爆走 兄弟 レッツ & ゴー。 爆走兄弟レッツ&ゴー!! 動画(全話あり)|アニメ広場|アニメ無料動画まとめサイト

【爆走兄弟レッツ&ゴー】星馬烈の歴代ソニックまとめ

爆走 兄弟 レッツ & ゴー

こしたてつひろ 出版社 掲載 掲載期間 - - 巻数 全13巻() 全7巻() 既刊4巻(RR) 既刊4巻() アミノテツロー() (、) 、 放送期間 - 話数 全話(・) 全話() は〜に『』()で連載。 、、など、様々なを展開し、第を巻き起こした。 向けの作品だが、魅的なからが多い。 「」のでは回答者の7割がだったという(関連参照)。 ではがである。 特に、を起こす彼を落ち着かせるためが発した『落ち着け!!!! 』 は徴的なとなっており、が貼られる事が多い。 版では要の5人にがいる。 のとしてはが多く使われている。 アニメ から3年間、で放送された。。 大追跡! (開) から化されたが、編ではの告知なく感受性発作対策の処理が施され、動きがしいではやに残像が発生している。 発売元のは発売の5日後に処理について発表した。 残像は編・編では軽減され、ではほとんどない。 詳細は関連、外部を参照。 編ではとのがとでをしながら途中でが溶岩に落とされたりしながらも、をして突き進んでいく話。 編はの強達とでをしながら途中でを破壊されながらも、をして突き進んでいく話。 編では役が一に交代。 に対抗し最終的にを操ると戦いながらもを走らせていく話となる。 版はにの部分が多く、特に編は基本設定を除きどの展開となっている。 Retn rs!! ズ伝』が2作同時連載中。 登場人物(無印・WGP編) TRFビクトリーズ他 (:) ・編ので、の。 名前のは「」ではなく「ゴー」。 使用は。 詳細は を参照。 (:) ・編ので、の。 使用は。 詳細は を参照。 (:) ・に登場。 、特にの最大の。 使用は イタガー。 詳細は を参照。 羽丸(:) ・に登場。 ので甘えん坊な性格だが、に対しては「野郎」と呼び常ににした発言が多い。 は0をにした丸。 ではをしたイ丸。 「〜ダス」が口癖。 (:) ・編に登場。 のの一人。 は ・・。 詳細は を参照。 (:) ・編に登場。 は ト。 詳細は を参照。 太(:) と同じくにを託された。 使用は「 」。 違反のでのを傷つける、作中最初の。 ではのまま序盤で消えたが、では再登場し編終盤まで活躍。 舎の軍団がのりに遭い、後は心してらと共にに対抗する側に回る。 こひろ(:) をかけたしい。 最初の大会でと出会いしたで、では編終盤まで活躍。 当初の使用は名「2. セイロク発売後は「セイロク」「セイロク2ックス」。 堅実な走りから「偉大なる均値」の異名をとる。 佐上(:) ・編の。 元々はだが、後ににも僅かに登場。 佐上店ので、の。 とはのような感で格として要所を締める。 達に感化されてを始め、当初はヤカやら名有り以下の扱いを受けたが時折健闘も見せた。 当初の使用は. の機「」。 後にに現れたのから. の機「」を託される。 さらに終了後のでは、ボディがZで出来た「」を使用。 (:) から登場。 開発の第一人者で、での。。 たちが楽しめる開発を行う。 温厚な性格でたちの自性に任せることが多い。 劇中では、の解説をに担当する。 いろいろと解説するが結局はである。 やたらとと発言するため、内では登場するとのがつけられる。 心(:椎重) から登場。 との師で界の偉人。 一線を退いて陶芸になっていたが、とにZの開発のために協を仰がれ、彼らを認めを貸す。 編では際連盟の名誉に就任し、ビクトの出場を取り計らう。 奇行で周囲を振り回しながらも穏やかな助言で達を導く、本作におけるの。 (:) から登場し、で及び会を担当する。 のは本作にて。 詳細は を参照。 大神軍団 編における敵役。 が開発したを操る達。 は、名前は「厳」から取られた物騒な連中。 (:) 礼儀正しいが好戦的で冷酷な。 ではだがではにい瞳と立つ容姿になっている。 使用はので相手のを切り裂く「」。 ではのに敗れ再登場した時点で心していたが、ではまでに執着し執拗に狙い続けた。 編ではズのとして登場、以前とは打って変わって柔和な表情になった。 ばかりの選手達とのやり取りは往年のスポ根モノの。 に慕われ羨ましいことになっていた。 ゲン(:喜田) の。 言動はっぽくギャップが。 使用は圧倒的で相手を圧し潰す「 ( )」。 第2セクションではのを全て外し、軽量化でデッドを制してで。 編ではのGP「オリゾンテ」に所属しておりをに誘った。 (:木聡子) 長に女顔の美形。 研究所の。 使用は誘導装置とZの針を持つ「 」。 では二日までを走っていたが、に言われるままにをすることに疑問を抱き、を捨ててに勝負を挑んだ。 しかしとは違い勝つために手段を選ばない点はその後も変わらず、編ではと破壊性を両立した「」を開発し、詳細を知らせずにJに授けを大させた。 (:) 編における最大の。 と共に心に師事した界の権威。 自身の開発したがであることを示すために、のを破壊するに傾倒。 過なを扱うのことを考えい態度からと対立し、最後は達の離反を招く。 の編でも登場するが、一年くらいで一気に老けている。 相も変わらずに傾倒しており、から手を引きかけていたのナを再びに引き込むが、一の走りを見てようやく心した。 NAアストロレンジャーズ 代表。 が飛行士のという。 何故を走らせているかというと戦の勉強などをするためらしい。 が味方。 使用はの先端技術の結晶「」。 ・(:) NAので、にして工科を首席でした。 使用するのは共通の・だが、ブの機だけはルの右側にを思わせるが施されている。 非常に冷静で思慮深いが、同時にとしての熱さやとしての統率も持ち合わせ、からの信頼は厚い。 その実は一流と言って過言なく、最終ではやと熾な争いを繰り広げた。 彼が発した 「!」というはもはやをえて。 ・(:崎寿) のー2。 万のを使用する。 軽い性格でお者。 言動もで相手をにするようなものが立つが、らしくには的。 また、は抜群のようで、作中のプライベーーンでそのがえる。 との初戦直後は達のをと嘲笑っていたが、後半にはそういった態度は鳴りを潜め、最終ではちゃっかり4位に入賞するなど、実は確か。 ・グッド(:) ので。 高速のを使用する。 残念ながらの。 名前は上記の通りだが周囲からはという称で呼ばれ、EDのの出演でもと表記されているための本名を知らなかったという人もいるのではないだろうか。 ビクトとの第2戦で親善試合として行われたにてを起こしかけたが、すんでのところでに助けられた。 その一件以来に好意を抱いている模様。 住所がわからないので困っているらしい。 負けん気の強い性格だがっぽい一面もあり、特別ではを着て喜ぶを見ることができる。 ・(:英博) 最年少の。 のを使用する。 その不遇ぶりから君と呼ばれ親しまれている。 としての頼りなさはとどっこいなのだが、彼の場合はが薄すぎるため要員にすらならず呼ばわりされる始末で、しかもは、分析役としては非常に優秀なため、の役立たずぶりがより一層際立っている。 意味はの。 使用は左右非対称のボディを持つ「」。 ちなみに意味は「山岳の」。 の格好良さとのということからキットのが高かった。 版では左右がしたが登場し、通常のったり並走することで強なを生み出す。 の使い回しはあるがなかなかが。 ・・フォン・ツ(:) ゼンヴォルフのにして、不敗を持つ。 では小柄だが、ではより強く見せるためにと同じくらいの背丈になっている。 では強敵との戦いをめる強気な自信であり、実で勝っている相手にはんでかかる態度が立つ。 では普段は邪気で穏和だがここぞと言うときには闘志を剥き出しにする二面性のある人物に描かれている。 ・デルハウゼン・フォン・(:) のでの。 に代わって相手の分析やの構築を担当している。 では開幕前に抜きでにしているなど、他のの級の実者。 実に裏打ちされた自信でもあり、基本偉そうである。 では票を集めを獲得した。 ・クレーメンス・デンフ(:) のNo. 3で感の強い熱血。 ゼンヴォルフ登場時の一の一軍。 温厚で礼儀正しいがしい闘争心を秘めている。 というか、すぐ熱くなる。 では票を集めを獲得した。 ・ホルト(:) その他。 が多い。 ・ヘス(:) その他。 ロッソストラーダ 代表。 使用は「」。 がスの出身であり、の実だけでのし上がって来たため勝つためには手段を選ばない。 したら報奨が出るらしく、他のと違って生活もかかっていたりする。 がくなラフが立つ一方で、個々の実は非常に高く一対一で突っかけられて負けることはどい。 ・セレーニ(:)。 非常に攻撃的な性格でいつもを持ち歩いており、に及ぶこともしばしばだが、実はでありでは周到かつ狡猾にを狙う。 ちなみににおいてはの「」のような「過ぎる」名前である。 話のは名場面としてあげられることが多い。 ・パーバ(:) のー2。 の座を狙っておりとことあるごとに対立する。 終盤にがやに敗れるとさらに顕著になるが、ビクト戦で攻撃を仕損じ器を発見され、出場停止の原因となる大失態を犯す。 その後、出場停止中に新を結成しに反旗を翻すが、全く通じずにを追放された。 オ・ディ・(:)。 のではで最も強な付けのされた人物。 とは長い付き合いで実も彼に次ぐものがあり、よりー2に相応しいかも知れない。 ーネ・ィーニ(:) の長。 女好きの。 戦ではにちょっかいを出すが袖にされ、「チョリーノ()」と罵りを破壊したが、再戦では通じず「でもしてれば?」と言い返された。 ツィオ・(:本浩行) 人相の悪い大男。 には頭が上がらず、を怠り締め上げられたことも。 この時のの叱責「 グが固まってるじゃねえか!」からでは通称「グ」と呼ばれる。 では加えてビクト戦のから外される羽になるが、と野試合を行い惨敗、立っていた。 版のみ登場。 は「」。 Soet Slt Riという意味だが、代表が未だにを名乗っている理由は不明。 使用は「」。 はお互いに「」から始まるで呼び合う。 性は劣るが屈のを売りにする。 曲のが高い。 ・オヤ(:) 兼。 は「」。 個人はGPの中でも高い。 は以外はそう強くない選手達であり、他ののフォローもしている。 そんな彼がと闘うは必見。 小四駆走行団光蠍 代表。 「しょうよんくそうこうだん・ごんき」と読む。 はではが「」を使用。 ではが一点物のためホワァン以外は「()」を使用。 シェン・ホワァン(:) 心からの「」を託され、人里離れた山でと共に育ってきた。 にでは「です」、では「ある」をつける。 に参加するまでの経験が全くく、でが傷つくことを恐れていたが初戦で。 以降はとして活躍した。 オーディンズ 代表。 では名前のみ登場。 ではビクトにそっくりなと設定されており、各がビクトの一人と対応している。 使用は「ナイト」で、の物はいをしている。 ・スノローサ(:芝原チヤコ) のそっくりさん。 自称ズの秘密にして最速の男。 とはのィングまでそっくりの高速で序盤はでに迷惑をかけており、初対面で意気投合した。 口だけではく実際にと互に戦うだけの実を持ちながら勝ちにないため「がい」とも。 本作はも結構負けるわけだが。 ワルデ・ダーナラ(:) のそっくりさん。 で苦労性。 のは本作が作。 サバンナソルジャーズ 代表。 版のみ登場。 のみで構成された。 序盤は性の差もあり連敗していたが、をに迎え「」を投入して以降は勝ちを重ねていく。 ナ・ヴィク(:) 元プで。 肌を発揮してを引っる。 ARブーメランズ 代表。 版のみ登場。 は電池併用の「・サン」。 巧みにを展開し見せ場を作るが、最後は競り負ける引き立て役の印が強い。 ・(:) にRに破れたプとして名前だけ登場。 実者のはずが代表戦に出てくればっ先にイヤという不遇な。 とは親交がある。 クールカリビアンズ 代表。 とをする陽気な。 中盤戦まで全敗という戦績で一度は帰も考えるがビクトとの交流で思い直し勝ちを挙げた。 全てを用いた「ジャミンRG」は基本性は劣るがについては随一の性を誇る。 では何故かビクト戦が一度もかった。 ・パル(:)。 のを聞いただけで極小さなをも感じ取る鋭敏な感覚を持つ。 結果に拘るよりもを楽しむという信条はにも浸透していく。 XTOリボルバーズ 南代表。 「爆走兄弟レッツ&ゴー!! 大追跡!」に登場。 名称は「 」より。 、心とともに普及のGP「」をさせた、クスコが率いる。 しかしクスコはの出来にできず、独自に新GP「」を開発。 「」に搭載し、でその出来を披露しようとしたが、GP、共に第一回には間に合わなかった。 ・クスコ(:)。 の位置との画像を逐一表示するを付けている。 以前からを用している。 を搭載したの性は凄まじく、起動直後に コンを粉砕、の を回避、その を2機撃墜するなどとてものではない。 さらにの消耗がほぼであり、半的に稼働し続けると言われる。 への着は凄まじく、奪還という的を同じくするビクトとも最初は反発しあうほど。 最終的にの説得で和解する。 作りには自信があるらしい。 登場人物(MAX編) 主人公 一(:) 編ので、一の。 ボルゾに所属していたが、に反対したため追放される。 いバンとル、バンソーコが。 一矢(:) 編ので、一の。 ではを「」と呼んでいるが、では「」と呼び捨てにしている。 を当然としていたが、を見て考えが変わっていく。 かなりの世間知らずだが、ここぞという場面ではより落ち着いている。 サポート役 一(:) 一ので、の開発者。 、とも面識がある。 ボルゾに所属していたが、を持ち出した為、ボルゾイから離反する。 ミ(:) のみに登場するの一人で、前作の的な存在。 ーニングの 自称で、のメート。 にを抱いてなかったためはなかったが、のを受けてするようになる。 では「フェニZ-0」をとしている。 ライバル (:) 元ボルゾイ。 名前のは「たっぺい」。 ので話す。 ではの元メート。 ではC予選が初対面で元ボルゾイ同士であることも知らなかった。 は「」だが、の29話・話から33話までは「()」(販の物かは不明)を使用している。 大(:) ではの元メートで、元ボルゾイ。 では去年(第1回と同年)のCサマー。 でミにし、終盤ではーニングの店番をしている。 でのは「ー」(販のの機)。 ではと共に「」を機としている。 戦に出場。 ・ユースの。 未登場。 は「バグザー」。 最終ではナビゲーターを務め、失敗ばかりで達に責められ落ち込んだが、矢の励を受けて再起した。 カリーム・ハメド 戦に出場。 系の装をしている。 未登場。 は「」。 自分に攻撃を仕掛けてきたを返り討ちにし、にも恐怖を抱かせる。 最終ではを担当。 アニメ版のみ登場 ナ(:) のみ登場するの一人。 あののである。 によく「コ」と間違えられる。 との触れあいでをやめかけていたが、と再会し、を開発。 を破壊した。 プリ決勝戦でに疑念を抱き、を全て解除し、一に勝負を挑む。 ひとし(:) の先の地元。 当初はボルゾイ達にが立たなかったが、話が進むにつれCやの予選を実で通過するなどにどんどん実を付けていった。 は「ビクトンプ」(販のVの機)。 大善一(:) に対抗するで、2台のを操り技を繰り出す。 大会では上1人で2台は使えないのでのと連携を取る。 は「ソード」と「ソード」。 大善(:木美恵) 一の。 の中では年少でやや未熟さが立つ。 は「ソード」。 西条恵一(:依里奈) に対抗するで、でと共闘した。 は「」(販のの機)。 左(:) ボルゾの。 の潜在をよりもく高く評価し、実を引き出した上で倒そうとした。 後は心してボルゾを去りに転向する。 (:崎寿) ボルゾのS。 ただしA落ちギリギリ。 解散後もその地位にを続けていたが、最後はひとしにマンで負けてしまう。 は「ボルゾイア」。 ボルゾイスクール ・ボルゾイ(:) 編における。 を信条としている。 競争にを付け、「ボルゾイ」をもってを独占支配しようとしていたが、孫のに地位を奪われる。 ではにかなりの恐怖を抱いていた。 (:佐登美) の。 基本はであり、はさない。 しかし後にのを受け、をすようになる。 は「トダー」。 のとし、「」となる。 漸(:) の。 と同じだが、より勝負への執念が薄い。 は「」。 のトダーとし、「」となる。 では一度第2回ボルゾープンで矢のと共にの火口に転落し失われたが、後に機が登場している。 ・・ボルゾイ(:) 編並びにの。 ののとしてと知り合う。 普段なしいだが、を上げると冷な顔になり、を展開する。 界への反逆を開始し、決定戦「」を開催し自らもとして参加する。 使用は「マース・」。 の戦最終ではと共闘し、やはりそこでもを展開しようとしたが、マース・は大破。 自分のせいで負けたことをに詫びた。 登場人物(新作) Return Racers!! のを名乗る。 との関係にあったが産んだのわからないだが、にはので間違いないと言われ、も何だかんだで認めている。 はに買ってもらったを自分でした「」。 にで壊したのを使ってしてもらい「Z」にした。 ロニー・チャップマン 前年の。 にに視されているが人の名前を覚えない癖があり苛立たせている。 ロニーの。 佐上店を訪れ、Zの初戦の相手となる。 ッシャー がに戦った相手。 に出場すれば全てのが破壊されると言われる史上最悪の。 両手の全てに工具の付いたーブを装着し、壊れたをく間にする的な技術を持つが、を気で壊す遊びをしていたために孤立してしまい、「ス」のに上げられていた。 数を頼んで軍団を破り、3人のをさせた「ビークG」でに挑む。 三建設の社員で吉の部下。 昔からがで、の頃に買えなかったをしている。 を当てに佐上店に通っており、がの人だったという吉にで身を引くよう迫られたことに憤慨しで勝負することに。 勘が鈍りまくった吉のに勝ってしまうが、自分を取り戻した吉の・に。 結局吉は自分にはは相応しくない、も吉に勝てるまでしないと2人とも身を引いてしまった。 荒屋 Jを強引にウトして芸界入りさせた。 芸界をしたがるJを突っぱねていたが、との勝負でをかせるJを見て、Jが本当にけるはのだと認める。 陽人 編に登場。 ので「はると」と読む。 としてのを尊敬しており、2人でGをさせる。 しかし、戦をのを陽人がフォローする形でしたことで、自分の才を明するためには手段を選ばない本性が露わになる。 元はであるを嫌うあまりに自己否定の強い性格で、自分を認めるためにあえてのようになろうとした。 後にが初めから自分を認めてくれていたことに気付き、純な関係になる。 はGをに独で開発したテ「」。 本作からと名乗っている。 の「Z」の他、15話からはの「R」も借りて使っている。 大地 が転校先で出会った。 が好きだったが、周囲にをやっているがいなかったので言い出せずにいた。 に誘われ部と「」を結成する。 が得意。 はに似ているが単行本で別人と判明した。 は「RS」。 牙 の一員。 を剥いて「かかか」と笑うのが癖。 普段は陽気だが中は時折獰猛な顔を見せるなど二面性がある。 は「」(未キット化。 見たはに似ている)。 丸夫 の一員。 がピトでとてもが良く、音でのを判断できる。 は「ラウディーブル」。 牙 ので部の顧問。 「きたろう」と読む。 に師事して開発に携わっていた。 は「」。 はから放つ炎でを焼き尽くす「アーマーG」(未キット化。 見たはに似ている)。 では素顔で「(ト)アー」を率いて全大会に出場、決勝戦でと対戦した。 の「アーマーG」は炎を噴く機の代わりにを備え、強固なボディとで他のを破壊する。 BA() 全大会の出場。 までえた本格。 が「 」を使用する。 Gマッスルズ 全大会の出場。 勝つためには手段を選ばず威嚇行為やラフに及ぶ。 が-Aシャーシの「」を使用し、4台のメーション攻撃「G」を繰り出す。 全大会の出場。 が-Aシャーシの( )を使用する。 ズ 全大会の出場。 は「」「」「ピッグ」「」。 怪盗バロン一味 を使ってなんでも盗む、的に有名な。 は「ビエント」。 ので同じく。 盗みを「をぬすむ」と称するな。 は「」。 一味の一人。 の獅子のような頭をしている。 を速く走らせることにしかのない者。 は「」。 細いにされたを取り付けていく特殊な構造ので、本作ではわざとをさせて味方のを作る自己犠牲戦法も見せた。 大 一味の一人。 の扮装をしている。 任せの快な走りを得意とし、勝つためにはラフも厭わない。 は「ー」。 牙を向くのようなので、本作では牙が障物を破壊するになる。 その他のレーサー アング バン!の「」。 は「ー」(未キット化、8「レッツ&ゴー!! ズ伝」賞受賞作)。 スーにして氷上の四。 は「ジオ」。 勝代共々とには想が良い。 は「ヘキナイト」。 勝代 の。 すぐに筋を立てる狂暴な性格。 は「ザー」。 れいな 学園の。 新設する部のための部室のきがく、部を立ち退かせようとした。 以外の3人を籠絡してと対決し、中にしい本性を露にして3人に引かれるが、には逆に惚れこまれた。 使用は「MI 」。 ゲーム• ニ四駆クトリー ()• 関連コミュニティ 関連項目• 外部リンク•

次の

爆走兄弟 レッツ&ゴー!!

爆走 兄弟 レッツ & ゴー

烈の初代ソニック。 空力を最大限に利用して走るマシン『セイバー』。 そのセイバーを土屋博士から預かった烈は、コーナー重視のセッティングを施したマシン『ソニックセイバー』を完成させた。 ウイングを立てることでコーナーでのトラクションを稼ぎ、ローラーをタイヤの軸と平行にして安定させている。 トルクチューンモーターを装備しており、グレートジャパンカップ(バトルコロシアム)では宙吊りになったレーンでマグナムセイバーを後ろから押し上げるパワーを見せた。 しかし、大神研究所の噴火口レースで、Jに敗北。 ソニックセイバーはJのプロトセイバーJBに吹き飛ばされ、溶岩の中へと消えてしまった。 ソニックセイバーの成績• グレートジャパンカップ地区予選 優勝• グレートジャパンカップ決勝大会 失格• マウンテンダウンヒルレース 優勝(豪とペア)• グレートジャパンカップ(バトルコロシアム) 失格 ソニックセイバー初登場シーンは爆走兄弟レッツ&ゴー!!コミック第1巻に掲載。 土屋博士のVプロジェクトによって誕生した、 烈の2代目ソニック。 コーナリングマシンソニックの特徴を生かし、空力を徹底的に追求した新マシン。 グレートジャパンカップでは、ナイフのような切れ味のあるコーナリングを見せた。 その後、バンガードソニックは土方レイらの勝負に勝つなど活躍するが、ミニ四駆世界グランプリ開催が決まる頃には日本チームで一番古いマシンになっていた。 そして、アメリカ代表チーム『アストロレンジャーズ』と野良レースで「時代おくれのマシン」と言われてしまい、「今のソニックでは戦えない・・・」と烈はソニックの改造を決意するのだった。 バンガードソニックの成績• グレートジャパンカップ(遊園地) 2位 バンガードソニック初登場シーンは爆走兄弟レッツ&ゴー!!コミック第4巻に掲載。 必殺技:ハリケーンパワードリフト 烈の3代目ソニック。 特徴的なフロントウイングは風の動きを読むセンサーの働きをしており、フロントとリヤのダウンフォースを増すことで駆動力を逃さないドリフト走行が可能になった。 試作段階のハリケーンソニックにはフロントウイングがついていなかった。 しかし、山の中でのセッティングを煮詰めている最中、フロントのダウンフォースが足りないことが判明。 フロントウイングはフロントのダウンフォース不足を補っており、風を味方につけることでハリケーンパワードリフトを実現した。 その後、ロッソストラーダ戦にて、カルロのディオスパーダから攻撃を受け大きなダメージを負ってしまった。 ハリケーンソニックの誕生秘話は爆走兄弟レッツ&ゴー!!コミック第12巻に掲載。 烈の6代目ソニック。 小型ウイングをねかせ、超攻撃的な闘うマシン。 土屋博士から新シャーシを貰った烈だったが、シャーシのポテンシャルを引き出せずにいた。 そこで、新シャーシのパワーに打ち勝つため、補強パーツでパワーをコントロールすることに。 だが、テスト走行中に乱入してきたイタリア代表ロッソストラーダのリーダーカルロから「いくじのねぇ改造」と言われてしまう。 スムーズに走らせることばかりを考えていた烈は、自由にシャーシの力を解き放つことを決心。 補強パーツを全部外し、新シャーシのパワーを完全に出し切ることに成功した。 ロデオソニックの誕生秘話は爆走兄弟レッツ&ゴー!!飛翔!!烈&ソニック編に掲載。

次の

archive.islamicvoice.com

爆走 兄弟 レッツ & ゴー

烈の初代ソニック。 空力を最大限に利用して走るマシン『セイバー』。 そのセイバーを土屋博士から預かった烈は、コーナー重視のセッティングを施したマシン『ソニックセイバー』を完成させた。 ウイングを立てることでコーナーでのトラクションを稼ぎ、ローラーをタイヤの軸と平行にして安定させている。 トルクチューンモーターを装備しており、グレートジャパンカップ(バトルコロシアム)では宙吊りになったレーンでマグナムセイバーを後ろから押し上げるパワーを見せた。 しかし、大神研究所の噴火口レースで、Jに敗北。 ソニックセイバーはJのプロトセイバーJBに吹き飛ばされ、溶岩の中へと消えてしまった。 ソニックセイバーの成績• グレートジャパンカップ地区予選 優勝• グレートジャパンカップ決勝大会 失格• マウンテンダウンヒルレース 優勝(豪とペア)• グレートジャパンカップ(バトルコロシアム) 失格 ソニックセイバー初登場シーンは爆走兄弟レッツ&ゴー!!コミック第1巻に掲載。 土屋博士のVプロジェクトによって誕生した、 烈の2代目ソニック。 コーナリングマシンソニックの特徴を生かし、空力を徹底的に追求した新マシン。 グレートジャパンカップでは、ナイフのような切れ味のあるコーナリングを見せた。 その後、バンガードソニックは土方レイらの勝負に勝つなど活躍するが、ミニ四駆世界グランプリ開催が決まる頃には日本チームで一番古いマシンになっていた。 そして、アメリカ代表チーム『アストロレンジャーズ』と野良レースで「時代おくれのマシン」と言われてしまい、「今のソニックでは戦えない・・・」と烈はソニックの改造を決意するのだった。 バンガードソニックの成績• グレートジャパンカップ(遊園地) 2位 バンガードソニック初登場シーンは爆走兄弟レッツ&ゴー!!コミック第4巻に掲載。 必殺技:ハリケーンパワードリフト 烈の3代目ソニック。 特徴的なフロントウイングは風の動きを読むセンサーの働きをしており、フロントとリヤのダウンフォースを増すことで駆動力を逃さないドリフト走行が可能になった。 試作段階のハリケーンソニックにはフロントウイングがついていなかった。 しかし、山の中でのセッティングを煮詰めている最中、フロントのダウンフォースが足りないことが判明。 フロントウイングはフロントのダウンフォース不足を補っており、風を味方につけることでハリケーンパワードリフトを実現した。 その後、ロッソストラーダ戦にて、カルロのディオスパーダから攻撃を受け大きなダメージを負ってしまった。 ハリケーンソニックの誕生秘話は爆走兄弟レッツ&ゴー!!コミック第12巻に掲載。 烈の6代目ソニック。 小型ウイングをねかせ、超攻撃的な闘うマシン。 土屋博士から新シャーシを貰った烈だったが、シャーシのポテンシャルを引き出せずにいた。 そこで、新シャーシのパワーに打ち勝つため、補強パーツでパワーをコントロールすることに。 だが、テスト走行中に乱入してきたイタリア代表ロッソストラーダのリーダーカルロから「いくじのねぇ改造」と言われてしまう。 スムーズに走らせることばかりを考えていた烈は、自由にシャーシの力を解き放つことを決心。 補強パーツを全部外し、新シャーシのパワーを完全に出し切ることに成功した。 ロデオソニックの誕生秘話は爆走兄弟レッツ&ゴー!!飛翔!!烈&ソニック編に掲載。

次の