喪中 にし て は いけない こと。 喪中にやってはいけないことって?喪中・忌中の過ごし方

喪中・忌中にお墓参りは行ってよい?喪中にしてはいけない事はどんなこと?

喪中 にし て は いけない こと

スポンサーリンク 早速、 喪中の正月にやってはいけない と言われていることをチェックしていきましょう。 年賀状や新年のあいさつ• 正月飾り• おせち料理• お年玉• 初詣 となります。 では、次から詳細を見ていきましょう。 年賀状や新年のあいさつ 日本の喪中では、 おめでたいこと、祝うことをつつしむ習慣があります。 そのため、 年賀状や新年のあいさつは控えます。 年賀状の代わりに 喪中はがきを12月上旬までに出しておきましょう。 もし、年賀はがきが届いた場合は、 寒中見舞いにて、 喪中はがきを出さなかったことの無礼に対するお詫びと、 本年もよろしくお願いいたしますとの旨を伝えましょう。 正月飾り 門松やしめ縄、鏡餅などの正月飾りは お祝いの意味で付けられることも多いため 好ましくありません。 おせち料理 おせち料理も 新年を祝う料理とされているので 控えるのが好ましいとの意見があります。 しかし、 忌明け 仏教で49日、神道で50日のあと には食べても良いとされることもあります。 おせち料理を食べる場合にも お頭付きの鯛やエビ、紅白のかまぼこなど めでたいとされる料理は控えましょう。 お年玉 お年玉を送るのも好ましくないとされています。 でも、子供たちはどうしても欲しいですよね。 なので、お年玉としてではなく、 お小遣いというかたちで渡しましょう。 渡す時には、 おめでとうという言葉は使わないように気を付けて、 子どもたちにも喪中について、 説明してあげると良いですね。 初詣 神社は 忌明けには初詣をしても良いと言われていますが、 一般的には好ましくないとされています。 では次は、 おこなっても良いことをご紹介していきます。 喪中の正月でも、場合によって、やって良いことも? 先の項目では、初詣やおせち料理は 忌明けであれば良いとされているとご紹介しました。 他にも大丈夫なことはあるのでしょうか? 年越し蕎麦 年越しそばは 一年の労をねぎらい、 長寿を願うものです。 お祝いの意味はないため、 食べてもよいとされています。 親戚同士のあいさつ 親戚同士のあいさつは、 おめでたい言葉や盛大に行わなければ良い とされています。 親戚は今後も付き合いが長く続くので、 安心してあいさつしに行きましょう。 故人のお墓参り 亡くなった人は正月に、 子孫を守るために帰ってくる といわれています。 故人をしのぶためにも、 積極的にお墓参りにいくと良いですね。 ただし、 地域によってはこの限りではありません。 その土地その土地での風習、慣例がありますので、 確認をしてから行いましょう。 まとめ 今回は喪中の正月のやってよいこと悪いことをご紹介しました。 時代の流れで薄れつつある風習ではありますが、 亡くなった家族をしのぶ時間も大切なので、 是非実践してみてくださいね。

次の

喪中期間はいつからいつまで?親族の範囲やしてはいけないこととは?

喪中 にし て は いけない こと

喪中の時に餅つきはしてもいいの? お正月に臼 うす や杵 きね を使って 餅をつくのはなんとなく、 おめでたい感じがします。 餅つきは神棚に お供えする餅をつくこと。 そのお餅を鏡餅にして、 お供えしてから、わたしたちはお下がりを 雑煮としていただきます。 喪中に餅つきをして良いかは 個人の考え方なのではないでしょうか。 故人が餅つきやお餅が大好きだったのであれば、 弔いの意味を込めてやれば問題ありません。 お餅は保存食として考えられていますしね。 ただ、ご近所では 「あのお家、喪中なのに餅つきなんかして……」 と、白い目で見られるとも 限りませんが…… そういった場合は、 餅つきする人を考えれば 良いのではないかと思います。 結論は、しても問題ありません! 喪中にやってはいけないこと 喪中のときは、 亡くなった人に哀悼の意を込めて 静かに慎ましく過ごすことが一般的。 約1年間は喪中と考えるべきですが、 現代では、喪中にするかしないかは 各家庭や個人の考え方次第です。 故人を悼み、 前を向いて歩いていこうとしていれば 喪が明けているとも言えます。 しかし、1年が経過しても、 まだなにもする気が起きず、 気分が落ち込んでいるのであれば、 まだ喪は明けていないと言えますね。 そのようなときは、 祝い事や華やかな席の出席は控えましょう。 観光を目的とした旅行も自粛するべき。 初詣もダメなんだよね?と 思われる方もいるでしょうが、 それは違います。 初詣に行ってダメなのは忌中です。 そもそも、忌中と喪中は どう違うのか? 忌中は不幸があってから 約50日間自宅にこもって 静かに過ごす期間です。 神道では忌中が明ける51日以降であれば、 穢れが晴れているとみなされるので、 参拝しても問題はありません。 しかし、仏教には穢れという概念はないので、 忌中に迎えたお正月でお参りに行きたい場合は、 神社ではなくお寺に参拝すると良いでしょう。 喪中でも大丈夫な年末年始の食べ物とは? 喪中期間は最長1年間ですから、 その中で年末年始を迎えることも 少なくないですよね。 そんなとき、 食べるものに困ることもあるでしょう。 まず、年末で食べるもので 思いつくのは年越しそば。 年越しそばは、 細く長い意味から長寿を願うという意味や 1年間の厄を落とすという意味なので、 喪中で食べても問題ありません。 おせち料理は祝いの料理なので、 忌中も喪中も避けた方が良いとされています。 お屠蘇 とそ をする家庭も少なくなりましたが、 毎年行っているようならお屠蘇も祝い事なので、 控えるべきです。 しかし、お正月に おせち料理がないと寂しいという方は、 このようにしたら良いでしょう。 お正月の料理としてではなく、 重箱に詰めず、お皿に盛って 日常の食事として出すのは問題ありません。 食べる箸は祝箸は控え、 普通の箸を使ってくださいね。 鯛や海老は使用せず、 紅白のかまぼこは良くないので、 白だけにすれば良いという考え方もあります。 雑煮も祝い料理としてではなく、 日常の食事として出せば大丈夫です。 餅は長く伸びることから、 長生きできますようにという 意味で食べます。 喪中時の正月は、 おせち料理はなるべく控えたほうが無難です。 現代っこならず、 昔の子どももあんまりおせちを 好んで食べない気がします。 お正月だとこだわらず、 おでんや鍋、カレーなど、 普通の食事でいいのではないでしょうか。 まとめ 喪中に餅つきをしても良いのか? 喪中にやってはいけないこと、 たとえ喪中でも、食べても大丈夫な 年末年始の食べ物をご紹介しました。 現代では、昔ほど厳格に 喪中を意識する家庭は 少なくなったでしょうね。 この記事があなたの疑問解消に 役立ったなら幸いです。

次の

喪中の時に神社に行ってはいけないとよくお聞きします。 それはお賽銭

喪中 にし て は いけない こと

喪中の時に餅つきはしてもいいの? お正月に臼 うす や杵 きね を使って 餅をつくのはなんとなく、 おめでたい感じがします。 餅つきは神棚に お供えする餅をつくこと。 そのお餅を鏡餅にして、 お供えしてから、わたしたちはお下がりを 雑煮としていただきます。 喪中に餅つきをして良いかは 個人の考え方なのではないでしょうか。 故人が餅つきやお餅が大好きだったのであれば、 弔いの意味を込めてやれば問題ありません。 お餅は保存食として考えられていますしね。 ただ、ご近所では 「あのお家、喪中なのに餅つきなんかして……」 と、白い目で見られるとも 限りませんが…… そういった場合は、 餅つきする人を考えれば 良いのではないかと思います。 結論は、しても問題ありません! 喪中にやってはいけないこと 喪中のときは、 亡くなった人に哀悼の意を込めて 静かに慎ましく過ごすことが一般的。 約1年間は喪中と考えるべきですが、 現代では、喪中にするかしないかは 各家庭や個人の考え方次第です。 故人を悼み、 前を向いて歩いていこうとしていれば 喪が明けているとも言えます。 しかし、1年が経過しても、 まだなにもする気が起きず、 気分が落ち込んでいるのであれば、 まだ喪は明けていないと言えますね。 そのようなときは、 祝い事や華やかな席の出席は控えましょう。 観光を目的とした旅行も自粛するべき。 初詣もダメなんだよね?と 思われる方もいるでしょうが、 それは違います。 初詣に行ってダメなのは忌中です。 そもそも、忌中と喪中は どう違うのか? 忌中は不幸があってから 約50日間自宅にこもって 静かに過ごす期間です。 神道では忌中が明ける51日以降であれば、 穢れが晴れているとみなされるので、 参拝しても問題はありません。 しかし、仏教には穢れという概念はないので、 忌中に迎えたお正月でお参りに行きたい場合は、 神社ではなくお寺に参拝すると良いでしょう。 喪中でも大丈夫な年末年始の食べ物とは? 喪中期間は最長1年間ですから、 その中で年末年始を迎えることも 少なくないですよね。 そんなとき、 食べるものに困ることもあるでしょう。 まず、年末で食べるもので 思いつくのは年越しそば。 年越しそばは、 細く長い意味から長寿を願うという意味や 1年間の厄を落とすという意味なので、 喪中で食べても問題ありません。 おせち料理は祝いの料理なので、 忌中も喪中も避けた方が良いとされています。 お屠蘇 とそ をする家庭も少なくなりましたが、 毎年行っているようならお屠蘇も祝い事なので、 控えるべきです。 しかし、お正月に おせち料理がないと寂しいという方は、 このようにしたら良いでしょう。 お正月の料理としてではなく、 重箱に詰めず、お皿に盛って 日常の食事として出すのは問題ありません。 食べる箸は祝箸は控え、 普通の箸を使ってくださいね。 鯛や海老は使用せず、 紅白のかまぼこは良くないので、 白だけにすれば良いという考え方もあります。 雑煮も祝い料理としてではなく、 日常の食事として出せば大丈夫です。 餅は長く伸びることから、 長生きできますようにという 意味で食べます。 喪中時の正月は、 おせち料理はなるべく控えたほうが無難です。 現代っこならず、 昔の子どももあんまりおせちを 好んで食べない気がします。 お正月だとこだわらず、 おでんや鍋、カレーなど、 普通の食事でいいのではないでしょうか。 まとめ 喪中に餅つきをしても良いのか? 喪中にやってはいけないこと、 たとえ喪中でも、食べても大丈夫な 年末年始の食べ物をご紹介しました。 現代では、昔ほど厳格に 喪中を意識する家庭は 少なくなったでしょうね。 この記事があなたの疑問解消に 役立ったなら幸いです。

次の