京の壁紙探しました! アルバルク東京のファンになると、やっぱり 自分のPCの壁紙を アルバルク東京にしたいって思いますよね? そう思う人がいると思ったので、必死に探しましたよ壁紙! そして判明しました! アルバルク東京の壁紙はありません!!(泣) B. LEAGUEのどこのチームもPCの壁紙ってないんですよ。 アルバルク東京の場合、公式で販売しているのは 「写真」なんですよね。 デジタル媒体の販売は一切してないので壁紙として使えない・・・。 何とか今後の展開として、公式で販売でもいいから壁紙を出して欲しい!! アルバルク東京のグッズがカッコいい! アルバルク東京の中心選手といえば、やっぱり ギャレット選手ですよね。 ギャレット選手の背番号2が入ったグッズとか持ってたらカッコイイな~。 そんなアルバルク東京のグッズを3つ紹介したいと思います。 まずは、これ 「adidas ALVARKユニフォーム 3rd 」 15,000円(税込) このユニフォームは3rdユニフォームといって、あまり着る機会が無いユニフォームなのですが 何と言っても ギャレット選手がデザインしたユニフォームなんですよね。 バスケのセンスも良ければデザインのセンスもいいじゃないですか! ぜひ欲しいグッズですね~ 次は、今一番人気のこれ 「adidas ALVARKロゴTシャツ」 3,229円(税込) やっぱりTシャツって根強い人気ありますよね。 実際、ホームの観戦をするときには アリーナが赤一色になるので、赤のTシャツはオススメですよ。 そして、最後3つ目はこれ 「冬季限定チャーム付きユニフォームアクセサリー」 648円(税込) これ、オススメしておいてあれなんですけど、 期間限定なんですよね(汗) 冬季限定で選手ごとにあるので大人気でして、完売の選手もあるそうです。 バスケットボールがよく分からないという人も、試合を見に来て素晴らしさを体験して欲しいですね。 アルバルク東京を少しでも好きになってくれたら嬉しいです。

次の

お笑いの吉本、スポーツ界でも天下取れるか (3ページ目):日経ビジネス電子版

ディアン テ ギャレット

イタリアのセリエAに所属するトリノは7月6日、アルバルク東京を退団したディアンテ・ギャレットと契約を結んだことを発表した。 アメリカ出身で28歳のギャレットはアイオワ州立大学卒業後、クロアチアとフランスのクラブでプレー。 2012年にフェニックス・サンズと契約を結ぶと、2013年にユタ・ジャズへ移籍し、NBAキャリア通算90試合で1試合平均3. 2得点1. 7アシストを挙げた。 その後はDリーグやイスラエルのクラブなどを経て、2016年8月にA東京へ加入。 レギュラーシーズン計58試合に先発出場し、1051得点(1試合平均18. 1得点)228アシスト(同3. 9アシスト)の活躍を見せた。 なお、クラブは昨季、16チーム中11位でレギュラーシーズンを終えている。

次の

ギャレット13得点 ユーロカップ第2節

ディアン テ ギャレット

6月12日、契約満了に伴いBリーグの自由交渉リストに掲載されたディアンテ・ギャレットが、チームを離れるにあたりファンに向けてメッセージを発表した。 NBAユタ・ジャズに所属した経験を持つギャレットはBリーグ初年度に来日。 レギュラーシーズンでは58試合に出場し、華麗なドライブを武器に平均18. 1得点を記録。 チャンピオンシップシリーズでもチームのベスト4進出に貢献した。 シーズン終了後、チーム、選手側ともチームに残る交渉を続けていたが、ギャレットへは海外からのオファーも多く、契約継続には至らなかった。 以下メッセージは以下のとおり(原文込み)。 アルバルク東京のチームメイト、スタッフ、そしてファンの皆様に、素晴らしいシーズンを過ごせたことを感謝申し上げます。 アルバルクでプレーできたことはバスケットボールキャリアだけでなく、自分の人生においても最高の経験でした。 残念ながら、チームから来シーズンを一緒に戦うことはできない旨を告げられましたが、アルバルクの今後の成功を願うとともに、日本にいる間の献身的なサポートに感謝しています。 これからの自分のキャリアがどうなるか楽しみではありますが、東京で、世界一のバスケットボールファンの皆さんの前でプレーした日々は一生忘れません。 日本でのみなさんの親切な対応には、私も家族も感謝しきれません。 日本のファンの皆さんは、私たちにとっていつまでも特別な存在です。 It was truly one of the best experiences of not only my basketball career, but my life. Unfortunately, the team informed me they will not be bringing me back for next season, but I wish them nothing but the best and appreciate all the love and support I felt while in Japan. My family and I can not thank you enough for how gracious you were to us in our time there. The fans in Japan will always hold a special place in all of our hearts.

次の