朝顔 タネ。 朝顔の種に傷をつけると発芽しやすいって本当!?

「芽切り」って知ってますか?意外と知らない朝顔の育て方 種まき編

朝顔 タネ

セミナーや展示会で変化朝顔への興味を深める 2017年7月27日〜8月3日に開催された「変化朝顔展示会&大輪朝顔」会場にて。 江戸時代から200年を経て、愛好家により現代まで伝えられてきた古典園芸の一つ、変化朝顔。 子ども時代、夏休みに育てた記憶のある丸く整った大輪の花を咲かせるアサガオとは違い、花に切れ込みが入ったり、つるが長く伸びなかったり、細葉だったりと、思いがけない多くの変化が見られるアサガオのグループです。 仁田坂英二さんの著書『変化朝顔図鑑』と、セミナーで配布された「変化朝顔お試し8種セット」、井上尚子さんが配布した「青斑入蝉葉枝垂青紫丸咲大輪」のタネ。 この朝顔の魅力を伝え、ファンを増やしているセミナー「未来につなぐ江戸の朝顔文化〜歴史と鑑賞〜」(主催:園芸文化協会 2017年7月開催)で講演を行った、九州大学大学院 准教授で『変化朝顔図鑑』(化学同人刊)の著者、仁田坂英二さんと、広島市植物公園主任技師の井上尚子さんが配布したタネを7月上旬に播いた様子をレポートでお伝えします。 タネ播きから発芽まで 朝顔のタネ播きの適期は、5月中旬から6月初旬ですが、セミナーが行われた直後の7月上旬でもまだ間に合うというアドバイスを受け、2017年7月10日にタネ播きを開始。 変化朝顔の中でも、タネが採れる初心者向きの「正木(まさき)タイプ」の青斑入蝉葉枝垂青紫丸咲大輪(広島あさがお研究会が2016年に採取)です。 説明書きにある通りに、へそのサイドをヤスリで削ってタネ播きの準備をします。 小さくてタネが飛びそうになるので慎重に行いました。 ビニールポットに用土を入れ、ヤスリをかけた部分が上になるようにして1. 5㎝の深さに埋めたら、霧吹きでたっぷり水をやって発芽を待ちます。 説明書きによると4日ほどで発芽とありますが、このタネたちは何日で発芽するのでしょうか。 なんとタネ播き後、3日で発芽! 中央付近のポットの発芽は遅れているのでしょうか……。 最初の発芽から、さらに10日後。 本葉が展開し始めたものや、これから双葉が開きそうなものなど、成長スピードはまちまちですが、半数以上のタネが発芽したのでひと安心。 植え付けから開花 植え替えを行ったのは、7月23日。 さて、開花は間に合うのでしょうか。 葉が小ぶりの苗は、直径10㎝の鉢に、葉が大きめの苗は、直径15〜20㎝の鉢に植え付けました。 タネを播いて1カ月以上経過した8月20日の様子。 つるの伸びが速いものは行灯仕立てにして、つるをぐるぐる巻いていきました(写真の行灯は100円ショップで購入)。 まだつぼみが出ず、心配になってきました。 それから3日後、つぼみを確認! さて、何色が咲くのでしょうか? 次々と開花。 紫が濃いものから、花びらに切れ込みがあるもの、白く縁取られたものも咲き、朝起きるのが楽しみに。 9月17日には、すべての鉢に花が咲きました。 そろそろ開花も終わりそうです。 大輪のアサガオに比べて、つるの伸びがゆるやかで、花も比較的小さめ。 あまりスペースがないベランダガーデンに、変化朝顔栽培はちょうどいいようです。 花と葉の形を観察するため押し花に 鉢の中で咲いている状態では、それぞれの特徴が分かりにくいため、切り取って並べてみました。 正面からはでは分かりにくかった花筒の長さや、ピンク色の濃淡の違い、葉の形の違いが比較でき、変化朝顔の素朴な表情に魅せられました。 採取したままでは惜しいので、押し花に。 押し花にして1日後。 花びらは薄く透明になり、繊細な表情に。 写真でも形態の記録は残せますが、実物大の葉や形を残すには押し花が一番ですね。 開花後、タネが膨らんできたので、熟すまで水を切らさず、10月29日につるごと採取。 並べてみると、つるの色も薄緑からオレンジ、赤とバリエーションがあることを発見。 数日新聞紙の上に乗せて乾燥させたら、種類ごとにタネを小袋に入れ、冷蔵庫で翌年まで保管することにしました。 変化朝顔のタネを採取して次の年に播いたら、どんな花と出合えるのか、楽しみです。 ガーデニング・植物そのものの魅力に加え、女性ならではの視点で花・緑に関連するあらゆる暮らしの楽しみを取材し紹介。 「3and garden」の3は植物が健やかに育つために必要な「光」「水」「土」。

次の

朝顔の種まき時期はいつ頃?種の向きや間隔とコツについて!

朝顔 タネ

Contents• 朝顔の種に傷をつけていいの? 朝顔の種の皮は水を通さないので、何も手を加えずにそのまま栽培しても 発芽しないことが多いです。 発芽をしやすくするために、種に少し傷を付けることを硬実処理といいます。 しかし、いい加減に種に傷をつけても、それはそれで発芽できません。 また傷をつけること以外にも硬実処理をする方法はあります。 それは種を植える1日前の夜に、種をぬるま湯につけて置くことです。 これを吸水処理といいます。 先程も言いましたが、朝顔の種は浸水性がないので水分を吸収することが、 他の種に比べて難しいです。 一晩ぬるま湯につけて置くことで、種にいっぱい水を吸わせて、 さらに皮を柔らかくすることで、植えた後の吸水性もアップします! 市販で購入したものには、種が入っている袋に「発芽処理済」と書いてあるので 買う前には、そちらを確認してみてください。 処理済みの種を購入された場合は、硬実処理を行う必要はありません。 傷の付け方は? 傷を付けてほしい場所は、種の外側のカーブしているところです。 へそを上にして持ったときに、180度横に回転させた部分です。 へそとは、発芽する部分のことで、少し凹んでいるところのことです。 1番気をつけるポイントは、 「発芽する部分に傷をつけないこと」です! ここに傷をつけてしまうと、上手に水を吸収できても発芽しません。 では、どうやって傷を付けたらいいでしょう? わたしのおすすめは、 爪切りのヤスリの部分を使うことです! 傷が深く付いてしまうと、葉っぱに穴が空いてしまったり、根を傷つけてしまったりします。 爪切りのヤスリを使って、白い部分が見えるまで丁寧にこすります。 種の大きさは小さいので、気をつけて作業しましょう。 スポンサーリンク 朝顔の他に硬実処理ができる植物もある? 先程も言いましたが、朝顔の種の皮は、水を通さない性質です。 なので、何も手を加えないと水を吸収することができません。 このような種のことを、硬実種子といいます。 硬実種子は朝顔以外にもあります。 それは、 オクラ・ニガウリ・スイートピー・ホウレンソウ・レタスなどです。 オクラやニガウリは、種に傷を付ける処理がよく、 スイートピーやホウレンソウ、レタスは、 種を植える前に、半日〜1日半ぬるま湯につけておく処理が好ましいです。 その時に、1〜2回はぬるま湯を交換し、種が柔らかくなってから植えましょう。 ではなぜ、このような硬い皮の種が存在するのでしょうか? 種の皮の1番大切な役割は、外の環境に左右されないことです。 暑かったり、寒かったり、乾燥していたり…と周りの環境の変化に耐えられるように 皮が硬くなったのです。 もう1つ大切な役割もあります。 それは、動物に食べられてしまった時に、動物の体内で消化されずに排泄されることによって 自分で移動せずに、生育環境を変えることができます。 こうすることで、自分たちの生育地を広げていくのです。 まとめ 植物を育てるのって難しいですよね? わたしは今まで、何度も枯らしてしまったり、腐らせてしまったりしました。 しかし、何度も失敗を繰り返す内に、だんだん水やりのタイミングや 植え方のポイントなどがわかってきました! 緑が周りにある生活というのは、目から癒やしがもらえて気持ちがいいです。 ぜひみなさんもチャレンジされてみてはいかがでしょうか? あわせてこちらもどうぞ.

次の

朝顔の種まき時期はいつ頃?種の向きや間隔とコツについて!

朝顔 タネ

Contents• 朝顔の種に傷をつけていいの? 朝顔の種の皮は水を通さないので、何も手を加えずにそのまま栽培しても 発芽しないことが多いです。 発芽をしやすくするために、種に少し傷を付けることを硬実処理といいます。 しかし、いい加減に種に傷をつけても、それはそれで発芽できません。 また傷をつけること以外にも硬実処理をする方法はあります。 それは種を植える1日前の夜に、種をぬるま湯につけて置くことです。 これを吸水処理といいます。 先程も言いましたが、朝顔の種は浸水性がないので水分を吸収することが、 他の種に比べて難しいです。 一晩ぬるま湯につけて置くことで、種にいっぱい水を吸わせて、 さらに皮を柔らかくすることで、植えた後の吸水性もアップします! 市販で購入したものには、種が入っている袋に「発芽処理済」と書いてあるので 買う前には、そちらを確認してみてください。 処理済みの種を購入された場合は、硬実処理を行う必要はありません。 傷の付け方は? 傷を付けてほしい場所は、種の外側のカーブしているところです。 へそを上にして持ったときに、180度横に回転させた部分です。 へそとは、発芽する部分のことで、少し凹んでいるところのことです。 1番気をつけるポイントは、 「発芽する部分に傷をつけないこと」です! ここに傷をつけてしまうと、上手に水を吸収できても発芽しません。 では、どうやって傷を付けたらいいでしょう? わたしのおすすめは、 爪切りのヤスリの部分を使うことです! 傷が深く付いてしまうと、葉っぱに穴が空いてしまったり、根を傷つけてしまったりします。 爪切りのヤスリを使って、白い部分が見えるまで丁寧にこすります。 種の大きさは小さいので、気をつけて作業しましょう。 スポンサーリンク 朝顔の他に硬実処理ができる植物もある? 先程も言いましたが、朝顔の種の皮は、水を通さない性質です。 なので、何も手を加えないと水を吸収することができません。 このような種のことを、硬実種子といいます。 硬実種子は朝顔以外にもあります。 それは、 オクラ・ニガウリ・スイートピー・ホウレンソウ・レタスなどです。 オクラやニガウリは、種に傷を付ける処理がよく、 スイートピーやホウレンソウ、レタスは、 種を植える前に、半日〜1日半ぬるま湯につけておく処理が好ましいです。 その時に、1〜2回はぬるま湯を交換し、種が柔らかくなってから植えましょう。 ではなぜ、このような硬い皮の種が存在するのでしょうか? 種の皮の1番大切な役割は、外の環境に左右されないことです。 暑かったり、寒かったり、乾燥していたり…と周りの環境の変化に耐えられるように 皮が硬くなったのです。 もう1つ大切な役割もあります。 それは、動物に食べられてしまった時に、動物の体内で消化されずに排泄されることによって 自分で移動せずに、生育環境を変えることができます。 こうすることで、自分たちの生育地を広げていくのです。 まとめ 植物を育てるのって難しいですよね? わたしは今まで、何度も枯らしてしまったり、腐らせてしまったりしました。 しかし、何度も失敗を繰り返す内に、だんだん水やりのタイミングや 植え方のポイントなどがわかってきました! 緑が周りにある生活というのは、目から癒やしがもらえて気持ちがいいです。 ぜひみなさんもチャレンジされてみてはいかがでしょうか? あわせてこちらもどうぞ.

次の