グーグル ドキュメント 文字 起こし。 Googleドキュメントで自動で文字起こしする方法!無料アプリやソフトでも可能!

音声認識によるテキスト化は可能?文字起こしソフトを検証

グーグル ドキュメント 文字 起こし

Googleのオンラインストレージサービス「Googleドライブ」に本の写真をアップロードする• その写真をGoogleのオフィスソフト「Googleドキュメント」で開く• その本(写真)に書かれている文字が書き起こされている• 書き起こされた文字はコピーなど編集がもちろん可能 というわけです。 画像内の文字を認識し、高い精度で書き起こす…技術の進化はここまで来たんですねぇ。 使い途としては名刺の管理だったり論文やレポートの引用だったり、視覚障害者のために書き起こした文字を音声読み上げソフトで読み上げたりなどさまざま。 対応している拡張子もJPEGだけでなくPNGやGIF、そしてPDFもOKとなっておりますよ。 すごい。 さてでは使い方をご紹介しますね。 まずはGoogleにアクセスし、右上のメニューから「ドライブ」へ。 左上のアイコンから「パソコン版」をタップします。 左上にある「新規」から「ファイルのアップロード」をタップし、 「フォトライブラリ」から文字起こししたい写真を選択。 するとこんな感じでアップロードが完了します。 するとページが切り替わり、今アップロードした写真が表示されます。 すごい(2回目)。 写真内の文字が小さかったり歪んでいると誤字も増えるようなのでそこだけご注意ください。 ということでGoogleドライブの文字起こし機能についてご紹介しました。 知っておけばいつか役立つと思うので、ぜひ参考にしてみてくださいね! ライターのひとこと.

次の

音声入力の機能しかなくても録音音声の文字化を無料で簡単に行う方法

グーグル ドキュメント 文字 起こし

ここで注意することは、音声ファイルの質が悪いとかなりひどい変換が待っていますので、特に議事録作成などに応用させたいという場合は、一度使用する予定の環境で試してみてから行ってください。 Windows10 ICプレーヤーやスマホで録音した音声ファイル mp3など をGoogleドキュメントの自動文字起こし機能で使用する場合は、ファイルを認識させるためにステレオミキサーを活用します。 マイクを通してファイルを認識させる方法もありますが、ステレオミキサーを使えばパソコン内部で音を出さずに処理してくれるので、音を出しての作業ができない時などに便利です。 ステレオミキサーの開き方は、スピーカーのマークを右クリックし、サウンドを選択すると表示される画面から、録音タブを開いて操作できます。 ここで、ステレオミキサー上を右クリックし、既定のデバイスにします。 ただし、これによりあらゆる通知音が出てしまう可能性があるため、アクションセンターを右クリックし、集中モードで通知をオフにします。 筆者もこのパターンなのですが、スピーカーを右クリックしても「サウンド」という文字が出ていない場合があります。 その場合は、コントロールパネルからサウンドを開くことができます。 ステレオミキサーを既定のデバイスにしておき、音声ファイルを開きます。 Googleドキュメントを開いて音声入力を選択します(ツールメニューから選択できます)。 すかさず音声ファイルを再生すると、自動で文字起こしが始まります。 OLYMPUS• VoiceTrek DM-750• 税込み9,982円• 高音質録音できる3マイクシステム「TRESMIC」を搭載• 議事録作成を効率化する「声だけ再生」や「文字起こし」モードなど、ビジネスシーンで頼れる再生モード選択が可能。 2マイクノイズキャンセルも搭載。 USBケーブルが不要のダイレクト接続方式で、充電やデータの受け渡しが簡単にできるのがおすすめポイントです。 文字起こしモードでの再生ができるので、聞き取りやすい仕様となっています。 まとめ Googleの自動文字起こし機能をもってしても、人間の英知にはかなわないという悲しい現状はありますが、同時にそれは、現時点ではAIに仕事を取って代わられることがないという証明にもなります。 ぜひ私たち人間がうまく使いこなして仕事の効率を上げていきましょう。

次の

【自動文字起こし】Googleドキュメントで簡単作成♪どんな音声ファイルでも出来ます☆

グーグル ドキュメント 文字 起こし

紙の文書のデータ化が簡単にできる• 画像の中から文字を抽出できる• 手書きの文書もデータ化できる これは使ってみたくなりませんか? Googleドライブにアップできるファイル形式は? JPEG、PNG、GIF、PDFがアップロードできます。 公式のヘルプページに詳しく載っています。 形式:. JPEG、. PNG、GIF、PDF(複数ページのドキュメント)の各ファイル。 ファイルサイズ: ファイルは 2 MB 以下にします。 解像度: テキストの高さは 10 ピクセル以上にします。 向き: ドキュメントは正しい向きにします。 画像の向きが間違っている場合は、回転させてから Google ドライブにアップロードします。 言語: Google ドライブではドキュメントの言語は検出されません。 フォントと文字セット: 最適な結果を得るには、Arial や Times New Roman のような一般的なフォントを使用します。 画質: 明るさが均一でコントラストがはっきりしたシャープな画像が最適です。 参考 Googleドライブに保存した画像のテキストをOCRで文字起こしする手順 Googleドライブに保存した画像のテキストをOCRで文字起こしする手順を紹介します。 GoogleドライブにOCRで文字起こしする画像を保存する• 「Googleドキュメント」で開く• 「Googleドキュメント」で文字起こしされたテキストが表示される 1. GoogleドライブにOCRで文字起こしする画像を保存する GoogleドライブにOCRで文字起こしする画像を保存してください。 「Googleドキュメント」で開く OCRで文字起こしする画像を「Googleドキュメント」で開きます。 「Googleドキュメント」で文字起こしされたテキストが表示される 少し待っていれば、「Googleドキュメント」で文字起こしされたテキストが表示されます。 実際にGoogleドライブで文字起こしをしてみる いくつかの画像を用意しましたので、実際にGoogleドライブで文字起こしをしていきます。 横書きの文書 よくあるビジネス文書を文字起こししてみました。 文字起こしの結果も見てみましょう。 パンプレット パンフレットのテキストを文字起こしをします。 先日、Googleに遊びに行ったときにもらったGoogleマイビジネスのパンフレットを使って、文字起こしをしてみます。 文字起こしの結果も見てみます。 書籍 縦書き 書籍を文字起こししてみます。 書籍は縦書きのものが多く、今回の書籍は縦書きです。 文字起こしの結果も見てみます。 表のテキスト 表のテキストの場合は、自動でスプレッドシートのような表になるかも、という期待をしていましたが、文字起こしできるのはテキストだけでした。 今回は請求書の画像です。 小さな文字はうまく認識していないです。 文字起こしの結果も見てみます。 手書きの文書は? 手書きの文書も文字起こしをしてみました。 文字起こしの結果も見てみます。 さいごに 以上、Googleドライブに保存した画像のテキストをOCRで文字起こしする方法を紹介しました。 Googleドライブを使えば、画像の中の文字だけでなく、紙の文書や手書きの文書も写真を撮れば文字起こしが可能です。 便利な機能なので、ぜひ使ってみてください。

次の