きめつのやいば 188話。 鬼滅の刃188話考察|伊黒と甘露寺(おばみつ)が再び巡り合った場所とは。花言葉は?

【鬼滅の刃】188話考察『おばみつ』神様から特別に愛された二人【きめつのやいば ネタバレ】最新話 考察

きめつのやいば 188話

【鬼滅本誌 鬼滅最終回 鬼滅最終話】鬼滅の刃205話リアクション動画!【鬼滅の刃ネタバレ注意!きめつのやいばネタバレ注意 Kimetsu No Yaiba 205 鬼滅最新話 205話】鬼滅の刃205話考察 鬼滅の刃205話漫画はカラーで読めるジャンプ+がオススメ! 【鬼滅の刃204話漫画ネタバレ注意】最後が衝撃的すぎた・・鬼滅の刃最終回が・・・!? youtube. youtube. instagram. facebook. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. ワンピースの正体と超関係アリ!? youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. ヤマトVSカタクリ!? youtube. 最新人気動画をメールでチェック!.

次の

鬼滅の刃182話ネタバレ!愈史郎の逆転劇!炭治郎対無惨に恋柱蛇柱乱入!|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

きめつのやいば 188話

無惨はそれほどまでもの存在だったのです。 無惨は頸を斬っても死にません。 どうにかして、太陽の下へ引き摺り出す必要がありました。 指令があったように柱たちの到着を待ちながら、夜明けまでの戦いの攻略法を探る。 少しでも有益な情報を引き出し、皆に伝えるのが自分の役目だと炭治郎は考えました。 そしてそこからが、本当の戦いとなるのです。 無惨は腕を鞭のように伸ばし、しならせて攻撃しました。 その斬れ味はまるで刃物であり、間合いもとてつもなく広いのです。 目で避けるのではなく、感覚で避けなければ間に合いません。 炭治郎は何とか攻撃の隙間を掻い潜りました。 近距離の攻撃も避け、いける、と思った次の瞬間。 いつの間にか炭治郎の右目が斬られており、そのまま倒れてしまいました。 倒れた炭治郎を抱え、義勇が攻撃を避けて距離をとります。 すると無惨は、 伊黒と甘露寺が既に死んだと伝えました。 琵琶の鬼の目から、二人の死体を確認したのです。 スポンサードリンク 絶体絶命 無惨の攻撃により、 義勇と炭治郎が分断されてしまいました。 義勇の命まで危険にさらすわけにはいかないと、炭治郎は動きまわります。 片目を潰されても、自分は匂いで物を見ている。 透き通る世界を嗅ぎ分けろ。 炭治郎は呼吸をしようとします。 しかし、無惨の攻撃はあまりに速く、嗅ぐことが出来ません。 さらに 息も続かないのです。 その時。 炭治郎は壁にぶつかってしまいました。 匂いに集中しすぎて、周りが見えていなかったのです。 炭治郎に向かって無惨の攻撃が迫っていました。 駄目だ、と炭治郎が感じた瞬間。 やめなさいよ!と叫びながら、 無惨の頭上から甘露寺が降りてきたのです。 スポンサードリンク 怒りの叫び 死んだはずの甘露寺が現れ、無惨は驚きました。 その隙を狙い甘露寺が攻撃します。 手応えありと甘露寺は思いましたが、 実際は無惨は無傷でした。 一方炭治郎は、伊黒に助けられていました。 二人が生きていたことに、炭治郎は安堵の涙を流します。 そんな炭治郎に、自分の心配をしろと伊黒は言いました。 なぜ殺したはずの二人がここにいる。 無惨は鳴女!と琵琶の鬼の名を呼びました。 その頃鳴女は、 愈史郎によって視覚を操られていたのです。 愈史郎は鳴女のこめかみに指を刺していました。 無惨、お前はこの世で最も重い罪を犯した。 自分から珠世を奪ったこと、後悔して跪け! 愈史郎の叫びに呼応するように、城全体が揺れ始めました。 お前を地上へ叩き出してやる! 愈史郎は涙を流し、怒りの叫びを上げました。 今回のジャンプには『鬼滅の刃』の付録がついていましたね! それも「ゆるシール」!めっちゃゆるいイラストがかわいい!! 本日発売のWJ50号は 『鬼滅の刃』が表紙&巻頭カラー!! もちろん最新第182話も掲載! 巻頭付録に『鬼滅の刃』ゆるシールも付いてきます! どうぞお手逃しなく…!! お得に漫画やアニメを楽しみたい…• 過去の漫画やアニメを一気に見たい…• 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい… このような悩みを あなたは持っていませんか? かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

次の

【鬼滅の刃 考察】168話|前編【きめつのやいば ネタバレ】

きめつのやいば 188話

スポンサーリンク 無惨には心臓が七つと脳が五つある!? 鬼の始祖である鬼舞辻無惨と初めて対峙した縁壱。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」187話より引用 縁壱から見た無惨は、火山から噴き出す岩漿のようにぐつぐつと煮えたぎり、全てを飲み込もうとする暴力的な生命力に満ち溢れていたといいます。 「呼吸を使う剣士にはもう興味がない」と言うや否や、無惨は腕を打ち振るいました。 それは恐るべき速さと間合いの広さ。 攻撃を避けると遥か後方まで竹が切り落とされる音がしました。 かすり傷でも死に至ると感じ、縁壱は生まれて初めて背筋がひやりとします。 そして相手の体が透けて見える縁壱は無惨の新たな事実を発見します。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」187話より引用 彼には心臓が七つ、脳が五つあったのです。 スポンサーリンク 無惨を圧倒する縁壱! そして、この瞬間に自分の剣技の型が完成したと言います。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」187話より引用 その完成した剣技で一気に斬り込んだ縁壱! 炭治郎は、完成した型と聞いて十三個目の型だろうかと感じ、それを知りたいと強く思っています。 無惨は縁壱の攻撃を避けることができず、体をいくつにも切り落とされました。 そしていつものようにすぐに再生することができないことに困惑している様子だったといいます。 斬られた頸が落ちないようようやく支えていましたが繋がりません。 縁壱は、自分の赫刀は鬼の始祖でもてきめんに効くのだということを知ります。 そして・・・どうしても聞きたいことを尋ねたのです。 「命を何だと思っている」 無惨からの返答はありませんでした。 彼は怒りのためか赤黒く顔を膨れ上がらせて縁壱を見るだけで、縁壱の言葉は無惨の心まで届いていないようでした。 スポンサーリンク 珠世の登場 縁壱は隣にいた鬼の娘にふと目をやりました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」187話より引用 不思議なことに、彼女は無惨を助けようともせず、頸を斬られて再生できないでいる姿を凝視していました。 娘の瞳はきらきらと希望の光で輝いているように見えたのです。 そして、縁壱が無惨にとどめをさそうと一歩近づいたとき。 無惨の体は千八百に分かれてはじけ飛んだのです。 千八百に散らばった肉片のうち、縁壱はとっさに千五百あまりをその場で斬りましたが、残りを逃してしまいました。 無惨は体をバラバラにしてその場から逃げたのです。 一部始終を見ていた娘はその場に倒れ込み、もう少しだったのに・・・ と頭をかきむしって取り乱しました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」187話より引用 「死ねば良かったのに!!生き汚い男!!鬼舞辻無惨・・・!!」 縁壱は取り乱す娘をなだめ、無惨についての話を聞きました。 彼女の名前は珠世と言いました。 そして無惨はもう縁壱が死ぬまで姿を現さないだろうと言ったのです。 縁壱は珠世に無惨を倒す手助けをして欲しいと頼みました。 そしてその後駆けつけた仲間から、縁壱は兄が鬼になったことを聞いたのです。 「呼吸を使う剣士にはもう興味がない」 最初に無惨がそう言ったのは、月の呼吸の使い手である兄巌勝を鬼にすることに成功したからでしょうか・・・ スポンサーリンク 鬼狩りを追放される 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」187話より引用 そして縁壱は、無惨を倒せなったこと・珠世を逃がしたこと・兄が鬼になったことの責任を取るため鬼狩りを追放されます。 さらに一部の者からは自刃せよとの声も上がりましたが、当時六歳で当主になったばかりのお館様がそれを止めたため、自刃は免れたのです。 自分はおそらく鬼舞辻無惨を倒すために特別強く造られて生まれて来たのだと思う、という縁壱。 しかしそれをしくじってしまった、そのせいでこれからもまた多くの人の命が奪われる、それが心苦しいと言います。 鬼舞辻無惨を倒すために生まれてきたのに、それを成すことができなかったと自分を責め、深く傷ついている様子でした。 スポンサーリンク 縁壱の涙 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」187話より引用 炭吉は、縁壱さんは悪くない・・・と言います。 炭治郎も、縁壱に何か言葉をかけたいと思いますが、何と言ってあげれば良いのかわかりません。 祖先の炭吉が何か言ってくれるかもしれないと思いますが、炭吉も何も言うことができず・・・しばらく沈黙が続きました。 とそのとき、炭吉の子供のすみれが縁壱に近づきました。 無邪気な顔でだっこをせがみます。 縁壱のほうが上背もあるし、抱いてやって欲しいと炭吉は頼みました。 縁壱が高い高いをしてやると、とても楽しそうに声をあげて笑うすみれ。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」187話より引用 それを見て縁壱の目には涙が・・・ すみれを抱きかかえたままうずくまり、静かに涙を流し続けます。 やがて炭吉の妻のすやこが栗を沢山抱えて戻ってきました。 背中には二人目の子供でしょうか、赤ちゃんをおぶっています。 泣いている縁壱を見てすやこは少し驚いた様子でしたが、何があったとは聞かず「大丈夫よ」「元気だして!」とやさしい笑顔で包み込むのでした。 炭吉を通してその光景を見ている炭治郎は、傷ついた縁壱の心がほんの少しでも救われることを願わずにいられませんでした。 次号へ続きます。 スポンサーリンク 『鬼滅の刃』ネタバレ 187-188 話のまとめ 幼い頃から孤独を感じ、幸せは手に入れたかと思うと壊れてしまう。 以前に炭吉の家を訪れた時も自分のことを「大切なものを何ひとつ守れず、人生において為すべきことを為せなかった者」だと言っていました。 無惨を追い込んだ「始まりの呼吸」の使い手として名を残し、伝説の剣士となっている縁壱ですが、その生涯は決して幸せに満ちていたわけではなかったのですね。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」187話より引用 そんな彼の心をほぐしたのは、気のきいた言葉や励ましなどではなく、無垢な子供の笑顔だったのです。 本当であれば生まれてくるはずだった自分の子供もこうやって元気に育っているはずだったわけで・・・様々な思いがこみ上げたのでしょう。 このあと、縁壱は炭吉一家に日の呼吸を継承するのでしょうか。 ここで炭治郎が縁壱の夢を見ているのは、間違いなく十三番目の型と関係してくるはずだとは思いますが・・ 十三番目の型を見ることができたとしても、現実世界では瀕死状態ですし、うまく使いこなすことができるのでしょうか? 物語はいよいよ核心に迫ってきた感があります。 縁壱の思いも受け継いで全ての元凶の無惨を倒して欲しいと思います!!.

次の