持続化給付金仕訳。 持続化給付金を受け取った勘定科目と仕訳例

新型コロナウイルス感染拡大により、事業主に対して給付金・協力金・助成金・支援金などが入金された仕訳| 確定申告、業務の流れ(個人) サポート情報

持続化給付金仕訳

そもそも持続化給付金とは? 新型コロナウイルスの影響により特に大きな影響を受けている事業者に対して、事業全般に広く使える給付金です。 給付金額は、次の通りです。 会社 法人 は、最大200万円• 個人事業主・フリーランスは、最大100万円 給付金なので、融資などと違って返済の義務はありません。 持続化給付金の税金の取り扱いは? 持続化給付金の税金の取り扱いは、次の通りになります。 消費税は、不課税 課税対象外• 法人税・所得税は、課税対象 以下で、説明して行きたいと思います。 消費税は、不課税 課税対象外 消費税は、不課税 課税対象外 となります。 理由は、…と書きたいところですが、不課税なのであまり突っ込まないようにします。 法人税・所得税 法人税・所得税については、課税対象となります。 なぜなら、持続化給付金は売上の補填であり、売上のような位置づけになるからです。 課税対象とはなりますが、必ず税金がかかるのではありません。 次の2つのパターンを、図で解説したいと思います。 経費が多い場合• 収入が多い場合 経費が多い場合 収入+持続化給付金<経費の場合は、税金が発生しません。 なぜなら、税金は、利益にかかってくるからです。 利益が出ない場合は、税金がかかりません。 収入が多い場合 収入+持続化給付金>経費の場合は、税金が発生します。 なぜなら、税金は利益にかかってくるからです。 次のようなケースでも税金はかかってきます。 極端ですが、持続化給付金をもらったら利益が出てしまったという場合です。 持続化給付金は、課税対象ですので注意しましょう。 持続化給付金のもらうタイミングはいつが良いの? 持続化給付金をもらう事業年度で利益が出ている場合は、翌事業年度にしましょう。 なぜなら、持続化給付金は、課税対象だからです。 特に、会社 法人 の場合で利益が出ている場合には、決算期末ギリギリに持続化給付金をもらわず、翌事業年度に持続化給付金をもらうようにしましょう。 なぜなら、持続化給付金の影響で、税金が発生したり増えたりするからです。 例えば、5月決算で利益が出ている場合は、6月以降に請求をしましょう。 持続化給付金をもらっても、余計な税金は払わないようにしよう。 持続化給付金の会社の経理方法は? 持続化給付金は、雑収入で処理します。 なぜなら、持続化給付金は、本業の売上ではないからです。 次の2つのパターンが考えられます。 申請した月に入金した場合• 申請した翌月に入金した場合 以下で説明したいと思います。 申請した月に入金した場合 申請した月に入金した場合の仕訳は、次の通りです。 預金 2,000,000 雑収入 2,000,000 本来は、申請時点で 未収入金 2,000,000 雑収入 2,000,000という仕訳をした方が良いんです。 でも、いきなり入金するような話もありますので、申請月と入金月が同じの場合は、 預金 2,000,000 雑収入 2,000,000で良いと思います。 申請した翌月に入金した場合 申請した時の仕訳は、 未収入金 2,000,000 雑収入 2,000,000です。 入金した時は、 預金 2,000,000 未収入金 2,000,000です。 決算月で申請した時は、未収入金の計上を忘れないようにしましょう。 持続化給付金は、税金がかかるの?タイミングは?経理処理は?を解説します!のまとめ 最後にもう1度確認しましょう。 持続化給付金は、法人税・所得税は課税対象。 消費税は、不課税• 持続化給付金をもらうタイミングは、会社で利益が出ている場合は、翌事業年度にしましょう• 持続化給付金の経理処理は、申請した月に入金するのか、申請月と入金月がズレるのかを確認して処理しましょう 編集後記 時間管理のためにポモドーロテクニックを使い始めています。 自分が飽きずに効果が出てくれば、ブログでもやり方を紹介したいと思っています。 55日記 最近は、アナと雪の女王にはまっていて、何度も見ています。 Let it goの歌を歌うのですが、最後の歌詞「少しも寒くないわ」ってところが、 「すこし寒いかや」って歌っていて、とてもかわいいです。

次の

持続化給付金って課税されるのですか?

持続化給付金仕訳

この記事の目次• 持続化給付金とは 新型コロナウイルス感染症の影響により経営が悪化した事業者に対して、事業の継続や再起のために支給される給付金です。 この給付金の使用用途は事業全般に広く使用することが認められています。 持続化給付金の支給対象法人 持続化給付金の支給対象事業者は法人、個人共に要件があります。 法人については下記の要件を満たした事業者が支給対象となります。 ・資本金の額又は出資の総額が10億円未満であること。 ・資本金の額又は出資の総額が定められていない場合は、常時使用する従業員の数が 2,000 人以下であること。 持続化給付金の支給対象個人事業主 個人事業主については下記の要件を満たした事業者が支給対象となります。 上限額は200万円です。 上限額は100万円です。 原則は事業者自身でインターネットに接続して行う電子申請ですが、申請サポート会場にて補助員による電子申請の入力サポートを受けることも出来ます。 原則は事業者自身でインターネットに接続して行う電子申請ですが、申請サポート会場にて補助員による電子申請の入力サポートを受けることも出来ます。 持続化給付金の支給時期 持続化給付金の支給は申請から2週間程度で登録の口座に入金される予定です。 複数回の受給は出来ません。 また持続化給付金は他の給付金や協力金、各種補助金等との併給が可能です。 持続化給付金の会計処理 持続化給付金が支給された際の会計処理は下記のように行います。 持続化給付金を利用して給与や地代家賃の支払い等の経費の支出があった場合も、持続化給付金と相殺せずに総額で仕訳を行います。 例えば6月30日に10万円が支給された場合の仕訳は下記の通りです。 持続化給付金は、サービスの提供や商品販売等の対価として支払われるものではないため、消費税の課税の対象外です。 売上や他の雑収入である課税売上と分けて会計処理や、消費税の納付税額の計算、申告書の作成が必要です。 よって法人税の課税対象となります。 しかし持続化給付金を受け取った事業年度の利益がマイナスである場合は、課税法人所得は0円として計算がされるため、法人税は課税されません。 よって所得税の課税対象となります。 しかし持続化給付金を受け取った事業年度の利益がマイナスである場合は、課税所得は0として計算がされるため、所得税は課税されません。 まとめ 持続化給付金の内容とその会計処理についてご紹介致しました。 給付金の使用用途が事業全般に広く使用することが認められていることから、他の補助金や協力金等よりも非常に受けやすい支援策でしょう。 新型コロナウイルス感染症の影響により経営が悪化した事業者には是非給付金の申請を検討して頂ければと思います。 また持続化給付金の申請には過年度の申告書類の添付が求められています。 書類に不備があると給付金が受け取れない可能性があるため、日頃の会計処理を適切に行うことは非常に重要です。 持続化給付金の受取りの際もこちらの会計処理をご参考になさってください。 ご不明な点がございましたら、身近な専門家に相談されることをお勧め致します。

次の

持続化給付金を受け取った勘定科目と仕訳例

持続化給付金仕訳

この度の新型コロナウイルス感染症の拡大によりご事業・生活に影響を受けられている皆様に心よりお見舞い申し上げます。 新型コロナウイルス感染症の影響を受けた中小事業者を支援する「持続化給付金」の詳細が公表されました。 今回は「持続化給付金」の最新情報をお知らせします。 持続化給付金とは? 新型コロナウイルス感染症の拡大により、大きな影響を受けた事業者を支援するため、一定の要件を満たす事業者に対して、事業全般に広く使うことができる給付金が、 最大200万円(個人事業者は最大100万円)が給付されます(持続化給付金)。 申請期間は、2020年5月1日から2021年1月15日までです。 一般的に助成金や補助金は使途が指定されて給付されますが、この持続化給付金は使途が指定されておらず、事業全般に広く使うことができるということが大きな特色です。 持続化給付金のことをざっくり知りたい方は、こちらのYoutube動画もご覧ください。 【支給対象】 新型コロナウイルス感染症の影響を受け、売上が前年同月比50%以上減少している法人(資本金10億円以上の大企業を除く)と個人事業者が対象です。 【支給要件】 「売上が前年同月比50%以上減少」という要件については、2020年1月から2020年12月のうちの一ヶ月について、2019年の同月と比べて50%以上減少しているかどうかで判定します。 つまり、2020年1月以降、一ヶ月でも売上が前年同月比50%以上となっていれば、要件を満たします。 【給付額】 次の計算式で計算する売上減少分について給付されます。 (例) 2019年 2020年 1月 220万円 250万円 2月 180万円 190万円 3月 180万円 160万円 4月 200万円 90万円 5月 190万円 6月 170万円 7月 170万円 8月 180万円 9月 200万円 10月 210万円 11月 240万円 12月 270万円 計 2,410万円 この場合、4月の売上が前年同月比50%以上減少しており、次のように計算します。 この事例では、2020年の1月と2月の売上は前年同月を上回っていて、1月から4月までの4か月の累計でみると売上は50%以上減少していません。 しかし、4月の売上が前年同月比50%以上減少しているため給付の対象となります。 このように、迅速に幅広く支援が必要なため、売上減少分の計算が簡略化されているのが特徴です。 【2019年中に創業した事業者の特例】 2019年中に創業した事業者も、「創業特例(法人の場合)」または「新規開業特例(個人事業者)」によって、地蔵化給付金の支給を受けることができます。 なお、「創業特例(法人)」を選択する場合には、「履歴事項全部証明書(法人)」、「税理士の署名押印済の事業収入証明書(設立初年度の確定申告が完了していない場合)」が必要になります。 また、新規開業特例(個人事業者)」を選択する場合には、税務署へ提出した「個人事業の開業・廃業届出書」の控えなどが必要になります。 忘れずに提出するようにしましょう。 【申請方法】 原則として、持続化給付金のホームページからオンライン上で申請することとなります。 必要書類は、電子データを添付します。 ただし、補助金の電子申請システムjGrantsは利用されませんので、GビズIDを取得する必要はありません。 申請時には次の書類が必要です(変更の可能性あり)。 法人の場合 1 法人番号 2 法人名義の口座通帳の写し(表面・見開き1~2ページ目) 3 前年度(原則2019年度)の確定申告書別表一の控え 4 前年度(原則2019年度)の法人事業概況説明書(両面)の控え 5 減少月の事業収入額を示した帳簿、売上台帳等 個人事業者の場合 1 本人確認書類(運転免許証の両面、マイナンバーカードの表面など) 2 本人名義の口座通帳の写し(表面・見開き1~2ページ目) 3 2019年分の確定申告書第一票の控え 4 2019年分の青色申告決算書の控え(青色申告の場合) 5 減少月の事業収入額を示した帳簿、売上台帳等 【申請・給付の時期】 2020年5月1日から申請受付が開始されており、申請書類に不備がなければ、申請後2週間程度で給付されています。 (参考サイト) 持続化給付金を受け取ったときの仕訳 持続化給付金100万円を受け取ったときの仕訳は次のとおりとなります。 (借)普通預金 1,000,000 (貸)雑収入 1,000,000 持続化給付金は消費税の「課税対象外取引」となりますので、消費税の課税事業者である場合は注意しましょう。 持続化給付金を受け取ると税金がかかる? 残念ながら、受け取った持続化給付金にも法人税や所得税がかかることとなります。 持続化給付金は減少した売上を補てんする目的のものだからです。 雑収入として計上することから、持続化給付金は法人税法上の益金、所得税法上の収入として、法人税または所得税の課税対象となります。 したがって、持続化給付金を収入等で計上したとしても、利益(課税所得)が出ない場合には法人税や所得税はかかりません。 まとめ 持続化給付金の給付額は、新型コロナウイルス感染症の拡大によって、大きな影響を受けた事業者様にとっては必要十分な金額でないかもしれません。 しかし、資金使途がなく、事業の継続・再起の糧となるものですから、対象となる場合は必ず申請しましょう。 今後、申請に必要な事項等が変更される可能性もありますので、最新の情報を常に把握するようにしてください。 持続化給付金は、オンライン上で、比較的簡単な手続きで申請することができます。 しかし、それでも申請方法がよくわからなかったり、パソコン操作が苦手など、お困りの方でも一刻も早く受け取っていただけるよう申請サポートを行っております。 成功報酬ではなく、税込11,000円の固定で、安心安価な料金としております。 ぜひご利用ください。

次の