トイレ 詰まっ た。 トイレに異物を流した場合に、心配を解消する為の3つの確認

トイレつまりの直し方(完全ガイド)|水道一番館

トイレ 詰まっ た

「トイレが詰まった!」「どうしよう!」突然の出来事でビックリ!あまり、経験したくはない事ですが、いつ何時、皆さんのお宅で起こりえる事です。 一度でも経験のある方ならお分かりでしょうが、トイレを流した瞬間、いつもなら「ゴボゴボッ」と便器に流れていく水が、「ブワーッ」と上に上がってきて、あふれてしまいそうになった時のあの光景。 恐怖ですよね。 でも便器は、ちゃんと計算されて作られているので、ギリギリまで水が上がってきてもあふれないのです。 しかし、あふれてしまった経験のある方も多くいらっしゃる事でしょう。 それは、慌ててもう一度、レバーを動かしてしまったからですね。 そうなれば大変な大惨事!! こんな事にならない様に、今回は、トイレが詰まった時の原因と、解決方法をご説明しましょう。 トイレはなぜ詰まるのでしょう? トイレの詰まりと言っても原因は様々です。 実は、単純な面もあれば、複雑な面もあるのがトイレの詰まりです。 簡単に直せるものから、とても直せない様な詰まりまであるのですが、トイレ 便器 の構造から理解されると良いでしょう。 便器とタンクの構造は? 水回りの排水口には、基本トラップが設けられています。 トラップとは排水口近く、もしくは、排水管途中に水をためる部分を作り、下水から上がってくる臭気や虫を、家の中に入れない様にする為のものです。 皆さんが一番分かりやすいトラップは、洗面所等で使用されている、S字型トラップパイプですね。 何故まっすぐのパイプではなく、わざわざ下に降りたパイプを上に上げて、また下に下げてなんて、複雑な型にしたのか、不思議に思われた方もいらっしゃると思います。 しかし、このトラップのおかげで、下水の臭いにおいや小さなコバエが、家の中に入ってこないのです。 トイレはこの便器自体が丸々、トラップになっています。 なので便器には、常に水がたまっていて、下水の臭気や虫をシャットアウトしているわけです。 そして便器の出口と、床下の下水管が接続されていて、汚物と汚水が流れていくのです。 このように、トイレの排水もまず、S字の形状を流れていくのです。 トイレタンクは、便器に流す水をためておく所ですが、種類によって容量は色々です。 便器とタンクは相互作用を考えて作られている為、便器が詰まった時でも、水が床にあふれる事がないのです。 下水管の構造は? 戸建ての場合、下水管はトイレの床下から、地中を通り屋外の下水マスを経由して、道路の本下水管まで流れていきます。 トイレはどこで詰まるのでしょう? トイレの詰まりは、必ずしも同じ場所で詰まるわけではありません。 詰まりが発生した場所を特定するのも、詰まりの解決にはとても重要な事です。 それでは詰まりが発生しやすい場所を、いくつか挙げてみましょう。 便器内での詰まり 先にお話しした通り、便器内排水路は、トラップ形状なので、S字カーブを基本とします。 排水路の形状や太さはまちまちですが、全て製造メーカーが、検査をパスして販売するものなので、通常では詰まる事は無いのです。 また、便器の出口の大きさも、野球のボールよりも少し小さな出口ですが、これも通常なら、詰まる事のないように作られています。 しかし、トイレの詰まりで1番多く詰まりが発生する場所が、この便器の出口のところなのです。 皆さんが排せつした便や、使用したトイレットペーパーが多くなる事によって、この便器の出口で、詰まる 止まる という症状が起きてしまいます。 また、何かものを落としてしまった時でも、この便器内や出口付近で、止まってしまう事も多々あります。 下水管内での詰まり 通常、下水管は便器から出た汚物を、本下水管まで送る配管です。 トイレの下水管は、その他の水回りの、生活雑排水を流す排水管とは違い、ものを流す管なので太く、通常は7. 5cm~10cmの太さの管が使用されます。 それでも、トイレから本下水管までの距離が長かったり、曲がりの数が多かったりする事によって、途中で止まってしまったりします。 ただし通常は、合流してくる他の生活排水の、浴室や洗濯場等の一度に大量の水が流れてくる事によって、きちんと流されてしまうのです。 しかし何らかが原因で、流されず停滞してしまい、そこに次から次へと、汚物が流れてくる事によって、完全に詰まってしまいます。 下水マス内での詰まり また、屋外の下水管には、曲がり角のコーナーや、他の生活雑排水との合流地点に、排水マスを設けます。 排水マスは古いお宅ですと、コンクリートマスを使用している事が多く、下水の塩ビ管とコンクリートの排水マスの継ぎ目で、汚物が止まってしまい、詰まりの原因になる場合があります。 以上大きく3点、便器内、下水管内、下水マス内で詰まりが発生する場合が多く、 特に、トイレの詰まりのほとんどのケースが、便器内の詰まりと考えて良いでしょう。 何が原因で、トイレは詰まるのでしょう? トイレの構造や、詰まりが発生しやすい場所は、理解して頂けましたでしょうか? それでは次に、何が原因で詰まるのか?何が便器の中で止まってしまうのか?をご説明しましょう。 便 排せつ物 やトイレットペーパーでの詰まり トイレの詰まりで一番多く、単純で直すのも簡単なのが、便 排せつ物 やトイレットペーパーによる詰まりです。 トイレは便をするところで、トイレットペーパーを流すところですが、普通に使っていれば、詰まる事もありませんが、 たまたま、普通でない状況になった時に、詰まりが起こるのです。 これは使用した皆さんが、詰まらせようと思って使用するわけではありません。 本当にその日その時の体調や、ちょっとしたタイミングで起きてしまうのです。 便は、その時の身体の具合によって、硬い便、大きな便、量の多い便等、様々です。 特に便秘気味の硬い便の時は、詰まる確率は高くなるでしょう。 大きなボールのような、硬い便が出る訳ではありませんが、大きくなくても硬い便が、便器の出口に集合すれば、それで詰まってしまう事もあるのです。 また便をした後、ついついトイレットペーパーを多く使用してしまう場合もあります。 元々多めに使う習慣のある方は、まず便を流してから、トイレットペーパーを使用し流すと良いでしょう。 出来れば、水がもったいないと言わず、2度、3度に分けて流せば、詰まる確率も低くなるでしょう。 また、便秘気味の体調が続く方は、その間は特に注意した方が良いでしょう。 便秘は女性の方の専売特許ではなく、学校で大便がしづらい小学生のお子様にも非常に多いです。 トイレが詰まると、便器がおかしい、排水管がおかしいと言われる方が多いのですが、まずはご家族で話し合い、皆さんの体調を考えた上で、詰まりの原因を考えると良いでしょう。 お子様の便秘は放っておくと、身体に悪影響を及ぼします。 是非ご注意ください。 しかし、ついつい他のものを流してしまう場合もあるようです。 トイレットペーパーがなくなった時に代用するティッシュペーパー、またはペーパータオルやキッチンペーパーを代用する方も、いらっしゃるようです。 これらのペーパーは、水に溶けません。 水に溶けなければ、詰まる確率は非常に高くなります。 次は、トイレのお掃除シートです。 赤ちゃんのおしりふき等、水に溶けないものは論外ですが、水に溶けるタイプのお掃除シートも要注意です。 市販されているお掃除シートのほとんどが、裏面の使用上の注意で、「1枚で流して下さい、それ以上で流すと詰まる危険性があります」とうたっています。 皆さん、ちゃんと読んで使用していますか? 本来は、単独で1枚使ったら流すというのが基本のようです。 もし水道代がもったいないというのであれば、ゴミ箱に捨て、燃えるゴミとして出すべきです。 また、流せるネコ砂も使用上の注意を読んで、適切に処分して下さい。 ネコ砂でトイレが詰まると、簡単に直す事は難しく、便器を取り外し中の洗浄、そして排水管内も高圧洗浄が必要となる場合が多々あり、業者を呼んで直しても、高額な費用がかかってしまう場合もあります。 ぜひ、くれぐれもご注意ください。 身につけているもの等を落とし、流してしまった場合の詰まり 最近では、水に溶けないティッシュペーパーやウェットティッシュ、ペーパータオル等を意識的にトイレに流す非常識な方は、まだまだ多いようですが、さすがに生理用品や子供のオムツ、オトナの尿パッド等をトイレに流す方は少なくなったようです。 しかし無意識のうちに、便器に落として流してしまう、身体に身につけているものによる詰まりも多発しているようです。 例を挙げると、筆記用具 ボールペン等 、眼鏡や、身体に張り付ける湿布薬、カイロ等々、気が付かないうちに落として流してしまっているケースは多々あります。 また、自宅以外のお店や公共のトイレで、携帯電話を落として拾うのが嫌で、意識的に流してしまうケースもあります。 このようなものが原因で、詰まってしまう事も非常によくあるようです。 これらの多くも、便器の中や出口付近で止まってしまい、詰まりの原因となるのです。 以上のように、 流して良いもので詰まる場合もあれば、流してはいけないもので詰まる場合もあり、直す時にも、単純な詰まりと単純でない詰まりに区別されていきます。 詰まりすぐに直せる解決方法 このように、詰まりと言っても詰まっているもの、詰まっている場所によっては様々な状況があり、詰まりの解決もまた、様々な方法で行わなければなりません。 このような詰まりの中で、皆さんがご自分で直せる詰まりは、どのような状況の時でしょうか。 まずは、詰まった時の状況を確実に確認して、以下の3点の解決方法を行なってみて下さい。 詰まりの原因が便やトイレットペーパーの場合 トイレが詰まった時にごガ族で話し合い、ほぼ間違いなく、便もしくはトイレットペーパーでの詰まりであれば、ラバーカップ スッポン を使用して詰まり直しを行ないます。 ラバーカップ スッポン は、詰まっているものに直接触れて、除去するものではありません。 たまっている水に力を借りて、押すのではなく引く力を利用して、詰まりものを崩し流してしまうのです。 トイレ内では、水が多少こぼれたり跳ねたりしても良い状態にして、ラバーカップのゴムがしっかり、水の中に入ってしまう量で行ないます。 ラバーカップを使用するときに、トイレ用の洗剤や洗浄液、洗浄剤を入れて行なう方もいらっしゃるようですが、 流れていかない便器に入れた、洗剤や洗浄液の成分が空気中に広がり、気分が悪くなったりする場合がありますので、洗剤や洗浄液の使用にはくれぐれもご注意下さい。 また、ラバーカップ スッポン は、単純な便やトイレットペーパーの詰まりの場合は、ある程度行っていれば直ります。 逆に、 ある程度行なっても直らない場合、解決しない場合は、それ以上無理に行なわないで下さい。 最初は引く力を意識して行なっていても、なかなか直らないと、知らず知らずのうちに、押す力の方が強くなっていきます。 あまり押す力が強くなれば、便器と下水管の接続部に負荷がかかり、漏水する危険性がありますので、ラバーカップ スッポン の使用にはくれぐれもご注意下さい。 動画で解説!ラバーカップの正しい使用方法 詰まりの原因がもの落としの場合 詰まってしまった原因が、便やトイレットペーパー以外のものの場合、落としたものによって対処を行なって下さい。 お掃除シート、ティッシュペーパー、ペーパータオル等の場合 基本、ラバーカップ スッポン を使用します。 あまり大量の場合は、下水管内で止まってしまう可能性があるので、お勧めは出来ませんが、多少の量であれば、ラバーカップ スッポン を使用し、直った時には出来るだけトイレで水を流し、屋外の下水マスを開けて、流れてくるペーパー類を拾ってあげます。 ご家族、複数の方で協力し合って行なうと良いでしょう。 生理用品、オムツ、尿パッドの場合 生理用品、オムツ、尿パッド等は、水分を含むと膨らみます。 運が良ければ便器の出口付近まで行かず、途中で止まっている場合もあります。 もしそれが、指の届く位置であれば、なんとか取り出す事も可能かもしれません。 便器にたまった汚水や汚物を、バケツに全て汲み上げてから、便器排水口に手を入れて 指を入れて みたり、手鏡を覗き込んでみたりします。 届くところにあればラッキーでしょう。 また、届かない位置にある場合、例え見えていても、無理に針金やワイヤーを入れたりして、取ろうとしないで下さい。 便器は陶器です、無理にワイヤーや針金を入れる事によって、ワイヤーが陶器を傷つけてしまったり、最悪割れてしまう事もあります。 そうなれば、簡単に詰まり直しではなく、便器を交換しなければならないような事になってしまいます。 どうか、無理だけはしないで下さい。 詰まりすぐに直せない解決方法 すぐに直せない詰まりの場合、解決方法は専門の水道修理業者を呼ぶ事です。 ラバーカップを使用しても直らない場合 便やペーパー以外のものが便器内で止まっているか、下水管内もしくは、下水マスでの詰まりが考えられます。 この場合便器を外して、下水管にトーラー機 電動ワイヤー を挿入して除去するか、下水マスからトーラーのワイヤーを挿入し直す事になります。 また、下水マスで大量の便で詰まっている場合は、高圧洗浄機を使用して、高圧の水で管内マス内を洗浄し、詰まりを直します。 ものを落としてしまった場合 確実にものを落としてしまった場合は、高い確率で便器内、もしくは便器出口付近で止まっていますので、便器を取り外して除去する作業を行ないます。

次の

簡易水洗、汲み取り式トイレのつまりの場合は?

トイレ 詰まっ た

トイレに異物を流してしまった!絶対やってはダメな事と正しい対処法 『ペンを便器に落としてしまいそのまま流してしまった!』 『メガネが排水管に流れてしまった。 』 『水を流すときにライターがポケットから落ちてしまった。 』 トイレは人の便やトイレットペーパーなど、溶けるものを前提に流すことのできる構造になっています。 しかし、メガネやアクセサリーなど、ちょっとした身の回りの物を便器に落としてしまい流れてしまった場合、排水管でどのような状態になっているか知っている人は少ないと思います。 そのまま詰まることなく、流れてくれる物だった場合は良いのですが、流した異物によっては必ずトラブルが起こります。 この記事では、トイレに異物を流してしまった時の正しい対処法を知ってほしいと思います。 トイレに流してはダメなもの トイレには、流して良いものと悪いものがあります。 そして、普段の生活ではあまり意識せずトイレに流していたものが、実は悪いものだったという物も意外と多くあります。 いつも当たり前のように流していた物があった場合はトイレのトラブルが起こる可能性があるので注意してください。 基本として、トイレに流して良いものは• 人の便(動物は不可)• トイレットペーパー• 水 の3つだけです。 トイレットペーパーが切れたときに、代用としてティッシュを使う人も多いと思いますが、実はティッシュもトイレに流してはいけないとされる異物なのです。 なぜティッシュペーパーをトイレに流してはダメなのか なぜ、トイレットペーパーは大丈夫なのにテッシュペーパーは流してはだめなのかと疑問に思う方もいると思います。 それは2つの構造の違いです。 ティッシュペーパーや普通の紙は長く細い繊維で編み込むように作られています。 しかし、トイレットペーパーは細いですが短い繊維で作られています。 短い編み込みと長い編み込み、どちらがほどけやすいかは想像の通りです。 トイレットペーパーは水にすぐほどける、溶けるという理由で作られた紙なのです。 しかし、テッシュペーパーのような長い通常の繊維だと、水の中でもなかなかほどけないため、溶けにくく詰まりの原因となってしまう異物にあたるのです。 ペットの糞もトイレに流すのはダメ ティッシュペーパーだけでなく動物の糞も流してはいけないものとされています。 犬や猫の糞は、人間の便の性質と違い、溶けにくく毛も多く混じっています。 トイレに流れはしますが、 排水管の中のちょっとした唐突に引っかかり、そこに徐々に異物が絡まる原因になります。 結果として排水管が詰まる原因となり、専門業者の修理が必要になることで思わぬ出費につながります。 ペットの散歩でしっかりと糞を回収するのは良い事ですが、それをそのままトイレに流してしまうのはNGです。 ペットの糞は一般のゴミとして処理しましょう。 その他の流してはいけないもの 上記の他にも何気なく流したものが、トイレが詰まる原因になります。 食べ残し、嘔吐物など• ウェットテッシュ• 赤ちゃんのおしりふき• トイレ用ペーパークリーナー トイレに異物を流してしまった時にやってはいけないこと トイレに物を落として流してしまった・・・トイレに流してはいけない異物が流れてしまった場合は、どのように対処すれば良いのでしょうか? ここで間違った対処法をしてしまうと、状況が悪化して大掛かりな修理になることもあります。 そうならない為に、まずはやってはいけないことを知っておきましょう。 とりあえずのラバーカップはやっていけない 異物をうっかりトイレに流してしまいパニックになる気持ちはわかりますが、絶対に、 とりあえずラバーカップ(スッポン)で押すという発想に至ってはダメです。 確かにラバーカップを使うことによって、詰まったものを無理やり排水管に流すことは可能だと思います。 しかし、排水管はまっすぐ続くものではないです。 基本的に排水管は、曲線になっていてカーブが多いので、排水管に無理やり物を流しても、詰まりやすくなってしまうだけなのです。 他にも、排水管のつなぎ目に異物が引っかかり詰まってしまうこともあります。 トイレットペーパーや人の便など、溶けるものが詰まったときにはラバーカップが有効ですが、異物が流れてしまった時に、何の準備もなくラバーカップを使うことは絶対にやってはいけません。 とりあえず水を流すはやってはいけない 異物を流してしまったときに、一番先にやってしまいそうなことが、水を流すことだと思います。 動物の糞などが詰まっているような場合なら良いのですが、便器と排水管をつなぐ汚水路をふさいでしまうような異物が詰まってしまったとすれば、水を流しても水は流れず、便器の水位が上がってしまいます。 1回分くらいなら便器の構造上ギリギリ溢れることはありません。 水の量が多ければ異物も勢いに負けて流れるかもという期待で、もう一度レバーを引くと悲惨な結果になってしまいます。 また便器の内部で詰まっていたものが、 さらに奥の排水管まで流れてしまうと事態は悪化してしまいます。 では、いったいどうすれば良いのでしょうか? トイレに異物を流してしまった時にすべきこと トイレに異物を流したときに、やってはいけないことを把握できたら、次はトイレに異物を流したときに、すべきことを見ていきましょう。 汚水桝(おすいます)をガードして異物が流れないようにする 異物を流してしまった時、比較的近い位置に詰まっている場合は、業者に依頼せず自分で異物を回収することができるケースがあります。 これは異物を落としてから水を流していない場合で、まだ便器内部の汚水路に残っている可能性があるからです。 何度も水を流してしまっていると、汚水路から排水管に異物が流れた可能性がありますので、その場合はすぐに水道業者に相談するべきです。 まだ水を流していないという場合は、異物が便器の汚水路より奥の排水管に進まないようにガードを作ります。 トイレの近くにある汚水桝(おすいます)に、下図のようにスコップ等を刺して立てておくことで、それ以上異物が流れていかないようにガードして取り除きます。 集合住宅は排水テストにより他の住民に迷惑をかける可能性がありますので、管理会社や水道業者に相談してください。 異物が詰まっているかどうかの排水テストを行う 異物が詰まっているか、もう流れてしまっているかを判断する排水テストを行います。 このテストの結果によって自分のトイレがどのような状態かがわかります。 まずは汚水桝をスコップなどでガードします• トイレットペーパーをピンポン玉程度の大きさに丸め6,7個便器に入れます。 丸めたトイレットペーパーを流したらガードをしておいた汚水桝を確認します。 ガードまでトイレットペーパーが流れていればトイレ内部の詰まりはありません。 これを除去することで、異物を流した問題は解決です。 この場合は、トイレが問題なく使えているとしても、流れた異物によっては大きなトラブルになりかねないので、専門の業者に相談するべきです。 この場合は、ラバーカップやワイヤーブラシを使って次の最後の手段に挑みます。 トイレに異物を流したときに個人で出来る最後の手段 「汚水桝にスコップを刺してガードを作り排水テストを行ったけど、トイレットペーパーもろとも汚水路で詰まってしまった。 」 大変な事態になりましたが、しかし、汚水桝の手前で詰まっているのであれば、まだ自力で解決するチャンスはあります。 汚水桝をスコップでガードすることによって、それ以上流してしまった異物が先に進むということはなくなります。 ここで最終兵器ラバーカップを使います。 ガムシャラに何も用意をしていない状態で使うことはおすすめできませんが、このような使うべき状況ではしっかりと使いましょう。 ラバーカップは使うと必ずと言っていいほど水が飛び散ります。 トイレが汚水で汚れることは避けたいので、ゴミ袋に穴を空けるなどの対策をします。 ラバーカップを押したり引いたりすることによる、水流と水圧で詰まった異物を動かします。 ラバーカップの使い方については、「」をご確認ください。 もし、異物が便器に戻ってきた場合は回収することで解決します。 異物が押せた感覚があれば、汚水桝に行って異物が確認できれば除去します。 また、ラバーカップは押すものではなく、本来は引く道具なので異物を押し出す際には、専門店にて購入できるワイヤーブラシを使うことをオススメします。 様々な形に変形させることができ、少々難しいですがラバーカップに比べ確実に異物を押すことができる道具です。 強度があるワイヤーブラシだと、便器を傷つけてしまう恐れもあるので気を付けて焦らず慎重に作業してください。 まとめ ここまで個人が解決に向けて努力することで異物を除去できればそれで良いのですが、あくまで今回紹介した解決法は近くに詰まっている場合のみです。 汚水枡を流れ、それより奥に流れた異物が詰まってしまった場合は、自分でやろうとせずに専門業者に相談することをお勧めします。

次の

トイレが詰まってしまった緊急事態に!自分でできる対処法

トイレ 詰まっ た

トイレが詰まる一番の原因は排水管の形です。 画像のようにトイレの排水管はS字型で湾曲しているので、そもそも流れにくい形なのがわかります。 水に溶けやすいトイレットペーパーでも、大量に流せばこの湾曲部分に詰まってしまうのです。 詰まってしまったものがトイレットペーパーならまだ良いのですが、携帯電話やボールペンなどが胸ポケットから落ちてしまったり、 子供のオモチャなど硬いもの、お菓子の袋など水に溶けない固形物を落としたり流してしまうこともあります。 トイレの排水管が湾曲している理由は、この部分に水を溜めておき、配管から上がってくる下水の臭いや害虫をブロックするためです。 この水を溜める部分を「封水」と言って、排水溝には必ずある構造です。 しかし、 このS字型の湾曲部分は物を詰まらせやすい部分でもあり、 一度便やトイレットペーパーなどが溶け残ってしまい、溶けきる前に新たに詰まりの原因となる物を流すとそこに蓄積されていきます。 その蓄積でトイレが詰まってしまう原因となるのです。 また、水に溶けない固形物を便器に落としそのまま流してしまった場合は、排水管の奥で完全に水の流れを防いでしまうことがあります。 水に溶けない固形物を落とした時は、詰まりを重症化させないために、水は流さず、必ずすぐに取り出すようにしましょう。 トイレの詰まりの原因に関しては以下のページをご覧いただけるとより詳細に解説しています。 お湯の温度は必ず40~60度程度までにしましょう。 トイレに流すお湯の温度は50度程度が一番無難です。 トイレの便器は陶器で出来ているので、沸騰している熱湯を使うと割れてしまいます。 また排水管を痛めてしまい詰まりとは別のトラブルが起こる原因にもなります。 そんな時は同量の水道水(冷水)を混ぜるとちょうど50~60度程度のお湯になります。 一気に沸騰させて、後から水を足すようにして調整するのが良いかもしれません。 トイレ詰まりの原因によってはお湯はNG!お湯を使って「良いとき」「悪いとき」の判断基準 お湯を使ったトイレ詰まりの直し方は、全ての詰まりに対応できるわけではありません。 固形物や異物はもちろん、紙類でもお湯では溶けにくいこともあります。 最初に何が詰まっているのか原因を突き止めることが肝心です。 お湯を使う理由はつまりの原因をふやかして溶けやすくして、排水管の奥へとスムーズに流しやすくするところにあります。 ラバーカップやスッポンと違い、お湯を使うときはつまりを奥へ流すだけなので、 水に溶けない固形物や流れにくいものの場合、余計につまりを悪化させかねません。 大事なことなのでもう一度言いますが、 お湯を使う直し方は、詰まりの原因を溶けやすくして排水管の奥へ流しやすくする方法です。 仮に流れたとしても排水管の奥側へ移動するだけで、詰まりがさらに悪化してしまいます。 最悪の場合トイレを取り外しての大規模修理に発展するので、異物や固形物を詰まらせた時はお湯に限らず水も流すのは控えましょう。 お湯を流す前に便器に溜まった水を抜いておく• 便器に溜まった水を取り除く• 最初にバケツで水を流してみる• それでもダメならお湯をバケツに注ぐ• 同じようにお湯をバケツで流していく• 「4」を2~3回繰り返す• 詰まりが解消できたかの確認はレバーではなくバケツで水を流す まずはバケツで水を流し込む 最初にバケツで水を流し込んでみます。 勢いをつけ過ぎないことがポイントです。 高所から流すこと• 排水口へピンポイントに流すこと 細い滝をイメージしながら行ってください。 高ければ高いほど勢いが付いてつまりを奥へ流します。 ですが、あまり勢いが強すぎると逆に水が溜まるので注意が必要。 これだけで治ってしまうケースも少なくありません。 バケツにお湯を注いで同じように流す 単純にお湯を流すだけでも効果はありますが、先ほどと同じように、 バケツで高所から注ぐとより効果的。 温度で詰まりをふやかす効果に流す勢いがプラスされるので、より短時間で詰まりが溶けるはず。 便器から水が溢れないように注意しましょう。 その際、お湯と同時に重曹やお酢を使うとより効果的。 重曹とお酢を使ったトイレのつまり解消法は、以下のページで詳しく解説しているので参考してください。 詰まりが解消できたかの確認はレバーではなくバケツで水を流す トイレの詰まりが解消できたか水を流して確認するときは、まだ詰まっていて水が流れない可能性があります。 レバーで勢いよく流してしまうと便器から水が溢れてしまうので、バケツで少しずつ流すようにしてください。 それでもトイレの水が流れない・詰まりが直らない時は 上記の方法を2~3回繰り返しても解消しない場合、トイレ詰まりの原因が他にあるかもしれません。 一度ラバーカップやスッポンを試してみましょう。 それでも直らない時は、修理業者への早めの連絡が必要です。 町の水道修理センターでは、無料でお電話の見積からご利用いただけます。 どのようなトイレのつまりの症状でも、即日迅速に出張修理いたします! まずは以下の料金表をご確認ください。

次の