うつ伏せ に なると 腰 が 痛い。 ぎっくり腰は仰向けとうつ伏せのどちらが良いか?

うつ伏せになると腰が痛いあなたへ。実は・・・

うつ伏せ に なると 腰 が 痛い

うつ伏せで背中が痛いのはなぜか? についてお話しいたします。 あなたは最近うつ伏せになりましたか?うつ伏せになる習慣はありますか? 寝る時にうつ伏せで寝るという方もいますが、腰痛や肩こりで悩んでいる多くの方が、 最近、うつ伏せになっていないという回答をします。 うつ伏せが体に悪いという情報が昔で回ったような気がしますが、もしかしたらその辺が影響しているのかもしれませんね。 実は、うつ伏せは体にいいという事は知っていましたか? 何も睡眠の時にするという意味ではなく、 休憩するときなどにうつ伏せを取り入れる事でたくさんのメリットを受ける事が出来るんですね。 腰痛改善、姿勢改善にももってこいです。 ですが、 多くの方はうつ伏せになると、逆に腰が痛くなったり、体が痛くなってしまったりしてしまうそうです。 長い時間続けられないんですね。 体にいいはずなのに、なぜできないのか?気になりますね。 それにはちゃんとした理由があるのです。 気になりますね。 では、動画をどぞ! 背骨が硬いと、うつ伏せになれない! そうなんですね。 背骨(特に肩甲骨の間付近)が硬いからうつ伏せになれないんです。 体を良くするためにうつ伏せになりたいのに、そもそもうつ伏せになれない・・・どうしたらいいのでしょうか? うつ伏せにならなくても問題ないんじゃ?と思われるかもしれませんが、 今後の健康の事、肩こりや腰痛の予防の事を考えるとうつ伏せになれる方が圧倒的にいいんですよ(後述しますね) では、どうして背骨が硬くなるのでしょうか? 背骨が硬くなる原因 人の体は、長時間同じ姿勢が出来るようにはできていません。 動物ーうごくものーと書くぐらいですから、動くための器官がそろっています。 そのため同じ姿勢を続けようとすると姿勢を維持するための筋肉や関節は絶えず緊張し続けなければいけません。 下図のように 顔が前に出た状態で、長い時間過ごしていると、その支点となる背骨に負荷がかかってきます。 この負荷に耐えるために背骨と背骨とつなぐ靭帯やろっ骨の関節を硬くすることによって、その姿勢を維持できるように適応するんですね。 それが、長期間続くことによって、そこを硬くしておくのがその人にとって当たり前の状態になるんですね。 そうなってしまうと背骨が硬いという感覚は無くなります。 怖いですね。 では、背骨が硬いとどんなことが起こるのでしょうか? 背骨が硬いと体に良くないことがたくさん起こります。 ・頭がさえない、ぼーっとしがちになってしまう。 ・肩こり、頭痛の原因 ・腰痛の原因 ・内臓の調子が悪くなる ・呼吸が浅くなる ・疲れが取れない など、多くの事が起こり得てしまうんですね。 背骨を柔らかくした方が圧倒的にいいという事がお分かりいただけたと思います。 うつ伏せになるために背骨を柔らかくする では、その改善方法についてお話したいと思います。 そうしたらいいのでしょうか?実はとっても簡単ですがやりずらさを感じるかもしれません。 それは、 仰向けです。 これは、ただ仰向けになるのではなく、動画ではお話していませんが、いろんな条件があります。 1、硬めの床でやる事(ベットの上ではあまり意味がありません) 2、アゴを引く事 3、深呼吸をする事(肋骨の動きも利用します) 4、バンザイします(背骨が硬い方は、これが結構できないです) 5、定期的に続ける事 この条件をクリアーできれば、あなたの背骨は柔らかくなりうつ伏せをしても腰が痛くなくなるでしょう。 うつ伏せが出来るようになることで うつ伏せが出来るようになることで、いい事がたくさん起こります。 それは、 1、背中の疲労が取れる 2、内臓の働きが良くなる 3、悪い姿勢をリセットできる 4、背筋がのびてスッキリする 5、頭がさえてくる 6、背骨を理想的な弯曲に持ってくることができる 7、便秘の解消 など、多くのメリットがありますので、ぜひ日常生活に取り入れてくださいね。 うつ伏せで腰が痛い方は、まず上に書いてある改善方法で背骨を柔らかくしてください。 背骨の硬さを放っておくと・・・ 背骨が硬いまま放っておくと、背骨が変形してしまい固まってしまいます。 そうなってしまうとどうしようも無くなってしまいます。 手術以外の道がなくなってしまうんですね。 ですが、手術をしたところで本当に良くなるかわからない・・・。 だったら、 手術しない身体になればいいだけです。 忙しいから、 面倒だからと言わず将来健康でいたいならぜひ取り入れてください。 健康はあなたの為ではなく、あなたの周りの幸せの為ですから。 これに気が付く人って結構少ないです。 この記事を読んでくれたあなたならきっとこれがわかってくれるはずですね。 いつまでも健康でいましょうね! では、また。 いつも、このブログを読んでくれているあなたに特別なご提案を用意しました。

次の

ぎっくり腰は仰向けとうつ伏せのどちらが良いか?

うつ伏せ に なると 腰 が 痛い

朝起きたら腰が痛い!• 起きた時にお尻のだるさがある• 腰が痛くて寝返りが打てない そんなあなたは、寝方のせいで腰痛が悪化している可能性があります。 今回この記事では、 腰痛を引き起こす原因と腰痛を楽にする寝方を整体の先生に紹介してもらっています。 こんな寝方は腰痛を招く 腰痛を招きやすい寝方として、ダントツの1位に挙げられるのは、「うつぶせ寝」 です。 ですが、うつぶせ寝の他にも腰痛を招きやすい寝方というものが存在しています。 うつぶせで寝ていないのに朝起きたら腰が痛い場合は、マットレスが腰痛を引き起こしている可能性があります。 特に低反発マットレスを利用している場合は 低反発マットレスが腰痛を悪化させている可能性があります。 当サイトでは整体師や接骨院院長など専門家の話を元に腰痛マットレスの選ぶ方を紹介しているので是非参考にしてみて下さい。 腰痛を招きやすい寝方はこんな寝方 このような寝方は腰痛を招きやすく、また、悪化させやすい寝方と言えます。 ・腰が反ることで神経が圧迫されてしまう ・腰の関節に負担がかかる ・骨盤のズレ、歯並びにも悪影響が出る 腰が反ることで神経が圧迫されてしまう うつ伏せで眠ってみて腰を触るとよく分かるのですが、腰が反っている状態になります。 この状態で眠り常に腰が反った状態となることによって、 神経が圧迫されてしまう のです。 背骨の周囲から腰にかけて、神経がたくさん通っていて、下半身などの神経である脊椎神経も、この場所にあります。 これが圧迫されてしまうことで、腰痛を引き起こしたり悪化させることに繋がるのですね。 特にうつ伏せで寝てしまう人は反り腰などになりやすいので注意が必要です。 反り腰になっている方は の記事を参考にしてください。 腰の関節に負担がかかる さらに、うつ伏せになることによって、腰の関節に負担がかかってしまう可能性があります。 横になってすぐは楽に感じるかもしれませんが、この姿勢が続くと、骨盤のつなぎ目などに負担がかかりやすくなるのです。 腰痛があるにも関わらずうつ伏せの姿勢をとるということは、かなりの自殺行為 とも言えるのですね。 骨盤のズレ、歯並びにも悪影響が出る 普段仰向けや横向きで寝ている方がうつ伏せで眠ることによって、 骨盤のズレを引き起こしたり、歯並びなどにも影響が出てしまう とされています。 腰椎の部分が反ってしまうことで、どうしても骨に負担をかけてしまうのですね。 骨盤は身体の上半身と下半身のバランスをとったり、内臓を衝撃から守ったりする働きがある大切なものです。 これが歪んでしまうということは、身体の様々な部分に何らかの問題が生じてもおかしくありませんよね。 どうしてもうつ伏せじゃないと嫌だ!という場合は? このように、うつぶせ寝は腰痛がある方にとってはあまりよくない寝方であることがお分かりいただけたかと思います。 ですが、いくらうつ伏せがダメだからといって、普段と異なる寝方に急に変えることで、睡眠の質が下がったり、逆に身体に負担がかかってしまうこともあるかもしれません。 そこで、どうしてもうつ伏せじゃないと嫌だという方は、 腰が反らないようにするために、お腹の下にクッションなどの柔らかいものを挟むことによって、腰の反りを抑える という方法があります。 これならうつ伏せであっても、ある程度負担を軽減させることができ、神経の圧迫なども避けることができます。 ただ、可能であれば仰向け寝や横向き寝にチャレンジしてみるようにしてください。 姿勢が悪い方の仰向け寝 「仰向け寝」は、基本的に良い寝方の1つです。 ですが、普段から猫背になっている方や、反対に反り腰になっている方など、姿勢が悪い方が仰向けに寝る場合には、腰痛を悪化させる可能性があります。 反り腰の方の場合には、仰向けに寝ることで、腰と寝具の間に隙間ができてしまい、腰が常に浮いた状態となってしまいます。 この状態で眠ることで腰に負担を強いることになりますので、反り腰の方の場合には仰向け寝ではなく横向き寝がおすすめです。 そして 猫背の方の場合には、背中から腰にかけて寝具に沈み込んでしまうことが多く、こちらも不自然な姿勢で眠ることになってしまいます。 不自然な姿勢で眠ることで、無意識のうちに身体に余計な力を入れることになりますので、快眠できず、腰などに痛みが生じてしまいます。 このように、仰向け寝がいくら良いとは言え、反り腰の方や猫背の方には合わない寝方でもあるのですね。 身動きがとれない寝方 身動きがとれない寝方というのは、寒いからという理由や、落ち着かないからという理由で、毛布を身体にぐるぐる巻きにしたりする寝方や腕枕、添い寝などの寝方です。 これでは身体がガチガチに固められてしまうため、寝返りも思うようにうてなくなります。 寝返りは、 筋肉や骨の位置を修正したり、体圧を分散させたり、血流の滞りを防ぐために行う大切なものです。 寝返りが満足にうてない状態では、腰に負担がかかりやすくなり、腰痛へと繋がってしまいます。 そのため、この寝返りを自ら打ちづらくしてしまう寝方は、避けなくてはなりません。 夏場はこのようなことはないかもしれませんが、注意していただきたい寝方の1つです。 寝ている時に腰痛が起こる理由について• 横向きに寝てみる• 寝起きに10分間体勢を変えて腰の緊張をほぐす方法• 世界一受けたい授業で紹介されている3秒で腰痛を治す方法を取り入れる• マットレスが合っていない可能性がある! 【その1】横向きに寝てみる 今回、大阪にある さんに腰痛に良い寝方を紹介してもらいます。 仰向けで寝てしまうと、腰への体重負担自分の体重の44%かかってしまいます。 腰痛が酷い場合は、横向きに寝ると腰への負担が少ないです。 もし、横で寝ても腰に負担を感じるのであれば、 クッションや抱き枕を手と足にかませます。 手の重さは平均して約4Kgの重さがあり、足は約9kgの重さがあります。 抱き枕やクッションを手と足に挟む事により、 約13Kgの負担を軽減する事になるので、もちろん腰にかかる負担も少なりなり、腰痛の改善が見込めます。 どうしもて仰向けでないと寝れない人は? 仰向けでないと寝れないという人もいるかと思います。 仰向きで寝る場合は、足の下にクッションやタオルを置いて足の重さが腰にかからないようにする方法があります。 この時クッションが高さが高すぎると腰に負担がかかってしまうので注意が必要です。 【その2】寝起きに10分間体勢を変えて腰の緊張をほぐす方法 睡眠中寝返りを打っても同じ大切が続く事により、腰回りの筋肉が伸びてしまい負担がかかっています。 その為朝起きた10分はこのように腰を丸めるような姿勢を保ってみて下さい。 こうする事により 腰回りの緊張がなくなります。 もし、 それでも腰痛が取れない場合は、手を抱えている方向に少し力を入れて腰にストレッチがかかる状態にしてみて下さい。 【その3】世界一受けたい授業で紹介されている3秒で腰痛を治す方法を取り入れる テレビ番組で「世界一受けたい授業」で紹介されている3秒で腰痛を治す方法も効果的です。 時間もかからないので仕事の間や寝る前や起きた時に取り入れてみて下さい。 血流を3秒で良くして腰回りを楽にする方法です。 【その4】マットレスが合っていない可能性がある! クラウドソーシングを利用した100人に聞いた当サイトのアンケートによると、腰痛で寝れない人がマットレスを変えたら 8割以上の人が腰痛が改善したという結果になっています。 特に今、テンピュールなどの低反発マットレスを使っている人は注意が必要で、低反発マットレスは腰痛持ちの人が使うと腰痛が悪化してしまう恐れがあります。 当サイトでは、専門家の方々にインタビューして腰痛に良いマットレスの選び方を紹介しているので、寝ている時に腰痛が酷い方は、 一度マットレスの選び方なども参考にしてみて下さい。

次の

【仰向けで寝ると腰が痛い方必見】仰向けで寝ると腰痛になる原因とは?

うつ伏せ に なると 腰 が 痛い

ぎっくり腰になったとき、仰向けが良いか?うつ伏せが良いか? これについては、別のページにも書いてあるのですが、グキッと来た瞬間に迷うケースは、けっこうあるようです。 ぎっくり腰とは、簡単に言えば、重たい物をもった時などに、ぎくっと腰のあたり急激な痛みが走ることをいいます。 ぎっくり腰の別名である 「魔女の一撃」という言葉は、このサイトでも何度もご紹介しています。 ぎっくり腰は、ほとんどが、前かがみなどで身体を曲げた際に起こることが多いです。 突然なってしまった場合、歩けなくなるほど痛くなるので、寝て療養しますよね。 そのときに、仰向けかうつ伏せか、寝方によってのメリットやデメリットがあるのです。 ここでは、そんなぎっくり腰が仰向けとうつ伏せのどちらが適切かについてご説明します。 ぎっくり腰!仰向け、うつ伏せのどちらが正しい? ぎっくり腰になった場合、仰向けか良いか、うつ伏せが良いか分かっておくと、いざという時に役立ちます。 きっと、多くの方は、ぎっくり腰になった後、仰向けに寝ますよね。 なぜなら、仰向けは、もっとも一般的な寝方であるためです。 仰向け寝には、突出した長所や短所はありませんが、 膝を曲げた状態で寝ると、痛みが少し和らぎ楽に過ごす事ができます。 ぎっくり腰の原因のほとんどは、腰を曲げることで生じます。 なので、うつ伏せで過ごす事で、 急激に伸張された筋を緩める事ができるので、痛みを和らげる事ができることが多いです。 しかし、ぎっくり腰になった瞬間は身体が硬直するくらい痛いです。 なので、うつ伏せになるまで、かなりな激痛が続くのでそ~っと動かないと大変です。 ぎっくり腰の場合、一概にどちらかの姿勢で過ごした方が良いかは、人によって違いますので難しいです。 ただし、ぎっくり腰になった瞬間、どの姿勢を取るか迷わないためにお伝えすると・・・・ オススメとしては 、仰向けで膝を曲げた状態で過ごすということです。 ぎっくり腰には、仰向けとうつ伏せよりも良い姿勢がある? では、ぎっくり腰は、仰向けとうつ伏せのどちらが一番ラクなのでしょうか? ぎっくり腰の治療はほとんどが安静で過ごしますが、その場合、仰向け寝の方が多いでしょう。 しかし、仰向けは、ぎっくり腰の痛みの部分を下にして、さらに圧迫を受けているため、なかなか腰痛がとれない事もあります。 一般的に一番楽な姿勢は、 エビのように丸まって横向きで寝ることをオススメします。 その際、横向けで、膝の間に枕などのクッションを入れる事で姿勢が安定し、楽に過ごす事ができます。 横向きで寝ることのメリットは、痛みの部分を圧迫されない事で、仰向けより少し速く痛みが和らぐということです。 また、横向きは「安楽姿勢」と言われており、体調不良などで辛いときにも使えるラクな姿勢なのです。 もちろん、ぎっくり腰の痛みが和らぐまで基本的には安静にします。 その後は、しばらく前かがみなどで身体を深く曲げることには細心の注意をはらってください。 そのようなことに注意しながら、1週間程度したら、少しずつストレッチしていきましょう。 痛めてしまった筋肉は固まってしまい、腰痛の原因となってしまいます。 そのため、ぎっくり腰は痛みを取るだけでなく、その後のケアをしっかりすることが大切なのです。

次の