読書感想文 書き方 高学年。 ごんぎつね 読書感想文の書き方と例文。小学生中・高学年向け

読書感想文の書き方!小学生高学年のあなた書けます!

読書感想文 書き方 高学年

お子さんが大きくなり、 小学生になった瞬間というのは とても喜ばしいですよね。 幼稚園や保育園とは違い、 勉強が本格的に始まる大事な時期です。 小学校では算数や国語、 理科といった科目を勉強をして 少しずつ成長することができるのですが、 同時に宿題を家で やる機会が多くなりますよね。 お子さんは宿題が嫌いで、 なかなか自主的に取り組んでくれない ということも多くあります。 さらに、その 宿題の中で 厄介なものと言えば読書感想文です。 あまり本を読まない子からすれば、 慣れない読書をしてさらに自分の言葉で 感想を書かなければならない というハードルの高い宿題です。 お子さんが読書感想文が書けなくて 困っている時に何かヒントでも 教えることができれば 何か変わるかもしれませんが、 なかなか良いヒントも 思いつきませんよね。 そこで、今回はお子さんを持つ 親御さん必見、 読書感想文の書き方のコツについて ご紹介していきたいと思います。 スポンサーリンク まずは最初に小学生の 高学年向けの読書感想文の 書き方からご紹介していきます。 低学年の時とは違い、 長い文章としっかりとした 感想を求められるため、 読書が苦手のお子さんにとっては かなり厄介です。 しかし、 ちょっとしたコツを 抑えることによって 読書感想文は書きやすくなるのです。 小学生の高学年の子の読書感想文の本の選び方のポイント まず 最初に注意をするべき ポイントとしては本の選び方です。 話題性だけで選んだ 興味のない本では なかなか読書は、はかどりませんし、 感想文もなかなか書けません。 そこで、本の内容が身近なものだったり、 興味関心のある ジャンルの本を選びましょう。 本の内容が身近なものとして、 例えば登場人物がお子さんと 同じくらいの年齢だったり、 犬を飼っている家庭であれば 犬に関する本であると書きやすいです。 また、興味関心のあるジャンルに関しても、 今はインターネットであらすじや 内容が掲載されているサイトがあるため、 家族で一緒に本を選ぶと やる気も変わってくる かもしれませんね。 小学生の高学年の子の読書感想文のタイトルの決め方と書き方のポイント 次に、 タイトルの決め方と 書き方についてご紹介をします。 感想文のタイトルは 『「本のタイトル」を読んで感じた事』 のようにすれば簡単に決まります。 もしくは、「仲間の大切さ」や 「家族との触れ合い」などのように 選んだ本のテーマやタイトルを 引用をして書く方法もあります。 書き方では、一番悩むところは 最初の書き出し部分です。 書き出し部分では なぜその本を選んだのかということや、 本のあらすじから書き始めることによって その後の文章も書きやすくなります。 また、 本文では印象に残ったシーンを 2~3つほど紹介をし、 なぜ印象に残ったのか、 自分だったらどうしていたのか、 そこから何を学んでどうしようと思ったのか、 という順で書いていくことによって スムーズに書くことができます。 読書をしながら付箋を使って 気になるシーンや書きやすいシーンを チェックしておくと より書きやすくなるかもしれません。 読書感想文は小学生の低学年の子のハードル!?本選びに困らない方法と書き方のコツ! 先ほどは小学生の高学年向けの 書き方についてご紹介しましたが、 次は低学年の子向けの 書き方をご紹介します。 小学校低学年ではなかなか 文章を書くこともできませんし、 本に馴染みのない子も多いため、 親御さんは苦労されると思います。 小学生の低学年の子が読書感想文を書く時に最も大切な事 低学年の子が感想文を書くときで 最も大切なことは、 本を最後まで読み切ることです。 まだ遊ぶことを我慢して 勉強をすることが なかなかできない時期ですので、 この本を最後まで読むことは 意外とハードルが高いのです。 そのため、お子さんの興味のある絵本や 児童書を親御さんと一緒に選んで、 一緒に読んでいくといったことが 重要になるのです。 本文では印象に残ったことを 1~2ヶ所書き、それについて どう思ったのかを書いていくことが 一番書きやすいやり方です。 また、タイトルはシンプルに 『「本のタイトル」を読んで感じた事』 で問題はありません。 小学校低学年の子にとって 大切なことは、本を最後まで読むことと、 自分で文章を書こうとする姿勢であるため、 ある程度の文章の乱れは仕方ないと 考えた方が良いと思います。 この読書感想文で大切なことは、 本を選ぶときから読むとき、 そして文章を書くときには 親御さんと一緒にやっていくことです。 文章が書けなくて困っていても 叱ったりせず、一緒に考えることによって 文章を書くことへの ネガティブなイメージを与えないように 注意をしていきましょう。 スポンサーリンク まとめ~意外と難しい小学生の読書感想文の書き方~ 私たち親の世代にとっても、 本を読んでそれを 自分の言葉にすることは なかなか難しいことです。 特に本をあまり読まない お子さんからすれば、 何をどう書けばいいのか分からないため、 そのストレスは大きなものです。 宿題はお子さんが学校から 与えられたものだから 自分1人でやるべき!と思う方も 多くいるとは思いますが、 文章の書き方など 基本が分からない状態では それも酷な話です。 ましてや、小学生の低学年の子にとって、 本を一冊読み切るというのは、 思った以上に難しい事です。 本を選ぶとき、文章を書くときなど 困ったときに親御さんがいることによって、 お子さんのやる気も大きく変わってきます。 たかが宿題と甘く見ることをせず、 お子さんのために一緒に 悩んであげることも大切なのかもしれませんね。 小学生にとっては、 少しレベルが高い内容になるかもしれませんが、 中学生の読書感想文の書き方のポイントの記事も紹介しておきますね。 何かのヒントになる事もあるかもしれませんからね。

次の

小学校高学年向け 読書感想文の書き方のコツ!順番や形式などを紹介

読書感想文 書き方 高学年

広告 読書感想文の書き方ってどうすればいいの? 毎年夏休みになるとうちの息子が困った様子で聞いてきます。 「本を読んで感じたことを書けばいいんだよ」 って教えてあげるんですが、イマイチ腑に落ちない様子です。 それもそのはず。 そもそも、 親の私だって読書感想文の書き方なんて習ったことがありません。 なので、子供に教えるにも、なんだかフワッとした感じでしか教えられないんですよね。 子供が腑に落ちない様子なのもうなずけます。 そこで私、息子のためと一肌脱いで、読書感想文の書き方について徹底的に調べてみました。 有名な教育評論家の書籍やメルマガ、果ては全国読書感想文コンクールで入選した文章まで、徹底的に追いかけたんです。 そこで編み出された読書感想文の書き方の必勝法。 パパが編み出した必勝法のおかげで、うちの息子も今ではサクサク読書感想文が書けるようになりました。 読書感想文が劇的に書けるようになる必勝法ですが、私と息子だけで独占するのはもったいない! 同じような悩みを抱えるあなたと共有することで、少しでも子供たちの負担を軽減してあげたい! そんな思いから、今回の記事では、 だれでも読書感想文が得意になる!読書感想文の書き方・究極の必勝法【小学生高学年編】 をお届けしたいと思います。 〜小学生のための夏休みの宿題対策にはこちらの記事もオススメ!〜 目次• だれでも得意になれる!読書感想文の書き方【小学生高学年編】 読書感想文の書き方を会得するために必須なのは、• 読書感想文を書く目的• 読書感想文の構成 この2つをしっかりと理解することです。 この2つを理解して、のちほど紹介する作成した魔法のシートを使って本を読みさえすれば、あとはスラスラ感想文が書けるようになります。 読書感想文の目的なんて関係あるの? と思われるかもしれません。 でも、いざ読書感想文を書こうと思って本を手にしても、読書感想文を書く目的がわからなければ、どのように本を読めばよいのかがわからないんです。 なんとなく本を読んでいるだけでは読書感想文は書けません。 私も小学生時代に読書感想文が書けなくて苦労したのはそのせいだったんだなと、今では思います。 目指すべき目的地がわかってこその読書感想文 というわけです。 読書感想文を書く目的 では読書感想文を書く目的ってなんなのでしょうか? 端的に言うと、 本から感じたことを実際にどう活かすかを考えて文字にして表現すること に尽きます。 読書感想文を書くときは、この目的を達成するために、 <本のあらすじ>(200字程度)• だれが、どんなことをして、どうなったのか、ポイントをまとめます。 驚いたのか、悲しかったのか、うれしかったのか、怒ったのか、どういう気持ちになったのかを書きます。 それは、だれのどんな行動だったのかを書きます。 どうして驚いたり、悲しかったり、うれしかったり、怒ったりしたのか、その理由を書きます。 自分がもし本の登場人物と同じような状況になったらどのように対応するかを書きます。 なぜそのような対応をしようと思うのか、その理由を書きます。 読書感想文の目的を踏まえた文章の構成は概ねこのようになります。 また、小学生高学年だと、だいたい400字詰原稿用紙3枚分(1,200字)くらいがノルマとなります。 なので、分量の目安としては、 <本のあらすじ>・・・200字程度 <本を読んで感じたこと>・・・500字程度 <本から感じたことを実際にどう活かすか>・・・400字程度 ぐらいがちょうどバランスのいい振り分けになります。 そこで少し文字数を稼いで、後ろの文字数の負担を軽くしてあげましょう。 その場合の構成は、 <この本を選んだ理由>・・・200字程度 <本のあらすじ>・・・200字程度 <本を読んで感じたこと>・・・400字程度 <本から感じたことを実際にどう活かすか>・・・300字程度 となります。 広告 読書感想文がスラスラ書ける魔法の質問シート ここまででやっと、読書感想文の書き方がわかってきました。 今まで学校では教えてくれなかった読書感想文の基本 です。 これで小学生高学年の子供さんにも読書感想文のこと、腑に落ちるように説明してあげられると思います。 でも、読書感想文の書き方がわかったからといって、実際に書けるかどうかは別の話。 そこで、どんな子供さんでも機械的にやるだけで読書感想文がスラスラ書けるようになる魔法の質問シートを紹介します。 このシートの質問に答えていくだけで読書感想文を書くための材料はいつのまにか集められているという寸法です。 質問シートの流れは先ほど紹介した読書感想文の構成に沿っています。 《この本を選んだ理由》• 本の題名がおもしろそうだった?• 題名のどこがおもしろそうだった?• 題名からどんなお話だと思った?• 本のイラストがおもしろそうだった?• イラストのどこがおもしろそうだった?• イラストからどんなお話だと思った?• 同じ作者の別の本を読んだことがあったから?• 別の本はおもしろかった?• どんなところがおもしろかった?• 家族からすすめられたから?• 家族はどんなふうにすすめてきた?• 家族はどんなところがおもしろいって言ってた? 《本のあらすじ》 漠然と「本のあらすじ」と言っても、まだ小学生高学年くらいの子供には難しいです。 そこで、「主人公」(その他の登場人物でもオッケー)に注目して本の内容を考えてもらいます。 この本の主人公はなんて名前?(2人以上いる場合はみんなの名前を書こう)• 主人公はどんな人? (泣き虫?勇気がある?喧嘩が強い?頭がいい?やさしい?友達思い?・・・)• 主人公にライバルはいた?• どんなライバルだった? (勉強のライバル?喧嘩のライバル?スポーツのライバル?・・・)• 主人公に友達はいた?• どんな友達だった? (主人公がいつも助けてあげてる友達、主人公がいつも助けてもらってる友達・・・)• 主人公はどんなことをした?• 一番心に残っていることはなに? (いじめっ子をやっつけた、勇気をもってみんなと違うことをした・・・)• 主人公は最後どうなった?• お話の最後はどうなったんだろう? (いじめっ子と仲良くなった、みんなが主人公のことを認めてくれた・・・) 《本を読んで感じたこと》 あらすじで紹介した中からでもいいし、それ以外からでも構いません。 本を読んでいて、おどろいたこと、かなしかったこと、うれしかったこと、はらがたったことはなに?• それは本の登場人物のうち、だれの、どんな行動だった?• それとも事件や出来事だった?• どうしておどろいたんだろう?かなしかったんだろう?うれしかったんだろう?はらがたったんだろう? 《本から感じたことをこれからの生活にいかせるか》• 自分がもし本の主人公と同じような場面になったらどうするだろう?• いじめっ子をやっつける勇気がもてたかな?• 勇気をもってみんなとちがうことができたかな?• どうしてそうしようと思ったのかな?• 勇気がもてなくても、なにかできることはないかな?• クラスメート、友達、家族のなかに、本のなかと同じように助けてあげたい人やこまっている人はいるかな?• 助けてあげたい人やこまっている人のために何かできることはあるかな?• どうしてそれをやってあげたいと思ったのかな? この質問の流れに沿って、答えを書き出してみましょう。 書き出せたなら、あとはそれを原稿用紙に書き写しながら文章として繋げていけば読書感想文の完成です。 質問シートをPDFで用意していますので、ぜひダウンロードして実際に子供さんと活用してみてください。 ここでお願いが1つ。 あなたが本を読むことまで必要ありませんが、 できるだけ親子で一緒に質問の内容を考えてみてください。 これさえできれば読書感想文がスラスラ書けるようになるとはいえ、読書感想文に対する抵抗感が強い小学生の子供にとっては心理的ハードルが高いです。 なかなか勉強にやる気の出ない子供に対しては、親子で一緒にやろうという姿勢が大切。 家事や仕事に忙しい場合は、読書感想文に一緒に取り組める時間を、 子供と勉強ができるかけがえのない時間だと考えてみてください。 学校は、読書感想文の宿題は出すけれど、読書感想文をどう書けばいいか、その書き方については教えてくれませんでした。 その状況は今でも変わっていないようです。 今さら読書感想文の書き方なんて・・・ とも思われるでしょうが、ここは愛する子供たちのためです。 私たちと同じ苦労をさせないためにも、あなたが子供のために少しだけ時間を割いて、読書感想文の書き方を伝えてあげてください。 もしどうしても時間がなければ、 「このシート(魔法の質問シート)を見てから本を読んでごらん。 」 「本を読み終わったら、もう一度このシートの質問を見て、質問に沿って答えを書いていけば読書感想文がスラスラ書けるよ。 」 と教えるだけでも構いません。 事前に質問シートの内容に目を通してから読書をすれば、読書の質が変わります。 そのあと質問シートに答えを書いていけば、読書感想文がスラスラ書けるようになります。 読書感想文がスラスラ書けるようになれば、文章力もいつのまにか向上しています。 ここで紹介した読書感想文の構成は、オーソドックスなもので、いわば「型」のようなものです。 質問シートで読書感想文に対する苦手意識がなくなって、文章力が向上していけば、どんどん子供さん流に書き方をアレンジさせても構いません。 要は、読書感想文を書く目的である、 本から感じたことを実際にどう活かすかを考えて文字にして表現すること を忘れないようにしなければ、あとは自由なんですから。 この記事が親子で取り組む夏休みの宿題の軽減に少しでもつながれば幸いです。 それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

読書感想文の書き方!小学生高学年のあなた書けます!

読書感想文 書き方 高学年

ごんぎつねの登場人物 ごん 主人公のきつね。 悪さばかりしているが、幼いころに両親が亡くなったことで愛情を十分に受けておらずかわいそうな一面もあります。 兵十 ごんに悪さをされて母の最期のごちそうを取られてしまった恨みを持つ。 ごんぎつねのあらすじ(簡単な話の内容) 村の茂平から聞いたはなしとして語られている。 両親がいないごんは村に出てきて悪さばっかりして村人を困らせていた。 ある日、ごんは兵十が川でウナギを捕っているのを見つけて邪魔をしてやろうと思ってそれを逃がしてしまう。 しかしそれは、もう息絶え絶えの母親に最後に良いものを食べてもらおうと最後のごちそうとして必死に釣ったものだった。 あとでそれに気づいたごんは申し訳なく思ってそこから改心し、兵十にくだものや色んなごちそうを届けることに。 しかし兵十は神様からの贈り物だと思っているのでまさかごんだとは気付いていない。 そしていつものようにごちそうを届けにきていたごんと鉢合わせをし、兵十はまさかごんが届けていると思っていないのと、母の最期のこともあり銃で撃ってしまうが、置いてある果物を見て…。 本のテーマ(主題・キーワード) ・因果応報 ・動物 ・生と死 ・優しさ 読書感想文の書き方やコツ かわいそうな物語で胸が苦しくなりますが、このお話が教科書に載っていることから小さい頃からこのお話を読む意味があるのだと思います。 ごんが悪さをするのは愛情不足だときちんと読み取れる。 そこを中心に書くとうまくいくかもしれません。 読書感想文例文(高学年向け1200文字以内) 題名(タイトル):優しい心が必要な理由 このお話は教科書で読みました。 読むとかなしくなる本は何回か読んだけど、このお話は特にかなしくなります。 ごんも、お母さんとお父さんとずっと一緒にいたかっただろうし、私だったらごんみたいに小さい頃から、お母さんとお父さんと離ればなれだったらさみしいし、自分ってなに?って思ってしまいそうです。 人間の世界ときつねの世界では全然違うことは分かっているけど誰か助けてあげてほしかった。 ごんにちゃんと愛をあげている人がいたら死んじゃったりしなかったのに。 一番いいのは兵十さんがごんに優しくしてあげることだけど、兵十さんもごんのせいでお母さんにウナギを食べさせてあげれなかったし…いやなことをされてもいいことをしてあげるのは難しいので、そこは仕方ないのかなぁと思います。 ごんもごんで、不器用だ。 もうちょっと甘え上手だったら、兵十さんと仲良くできたかもしれないのに。 このお話を読んですごく悲しかったけど、お母さんとお父さんがいつまでも長生きしてほしいと思いました。 何歳になってもふたりで仲良く暮らしてほしいです。 わたしがこの家を出ることになったとしても二人でいつまでも仲良くしていてほしい。 けんかもたくさんするだろうけど、けんかするのは仲が良いからって聞いたことがあるので、けんかをしながら仲良くやってほしいです。 人に優しくしなさい。 いやなことされても仕返ししたらだめってお母さんはよく言います。 どうしてなんだろうって思っていました。 いやなことされたら、そっちがやってきたんだからやり返していじゃんって思ってたけど、ごんみたいにさみしくてやっていたり、ごんみたいに愛を知らなかったりするけど本当はいいやつって場合があるからなのかなぁ。 それならたしかに、つっぱねるのはよくないなぁって思いました。 優しい心を持ってみんなに接したいです。 このお話を授業で習った時に友達みんなで話しました。 ごんかわいそうだよね、ごんのことを考えると胸が痛いねって落ち込みながら帰ったのを覚えています。 こうやってごんのことを思って悲しくなるねって涙目になっている友達をずっと大事にしようと心に決めました。 でもきっと、ごんが次に生まれ変わったら友達に囲まれて楽しく暮らしていると思います。 その時はお父さんもお母さんも一緒だといいな。 ごんは自分がやったことを反省して、つぐないのためにちゃんと兵十の喜ぶようなことをしていたので、今度は絶対に大丈夫。 絶対地獄ではなくて天国にいると思います。 天国でぬくぬく、幸せに暮らしているといいな。

次の