ブルー ライト カット メガネ ランキング。 ブルーライトカット眼鏡(PCメガネ)の比較

100均ブルーライトカットメガネ5選!ダイソー・セリア!効果やカット率も調査!

ブルー ライト カット メガネ ランキング

大手メガネメーカーでは100均と同様にブルーライトカットメガネが販売されており、それらの専門店と100均のブルーライトカットメガネにはどんな違いがあるのか気になりますよね。 ブルーライトのカット率には大きな違いはなく、レンズとフレームの見た目と度付きがあるのが大きな違いです。 それぞれ度付きに変更ができます。 100均ブルーカットメガネは薄っすらと茶色の色が付いていますが、Zoffのブルーカットメガネはレンズに透明感があります。 また、両社共にフレームが100均のものよりもしっかりとしており付け心地が良いのも特徴です。 しかし、ブルーカットのカット率はほとんど変わらないため、 1日中付けたい方や視力が悪い方はメガネ専門店のブルーライトカットメガネを、 パソコンやスマホの作業中だけかけたい、又はお手頃な価格で使いたい方は100均ブルーライトカットメガネをおすすめします。 ダイソーではブルーライトカットメガネをパソコンメガネとして販売しています。 大手メガネメーカーだとJINSのブルーライトカットメガネと同じカット率ですね。 デザインは一般的で無難な感じがします。 ブルーライトカットメガネの商品説明に、鼻当てが高いと書かれています。 つまり目とブルーライトカットメガネとのレンズの間の空間が広いということです。 つけまつげやマスカラなどのメイクが崩れにくいという利点があるので女性にはうれしいですね。 基本的にパソコンの作業中に装着するものですから、デザインがシンプルなのも好感度が高いです。 ダイソーは100均にも関わらず使いやすいアイテムを開発してくれるのが嬉しいところです。 ダイソーのブルーライトカットメガネには注意書きにスマホやゲームにも使えると書かれていますね。 ブルーライトはスマホやゲームなどのディスプレイからも作用します。 そのためスマホやゲームを長時間使用する方にも効果的です。 若干レンズが赤みを感じられますが、普段使いとしては問題はないでしょう。 しかし、1日中使うため透明感が欲しい、という方はZoffの5000円するブルーライトカットメガネを選択した方が無難かもしれません。 単純に考えればカット率が高いほど目に優しいということになります。 レンズが赤みがかっているということはそれだけ視界に大きく影響するということです。 ブルーライトカットメガネというよりもサングラスをかけているような感じになってしまいます。 確かにブルーライトはカットできるのでしょうが、かけ心地という観点から考えると気になるところです。 ブルーライトカットメガネを使う場合、やはり気になるのはその効果です。 100均とは言え立派な商品なのですから、パッケージに書かれている効果は確実に欲しいところですね。 100均ブルーライトカットメガネはきちんと効果を発揮してくれるのでしょうか。 ダイソー・セリア・キャンドのブルーライトカットメガネを購入する方も効果を期待しているのは確かです。 効果がないなら意味がないですからね。 実際に長時間使った人の感想を調べてみると、良かったという方とイマイチだったという方に別れていたため、それぞれの感想をまとめました! 効果を感じたという方は、目の疲れが軽減された方や眩しさを感じなくなった方、見た目を褒めてもらった方など様々です。 反対にイマイチだった方は、かけ心地やレンズの透明感に問題点を感じたようですね。 100均でブルーライトカットメガネが購入できる1番のメリットはなんと言ってもその手軽さでしょう。 安いというのはそれだけで大きな魅力となります。 有名メーカーのブルーライトカットメガネは高価なので、ちょっと試してみるには手が出し辛いのです。 その点、100均ブルーライトカットメガネならもしあまり効果が感じられなくてもお財布への影響は少なくて済みます。 ブルーライトカットメガネの効果は知りたいけれど迷っているという方にとって、100均で手軽に購入できるブルーライトカットメガネはとてもありがたいものです。 長時間の作業での影響やつけ心地など100均ブルーライトカットメガネで試してみたいという方にはおすすめと言えます。 女性にとって特に気になるのがデザインではないでしょうか。 ブルーライトカットメガネは顔に装着するものですから、デザインがダサいと恥ずかしいという思いがあるでしょう。 自宅だけで使用するならともかく、仕事で長時間作業する際に利用する場合は他人に見られてしまいます。 これは気になりますよね。 有名メーカーのブルーライトカットメガネにはデザイン的にも優れたものが揃っています。 フレームの形も色もおしゃれなものがいっぱいです。 しかし、100均のブルーライトカットメガネは、フレームデザインはそれぞれ1種類です。 フレームの色は少し種類がありますが、あまりきれいな色のものはありません。 黒っぽい色のフレームや、茶色っぽい色のフレームで、形も標準的な眼鏡といった感じです。 セリアのブルーライトカットメガネのデザインはフレームも細めで少しおしゃれ度は高めですが、それでも素材などの安っぽさがあります。 100均商品ですから仕方がないとは言え、100均ブルーライトカットメガネのフレームのサイズは全部同じです。 また、鼻あて部分は非可動なので調整ができません。 かけ心地を考えたらあまりよくないと思ったほうがいいでしょう。 ブルーライトカットメガネが長時間作業に使用するものであることを考えると、かけ心地の悪さは大きなデメリットと言えます。 かけ心地が悪いことで耳が痛くなったり、鼻に痕が残るなど影響が出るかもしれないという注意点もあります。 ブルーライトカットメガネを長時間使用する場合には耳に痛みを感じる、頭が締め付けられる、鼻が痛いなどのかけ心地の悪さを感じた場合は注意が必要です。 メーカー品のブルーライトカットメガネなら問題が生じた場合にはかけ心地の解消のために調整ができますが、100均ブルーライトカットメガネは調整ができません。 かけ心地が悪くても調整ができないのは、大きなデメリットですよね。 100均のブルーライトカットメガネを購入した人に多い感想として、色の問題が挙げられます。 ブルーライトのカット率が高いものほどダイソーやセリアのブルーライトカットメガネは赤みの強い茶色っぽい色合いになるのです。 キャンドゥのブルーライトカットメガネはクリアレンズが売りですが、それでも無色透明とはいきません。 つまり視界が赤みかかって見える訳です。 文字だけを見るような長時間作業ならそれほど問題にはなりませんが、色を確認する必要がある作業の場合は問題です。 これはデザインやイラストなどの色を使う作業の人にとっては使えないと考えていいでしょう。

次の

Payroll Specialists, Inc.

ブルー ライト カット メガネ ランキング

PCメガネを使えば、運転中の目の疲れを軽減することも可能です 各対策法をカット率や費用やメリット・デメリットを比較します 見え方や見た目に問題は無いのか、詳しく解説します 私の体験談をまとめました 気になる対策の効果を証言します 100円ショップで買えるグッズで目の疲れを解消した体験談 ブルーライトカット眼鏡(PCメガネ)の比較 主要ブランドのブルーライトカットメガネの特徴を比較します。 普段は裸眼かコンタクトレンズをお使いの方には、度なしのPCメガネがおすすめです 通販購入可) 値段が安いのでお試しで買うのに最適です。 度ありをお考えの方は、下の比較表を見た上で各店舗に行ってください。 掛けても顔の見た目に違和感を与えることは無いです。 私の家族が使っていますが、近くで見ると「なんとなく」色が付いているかな・・?という程度の透明度です。 お試しで使うなら、が良いでしょう。 それでいて2千円程度で手に入るので、仮に満足出来なくても諦めがつく価格です。 メガネの上から使える 1200円〜 もあります。 PCメガネの種類 出回り始めた頃は「PCメガネ」と聞いてもピンと来ない方も多かったでしょうが、今ではオフィスワーカーを中心にずいぶん需要が高まってきていますね。 反射タイプ(カット率30%前後〜) レンズがブルーライトのみを反射する性質を持っており、見え方自体はほとんど変わらないので違和感なく使うことができます。 比較的安価に購入できる事と、透明レンズ(色がついていない)で抵抗なくかけやすい事から、気軽にブルーライト対策を始めたい方向けです。 吸収タイプ(カット率50%前後) カラーレンズがブルーライトをしっかり吸収してくれるので、反射タイプと違ってレンズのギラつきも軽減され、より快適な作業が行えます。 いわゆる「色付きメガネ」なのでオフィス使いが難しい場合もありますが、カット率が反射タイプよりも高いものが多いです。 レンズの色味は抑えつつ、高いカット率を実現しているのが利点です。 などが採用。 ですがそうした宣伝の中には、実力をかなり誇張したものが含まれているのが実情です。 市販されている15のブルーライトカット眼鏡を神奈川県が調査したところ、宣伝されている数値を大幅に下回る「カット率」の製品が発見されています。 宣伝通りの性能を持つPC眼鏡も多いですが、中には「粗悪な」製品もあるので注意してください。

次の

Payroll Specialists, Inc.

ブルー ライト カット メガネ ランキング

働き方が変わり、デスクワークが増え、ディスプレイを見ている時間が長くなったという方もここ最近多いのではないでしょうか。 私は元々PCの前に座っている時間が長い生活をしていますが、夕方になるとどうしても目が疲れてきて肩も重くなってきます。 これは良くないと思い、毎日長時間ブルーライトにさらされている目を少しでも労わろうと、JINSでブルーライトカットメガネを作ってみました。 イメージしていたよりも自然に見えるぞ JINS CLASSIC-Metal- MMF-16A-185 8,800円(税込)JINS ブルーライトカットオプションレンズ 5,500円(税込) ブルーライトカットメガネというとレンズが黄色く、PC用にかけるイメージだったのですがかなり自然な見た目。 インターネットと一部店舗で購入できるようです。 media-amazon. マスクのあたりを見ていただくと少しくすんでいるのが分かるかもしれませんが、言われなければ違和感のない透明度ですね。 反射しにくいので写真や動画に写るときにも自然に見えますよ。 高い数字ではありませんが、今まで何も対策をしてこなかったので実感できる効果もありました。 視界も大きな変化はなし ブルーライトカットレンズにしてみて、気になる視界はというと、若干色が淡くなるかな〜といった具合。 色にまつわるお仕事だと、メガネを外して確認する必要が出ると思いますが、映画を楽しんだりするのには違和感なく使えます。 日常生活でも色味に違和感を感じることもなく、普段使いのメガネとして快適に使えています。 夕方の目のシバシバ感がなくなった 1日PCの前にいて、夕方になると目がシバシバしていた私ですが、ブルーライトカットメガネにしてからは感じていません。 なかなかに効果を実感しています。 もちろん個人差はありますが、スマホや携帯ゲーム機などディスプレイを見る機会は生活で多くあります。 media-amazon. こんなにピカピカになるなんてね|マイ定番スタイル - ROOMIE(ルーミー) メガネとサングラスの掛け替え不要!JINSのカラーコントロールレンズはアウトドアにも便利そうだぞ | マイ定番スタイル - ROOMIE(ルーミー).

次の