出雲市 神社。 島根県出雲市の神社一覧

出雲祝神社 (入間市)

出雲市 神社

佐香神社 さかじんじゃ 島根県出雲市小境町108 佐香川の清き流れを汲む人は 世にもまれなる酒醸すらん 出雲國楯縫郡 佐香神社 旧郷社 御祭神 百八十神等 島根県出雲市(旧平田市)にある。 宍道湖の北岸、小堺町。 一畑口駅の北1Kmの場所にある。 宍道湖から北上する道から、西へ長い参道が続き、 途中には、大きな一ノ鳥居。 扁額には「松尾神社」。 丘の麓の鳥居をくぐると、木々の茂った参道の階段。 その階段を登ると境内があり、正面に社殿。 鳥居の扁額には「佐香神社」と刻まれている。 以上のように、当社は佐香神社とも松尾神社とも称されている。 創祀年代は不詳。 出雲国風土記記載の「佐加社」。 「佐香郷、郡家正東四里一百六十歩。 佐香河内 百八十神等集坐。 御厨立給而、令 レ醸 レ酒給之。 即百八十日喜讌解散坐。 故云 二佐香 一。 」 主祭神の久斯之神は、のこと。 薬の神だが、酒の神でもある。 配祀のも同様に、酒の神。 出雲国風土記にあるように、当社は酒の神を祀った神社なのだ。 そのため、古代には、佐香(さか)神社といい、 鎮座地名も、小酒井から、現在の小堺へと変化した。 後、京都松尾大社から大山咋命を勧請し、 現在は、一般には松尾神社という。 当社は酒造の許可があるようで、濁酒祭という特殊神事では、 酒造関係者が祈願の濁酒奉納式が行われる。 境内社には、稲荷神社がある。 他にも、小祠が幾つか並んでいる。 種痘神社・寶殿神社・武内神社・疫神社。 参道の大鳥居 境内入口 参道の鳥居 鳥居扁額 参道階段 社殿 社殿 本殿 境内から参道 稲荷社 疫社、武内社、寶殿社、種痘社 松尾神社(佐香神社)御由緒略記 一、 鎮座地 島根県平田市小堺町一〇八番地清水 一、 神社名 延長五年(九二七)撰進された延喜式には、佐香神社とあり。 くだりて、寛文八年(一六六八)に建立された棟札には松尾大明神とある。 ともに、現在の松尾神社(佐香神社)のことである。 一、 祭神 百八十神等 一、 御由緒 出雲国風土記(天平五年二月)に、「佐香郷。 都家の正東四里一百六十歩なり。 佐香の河 内に百八十神等集い坐して、御厨立て給いて、酒を醸させ給いき。 即ち百八十日喜讌して解 散坐しき。 故、佐香という。 」とある。 現在、当神社が鎮座されている小境は、出雲国風土記の「佐香」が転訛して、「古佐香井・ 古酒井・古酒恵・濃酒井」となったものといわれている。 主祭神の「久斯之神」は、いわゆる、「薬師の神」であり、さらに、出雲国風土記の古事 にあるように、「酒造の神」でもある。 また、「醸す」とは、ただに、酒を醸造することの みでなく、醤油・米酢・味噌等を醸造することでもある。 一方、大山咋命は、世に言う「山を護る神様」で、森林業、鉱山業の守護神である。 そして、配祀神である天津彦彦火瓊瓊杵尊は、「海を護る神様」で、漁撈豊漁の神である とともに、海上運航安全の神として広くあがめまつられている。 木花咲耶姫之命は、縁結びの神であり、安産の神である。 社殿の造営には、古来より、国造・国主の命によってなされており、国造・国主はもちろ んのこと、藩主松平公ならびに、巡見使等、ことのほか崇敬されていた。 これは、現在、社 宝とされている鎧一領および文箱一式が、松平家より奉納されていることでもうかがわれる。 十月十三日は秋季大祭である。 この日を前後して、翌年二月ごろまで、酒造りの「杜氏」 ならびに、各種醸造の関係者の参拝はあとを絶たない。 しかも中国五県は言うに及ばず、遠 く四国・九州・神戸の灘地域からも参詣され、御霊験はますますあらたかである。 明治二十九年十一月十九日付、勅令第二百八十七号酒造税法施行規則第四十五条に依り、 「濁酒年一石以下無税」の許可を得て今日にいたり、大祭当日は、一般参拝者一同、この御 神酒を戴いて、家内安全、五穀豊穣を祈るのである。

次の

【島根県出雲市】長浜神社の魅力を紹介|やす田パーティー

出雲市 神社

文徳実録、仁寿元年(851)によれば「速票風別命」を擢んでて従五位を授くとあり、社伝によれば文暦(1234~35)の頃から旅伏権現、又は旅伏神社、旅伏大明神とも旅中安全の守護神として世人の尊敬厚かった。 松平藩江戸勤番には、家中に必ず安全符札を受けて行った。 七代治郷(不味)は額面に社号を揮号して寄進、その「旅伏社」の額面は現存している。 その称号は亨保年代まで使われた様である。 最も古い棟札は「旅伏権現」寛永8年1631年。 天文元年(1736)棟札は都武自神社、宝暦9年(1759)は旅伏神社、明治維新まで用いた。 明治4年神社取調に復旧都武自神社、明治6年社伺高橋千川が講社活動し、明治13年教会講社創設、神徳宣揚し、隆昌した。 「都武自神社縁起」を見ると推古天皇20年(612)、此の山の嶺に勧請し、都武自と称した。 そのわけは、神武天皇がわが国を「秋津虫国」とされ、そのつむしをとって社号としたとある。 又、「旅伏」と云うのは、神武天皇東征に旅にふす臥して敵を討たれたからであるといふ。 多夫志峯烽記(天保3、1832大江春平)によれば都武自別命は志那津比古、志那津比売神の荒御魂で速疾風となって「天地の間を往来し、大御稜威を輝かし給うたと記し、多夫志は冦伏で火の威をおさえる意だとしている。 延喜式内、出雲風土記所蔵社神田9畝18歩神領御色地あり、明治4年3月郷社、明治40年2月16日神饌幣帛供進指定、国主藩主信仰厚く、大祭に地頭代参、新酒2樽供進、祭費反引米があった。 「式内社調査報告第二十」.

次の

韓竈神社へ参拝される皆さまへ

出雲市 神社

出雲神社の概要 出雲神社は、あきる野市渕上にある神社です。 出雲神社の創建年代等は不詳ながら、を勧請した社で、江戸期には出雲明神社と称し淵上村の鎮守として祀られ、明治6年村社に列格していました。 出雲神社の概要 社号 出雲神社 祭神 大国主神 相殿 - 境内社 八雲神社、和豆良比宇斯社、八幡神社、道祖神、稲荷神社 住所 あきる野市渕上310 祭日 10月10日 備考 -• 出雲神社の由緒 出雲神社の創建年代等は不詳ながら、を勧請した社で、江戸期には出雲明神社と称し淵上村の鎮守として祀られ、明治6年村社に列格していました。 東京都神社名鑑による出雲神社の由緒 創立年代不詳。 もと出雲大明神と称し、維新のさい現社名に改称、島根県の杵築大社勧請。 埼玉県入間郡宮寺のと同じく、当国分社の一つである。 四時の祭典その他に旧儀を遺していたが、臨済宗淵上山別当となり、神仏分離令により神官の奉仕となる。 (東京都神社名鑑より) 「秋川市史」による出雲神社の由緒 出雲神社 渕上三一〇番地 創建年代は不詳である。 御祭神は大国主神、昔は出雲大明神といい、明治維新の神仏分離の際、現社名に改めたという。 明治六年 一八七三 十二月村社に列せられた。 『新編武蔵風土記稿』によれば、出雲明神社とあって、除地が三段五畝一二歩あった。 村の鎮守での所管であったことがわかる。 なお末社として、太神宮八幡社、春日社、熊野社、天王社、稲荷社、疱瘡神社の七社をあげている。 社殿の前東に都指定 昭和四十九年〈一九七四〉八月一日 の天然記念物のツパキがある。 この地方随一の巨木である。 (「秋川市史」より) 新編武蔵風土記稿による出雲神社の由緒 (淵上村) 出雲明神社 除地、三段五畝十二歩、村の西にあり、小社、上屋二間半に三間、南向なり、前に鳥居をたつ、村の鎮守なり、例祭十月十日、村内の持、 末社。 太神宮、八幡社、春日社、熊野社、天王社、稲荷社。 以上六社とも小祠なり、社地にいり左りの方にならびあり、 疱瘡神社。 小祠、右の方にあり、(新編武蔵風土記稿より)  出雲神社の周辺図 出雲神社 参考資料• 新編武蔵風土記稿• 「秋川市史」• 東京都神社名鑑  関連ページ• 入間市宮寺1• 出雲市大社町杵築東195•

次の