ト 音 記号 意味。 ト音記号の意味と由来を教えてください

ピアノの楽譜は、なぜ「ト音記号」と「ヘ音記号」の2つも使うの?

ト 音 記号 意味

ヘ音記号での音の読み方 それでは早速、ヘ音記号を見てみましょう。 今までのト音記号の代わりに 別の記号が一番左端にありますね。 この記号がヘ音記号です。 ヘ音記号が書かれることによって ト音記号と同様に 音符に音の高さの概念が生まれます。 具体的に どの位置がどの音の高さ(音程)になるのかを 示したのが下記になります。 ヘ音記号の上に1つ線を足して表される C(ド)は C4 です。 ト音記号と比較してみましょう。 ト音記号では下に1つ線を足して表されるC(ド)が C4 でしたね。 ト音記号と比較してみると ヘ音記号は 低い音を表すのに適しているということを 理解できたかと思います。 それではこれを踏まえると ト音記号で扱う音の幅(カバーする音域)は、 下記のようになります。 また、 ト音記号との使い分けをイメージするために ト音記号、ヘ音記号 それぞれでカバーする領域を 1枚の図にしてみました。 上記で ヘ音記号の音域を扱うパートは ヘ音記号を使い ト音記号の音域を扱うパートは ト音記号を使う といった使い分けが良いでしょう。 それでは、ヘ音記号で扱われるパート について次で説明します。 ヘ音記号で扱われるパート ヘ音記号で表しやすいパートは 何になるのかを紹介します。 ・ キーボードの左手パート ・ 低音寄りのストリングス (チェロメイン) となります。 リズムギターのように ハーモニーとリズムを担当するパート というよりは 低音からしっかりと ハーモニーを支えるようなパートですね。 ハーモニーについては別のコンテンツで 説明しますので、 ・ハーモニー ・和音 ・コード のどれかが思いあたる人は、 あれかな? くらいに思っておけば良いかと思います。 どれも思いあたらなくても安心してください。 説明する時が来たら、 しっかりとおさえていきますので! スポンサードリンク 補足 ヘ音記号の由来 ト音記号同様、 DTMの普及や楽譜作成ソフトの普及により 近年では、手書きでヘ音記号を書く必要がない 時代になってしまいましたが、ヘ音記号も 名前の由来 形の由来 それぞれについて説明します。 まず名前の由来です。 ヘ音記号の書き方ですが、 真中から外に向かって 右に円を描くように書き、 その後、 1本目と2本目の間と 2本目と3本目の間に 点を打ちます。 書き始める スタートの位置に注目して 記号を見てください。 何かに気がつきましたか? ト音記号の名前の由来を 覚えている人はわかりましたね? 開始位置がF(ファ)の位置になっていますね。 「F」は日本語の「ヘ」にあたります。 つまり、 「ヘ」が中心に来るため、 ヘ音記号と呼ばれます。 もし、 手書きで書く場合は、ト音記号と同じく 開始位置はとても重要 なので注意しておいてください。 次にヘ音記号の形の由来です。 「ヘ」が中心という説明をしました。 「ヘ」は「F」の別名でしたね。 ト音記号は「G」が形の由来、 ヘ音記号は「F」が形の由来 となったと言われています。 以上、ヘ音記号の由来でした。 やはり、形の由来よりも 名前の由来の方が 価値があるので、覚えるのであれば 名前の由来を優先すると良いですね。 最後に いかがだったでしょうか? ト音記号でも同じことを記載しましたが、 補足については、覚えなくても 本サイトを読み進める上では全く困りません。 ・ ヘ音記号で書いてある 楽譜の音がわかる ・ 自分で ヘ音記号楽譜に音を書ける この二つができるようになっていれば、 ここのコンテンツとしては大丈夫です。 できたのであれば、 次の 「」 に進みましょう。

次の

11.音名・ト音記号・へ音記号

ト 音 記号 意味

ト音記号のあの形は、Gの文字をもとにデザイン化したもの。 G文字の書き出しの位置が5線紙上の「G」の位置を示します。 ですからト音記号は、常に G-clef です。 treble clef とは、上下2段になっているスコア(楽譜)の上の段に用いられる符号であり、多くの場合、ピアノによる演奏を前提としているため上の段に G-clef が用いられますが、使用する楽器の音域によっては必ずしもG-clef が都合よいとは限りません。 日本語で「ト音記号」と「高音部記号」という言い分けがあるように、それぞれに G-clef と treble clef が対応します。 現実として高音部記号にト音記号が用いられている場合、それを指して treble clef と呼ぶことは差し支えありません。 treble clef の言い方の方が一般的に感じるのは、「ト音記号の呼び名」としてそれが普通だからなのではなく、2段構成の楽譜なら通常はピアノスコアであり、そこで上の段の符号をさすときは、「下の段ではない」という対照が意識されますから、必然的に「高音部記号」という相対的な位置を意味する名称が使われやすいということです。 G-clef, H-clef, F-clef のいずれにしても上下2段になっていない譜面では、高音とか低音という相対的区別に基づいた名称は必要ないので、「この記号は何か」と言われれば G, H, F の名称で答えることになります。 古い楽譜では現代音楽よりもっと複雑な記譜をしていたことがあり、G-clef以外を高音部に設定した音域による演奏もありえたわけです今では楽譜印刷技術の進歩によりシンプルに表現されるようになり、高音記号といえば G-clef のことをいいますが、一部のエスニック楽器など特殊音域の楽器だけで構成された演奏を記譜しようとすると G-clef 以外の音部記号を高音部にすえた方が都合のいいケースもあるかも知れません。 一般音楽において「G-clef」のことを「高音部の記譜に主に用いられる音部記号」という意味で高音記号と呼ぶのはかまいませんが、本来 G-clef と treble clef は別概念です。 「ト音記号」は「ト音」の位置を示す記号ですね。 五線譜の上のどこにでもおけます。 書き出しのくるっとなったところげ「ト音」を示します。 いろいろある「ト音記号」の位置のうち、現在一般に使われるのは、 トレブル記号だけで、それは、「ト音」(正確には、G4)が 五線の下から2番目であることを表します。 ですから、日本語でも、英語でも、現在、 「ト音記号」「the G-clef」と言えば、 「トレブル記号」「the treble clef」のことを言います。 わたし自身は、英語で、「the G-clef」のほうをよく聞きますが、 検索して見ると、「the treble clef」のほうが9倍近く使われている ようです。 でも、検索数は、たんに目安です。 the treble clef(検索では、こちらの使用例の方が多い) the G-clef.

次の

ト音記号とヘ音記号。「ド」の場所を覚えよう!

ト 音 記号 意味

ト音記号での音の読み方 それでは早速、 ト音記号で現した音を見てみましょう。 前のコンテンツの楽譜にはなかった記号が 一番左端にありますね。 この記号がト音記号です。 抜き出してみて見ましょう。 下記です。 ト音記号が書かれることによって 音符に音の高さの概念 (これは「ド」だな、など) が生まれます。 具体的に どの位置が どの音の高さ(音程)になるのか を示したのが下記になります。 前のコンテンツで、 五本線の上にも下にも線を足せる と説明しましたが、 読みやすさを考えると、 ・下は三本 ・上は四本 といったところが現実的です。 なぜ上の方が多いかというと実際の現場では ト音記号が最も高い音を現す記号として 使われがちなので、上の方が若干ですが 幅が広くなる傾向にあります。 今回の表された音程を見て 気が付いた人もいるかと思いますが、 ドレミファソラシ 全て 2つ以上存在 していますね。 楽譜に表された高さが違うので 当然、 同じドであっても音が違います。 これをどう表すかについて説明します。 まず、 ド レ ミ ファ ソ ラ シ は アルファベットで表すことができます。 具体的には、 ・ド ・・・ C ・レ ・・・ D ・ミ ・・・ E ・ファ ・・ F ・ソ ・・・ G ・ラ ・・・ A ・シ ・・・ B に対応する決まりがあります。 先ほどの楽譜を C D E F G A B に変えたものを見てみましょう。 ここまでは単に英字に変更しただけですね。 では、 同じアルファベットを 区別するため にどうするか? 答えです。 アルファベットの後に 数字を付ける となります。 アルファベット+数字で表した楽譜 を見てみましょう。 ト音記号の下に1つ線を足して表される C(ド)は C4 です。 見てわかるとおりですが、 数字は、 ・低い音ほど小さく ・高い音ほど大きく なります。 それではこれを踏まえると ト音記号で扱う音の幅(カバーする音域)は、 下記のようになります。 ト音記号で扱われるパート 作曲をする上では、 様々なパート(ボーカルや楽器)を 作っていくことになるのですが、 パートによって ・ト音記号を使う ・ヘ音記号を使う(別コンテンツで記載) といった形に分かれます。 なぜかというと 担当する音域(音の高さの幅)が 異なるから です。 例えば、 ベースのような低い音を担当する楽器は、 ト音記号で現すとものすごい下の方、 五線の下に何十本と足すレベルになるので ト音記号で現すのは不便、向かないわけです。 では、ト音記号で現しやすいパートは 何になるのかを紹介します。 ・ ボーカル ・ リードギター ・ キーボードの右手パート ・ 高音寄りのストリングス (バイオリンメイン) といった形になります。 音色の種類は、かなり多いので、もちろん ここに挙げた以外にも多くありますが、 王道のバンド曲などで使うパートを考えて 挙げています。 補足1 音の呼び方色々 本コンテンツの最初で取り上げた音の高さ ド レ ミ ファ ソ ラ シ と C D E F G A B ですが、 実は、もっと様々な呼び方があるので 紹介しておきます。 一覧表にした方がわかりやすいので、 下記に載せます。 いかがでしょうか? よく使われるドレミ~という呼び方、 実はイタリア語だったんです。 意外と思った方も多いのではないでしょうか? 同じ「ド」という音を持っていても 様々な呼び方がありますね。 私の周りを見てみると、 音大など昔からある学び場ではドイツ語 専門学校など近年出てきた学び場では英語 が使われている印象です。 しかし、 意味は同じですので全て覚えることは、 必須ではありません。 楽譜に書けばすべて同じになりますしね。 こういった点からみても、 楽譜は優れていると言えます。 スポンサードリンク 補足2 ト音記号の由来 近年では、手書きでト音記号を書く必要がない 時代になってしまったので、 作曲を学ぶ上では重要性が低い内容ですが、 勉強熱心な方もいると思いますので、 ト音記号の名前の由来 ト音記号の形の由来 それぞれについて説明します。 まずト音記号の名前の由来です。 ト音記号の書き方ですが、 真中から外に向かって円を描くように 書きます。 それを踏まえて記号をよく見てください。 何かに気がつきましたか? 開始位置がソの位置になっていますね。 「ソ」は、先ほど挙げた別名の「ト」 にあたります。 つまり、「ト」が中心に来るため、 ト音記号と呼ばれます。 もし、手書きで書く場合は、この開始位置、 とても重要なので注意しておいてください。 次にト音記号の形の由来です。 「ト」が中心という説明をしました。 「ト」は「ソ」の別名でしたね。 それでは、 「ソ」の他の別名は何か覚えていますか? 答えは「G」です。 この「G」が、形の由来となった と言われています。 「G」自体が変化してできた 大文字「G」と小文字「g」が組み合わさった など諸説ありますが、 英字「G」が元になってはいるようです。 以上、ト音記号の由来でした。 形の由来は、 本当にトリビアと呼べる内容なので、 どうせ覚えるのであれば、 名前の由来を覚えてください。 記号の開始位置がなぜ重要なのかは、 どこかで説明したいと思いますが、 この段階では不要です。 気になるあなたのために、 一言で簡単に説明しておくと 五線譜の一番下の線を 開始位置にしたト音記号を書けば、 一番下の線が「ソ」を現すようになる です。 最後に いかがだったでしょうか? 補足については、 本当に補足なので覚えなくても 本サイトを読み進める上では全く困りません。 ・ ト音記号で書いてある楽譜の音がわかる ・ 音程を自分でト音記号の楽譜に書ける (C4 G5 A3などを書ける) この二つができるようになっていれば、 ここのコンテンツとしては大丈夫です。 できたのであれば、 次の 「」 に進みましょう。

次の