ノートパソコン cpu おすすめ。 【2020年】プロが教えるおすすめノートパソコン!スペックの見方・選び方全て教えます!

中華ノートパソコンのおすすめ人気ランキング10選【Aspire・ThinkPadも!】

ノートパソコン cpu おすすめ

ノートパソコンは、 ビジネスや動画視聴、ゲーム用などそれぞれのシーンで最適な1台を選ぶことが大切です。 ただ、製品の種類も多いので、 「安いものが良いけど、性能が悪くないかな?」 「持ち運びやすいものが欲しいけど、重くないかな?」 など、何を基準に自分に合ったノートパソコンを選べば良いか、分からないですよね。 そこでこの記事では、• ユーザー100人へのアンケート調査• パソコンに詳しい専門家へのヒアリング• 14社のメーカーを比較した編集部の独自調査 をもとに、 タイプ別のおすすめノートパソコン15選をご紹介します。 あわせて ノートパソコンを選ぶポイントも解説しているので、初めて購入する方でも自分にぴったりの1台が手に入りますよ。 グレア液晶は、 光を反射することで画面にツヤがあり、映像が鮮やかに映るのが特徴です。 一方、 ノングレア液晶には光が入り込まない分、チカチカせず目が疲れにくいメリットがあります。 といった点にも注目すると、よりあなたに合った1台が選べますよ。 関連記事:「」もチェック! 1-3. メモリ8GB以上、ストレージ256GB以上を選ぶ 最後にチェックするポイントは、メモリとストレージ。 メモリは4GB・8GB・16GBなどさまざまですが、 容量が大きいほど同時に多くの作業を行った場合の快適性が高まります。 複数タスクを同時に作業することが多い方は、8GB以上を選ぶと安心です。 また、 ストレージとはデータを保存できる容量のこと。 ストレージには、• HDD(磁気記録型)• SSD(フラッシュメモリ型) といった2種類がありますが、 SSDの方がスピーディかつ静かに読み込むため、現在の主流となっています。 ただし、いくら優れたSSDでもストレージ不足だと 保存できるデータそのものに限りがあるので、256GB以上のものを選ぶことをおすすめします。 ここまでにご紹介した ノートパソコンを選ぶポイントをまとめておきます。 薄型軽量ながらも快適なタイピングが行えます。 ただし、搭載バッテリーは少ないので、 外出先で長時間の利用を行う場合は、バッテリーを多く搭載した同シリーズの別モデルがおすすめですします。 世界最軽量698gを実現したことに加え、 軽さ以外の利便性も追求した製品です。 視野角の広い液晶ディスプレイ• キーが軽くて押しやすいキーボード などの機能に加え、 インターフェースの数も充実しているので、外出先でも作業をスムーズに進めることができます。 これだけでも存在価値がありますが、 タブレットとノートPC、両方の要素をバランスよく取り合わせ、高い完成度にまとめています。 ただし、標準で備えるインターフェイスが少ないため、 接続用のアダプタなどを常に持ち歩くなどの工夫は必要です。 カバーを外すとタブレットとしても使える製品です。 3 インチ タッチスクリーン ディスプレイ• セキュリティの高い顔認証システム などの機能があり、 タスク作業と動画編集、どちらも快適に行うことができるモデルです。 6インチ 15. 6インチ 14インチ 13. 3インチ 13. 3インチ 13. 3インチ 13. 3インチ 14インチ 12. 3インチ 15. 6インチ 15. 6インチ 15. 6インチ 15. 6インチ 15.

次の

CPUから選ぶ!おすすめのノートパソコン10選

ノートパソコン cpu おすすめ

ゲームが快適に遊べる• 性能が高いので普通の用途に使っても便利 現在パソコンでのゲームプレイも一般的ですが、快適に遊ぶ場合は処理速度や表示速度などパソコンの性能が非常に重要となります。 そこでゲームに重要なスペックを満たすよう作られた「ゲーミングPC」と呼ばれるパソコンが人気です。 これらであれば、処理の重いゲームであってもサクサク遊べます。 また、ゲーミングPCは性能が高いため、普通の用途に使っても快適に作業ができます。 用途別に選ぶ ノートパソコン選びは、どんなスタイルで使いたいのか、どんな用途で使いたいのかを明確にすることが大事です。 用途がハッキリすれば、必要な性能も必然的に見えてくるでしょう。 常に携帯して外出先でメールや文書作成などに使う小型軽量パソコン グラフィック作業や動画編集を行いたいなら、高性能CPUや大容量メモリー、ビデオチップを搭載した高性能モデルが最適です。 また、これらの高性能パソコンであればゲームプレイも可能です。 高性能パソコンの推奨スペック• モニター:15. 6インチ以上• メモリー:16GB以上• ビデオチップ搭載 ノートパソコン選びの基本 ノートパソコン選びとは、利用スタイルや用途に適した性能のパーツが揃った製品を見つけることです。 重視すべきパーツを見極めておくとパソコン選びがスムーズになります。 ここではパソコン選びの基本となる各パーツの選び方を解説していきます。 希望のパーツ構成に変更できるBTOが一般的に 型番が大きいほど高性能なIntelとAMDの主力CPU CPUはあらゆる作業の処理を行うパソコンの頭脳で、この性能が高いほど複雑な処理を効率良くこなせます。 これまでは「Core i」シリーズを販売するIntelが絶大なシェアを誇っていましたが、2019年にこの勢力図が大きく変化。 Intelと同等以上の性能ながら価格を抑えた「Ryzen」などAMD製CPUのシェアが拡大。 AMD製CPU搭載パソコンも増加傾向です。 ただ、どちらも高性能なので、一般的な使い方の場合、用途に合えばどちらを選んでもかまいません。 Intel製CPUとAMD製CPUのクラス分けや適した用途は表を参照してください。 メモリーが4GBだと複数のソフトを使って作業する際にやや不安 メモリーはストレージよりも高速な記録スペースで、処理中のデータが一時保存されます。 そのため、この記録スペースが大きいほど複数の作業を効率良くこなせるため、パソコンは高速に動作します。 なお、Windows 10では最低2GBが必要ですが、現在の製品は8GB搭載モデルが主流です。 図は過去1年間(2018年12月〜2019年11月)に発売されたノートPC製品の搭載メモリーの内訳ですが、8GB搭載機種が過半数を占めます。 8GBあれば一般的な用途には十分です。 もちろん、軽作業用と割り切るならより安いメモリー4GB搭載モデルもありでしょう。 「ストレージ」には低速で大容量のHDDと高速だが容量の少ないSSDがある SSDとHDD両方の搭載が快適さと容量のバランスがいい データを保存しておくストレージにはHDDとSSDの2種類がありますが、最近はSSDを搭載する製品が増えつつあります。 SSDはHDDと比べると、省電力で衝撃に強く読み書きが速いうえに軽く、性能面ではいいことばかりですが、価格が高いため大容量を搭載するのは難しいのが現状です。 そのため、据え置いて使うようなノートパソコンの場合、SSDとHDDの両方を搭載したものが増加しています。 これらの場合、OSをSSD上で高速動作させ、データは大容量HDDに保存する使い方ができ、快適さと容量のバランスがいいといえます。 小さいと携帯が楽で大きいと表示スペースが広くとれるディスプレイサイズ• 作業スペースは「画面サイズと解像度」で決まるので解像度も必ずチェック• 細かい文字が見づらい人は大きなディスプレイで低解像度表示• 携帯メインなら13. 3インチクラス以下 ディスプレイは大きいほうが見やすいものの、それに伴い本体も大きくなります。 持ち運ぶなら13. 3インチクラス以下のサイズがいいでしょう。 サイズに加えて解像度も重要です。 最近は画面内の表示ピクセル数が多い高解像度ディスプレイ搭載モデルもあり、これらは小さな画面でも広い作業領域を確保できます。 小さな文字が見づらい場合は、大きなディスプレイのモデルを選んで解像度を下げると、大きく表示されて見やすくなります。 また、クリエイター向けパソコンなどを中心に液晶よりも高いコントラストや速い応答速度の有機ELを搭載した製品も登場しています。 表示にこだわるのであればこの辺りもチェックするといいでしょう。 細かなカスタムが可能なBTOメーカー 2006年に設立された国内のパソコンメーカー。 BTOパソコンの通販がメインですが、外装に専用ロゴは入っているものの既製品のパーツを組み合わせた「ホワイトボックスパソコン」がほとんどです。 独自設計の特注パーツは使われていませんが、安く提供できるのという利点があります。 ラインアップもサイズや用途別などわかりやすく区分されています。 関連記事• 機能やスペックについてもっと詳しく CPUを個別にチェック CPUはさまざまな処理を行う、言わばパソコンの頭脳で、現在はインテルの「Core」シリーズとAMDの「Ryzen」シリーズが主流です。 現行のCPUは処理を行う「コア」と呼ばれる部分を複数搭載した「マルチコア」が主流で、コア数が増えると処理能力も上がります。 また、「スレッド数」はCPUが同時に処理可能な作業の数で、こちらも多いほどトータルの処理能力が上がりますが、その分高価になり、消費電力も大きくなります。 ちなみにこの2つは「8コア16スレッド」のように記述され、この場合だと8つのコアで16のスレッドを同時に処理可能という意味です。 用途に合わせて適切に選びましょう。 Chrome OS Googleが開発したOSです。 いくつかの海外メーカーから搭載モデルが発売されており、3万円前後と安いのが魅力です。 「Chrome Web Store」からさまざまなアプリケーションをインストールできます。 Officeの契約形態をチェック 文章を作成するWordや表計算やグラフ作成ができるExcelなど便利なビジネスソフトがまとまったマイクロソフトOffice。 契約更新型は年または月ごとに利用料が発生しますが、常に最新版が利用できます。 一方、買い切り型は購入時のみの費用で済みます。 また、買い切り型にはパソコンにインストールされている「バンドル版」と、パソコンと別に買う「パッケージ版」があります。 バンドル版がそのパソコンでしか使えない一方で、パッケージ版はライセンス移行や2台までのインストールが可能です。 パソコン代に価格が含まれるバンドル版のほうが単体版より割安になっているため、コストを抑えるならバンドル版を買うのがいいでしょう。 常に最新で5台まで使える契約更新型「Office 365 Solo」 契約更新型の「Office 365 Solo」は、月額1,284円または年額1万2984円でWord・Excel・AccessなどOffice全ソフトを利用でき、最新版へのアップグレードも無料です。 インストールも台数無制限で、OSはWindows・Macを問わず、スマートフォンやタブレットでも使え、1TBのクラウドスペースも利用できます。 さらに同時ログインも5台で可能なため、複数のパソコンでデータを共有して使う人に最適です。 最新版がずっと使える「Office Premium」 「Office Premium」はアップグレード可能なため、一度購入すれば永続的に最新版のOfficeが使えます。 アプリケーションがバージョンアップされても、パソコンやパッケージを再購入する必要がなく、無償でアップグレード可能な点がメリットです。 また、1TBのクラウドスペースを利用できる「Office 365」サービスも1年間使用可能です。 ただし、すでに生産が終了しているため、市場在庫のみ購入できます。 ともにサポート期間は同じですが、2019には新機能も追加されているので、それも含めて検討しましょう。 なお、エディションによってソフト構成が違い、2019の「Home and Business」はPowerPointが使えますが、「Personal」は使えません。 必要なソフトは何か、それが含まれた製品か見極めたうえで購入しましょう。 従来の液晶との違いを簡単に確認しておきましょう。 メーカー修理の場合は、ほぼ確実にリカバリー(工場出荷状態への初期化)への同意を求められます。 故障箇所によってはリカバリーせずに戻ってくることもありますが、基本的にはデータをバックアップしてから送るようにしましょう。 用語集 インターフェイス そのパソコンが搭載するUSB端子や音声出力端子、マイク入力端子など、外部機器の接続端子のことを指しています。 光学ドライブ DVDやブルーレイディスクを読み込んだり、書き込んだりできる装置のこと。 モバイル用途のモデルでは非搭載のものが多いです。 ストレージ OSやデータを保存する記録装置のことで、HDDやSSD、eMMCを指します。 HDDは磁気で金属ディスクに記録し、SSDやeMMCはフラッシュメモリーに電気で記録します。 無線LAN ワイヤレスでインターネットや家庭内ネットワーク(LAN)に接続する機能で、ほぼすべてのノートパソコンに搭載されています。 IEEE802. 高速通信を行いたいなら、. 11nや. 11ac、最新の. 11axに対応している製品を選びましょう。

次の

【高コスパ】Core i5 + 8GBメモリー + SSDで安いノートPCおすすめモデルを紹介:5~8万円台の鉄板構成が狙い目!

ノートパソコン cpu おすすめ

軽量なノートパソコンは高価になりがちですが、13. 3型でほぼ重量1kgの「ZenBook S UX391UA」など、10万円以下で購入できるモデルもあります ノートパソコンを頻繁に持ち運びたい場合、10〜13型の液晶を搭載するモデルが最も適していると言えます。 これらは重量も1キロ台かそれ以下に抑えられている場合がほとんどで、毎日バッグに入れて持ち運ぶのもそれほど苦ではありません。 15型で重量2キロを超えてくるようなモデルだと、頻繁な持ち運びは厳しいでしょう。 逆に、家のリビングなどにおいて持ち運ぶ予定がない場合、液晶サイズが大きく画面を見やすい15〜17型のモデルがおすすめです。 重量は2〜3キロほどになりますが、置きっぱなしであれば大きな問題にはなりません。 10万円ノートパソコンの選び方:CPUをチェック 10万円前後のノートパソコンでは、普段使いで不満を感じない程度の処理能力を備える、いわゆるミドルクラスのCPUを採用するモデルも増えてきます。 10万円前後のノートパソコンでは、ミドルクラスの性能を備えるインテルのCPU「Core i5」を搭載するモデルが増えてきます また、少数ですがAMD製の「Ryzen(ライゼン)」プロセッサを搭載するモデルもあります。 このクラスではインテル製CPUと性能が大きく変わらず、 コストパフォーマンスに優れたモデルもあるため、「Ryzen 5」や「Ryzen 7」などを搭載したノートパソコンを選んでも特に不都合はありません。 10万円ノートパソコンの選び方:メモリとストレージをチェック CPUの他にも性能に直結するのがメモリやストレージです。 10万円クラスのパソコンであれば、 メモリ容量8GB以上、ストレージは256GB以上のSSDを搭載したモデルがおすすめです。 この価格帯のパソコンなら、メモリ容量は最低でも8GBは欲しいところ。 16GBなら申し分ありません メモリ容量が4GBなどのモデルだと、インターネットブラウザで多くのタブを開いた際や、WordやExcelといったアプリを立ち上げた際に、動作が重くなったり不安定になってしまう可能性が高くなります。 ストレージに関しては、SSDを搭載していても保存容量が128GB以下だとやや心もとない場合があるため、 なるべく容量の大きいモデルが望ましいでしょう。 500GB程度あれば十分です。 10万円前後のノートパソコン:モバイルから据え置きまで、おすすめモデル3選 Dell「Inspiron 14 5000 2-in-1 プレミアム(Office付)」 Dell(デル)の「Inspiron 14 5000 2-in-1 プレミアム(Office付)」は、通常のノートパソコンモードに加え、 タッチ操作対応の液晶ディスプレイを360度回転させることでタブレットとしても利用できる2-in-1のパソコンです。 「Inspiron 14 5000 2-in-1 プレミアム(Office付)」 ディスプレイサイズは14型と若干大き目ですが、重量が約1. 7kgと抑えられているため、持ち運びも難しくはありません。 動画などのコンテンツをいつでも大きな画面で楽しみたい、というユーザーに向いていると言えます。 CPUはインテルの第10世代Core i5を搭載しており、メモリ容量は8GB、ストレージ容量は256GB。 SSDは高速な「NVMe」と呼ばれるタイプなので、スペック的には十分と言ったところでしょう。 加えてMicrosoft Officeが付属するなど、普段使いやビジネスに幅広く役立ちそうなモデルに仕上がっています。 直販価格は10万5578円(税込、以下同)です。 3型液晶ディスプレイを搭載し、持ち運びやすさにフォーカスしたモデルです。 日本HP「HP ENVY x360 15-ds0000 パフォーマンスモデル」 CPUにはAMD製の「Ryzen 7 3700U」を搭載し、メモリ容量が16GB、ストレージが512GBのNVMe SSD。 メモリ、ストレージとも十分な余裕があり、動画・画像編集などのコンテンツ制作にも使えるだけのポテンシャルを備えています。 ディスプレイが15. 6型のため本体サイズは大きめで、重量もおよそ1. 98kgあるため、基本的には自宅などに据え置きで使う用途に適しています。 据え置きだとあまり生かす機会もないかもしれませんが、 バッテリー駆動時間が最大約13時間と非常に長いのもポイント。 実売価格は10万5000円前後です。

次の