おう し 座 いつ。 おうしゃく座

おひつじ座(牡羊座) 今日の運勢

おう し 座 いつ

Contents• おうし座(牡牛座)の基本的な性格や特徴・傾向 おうし座は穏やかで人との協調を大切にしつつも、自分の考えをきちんと持つ、芯の強いやまとなでしこタイプです。 自分と人との関係だけでなく、周囲の人間関係にも目を配り気を配る為、おうし座がいることで周囲もおだやかにすごせます。 また、真面目で堅実である為、1つのものごとを継続することを好み、途中で飽きたり放棄したりせずに最後までやり通します。 それは人間関係・仕事に関しても共通し、昔からの付き合いを大切にしたり、同じ職場や職種で働くことを心地良いと感じるでしょう。 逆を言えば、変化が苦手で新しい何かに踏み出す時には不安を抱えてしまうということ、突然のハプニングには弱いということです。 でも、新しい環境に足を踏み出す時には、堅実さを活かした下準備や昔なじみとのゆっくりとした時間が不安を軽減してくれます。 牡牛座は、苦手とする変化で失敗しないよう先を見通す力に長けていて、進む道が正しいのか、じっくりと時間をかけて検討します。 損得勘定が得意で、自分にとって不利な道や損となる道には、周囲がどれだけ進めても足を踏み入れることはありません。 自分の苦手を得意でうまくカバーしつつ、周囲への気配りができるタイプなので、あらゆる場面で人から頼りにされるでしょう。 おうし座(牡牛座)男性の性格や特徴・傾向 おうし座の(牡牛座)の男性の性格は、「慎重」で「おっとり」。 穏やかで落ち着いた雰囲気があり、周りの人にも好かれやすいです。 慎重なゆえに人付き合いも丁寧。 人の気持ちに敏感で、男性にしては細かいことにもよく気が利く方が多いです。 慎重な性格はお金の使い方にも良く表れています。 無駄なことにお金を払うのが嫌いな節約家。 ただし、趣味や欲しいものなど、自分で「使う」と決めたものにはケチらずに消費するようです。 車やこだわりの高級品など、周りがびっくりするような大きな買い物をすることも。 また、一度やる、と決めたことは初志貫徹とばかりにやり遂げる男らしさを持っています。 目標に向かい粘り強く努力できるので、周りからの信頼も厚いでしょう。 あの人に任せておけば安心、と一目置かれることも多いです。 おひつじ座(牡牛座)女性の性格や特徴・傾向 おうし座の(牡牛座)の女性は、「感情豊か」で「真面目」。 ころころと変わる表情が周りをとりこにしてしまうような魅力を持っています。 自分の感情にとても素直で、嬉しいことがあれば満面の笑顔、悲しいことがあればほろりと涙する…と、見ていて飽きないキュートさがあります。 感受性が豊かで敏感な心を持っているので、時に小さなことにイライラしてしまい、怒りっぽいと思われることもあります。 ですが、基本的には協調性があり、周りに気配りが出来る女性らしさがあるので、周りを不快にさせるようなことはありません。 男女問わず人気を集めるタイプです。 真面目な性格で人よりも努力家。 自分でやる、と決めたことには精いっぱい力を尽くします。 その姿もまた、献身的で健気に見え、人を惹きつけてしまう魅力のひとつなのです。 事務職や作業系のお仕事で実力を発揮し、一見地味であっても誰にも真似できないような成果をあげることができるでしょう。 また、人間関係の調和を得意とする穏やかな性格もプラスすれば、人のサポートや教育の場面でも活躍できることでしょう。 たとえば、営業補佐やマネージャー、学校の先生や塾の先生などといった子供のサポートも、おうし座には合っているでしょう。 また、美的感覚に優れていて、美しいものや美味しいもの、良い香りのするものなど、五感を刺激する多くの物に喜びを感じます。 持ち前の美的センスは、おうし座のコレクション好きという性質が加わって、更に見る目や知識が養われていくこととなります。 この2つの資質を掛け合わせて生まれるものは無限大で、画家やパティシエ、アロマセラピストなど多数が天職となるでしょう。 また、日常の中でも美しいもの楽しいことを教えてあげられる、情操教育に優れたお母さんにもなれそうです。 おうし座の資質を活かせば、日常の中のきらめきを楽しみ、仕事の中でその感性を活かす、という充実した人生が送れるでしょう。 おうし座(牡牛座)の恋愛傾向 おうし座はおっとりとした性格や周囲に気を配る優しさから、異性から好意を寄せられることも多いモテタイプです。 しかし堅実ゆえ、すぐにお付き合いをするということはなく、じっくり相手の良さを見極めてからのスロースタート傾向にあります。 コツコツ継続型なので、一度付き合い始めたら簡単に別れることはなく、交際が長く続き、強い信頼関係を築くことができます。 変化を嫌い、同じ相手をずっと大切にすることは良い点ですが、逆を言えば依存傾向が強いとも考えられます。 また、争い事を避け、パートナーと強調することを重んじるあまり、我慢をしすぎてしまうことがあるでしょう。 依存と甘え・我慢のバランスを取り、自分のペースと相手のペースを守ることがおうし座の恋愛の中では肝となってきます。 芯の強さと先読みの力を発揮し、自分の考えや進む道をしっかり意識することでお互いに高め合えるような関係を築けるでしょう。 相性が良いのは、おうし座と同じく協調や努力を大切にし、細かな気配りで人見知りなおうし座を安心させてくれるおとめ座です。 お互い、パートナーに誠実さや真面目さを求めて恋愛をする為、1度付き合ったら長続きし自然な流れで結婚へと進んで行きます。 どちらも浮気などすることもなく、家族を大切にして思いやりにあふれた幸せな家庭生活が送れることでしょう。 自分がおひつじ座(牡牛座)の時の恋愛必勝法 おうし座(牡牛座)は恋愛においてかなり「慎重」派。 相手がこちらに好意があると確信できるまでは、なかなか自分から動くことはできないでしょう。 そもそも人を好きになるまでにも時間がかかることも多いよう。 絶対にこの恋をモノにしたい!と思える勝負時には、いつもより少し大胆になってみても良いでしょう。 また、慎重な性格ゆえに、遊びの恋や浮気などには向きません。 浮気の心配のない信頼できるお相手との恋こそが、自分が幸せになれる恋愛の鍵となります。 時に嫉妬心が強く、相手を束縛してしまうことも。 あらぬ疑いを持って相手を責めてしまわないように、自分の感情とうまく付き合っていくことが幸せな恋愛の秘訣です。 相手を信じる気持ちを大切にしましょう。 相手がおひつじ座(牡牛座)の時の恋愛必勝法 おうし座(牡牛座)が恋愛において一番大切にしているのが、「慎重さ」「安心感」。 慎重な性格ゆえに、遊びの恋や浮気などは一切しません。 その分、恋愛関係への進展にも時間がかかります。 自分から声をかけるタイプではありませんので、あなたの方から少しずつ距離を縮めていきましょう。 穏やかで落ち着いた雰囲気は接する方に安心感を与えるので、狙っている方も多いかもしれません。 しかし、慎重ゆえに失敗する恋愛をしたくないので、恋のお相手にも同じく、誠実さや一途さを求めます。 お相手の前では、「モテる」アピールをするよりも、健気で恋愛に対して真面目な姿を見せましょう。 一途で浮気もしないですから、一度付き合いが始まれば、末永く関係を築いていくことが出来ますよ。 おうし座(牡牛座)の2019年運勢 2019年はおうし座にとって、仕事面・恋愛面・金銭面のすべてにおいて、未来に備えて準備する1年となります。 大きく躍進するでもハッピーやラッキーが舞い込むわけでもない、地味な年だなとガッカリすることはなく、控えている未来の幸運をゆっくりと待ちましょう。 仕事面では、異動や新しい知識を求められることが出てきて不安に思うかもしれませんが、コツコツと努力を重ねていけば実ります。 恋愛面では、パートナーのいる方はマンネリの時期となり、華やかな出来事とは離れてしまうこともあります。 そういう時こそ、日常の何気ない会話や、パートナーに対する優しい気遣いを積み重ねて信頼関係を強固にしていきましょう。 パートナーのいない方は、なかなか出会いがなかったり相手が振り向いてくれなかったりと、想いが実るのに時間がかかる時期です。 自分磨きの年と決めておけいこや趣味を新しくスタートすることも、次の出会いやチャンスにつながる為良いでしょう。 金運は良好で、大きく落ち込むこともありませんが、来年以降嬉しい出費が増えることになる為、蓄えておきましょう。 準備の1年ということは、悪い変化もない為、自分の心や体調に気を配り、ゆったりと安定した1年をすごすごすことができます。

次の

12月の天体イベント&ほうおう座流星群

おう し 座 いつ

Contents• 牡牛座と蠍座の基本的な相性をまるっと解説![相性占い] 牡牛座と蠍座の相性は、双方が自分にないものを補い合う形で引きつけられる相性でしょう。 お互いを必要と感じることが多く、良い相性ですが、刺激も多い関係です。 牡牛座は地のエレメントで現実的な世界に生きており、特に五感や味覚に敏感です。 心地よい環境でのんびりしたいので、怠惰に見えることもあるでしょう。 蠍座は水のエレメントで深い情緒的な世界に生きています。 何事も深く追求する性格ですが、それを表には現さずに内に秘めているため、周囲からはどういう人物かよく見えないこともあります。 そんな二人が一緒にいると、牡牛座から見ると蠍座はとてもミステリアスに見え、普段はあまり意識しない自分の深い気持ちまで包み込んでくれるように感じるのです。 蠍座はいつも深刻に考えすぎる自分に疲れてしまうのですが、おっとりと構え、生活を楽しんでいる牡牛座を見るとホッとします。 牡牛座には人生の深みを、蠍座には人生の楽しみを与えてくれるのが、牡牛座と蠍座の相性です。 [恋愛]牡牛座と蠍座のカップルの相性を解説! 牡牛座と蠍座は、12星座の順でちょうど反対に位置し、鏡のように向かい合った性質を持ちます。 これは恋愛において、自分にないものを相手に見て、惹かれ合う相性です。 ただし自分とは正反対の性格の部分もあるため、始まりは刺激的でも、関係を継続させるには相手の個性を尊重してお互いが努力する必要があります。 牡牛座は快適な生活が好きで、のんびりした性格。 蠍座は人の感情や愛情に対してとても深く追求します。 恋愛でも本当に自分だけに深く強い愛情を示してくれる相手を求めています。 このような二人が恋愛関係になると、気楽な牡牛座と深刻な蠍座、というちぐはぐなカップルに見えるかもしれません。 ですがお互い自分にない相手の要素に惹かれます。 物質的なことばかり考えてしまう牡牛座は、蠍座に出会って自分の深い気持ちに気づくかもしれません。 蠍座は牡牛座を見て、もっと生活を楽しむことを学ぶでしょう。 お互いの頑固さを出しすぎずにいれば、お互いが成長しあえる良い相性になります。 牡牛座女性と蠍座男性のカップルの相性 一途に愛し合う関係の二人。 牡牛座女性も蠍座男性も一度好きになって付き合いを始めれば一途で相手に尽くすタイプの性格。 忍耐強く何事に取り組む部分や、少し不器用な部分も似ているため、一緒にいて共感することも多くなりそうです。 また、裏表がなく誠実な蠍座に、慎重に相手を見極める牡牛座女性は安心し、すんなりと心を開けそう。 そのため、喧嘩などはあまり起こらず穏やかで安定した関係を築いていけるでしょう。 牡牛座男性と蠍座女性のカップルの相性 牡牛座男性と蠍座女性のカップルの相性は、無理をしないでコツコツできるところが似ているので協力し合って頑張れる関係です。 出しゃばらない牡牛座は、しっかりとしており確実に前に進もうをします。 夢に向かって我慢強く努力できる蠍座は、時間がかかっても的確に行動していきます。 二人は性格が似ているので、じっくりと取り組める蠍座と言動や行動が落ち着いている牡牛座と相性の良い関係です。 お互いのことを認め合っています。 牡牛座と蠍座のカップルがうまくいく秘訣 牡牛座と蠍座のカップルが上手くいく秘訣は、喧嘩した際には仲直りを忘れないことです。 牡牛座と蠍座はどちらも穏やかな性質で、基本的には相性の良い関係です。 ただ、どちらにもこだわりの強い面があり、自身の我を通そうとした場合大喧嘩に発展することもあります。 穏便に事を収めようとしてうやむやにしてしまいがちですが、そのままの状態にしておくとやがて大きな綻びとなってしまいます。 自身の悪かった部分は反省するよう心がけ、仲直りするようにしましょう。 [友情]牡牛座と蠍座の二人は仲良くなれる? 牡牛座と蠍座の友人同士は、鏡のようにお互いの違いを補い合う相性です。 12星座の中でちょうど反対に位置する牡牛座と蠍座は、その性格もかなり異なっています。 牡牛座は物質的なことが大切で、快適な生活をのんびり送りたい星座です。 蠍座は、感情的にとても深いものを追求し、人間関係でも相手との強い絆を求めそれがかなえられないと孤独を感じることさえあります。 二人が求めるものがとても違うために、友人関係で二人が関わると一見ちぐはぐな相性に見えますが、実は二人の間では、なぜか相手が気になって一緒にいたいと思うのです。 牡牛座はいつものんびりと構えておっとりしていますが、落ち着いて大人っぽい蠍座を信用します。 蠍座は、何事も深刻に考えずにのんびりしている牡牛座といると安心できて癒されるでしょう。 友人として一緒に行動すると、蠍座が牡牛座を親のようにフォローして守っているように見えるかもしれません。 相手の良さを学びとる気持ちでいると、お互いが成長できるとても良い相性です。

次の

おうし座

おう し 座 いつ

夜空におうし座が輝く季節は? 星占いでおうし座生まれの人の誕生日は、4月20日頃から5月20日頃にあたります。 季節は春の盛りから新緑がまぶしい初夏へと移り変わるとき。 ですが、その時期に夜空を見上げても、おうし座を探すことはできません。 というのも、星占いで「私はおうし座生まれです」というとき、それは「生まれた日に、おうし座のあたりに太陽がいた」ということを意味しているから。 おうし座に限らずどの星座でも、毎年誕生日がめぐってくる頃になると、誕生星座は太陽の背後にいて、昼の空の中を太陽と一緒に移動しているのです。 それでは、誕生星座が見頃を迎えるのはいつかというと、誕生日から3~4ヵ月ほど前になります。 おうし座の場合は、 冬の夜空がベストです。 ガイド役はオリオン座におまかせ 12月末から2月の宵、南の空を見上げると、おうし座がちょうど見やすい高さに昇ってきています。 おうし座を探すためのガイド役になってくれるのはオリオン座です。 夜空にオリオン座を見つけたら、星が3つ並んだ「三つ星(みつぼし)」の並びにそって、視線を右上へうつしていきましょう。 すると、周辺の星々よりひときわ明るく、オレンジ色に輝く星に行き着くはず。 それがおうし座の 1等星・アルデバランです。 星座絵を見ると牡牛の右目にあたり、まるで目を血走らせているかのよう。 星の光から牡牛の猛々しさが伝わってきます。 星の並びに星座絵を重ねると、こんな感じ。 勇者オリオンが牡牛に戦いを挑んでいるようにも見えますね ヒアデス星団は、アルデバランを先端に、星々がV字の形に並んでいるあたり。 さらにヒアデス星団から西方向へ視線をうつしていくと、星が寄り添うようにして集まっているのがわかります。 それがプレアデス星団です。 星座絵では、ヒアデス星団は牡牛の顔、プレアデス星団は牡牛の肩と覚えておきましょう。 「おうし座」は大神ゼウスの化身 神話によれば、この牡牛は、フェニキアの王女・エウロパに恋してしまった大神ゼウスの化身。 エウロパの気を引くために、真っ白な美しい牡牛に姿を変えたゼウスは、警戒心を抱くことなく近づいてきた彼女を背中に乗せると猛スピードで海の中に駆け込んで連れ去ってしまいました。 星座絵をよく見てみると、牡牛の胴体から後足にかけて描かれていませんよね。 それは、牛の下半身が海水に浸っているからといわれています。 海を渡ってたどり着いた新しい土地で2人はめでたく結婚。 ゼウスはその土地をエウロパと呼び、それがのちにヨーロッパになったと伝えられています。

次の