コナー マクレガー 映画。 年収100億!生活保護から頂点に上り詰めた格闘家コナーマクレガー|ももさくライフ

コナー・マクレガー:ノートリアス | 無料映画倶楽部

コナー マクレガー 映画

— 2018年 8月月27日午後3時59分PDT コナー・マクレガー選手はGoogleで「最も検索されたアスリート」、ESPNの「世界で最も有名なアスリート100人」の25位、フォーブスの「スポーツ選手長者番付」で24位と世界中の多くのファンから人気を集めています。 UFCでは2階級制覇を達成し、ボクシングで5階級制覇を成し遂げたメイウェザー選手との世紀の一戦で名声を欲しいままにしてきました。 そんなスーパースターのコナー・マクレガー選手について改めて紹介します。 1988年7月14日生まれのアイルランド出身の総合格闘家です。 175cm70kgで元UFC世界ライト級、元UFC世界フェザー級の王座を獲得したことがあります。 バックボーンはキックボクシング、ボクシング、柔術で、この他にも空手やカポエイラなどの動きも取り入れた見る人を飽きさせない非常に独特でトリッキーな動きを得意としています! さらに注目を集めているのはリングの中だけでなく、かつてモハメド・アリ選手も得意としたトラッシュトークという相手を挑発する格闘技の世界ではよくある心理戦や試合の盛り上げ方で、試合前の記者会見から相手の罵り会場を大いに盛り上げます! また記者会見にはまるでハリウッドスターのような髪型と派手なスーツに身を包み、今までの格闘家のイメージを覆すオシャレさとカリスマ性で多くのファンのみならず著名人たちまでも虜にしています。 実力、ルックス、カリスマ性のどれをとってもこれまでの総合格闘技界の歴史のなかではいなかったニュータイプの選手で、間違いなく総合格闘技史上ナンバーワンのスーパースターでしょう! これまでの戦績 — 2018年 3月月30日午前9時25分PDT コナー・マクレガー選手のこれまでのMMAでの戦績は25戦21勝4敗です。 2013年にUFCデビューすると順調に勝ち進み、チャド・メンデス選手との一戦で勝利し見事フェザー級暫定王座を獲得するとその勢いのまま当時パウンド・フォー・パウンドとの呼び声高かったジョゼ・アルド選手との王座統一戦を行います。 ストライカー同士の対決ということでバッチバチの激しい打ち合いが予想されましたが、結果はなんと僅か13秒で左フックでKO勝ち!! これで正式にUFC世界フェザー級王座に認定されました! 王座獲得をかけたタイトルマッチでこんな衝撃的な結末なんて普通ありえないですよね!? このあたりがただ強いだけの選手でなく、コナー・マクレガー選手のスターの素質を感じさせてくれます! この勝利で名実ともにトップスターの仲間入りを果たしたコナー・マクレガー選手の次の対戦相手に選ばれたのが、悪童として有名な柔術家のネイト・ディアス選手です。 ストライカー対グラップラーということでどんな試合展開になるか期待されましたが、試合が始まってみるとグラップラーのネイト・ディアス選手が打撃で応戦するというまさかの展開。 序盤こそコナー・マクレガー選手優位の試合展開でしたが徐々に形勢逆転され、苦し紛れのタックルからバックに回られ、リアネイキッドチョークでタップアウトします。 話題に事欠かないこの二人の試合は大きくとりあげられましたが、その後ふたたびオクタゴン上での戦いを要求すると再戦が決定し、判定勝利で見事借りを返しています。 輝かしい栄光から転落まで — 2018年 3月月27日午前5時16分PDT フェザー級で頂点を極めたコナー・マクレガー選手が次の挑戦に選んだのがライト級の王座です! 対戦相手はUFC世界ライト級王座のエディ・アルバレス選手。 ここでも階級差を感じさせないほど的確に打撃をヒットさせ、ダウンから追撃のパウンドを打ち込みTKO勝利で見事二階級王座の快挙を達成しました!! 勝利を重ねるたびにペイパービューの売上やファイトマネーもけた違いの金額に跳ね上がりましたが、さらに価値を高める対戦が決まります。 その対戦とは世紀の対戦といわれるボクシング界のスーパースター、フロイド・メイウェザー選手との異種格闘技戦です! 相手の土俵であるボクシングルールでの対戦で惜しくも負けてしましたが、この試合でもファイトマネー3000万ドルを稼ぎ、2018年のスポーツ選手長者番付では年収9900万ドルで並み居る有名トップアスリートをおさえ、見事4位にランクインを果たしました。 しかしエディ・アルバレス戦以降、大金を手に入れ試合へのモチベーションを失ったコナーマクレガー選手はUFCからの防衛戦の要求を断り続けており、ついに王座を剝奪されてしまいます。 H しかし、この剝奪に納得できないコナー・マクレガー選手はなんと次のライト級王座に認定されたハビブ・ヌルマゴメドフ選手が乗るバスを襲撃する暴挙に出て逮捕されました。 その他にもバス襲撃の数日前にハビブ・ヌルマゴメドフ選手の仲間とのいざこざもあったそうですが、完全に自制心を失い豪華な生活に慣れ切った彼の姿をUFCの舞台で見ることは二度とないだろうと言われました。 UFC復帰戦へ!! — 2018年 9月月20日午後10時04分PDT そんなコナー・マクレガー選手ですが、バス襲撃事件による社会奉仕や損害賠償などの支払いを終えてなんとUFCにふたたび復帰することになりました! 復帰戦の相手はもちろんキャリア無敗を誇る過去最大の強敵、ハビブ・ヌルマゴメドフ選手です!! 試合は何度か打撃で良い場面はつくるものの、寝技が得意なハビブ・ヌルマゴメドフ選手に何度もテイクダウンを許し、最後はリアネイキッドチョークでタップしてしまいました。 しかし負けはしたものの、無敗とはいえ決して派手とは言えないこの王者との試合をここまで話題性の高いカードしたのは良くも悪くもコナー・マクレガー選手です。 最後の乱闘騒ぎは残念ですが、試合が始まる前からコナー・マクレガー選手のペースで物事が進んでいたのは事実であり、このプロレス的なストーリー作りから試合までのファンを引き込む能力はプロのエンターテイナーとしては素晴らしいものがあります! オクタゴンに上がるときにはすでに自分が主役の戦いにプロデュースしてしまうところが、実はコナー・マクレガー選手の一番の強さの秘密ではないでしょうか。 今回は敗れてしまったものの、恐らくそう遠くないうちにまたこの二人の対戦が組まれるでしょう。 果たして次は一度負けた絶対王者のハビブ・ヌルマゴメドフ選手に対してコナー・マクレガー選手がどのように戦うのでしょうか!?今から非常に楽しみです!!.

次の

年収100億!生活保護から頂点に上り詰めた格闘家コナーマクレガー|ももさくライフ

コナー マクレガー 映画

彼が突然UFC界に現れて2年、マクレガーはあらゆる議論の対象となってきた。 ラスべガスで開催されたUFC 189で、彼はチャド・メンデスをノックアウトするという誓いを守り、フェザー級暫定王座を獲得。 パウンド・フォー・パウンドのキングに挙げられたジョゼ・アルドとの王座統一戦に持ち込んだ。 UFC内でのマクレガーの上昇は、2年強の期間で達成されている。 2014年7月にダブリンのUFCファイトナイトでディエゴ・ブランダオンをノックアウトした彼から目をそらすことは不可能だった。 彼はそこで、高らかにこう叫んだ。 「オレたちは参加するために来てるんじゃない。 支配するためにいる」 彼と大勢のファンはそれを実現した。 マクレガーは2011年2月から2015年1月まで13連勝を挙げており、その最後はデニス・シヴァーをノックアウトしている。 直後にオクタゴンのフェンスを乗り越えて、最前列に座っていたアルドを挑発。 彼の王座挑戦を否定するものは何もなくなった。 それはすぐにでも実現するかと思われた。 2人は共にワールドツアーに参加したが、試合まで1カ月ほどに迫ったところでアルドが肋骨(ろっこつ)のけがにより、欠場を余儀なくされてしまう。 マクレガーは失望しながらも動じることなく、メンデスを止めて暫定王座を手に入れると宣言。 それが正真正銘の王座だと主張した。 最初のラウンドでは苦戦し、背中から落ちて右目の上を切ったが、反撃に転じる。 第2ラウンドでもテイクダウンを喫するが、立ち上がり、疲労したメンデスにパンチでとどめを刺した。 このファイトはMGMグランド・ガーデン・アリーナに1万6,019人のファンを集めるという記録を作り、720万ドルのゲート収入を生み出して、マクレガーの集客力を証明した。 彼の地元のアイルランドからは3,000人のファンがラスベガスに押し寄せ、大興奮のまま帰っていったという。 18勝2敗というマクレガーの記録は、UFCでの6勝0敗を含んでいる。 これまでにノックアウト勝ちが16回、サブミッション勝ちが1回あり、1ラウンドフィニッシュは12回。 まさに自身の宣言通り、全てを支配しようとしている。 ファイターとしてのトレーニングを始めたのはいつ? きっかけは? ガキの頃、素手で格闘する時に身を守れるように始めたのさ。 どんなランクやタイトルを持っていますか? UFCフェザー級王者、ケージ・ウォリアーズの145ポンド級王者、ケージ・ウォリアーズ155ポンド級連続王者、ブラジリアン柔術茶帯。 ヒーローはいますか? いないね。 でも、すべての人、すべてのものからインスピレーションを受けている。 オレは現役王者、元王者、本物のライバルや夢を追う連中、ハードワーカー、ドリーマー、ビリーバー、達成者からインスピレーションを得ている。 あなたにとってUFCとは? 誰にとってもここで戦うのは生涯の夢だよ。 思い描く力、確固たる信念の力をオレに示してくれている。 これはまだ始まりさ。 大学には行きましたか? いや。 素手での格闘ならマスター級だけどな。 ファイターになる前の仕事は? 配管工を1年やってた。 辞めてからはずっと格闘家の夢を追っている。 アマチュア時代の成果は? ボクシングの王者。 プロでの成果は? 2階級制覇だ。 MMAのプロになってから、3. 5秒でKO勝ちしたこともある。 格闘技での実績は? 柔術の茶帯。 得意なグラップリングテクニックは? RNC(裸締め)だ。 得意な打撃テクニックは? ニーだ。

次の

マーベル映画『ヴェノム』エディ・ブロック役作りの参考は「ウディ・アレンとコナー・マクレガー」─ トム・ハーディ明かす

コナー マクレガー 映画

近年最も注目を集めたMMAファイターであるコナーマクレガー。 彼のUFCデビューから2階級王者に至るまでの軌跡を追ったドキュメンタリー映画です。 ファンムービーですね。 マクレガー?誰それ?って人は観ない方がいいです。 知らない人は面白くないと思う。 当たり前だけど、マクレガーについての良い部分ばかり強調されて描かれています。 まぁ実際カッコいいしね。 スポーツ界において強いは正義だわ。 特に格闘技の世界は顕著ですね。 UFCデビュー前まで生活保護を受けていた極貧状態から、わずか数年で年収何十億という成り上がりストーリー。 破天荒なキャラと打撃主体のファイティングスタイル、ビジュアルも特徴あってカッコいいよね。 スーツ姿のスタイルの良いこと! ジョゼアルドからネイトディアス戦までをフィーチャーして作られてるけど、俺レベルのにわかファンが1番興味あるメイウェザー戦のエピソードが、おまけみたいな感じやったのが残念。 しかしまぁこれってUFCデビュー前から映像残してたって事やんね。 そういう努力というか制作側の目の付け所が凄いね。 おもしろかったです。 リサイクルされた映像で期待を裏切られた。 彼の初期の頃のコナーの映像は限られていて、その点では、彼の進歩の真の意味を得ることはできませんが、彼がUFCに "到着 "して戦い始めたことが紹介されています。 映画の大部分は、アルドとディアスと対戦する前のコナーの準備に焦点を当てているが、UFCのエンベデッドシリーズに慣れているならば、何も新しいものではないです。 他の人も言っているように、彼のトレーニングについてもっと映像や議論があればいいのにと思います。 自分自身がコナーのファンであることを考えると、ドキュメンタリーを楽しんだが、正直なところ、MMAファイターとして、彼のトレーニング方法についてもっと詳しく知りたいと思っていた。 これはドキュメンタリーの本来あるべき姿ではない。 反省も分析もなく、マクレガーへのリアルなインタビューもない。 彼の出世についての詳細があったことを望む。 がっかりしたわけではないが、確かにもっと詳細な情報を期待していました。 しかし、もしあなたがUFCファンならば、時間をかけて見るべき。 何の脈絡もなく引き込まれるドキュメンタリーを探しているのであれば、これは違う。 30人のための30人のためのドキュメンタリーはありますが、これは違います。 コナー・マクレガーに興味がある人なら誰でも簡単に見られるしできます。 これを見ることで、マクレガーの母親、父親、婚約者、妹の名前を知ることができます。 ベガスでの派手な場所に住んでいる様子や、シュワルツネッガーやダナ・ホワイトとの冗談を交えた自慢話、楽屋の映像など。

次の