ツイステ マジカル ペン。 ツイステッドワンダーランドの商品

「【MMDツイステ】ジャミル・バイパー【モデル配布】」 / くむ さんの作品

ツイステ マジカル ペン

ナイトレイブンカレッジ Night Raven College 本作品のメイン舞台となる魔法士養成学校略称NRC 分類はハイスクール=高校だが、飛び級入学が可能。 男子校なので女子生徒はいない。 入学できるのは「闇の鏡」に魔法士の素質を認められた者のみであり、資質ある者を黒い馬車が迎えに来る。 制服・寮服・式典服・実験服と、学校指定されている服の種類が多い。 エース達の学年は約200名=各寮約30人=1クラス約40名。 1年生の序盤は魔法の実践よりも基礎を学ぶ座学が中心となる。 服について• 実験着 実験着のゴーグルの色は寮カラー• 確認されている施設・エリア 購買部,中庭,図書室,大食堂,植物園,洗濯室,実験室,鏡舎• 植物園 温帯ゾーン,亜熱帯ゾーン等 薬草・毒草だけでなく、フルーツが実る植物も沢山植えられている。 亜熱帯ゾーンはスコールを再現するため、定期的にスプリンクラーで水が撒かれている 植物園の裏の森には栗の木が沢山生えている。 購買部 Mr. Sのミステリーショップ等 19時ならギリ開いている• ミステリーショップ 名門NRCの購買部を代々務めている、どんなものでも取り扱っている店。 ドクロの水晶,魔術書、何かの剥製等が飾られている。 鏡舎 各寮に向かう鏡がある。 大食堂 昼休みの大食堂はビュッフェ方式。 確認されている授業 クラス共通の授業と選択授業がある 魔法史,飛行術,錬金術,動物言語学,占星術,実践魔法,マスターシェフ 料理 ,体力育成,毒薬精製,魔法薬学 「古代魔法史と近代魔法史における短縮呪文の変換と比較」• 確認されているイベント• 番号判明• 23条 祭典の場に猫を連れ込んではならない• 33条『食後の紅茶は必ず角砂糖を2つ入れたレモンティーでなければならない』• 53条『盗んだものは返さなければならない』• 89条『女王の許しなくタルトを先に食べてはならない』• 153条 夜のお茶に関する法律、詳細不明• 186条『火曜日にハンバーグを食べるべからず』• 249条『フラミンゴの餌やり当番はピンク色の服を着用すること』• 256条『夜8時過ぎに蜂蜜入りのレモネードを飲んではならない』• 271条『昼食後は15分以内に席を立たねばならない』• 346条『午後5時以降は庭でクロッケーをしてはならない• 469条『新しい仲間をパーティに招く日は、赤と白の薔薇を交互に飾ること』• 562条『なんでもない日』のティーパーティにマロンタルトを持ち込むべからず 本編• 648条 ターキーを食べた夜は2回歯みがきせねばならない トレイのパーソナルより• 番号不明• パーティーの日は正装する• 『クロッケー大会の商品を決める会議では青のインクで議事録をとる』• パーティの準備は全員でする• 誕生日以外の祝い事では必ず紅茶を出す• 道をふさいではならない• なんでもない日の片付け方。 特に茶器とクロッケーの道具は収納する箱・順番まですべて法律で決まっている。 何でもない日のケーキにはろうそくを立てる 熱砂の国 熱砂の国の富豪はそこらの王族より金を持っている。 嵐の日に雷が落ちたときだけ使える魔道具がある。 熱砂の国の伝統料理 カレー、バミヤ オクラのトマト煮 、サルタ 肉とトマトと野菜の煮物 等、基本的に煮込み料理が多い。 アッワーマ:ドーナッツのシロップ漬け• シャーワルマー:羊や鶏を混ぜた肉を駆使に刺し、くるくる回しながら直火焼き。 つまりケバブ 野菜や漬物と一緒にパンに挟んで食べる• 砂糖が貴重だった時代に出来た、"贅沢なおもてなしといえば甘いお茶"という 桁違いに甘い紅茶 角砂糖30個では足りないらしい を客に出す風習が残っている。 宴料理 3日間スパイスに付け込んだ羊の丸焼き シーフードソテー、グリーンサラダ、芋やマメのペースト,薄焼きのパン、デザート マジカルペン• ナイトレイブンカレッジ入学時に配られる、生徒証を兼ねた魔法アイテム。 生徒の所属寮によって魔法石の色が異なる。 いつでも携帯できるよう万年筆型になっており、胸ポケットに入れている生徒が多い。 マジカルペンの形状は変化させることができる。 マジカルペンを限界まで小さく作るのが流行した時代には小さくし過ぎて紛失するものが続出した。 とある国の姫の誕生祭でペンを掲げた王がギックリ腰になってしまい、次の日には号外がばらまかれたことをきっかけに、マジカルペンは元の大きさに戻った。 ミステリードリンク ミステリーショップで販売されている、炭酸ドリンクの中にカラフルなグミが入っているドリンク。 1杯600マドル。 暴利を貪っているかとおもいきや、1000マドルでも赤字になるほどの高級食材ばかりが使われている。 美食家であるアズールが今までで一番おいしいと断言するほどに美味しい。

次の

ツイステッドワンダーランドの商品

ツイステ マジカル ペン

暗い部屋をアクアリウムのぼんやりとした明かりが照らしている。 ユラユラとした明かりに照らされるクイーンサイズのベットには紙と本が所狭しと積み上げられ、中央にはシーツの山ができていた。 頭から布団を被って眺める淡い光は、故郷を思い出すようでひどく安心する。 深海のように暗くて静かなところは良い。 さらにこうして遮蔽物に囲まれていると、頭の中がクリアになり思考が捗るのだ。 ……良い意味でも悪い意味でも。 アズールが『一週間の謹慎処分』という名目で部屋に引きこもって、丸三日が経とうとしていた。 オーバーブロッドで他の生徒を傷つけた身に学園から与えられた罪としては案外軽いものだなと思いながら、学園側が生徒をオーバーブロッドさせた事実を表沙汰にしたくないのも考えると妥当なところなのだろう。 授業にもモストロラウンジにも顔を出さずただ一日中部屋に引きこもり、魔道書や経営指南書を読み漁っていた。 そうしなくては落ち着かなかったのだ。 余計なことを考えないように、ひたすら知識を貪り思考を働かせる。 (まるであの頃みたいだ) 蛸壺に引きこもって他者を寄せ付けず、ただ力のみを欲していたあの頃。 『グズでノロマなタコ野郎』から脱却したかったあの頃。 自分を認めさせたかった、認めてもらいたかったあの頃。 (でも、あの頃とは違う) 何者かになりたくて積み上げてきた『黄金の契約書』が無くなったことは、アズールの中で自己の定義を見失うには十分なものだった。 さらに居合わせた一部の寮生にオーバーブロッドの原因が知られていること。 一部の寮生に知られたということは、いずれ全体に知れ渡ること。 自分が、世界が、180度変わっていく。 あの頃のように単純に力を示すだけでは元には戻れない。 では何をすれば良いのか、何をすればアイデンティティーを、信頼を、自信を、いかに勝ち取っていけるのか。 その苦悩が三日間、この薄暗い静かな空間にアズールを閉じ込めていた。 トントンッ と軽く扉をノックされる音がし、思考の海から現実に引き戻される。 なんとなく返事をするのが億劫で居留守を決め込むと次の瞬間 バンッ!!! と大きな音を立てて扉が蹴破られた。 「……もう少し丁寧に開けられないんですか、フロイド」 「だってアズール出てきてくんねぇじゃん」 自分に対してそんなことをする相手はこの世で二人しかいない。 更にこの選択肢を取るのはそのうちの一人。 布団から顔を出さずに声だけ投げれば、案の定フロイドの声が返ってきた。 「見てジェイド、アズールが亀みたいになってる〜」 「おやおや、蛸の便利な足より亀の甲羅が欲しかったんですかね」 「二人揃って何の用ですか」 どうやらジェイドも一緒にいるようだが、アズールは変わらずシーツを被ったまま声だけを投げる。 「用って、分かってるくせに」 「賢いアズールなら僕らの考えもお見通しでしょう」 「さっぱりですね」 フロイドの白けた声、ジェイドの嘲笑。 いつも通りのはずなのに胸に刺さる。 本当は分かっているしそろそろ来るだろうと思っていたが、認めたくなくてわざと気づかないふりをした。 「ねぇねぇアズール、俺らと勝負しよ」 「何で勝負するかと思えば……もっとマシな選択肢はなかったんですか」 無理やり運動着に着替えされられ、連れ出されたのは学園のグラウンドだった。 時刻は放課後、陽が既に落ち始めており時折吹く風が冷たい。 久しぶりに出た外は新鮮で、冷たい空気がツンと鼻にくる。 風に吹かれて舞う葉が冬の到来を告げていた。 西日に照らされて伸びる三人の影と並ぶように用意されたいたのは、三本の箒。 「これで学園の端にある湖まで行くの。 で湖の小島に木があんじゃん、そこに一番早く行けたやつが勝ち」 「単純明快でいいでしょう、知略も魔力も関係ないですから」 「その辺だと俺らアズールに勝てねぇし、あと決闘だと学園長の立会いいるから怠いなぁって」 「アズールも謹慎で体が鈍っていると思いましたので、バルガス先生の許可も取ってあります」 平等に不利ですからご安心を、とニッとジェイドが歯を見せる。 断る理由を丁寧に潰されてアズールはため息をついた。 元より双子の申し出に断るつもりはなかったが、よりによって飛行術とは。 「いいでしょう、受けて立ちます」 半ば自暴自棄になって返事をした。 今の自分に失うものは何もないのだから。 「これで一番になったら……どうする?」 「そうですね、僕が寮長になってもいいかもしれないです」 「え〜俺寮長って面倒くさそうだからヤダ〜。 あ、でもモストロラウンジのオーナーなら楽しいかもしれない」 「ではそれでいきましょうか」 アズールを放置して二人でトントン拍子で話を進めている。 「待ちなさい、そのルールでは僕が不利じゃないですか」 「ではアズールは僕らの何が欲しいですか?」 「得意な属性魔法?ユニーク魔法?早く泳ぐヒレ?それとも声とか目とか?」 「僕は……」 二つの金色の瞳にじっと見つめられ、思わず目を伏せた。 オーバーブロットする直前、寮生たちから無作為に能力を吸い取り、更にあろうことかこの二人からも搾取しようとしていた記憶が蘇る。 ブロットが危険値まで溜まっていた影響とはいえ、二人から何を得れば『黄金の契約書』を失う前の自分になれると思っていたのだろうか。 言葉に詰まるアズールに、ジェイドとフロイドが顔を見合わせる。 「では、アズールが勝ったら僕らがお願い事を一つ叶えてあげるというのはどうでしょう?」 「ん〜、面倒くさいしそれでいっか」 アズールの返答を待たずに二人はそれで納得したようで、各々箒を手にする。 「ま、待ってください、まだ考えてる途中で」 「でもアズール待ってたら日が暮れちゃうし」 「ちょうどあと三十秒程で六時の鐘が鳴るので、それをスタートの合図にしましょう」 「違うご褒美が良かったら、目的地に着くまでに考えておいてね〜」 「そんな急に」 二人はもう跨っていつでもスタートできる状態だ。 ゴーン、と一回目の鐘が鳴る。 「ヤッホー!!!」 声とともにフロイドが上空高く浮かび上がり、そのまま湖の方へ向かって飛び出していく。 「では僕もお先に」 ゴーンと二回目の鐘が鳴る頃には、ジェイドは授業と変わらず慎重な姿勢で、でも確実にフロイドの後を追っていった。 慌ててアズールも箒に跨り地面を強く蹴る。 背後でゴーンと三回目の鐘が聞こえ、空へと舞い上がった。 風が耳元で轟々と唸る。 授業中でもこんなに思い切って飛び上がることはしなかった。 ここから湖までそれほど遠くはないが、森を抜けなければいけないのでそれなりに高い位置で飛ばないといけない。 前を見れば、木々の高さギリギリの位置にジェイド、不要なまでの高さでフラフラと飛ぶフロイドが見える。 速度が極力落ちないように、ちょうどその二人の間の高さで固定して飛ぶよう箒をコントロールする。 元々飛行術は得意でないのである。 二人ともどんぐりの背比べとはいえ、追い抜ける程スピードコントロールをできる自信がなかった。 目前にはインクを垂らしたような夕闇がじわりと広がっている。 今日は雲一つなく、こんな事態でなければゆっくりと眺めていたいような美しい黄昏れ時だった。 前を飛ぶ二人の輪郭が、そんな空に少しずつ溶けていく。 (このままでは……) このままでは二人が手の届かないところに離れていってしまうような気がして、アズールは背筋が凍った。 寮長の肩書きよりも、モストロラウンジのオーナーの座よりも、そんな主従ごっこの関係よりも、ただ二人の友達を失うことが何よりも怖かった。 一か八かでアズールは自分の背後の方向に向けてマジカルペンを振り、風魔法を放つ。 瞬間、強烈な追い風がアズールの背中を押しグンッと前方から重力がかかり、思わず仰け反るような体勢になりながらももう片方の手と足でしっかりと箒を掴んだ。 勢いのままジェイドを追い抜き、そのままフロイドの背を捉える。 前方から重力がなくなり、慣性を殺さないよう箒に体を寄せてそのまま加速の姿勢に入った。 「まじで!?」 上空からフロイドの驚く声が聞こえる。 アズールが一位に躍り出たのだ。 湖の小島を視界に捉え、逆噴射でブレーキをかけるために前方にマジカルペンを振ろうとして気づく。 (マジカルペンを落とした!?) 先ほどの追い上げで、どこかでマジカルペンを落としてしまったらしい。 減速する術を失い、ただ苦手な飛行術で減速の体勢を取ろうとする。 急な方向転換にアズールはバランスを崩して箒から転げ落ち、勢いのままゴロゴロと地面を転がった。 そのまま背中を何かに打ち付ける。 何とか首を起こし確認すると、ゴールに決めていた小島の木だった。 ドッと疲労が押し寄せ、地面に体を再び投げ出した。 心臓が大きな音を立てている。 (良かった、良かった……) 視界が少し滲むのは痛みと、きっとヒビが入ったであろう眼鏡のせいだ。 「一等賞おめでとう」 フロイドが近くに降り立ち、ゲラゲラと笑い転げた。 「やっぱアズールってサイコー!あんな馬力で風魔法出すやついる?俺めっちゃビビったー!」 「自分でも無茶をしたと思いますよ」 土と草まみれで地面に転がって、広い空を見上げたままアズールは思った。 もうあの頃の、蛸壺の狭い入り口から見る景色ではないのだ。 こんなにも世界は広い。 「ほらアズール、マジカルペンもちゃんと拾ってきましたよ」 「いつまで寝転がってんの〜、タコじゃなくて芋虫になっちゃうよ」 体を起こすと、二つの手が差し出されている。 今度はしっかりと見つめ直し、差し出された手を取った。 「それか面白いお願い事だったらいいなぁ」 「僕たち面白いことは好きですが、どうやら自分で考えるのは苦手なようで」 「アズールがいねぇとつまんねぇんだもん」 「この三日間フロイドが退屈だってうるさくて……ずっと不機嫌で困りました」 「ジェイドだって、モストロラウンジで面倒くさい客にいつもよりメンチ切ってたじゃん〜」 「おやおや、そんなことありましたっけ」 立ち上がって体についた汚れを払い、少し背の高い二人を見上げた。 空には星が見え始めている。

次の

ツイステ:キッズなんでも相談:キッズ@nifty

ツイステ マジカル ペン

ナイトレイブンカレッジ Night Raven College 本作品のメイン舞台となる魔法士養成学校略称NRC 分類はハイスクール=高校だが、飛び級入学が可能。 男子校なので女子生徒はいない。 入学できるのは「闇の鏡」に魔法士の素質を認められた者のみであり、資質ある者を黒い馬車が迎えに来る。 制服・寮服・式典服・実験服と、学校指定されている服の種類が多い。 エース達の学年は約200名=各寮約30人=1クラス約40名。 1年生の序盤は魔法の実践よりも基礎を学ぶ座学が中心となる。 服について• 実験着 実験着のゴーグルの色は寮カラー• 確認されている施設・エリア 購買部,中庭,図書室,大食堂,植物園,洗濯室,実験室,鏡舎• 植物園 温帯ゾーン,亜熱帯ゾーン等 薬草・毒草だけでなく、フルーツが実る植物も沢山植えられている。 亜熱帯ゾーンはスコールを再現するため、定期的にスプリンクラーで水が撒かれている 植物園の裏の森には栗の木が沢山生えている。 購買部 Mr. Sのミステリーショップ等 19時ならギリ開いている• ミステリーショップ 名門NRCの購買部を代々務めている、どんなものでも取り扱っている店。 ドクロの水晶,魔術書、何かの剥製等が飾られている。 鏡舎 各寮に向かう鏡がある。 大食堂 昼休みの大食堂はビュッフェ方式。 確認されている授業 クラス共通の授業と選択授業がある 魔法史,飛行術,錬金術,動物言語学,占星術,実践魔法,マスターシェフ 料理 ,体力育成,毒薬精製,魔法薬学 「古代魔法史と近代魔法史における短縮呪文の変換と比較」• 確認されているイベント• 番号判明• 23条 祭典の場に猫を連れ込んではならない• 33条『食後の紅茶は必ず角砂糖を2つ入れたレモンティーでなければならない』• 53条『盗んだものは返さなければならない』• 89条『女王の許しなくタルトを先に食べてはならない』• 153条 夜のお茶に関する法律、詳細不明• 186条『火曜日にハンバーグを食べるべからず』• 249条『フラミンゴの餌やり当番はピンク色の服を着用すること』• 256条『夜8時過ぎに蜂蜜入りのレモネードを飲んではならない』• 271条『昼食後は15分以内に席を立たねばならない』• 346条『午後5時以降は庭でクロッケーをしてはならない• 469条『新しい仲間をパーティに招く日は、赤と白の薔薇を交互に飾ること』• 562条『なんでもない日』のティーパーティにマロンタルトを持ち込むべからず 本編• 648条 ターキーを食べた夜は2回歯みがきせねばならない トレイのパーソナルより• 番号不明• パーティーの日は正装する• 『クロッケー大会の商品を決める会議では青のインクで議事録をとる』• パーティの準備は全員でする• 誕生日以外の祝い事では必ず紅茶を出す• 道をふさいではならない• なんでもない日の片付け方。 特に茶器とクロッケーの道具は収納する箱・順番まですべて法律で決まっている。 何でもない日のケーキにはろうそくを立てる 熱砂の国 熱砂の国の富豪はそこらの王族より金を持っている。 嵐の日に雷が落ちたときだけ使える魔道具がある。 熱砂の国の伝統料理 カレー、バミヤ オクラのトマト煮 、サルタ 肉とトマトと野菜の煮物 等、基本的に煮込み料理が多い。 アッワーマ:ドーナッツのシロップ漬け• シャーワルマー:羊や鶏を混ぜた肉を駆使に刺し、くるくる回しながら直火焼き。 つまりケバブ 野菜や漬物と一緒にパンに挟んで食べる• 砂糖が貴重だった時代に出来た、"贅沢なおもてなしといえば甘いお茶"という 桁違いに甘い紅茶 角砂糖30個では足りないらしい を客に出す風習が残っている。 宴料理 3日間スパイスに付け込んだ羊の丸焼き シーフードソテー、グリーンサラダ、芋やマメのペースト,薄焼きのパン、デザート マジカルペン• ナイトレイブンカレッジ入学時に配られる、生徒証を兼ねた魔法アイテム。 生徒の所属寮によって魔法石の色が異なる。 いつでも携帯できるよう万年筆型になっており、胸ポケットに入れている生徒が多い。 マジカルペンの形状は変化させることができる。 マジカルペンを限界まで小さく作るのが流行した時代には小さくし過ぎて紛失するものが続出した。 とある国の姫の誕生祭でペンを掲げた王がギックリ腰になってしまい、次の日には号外がばらまかれたことをきっかけに、マジカルペンは元の大きさに戻った。 ミステリードリンク ミステリーショップで販売されている、炭酸ドリンクの中にカラフルなグミが入っているドリンク。 1杯600マドル。 暴利を貪っているかとおもいきや、1000マドルでも赤字になるほどの高級食材ばかりが使われている。 美食家であるアズールが今までで一番おいしいと断言するほどに美味しい。

次の