アラセナ a 軟膏 市販。 口唇ヘルペス塗り薬アラセナA軟膏(ビダラビン) VS ゾビラックス軟膏(アシクロビル)

Canadian Acoustics

アラセナ a 軟膏 市販

先ずは帯状疱疹について説明します。 帯状疱疹は、みずぼうそうと同じウィルス・帯状疱疹ウイルスが原因で引き起こされます。 帯状疱疹と言われると馴染みがない方が多いかもしれませんが、 もとは水疱瘡と同じウィルスのために水痘・帯状疱疹ウイルスに初めて感染した時は水疱瘡として発症します。 水疱瘡が治った後、加齢やストレスや過労などが原因で免疫力が低下してしまうと潜んでいたウイルスが再び活動を始めます。 それが皮膚まで到達すると、帯状疱疹として発症するのです。 皮膚病なら家にある市販の塗り薬でも治ると思う方もいるかもしれません。 確かに市販薬アラセナSと処方薬アラセナAは、成分が同じなのでどちらでも効果があると言われています。 しかし、 アラセナSは帯状疱疹には使用しない様に国が定めています。 効果が出なかったり症状を悪化させる塗り薬もありますので、帯状疱疹は病院から処方された薬を使用して治療しましょう。 帯状疱疹の症状の1つに水ぶくれがあります。 もし水ぶくれが破れた場合に、感染を防ぐ目的で使用するのがゲンタシン軟膏です。 その主成分であるゲンタマイシン硫酸塩が配合された市販薬は、現状販売されていません。 ゲンタシン軟膏を使用したい場合は、病院からの処方箋が必須になります。 市販薬でも、ゲンタシン軟膏とは成分が違いますが同じ様な効果が期待出来る塗り薬はあります。 【市販薬一例】 ・田辺三菱製薬から販売されている『フルコートF』 ・ゼリア新薬から販売されている『ドルマイコーチ軟膏』 ・ジョンソンエンドジョンソンから販売されている『テラマイシン軟膏a』 ・第一三共ヘルスケアから販売されている『ベトネベートN軟膏AS』 全て第2類医薬品なので、薬剤師さんが常駐していないドラッグストアでも購入出来ます。 皮膚の治療薬と言えば、リンデロンを思い浮かべる方もいると思います。 ですが、 リンデロンは帯状疱疹には使用してはいけません。 何故ならステロイドが含まれているからです。 ステロイドには、免疫システムの過剰な働きを抑える免疫をおさえる作用と、炎症を抑える作用があります。 なので湿疹や皮膚炎の治療には効果的なのですが、帯状疱疹を含む皮膚感染症の場合は別です。 病気の元となるウィルスの感染によって引き起こされるのが感染症です。 私達の体は病気のもとが入り込むと、免疫を作って体を守ろうとしている細胞が体の中で戦っているのです。 そのため腫れたり痒くなったりするのは、免疫を作る細胞が病気の元と闘っている為に出るものです。 頑張って免疫を作る細胞が活躍しているのに、免疫をおさえる作用のあるステロイドが入っている薬を塗ってしまうと、免疫を作る細胞の力が弱まってしまいます。 そうなると病気の元となるウィルスの増殖が止められなくなり、結果として症状が悪化してしまうのです。 リンデロンは市販されていないので、自己判断で使用するという事は少ないかもしれません。 ですが、 病院から処方された以外は使用しない様に気を付けましょう。

次の

アラセナS

アラセナ a 軟膏 市販

Contents• 帯状疱疹治療薬アラセナ-Aとは 日本では2001年7月より販売されている、帯状疱疹などの原因となるヘルペスウイルスに効く抗ウイルス薬の1つである「アラセナ-A」。 内服薬はなくて外用薬と注射薬があります。 (今回は注射薬については省いています) 塗り薬で帯状疱疹に適用があるのはアラセナ-Aだけです。 アラセナ-Aにも、もう、ジェネリック医薬品がでていますので、支払いが安くできます。 アラセナ-Aの成分名はビダラビンである。 帯状疱疹はヘルペスウイルスの1種、水痘・帯状疱疹ウイルスによって起こります。 水痘・帯状疱疹ウイルスに初めて感染すると、水ぼうそうとして発症します。 治療により水ぼうそうが治ったあと、水痘・帯状疱疹ウイルスは体内の神経節に潜んでいます(潜伏感染)。 その後、加齢やストレス、過労などが引き金となってウイルスに対する免疫力が低下すると、かくれていたウイルスが再び活動をはじめ、神経を伝わって皮膚までやってきて、帯状疱疹として発症することになります。 なので、水ぼうそうにかかったことのある人は、誰でも帯状疱疹を発症する可能性があります。 アラセナ-Aは核酸類似体でありデオキシグアノシン三リン酸と競合的に拮抗してヘルペスウイルスDNAの複製を阻害するすることで、抗ウイルス作用を示します。 既存の経口抗ヘルペスウイルス薬と作用機序が同じため、交差耐性を示すことがあります。 アラセナ-Aは水痘・帯状疱疹ウイルス及び単純ヘルペスウイルスに対して抗ウイルス活性を有していて帯状疱疹や単純疱疹に適応があります。 スポンサーリンク 禁忌 1)本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者 用法用量 帯状疱疹(単純疱疹にも適用があります) 患部に適量を1日1~4回、塗布または貼付する。 眼科用として、角膜、結膜には使用しないこと。 この薬剤の基剤によりラテックスゴム製品を劣化・破損する可能性がある。 帯状疱疹の治療においては原則として皮疹出現後5日以内に治療を開始すること。 帯状疱疹の治療においては本剤を7日間使用し、改善の兆しが見られないか、あるいは悪化する場合には、他の治療に切り替えること。 帯状疱疹に適用がある剤型は *軟膏 アラセナ-A軟膏3% 304. 慎重投与 コホリン(ペントスタチン)と併用するとビダラビンの濃度が増加するおそれがある。 腎不全、肝不全、神経毒性などの重篤な副作用がでたとの報告がある。 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には治療上の有益性が危険性を上回る場合にのみ投与すること。 低出生体重児、新生児、乳児に対する安全性は確立していない。 (使用経験がない) 薬としての効果 帯状疱疹の塗り薬のアラセナ-A(軟膏・クリーム)は唯一、塗り薬で帯状疱疹の適用があるお薬になります。 外用として局所に塗布するだけなので、副作用が出にくいのですが、その分効果も十分でないことも考えられます。 (注射薬としてのアラセナ-A点滴静注用は、免疫抑制患者の場合に使用されます。 今回は情報を省いています) 副作用について 主な副作用としては、接触皮膚炎様症状等の局所刺激症状である。 その他では刺激感、そう痒感等 外用薬なので、それほど特筆すべきことはありません。 (局所作用のみだから) まとめ 帯状疱疹治療薬としてのアラセナ-Aには、塗り薬と注射薬があります(今回は塗り薬についての情報です)。 外用薬としては、外用として局所に塗布するだけなので、副作用が出にくいのですが、その分効果も十分でないことも考えられます。 ジェネリック医薬品が販売されているため、より安く治療できる場合があります。

次の

医師が処方するヘルペス薬と同じ成分の市販薬を紹介するよ

アラセナ a 軟膏 市販

先ずは帯状疱疹について説明します。 帯状疱疹は、みずぼうそうと同じウィルス・帯状疱疹ウイルスが原因で引き起こされます。 帯状疱疹と言われると馴染みがない方が多いかもしれませんが、 もとは水疱瘡と同じウィルスのために水痘・帯状疱疹ウイルスに初めて感染した時は水疱瘡として発症します。 水疱瘡が治った後、加齢やストレスや過労などが原因で免疫力が低下してしまうと潜んでいたウイルスが再び活動を始めます。 それが皮膚まで到達すると、帯状疱疹として発症するのです。 皮膚病なら家にある市販の塗り薬でも治ると思う方もいるかもしれません。 確かに市販薬アラセナSと処方薬アラセナAは、成分が同じなのでどちらでも効果があると言われています。 しかし、 アラセナSは帯状疱疹には使用しない様に国が定めています。 効果が出なかったり症状を悪化させる塗り薬もありますので、帯状疱疹は病院から処方された薬を使用して治療しましょう。 帯状疱疹の症状の1つに水ぶくれがあります。 もし水ぶくれが破れた場合に、感染を防ぐ目的で使用するのがゲンタシン軟膏です。 その主成分であるゲンタマイシン硫酸塩が配合された市販薬は、現状販売されていません。 ゲンタシン軟膏を使用したい場合は、病院からの処方箋が必須になります。 市販薬でも、ゲンタシン軟膏とは成分が違いますが同じ様な効果が期待出来る塗り薬はあります。 【市販薬一例】 ・田辺三菱製薬から販売されている『フルコートF』 ・ゼリア新薬から販売されている『ドルマイコーチ軟膏』 ・ジョンソンエンドジョンソンから販売されている『テラマイシン軟膏a』 ・第一三共ヘルスケアから販売されている『ベトネベートN軟膏AS』 全て第2類医薬品なので、薬剤師さんが常駐していないドラッグストアでも購入出来ます。 皮膚の治療薬と言えば、リンデロンを思い浮かべる方もいると思います。 ですが、 リンデロンは帯状疱疹には使用してはいけません。 何故ならステロイドが含まれているからです。 ステロイドには、免疫システムの過剰な働きを抑える免疫をおさえる作用と、炎症を抑える作用があります。 なので湿疹や皮膚炎の治療には効果的なのですが、帯状疱疹を含む皮膚感染症の場合は別です。 病気の元となるウィルスの感染によって引き起こされるのが感染症です。 私達の体は病気のもとが入り込むと、免疫を作って体を守ろうとしている細胞が体の中で戦っているのです。 そのため腫れたり痒くなったりするのは、免疫を作る細胞が病気の元と闘っている為に出るものです。 頑張って免疫を作る細胞が活躍しているのに、免疫をおさえる作用のあるステロイドが入っている薬を塗ってしまうと、免疫を作る細胞の力が弱まってしまいます。 そうなると病気の元となるウィルスの増殖が止められなくなり、結果として症状が悪化してしまうのです。 リンデロンは市販されていないので、自己判断で使用するという事は少ないかもしれません。 ですが、 病院から処方された以外は使用しない様に気を付けましょう。

次の