カテエネ メリット。 中部電力のサービス「カテエネ」に登録してみた。メリットを解説!

一人暮らしでカテエネを使うメリットとデメリットは?

カテエネ メリット

様ざまなポイントカードを集めて、ポイントで買い物を楽しんでいる方が増えてきています。 先日もテレビで北斗晶さんが、ケンタッキーや電気量販店のポイントカードを数十枚持ち歩いて買い物を楽しんでいる番組が放送されていました。 ポイントだけで買い物を楽しめるなんて、夢のような話ですが、もちろんポイントをためるためには、何かしら購入しないとポイントがたまることはありません。 あまり知られていませんが、電気料金やガス料金をクレジットカードで支払うことによって、クレジットカード会社のポイントがもらえるのです。 今では、楽天カードなどは支払金額の1パーセントがポイント進呈されるので、入会者が多く人気のクレジットカードです。 さらに、電力会社のポイントもばかになりません。 毎月必ず支払うものですので、確実にポイントがたまるのです。 中部電力に加入していう人はカテエネ。 関西電力ならハピミル電などがあります。 ここではカテエネについて説明したいと思います。 カテエネは無料で登録することができるサービスです。 電気料金にポイントがつくことは先ほども説明しましたが、それ以外にも様々なサービスを無料で受けることができます。 住んでいる地域で行われる、提携会社によるサービス情報や割引券の配布。 節電に関する知識を無料で購読することのできるメルマガなどがあります。 ただほど高いものはないといいますが、 カテエネはタダでとても役に立つサービスをたくさん取り揃えています。

次の

カテエネポイントプランのメリットとデメリット 解約金は必要?|ココシレル

カテエネ メリット

貯まったポイントは電気料金の支払い以外にも、「Tポイント」や「WAONポイント」などに交換することもできます。 中部電力ポイントプランのデメリットとは? ポイントが貯まってメリットの多い「ポイントプラン」ですが、デメリットも気になりますよね。 でも、中部電力のカテエネポイントプランには、 デメリットがないんです! ただただ単純にポイントが貯まるだけのサービスです。 利用した金額に応じてポイントが貯まるので、ショップのポイントカードのような感覚ですね。 デメリットを何かあげるとすれば、カテエネはWEB登録が必要ですので、登録の手間がかかるということくらいです。 ただ、東邦ガスから中部電力に切り替える際に、 ほとんどの方はカテエネに登録して切り替え手続きをするので、デメリットとしてはかなり弱いですね。 中部電力ポイントプランは解約金が必要? ポイントプランは2年間の継続利用が条件です。 では、2年利用せずにやめた場合どうなるのでしょうか? 解約の際の注意書きに、以下のような説明書きがあります。 【転居などに伴い解約される場合に違約金などは発生いたしません】 「転居などに伴い」ということは、「 引っ越し以外で解約した場合、違約金がかかるの?」と思ってしまいますよね。 でも、大丈夫です! ポイントプランに解約金の設定はないので、途中解約してもお金はかかりません。 なので、2年継続利用が条件になっていますが、実質は契約期間の縛りがないということですね。

次の

auの電気料金・ガス料金はお得?

カテエネ メリット

貯まったポイントは電気料金の支払い以外にも、「Tポイント」や「WAONポイント」などに交換することもできます。 中部電力ポイントプランのデメリットとは? ポイントが貯まってメリットの多い「ポイントプラン」ですが、デメリットも気になりますよね。 でも、中部電力のカテエネポイントプランには、 デメリットがないんです! ただただ単純にポイントが貯まるだけのサービスです。 利用した金額に応じてポイントが貯まるので、ショップのポイントカードのような感覚ですね。 デメリットを何かあげるとすれば、カテエネはWEB登録が必要ですので、登録の手間がかかるということくらいです。 ただ、東邦ガスから中部電力に切り替える際に、 ほとんどの方はカテエネに登録して切り替え手続きをするので、デメリットとしてはかなり弱いですね。 中部電力ポイントプランは解約金が必要? ポイントプランは2年間の継続利用が条件です。 では、2年利用せずにやめた場合どうなるのでしょうか? 解約の際の注意書きに、以下のような説明書きがあります。 【転居などに伴い解約される場合に違約金などは発生いたしません】 「転居などに伴い」ということは、「 引っ越し以外で解約した場合、違約金がかかるの?」と思ってしまいますよね。 でも、大丈夫です! ポイントプランに解約金の設定はないので、途中解約してもお金はかかりません。 なので、2年継続利用が条件になっていますが、実質は契約期間の縛りがないということですね。

次の