メーガン 妃。 メーガン妃のギラギラした野望と、気の毒なヘンリー王子/辛酸なめ子

メーガン妃、英国王室離脱は「離婚後も安泰」を視野に入れた“ワガママ宣言”

メーガン 妃

結婚から2年もたっていない公爵夫人だが、すでに次のステップを考えているようで……。 「もちろん両社の提案はジョークですが、それだけ王子夫妻の離脱宣言は、冗談のネタになっているということです」(同・ジャーナリスト) 夫妻のそんな声明が発表されたのは1月8日のこと。 ふたりのインスタグラムで 《ロイヤルファミリーのシニアメンバー(主要王族)としての地位から退き、経済的に自立する》と突如発表。 カナダへ移住するとして、事実上の引退宣言と世界に衝撃が走った。 エリザベス女王の反応 エリザベス女王(93)にとっては孫にあたり、チャールズ皇太子(71)とダイアナ元妃(享年36)の次男であるヘンリー王子がメーガン妃と結婚したのは2018年5月のこと。 1月13日には「サンドリンガム・ハウス」で王室主要メンバーによる緊急会議が開催。 《家族も私も、できて間もない家族として新しい生活を築きたいというヘンリーとメーガンの願いを完全に支援していきます》 という声明をエリザベス女王は発表。 一見、穏健な発表文のように読めるが、 「女王は内心は穏やかではないと思います。 ヘンリー王子にしっかりしてほしいと思っているでしょうが、 メーガン妃の目が覚めるのを待つしかないかもしれません」 と、お得意のダジャレで解説するのは、英国王室事情に詳しい放送作家のデーブ・スペクターさん。 「 ヘンリー王子夫妻が主要王族から離脱するということは、英王室にとっては大きな痛手です。 エリザベス女王は高齢ですし夫のフィリップ王配は引退状態です。 王位継承権順位6位の若きプリンスの離脱はかなりの痛手だ。 「英国の世論調査で、今回の判断は夫妻のどちらの考えだと思うかという質問にヘンリー王子は2%、メーガン妃は48%で両者は33%。 英国民も王子が尻に敷かれていると考えているようです」 王子より3歳年上のメーガン妃は、アメリカ出身で黒人の父をもちすでにバツイチ。 11歳のときに食器用洗剤の広告に異を唱えようとヒラリー・クリントン大統領夫人(当時)に手紙を送るなど、才気あふれる女性だった。 「女優になるまでには、アメリカ大使館でインターン活動をして国連機関の活動をするなど上昇志向と自己主張が強い女性といわれてきました。 だから、メーガン妃にとって英国王室に嫁ぐことはひとつのステップだったと考えることもできます」(渡邉さん) そんなメーガン妃に英国王室や国民も最初は寛大な姿勢をとったが、 「人前でのハグやキスなど王族らしからぬ振る舞い」「3億円以上かかった自宅(フロッグモア・コテージ)の改修」「アーチー王子出産前の妊婦を祝うベビーシャワーに5000万円の費用」 などなどが非難の的に。 「どうしてもメーガン妃が王室に適応できないのであれば、公務の数を減らし、育休をとるなどの選択肢もあったはずです。 しかし突然、離脱するような動きはメーガン妃のワガママと言わざるをえないと思います」(デーブさん) そんな状況なので、メーガン妃が離婚に躊躇なく、王室もそれを見越しているのではと前出の渡邉さんは見通す。 いざそうなったときにヘンリー王子が王室にスムーズに戻れるように、女王は問題がこじれないようにしたのだと思います」 英国の『デイリーメール』によると、メーガン妃がヘンリー王子と商標登録した『サセックスロイヤル』のブランドを使って活動した場合、年間で100億円もの収入が見込まれるという。 「自分で人生を切り開き、離婚経験もある年上のメーガン妃はヘンリー王子の気持ちを利用していると言ったらいいすぎかもしれません。 ただ、エリザベス女王としては、王子ののぼせた感情が冷めるのを待っているのではないでしょうか」(渡邉さん) デーブさんはメーガン妃の未来も決してバラ色ではないと見る。 当時12歳だった王子はそのときのことを忘れていないはすだが……。 【こちらも読まれています】.

次の

メーガン妃の子供時代の動画!髪の毛チリチリからスーツまでの変遷史

メーガン 妃

メーガン妃(メーガン・マークル)プロフィール メーガン妃のファッションに注目してます💓 いい子ちゃん的なキャサリン妃よりも見ていて楽しい。 — Toinette Toinett31373032 アメリカ人で元ハリウッド女優、しかもバツイチでヘンリー王子より年上の姉さん女房と、結婚当初から話題に事欠かなかったメーガン妃。 当時はイギリス王室にアメリカ人が嫁ぐとは、イギリス王室は寛大だなぁ、日本では考えられないだろうなぁと感じていましたが、やはりメーガン妃は何かとバッシングされる対象になってしまったようですね。 メーガン妃の詳しいプロフィールや元夫の情報については「」でぜひご覧ください。 PS メーガンの過去のダサい姿あげるの今日は止めてあげよう?w スタイリスト付けてたのかな。 それとも時代のせい? — lady hm ladyhatsu 正直、メーガン・マークルのロイヤルウェディングは興味ないんだけど。 メーガン、ダサいし。 — 雪華 yukika0 メーガン妃は顔立ちからスタイリッシュでクールなイメージがあったのですが、確かに一番下の投稿の画像のメーガン妃のファッションはダサいかもしれませんね。 白と肌色の2色のダサいお洋服かと思いましたが、肌色部分はシースルーで肌が透けているようです。 しかし、元ハリウッド女優のファッションセンスがダサいと言われるとは、メーガン妃も屈辱的でしょうね。 日本で皇族の親戚になるかもしれないこの方のファッションもセレブ風で話題に!? 眞子様との結婚問題に揺れる小室圭さんの母親・小室佳代さんのファッションについては「」でぜひご覧ください。 BlogVoila 「ダサい」と同様に、メーガン妃のファッションセンスについて指摘されるのは 「変」ということ。 「変ってどういうこと!?」と気になり、思わず調べてしまいました。 カジュアルな服装は良いんだけど、フォーマルになればなるほどうーんと思う。 スタイリスト変 略 — lady hm ladyhatsu なるほど、 メーガン妃のロイヤルファッションのセンスが変ということなんですね。 確かにハリウッド女優のファッションとイギリス王室のファッションは違いますもんね。 具体的な画像でメーガン妃のファッションが変だと指摘されている方もいたのですが、その画像がこちら! メーガンめっちゃ変な服w — はな みず子 wm88wm88 お気づきになりましたか? 先ほど メーガン妃のファッションがダサいという話題でご紹介したのと同じ服でした。 同じ服が「ダサい」「変」と言われているとはすごい奇遇ですが、それぐらいこのメーガン妃のファッションに違和感を覚えた人が多いということでしょうか。 このファッションもロイヤルファッションを意識したチョイスだと思われますが、私には肌色部分が一昔前のババシャツに見えてなりません…。 スポンサーリンク メーガン妃のファッションが失敗とバッシングされるのはなぜ? めいろまさんの解説、分かりやすい。 「ハリー王子とメーガン妃が「王室主要メンバーの立場から退く」と離脱宣言したことが、イギリスで大騒動になっている。 イギリス人がこの問題に激怒するのは6つの理由があるという」 ヘンリー王子夫妻の王室離脱 イギリス人が怒る訳 — ロッカク ohvtwin ネットでメーガン妃のファッションについて検索すると 「失敗」という予想検索ワードが出てきます。 先ほどご紹介したババシャツ風ロイヤルファッションは確かにダサいし変で失敗だったかもしれませんが、他にもメーガン妃がファッションで失敗した例があるのでしょうか? メーガン妃のファッションの失敗について調べてみると、どうやら この画像のファッションが失敗だと言われているようだと分かりました。 kensingtonroyal がシェアした投稿 — 2018年10月月31日午前1時55分PDT 上の画像はメーガン妃が公務でニュージーランドを訪れたときのものです。 このファッションのどこが失敗なのか、よく分からないですよね。 画像ではよく分かりませんが、実はメーガン妃がはいているスカートがシースルースカートだったそう。 そしてこの シースルースカートから下着がくっきり透けて見える姿に「なんて下品な!」と騒動になったのだと言います。 確かに下着が透けるのは失敗ですね! 一般女性でも失敗ですが、イギリス王室の王妃となれば尚更。 『ハーパースバザー Harpers Bazaar』によると、メーガン妃のスカートはジバンシーのプリーツスカートで、 生地は陽のあたる場所では透けやすい素材としてよく知られたものだそう。 メーガン妃はこのスカートをはくのが初めてだったのでしょうか。 下着が透けるという失敗を経て、スカートのチェックに余念がないかもしれませんね。 スポンサーリンク まとめ 「ダサい」「変」とバッシングされているメーガン妃のファッションをご紹介しました。 「ダサい」「変」とバッシングされているのはメーガン妃のロイヤルファッションだということが分かりました。 メーガン妃がファッションで失敗したのはニュージーランドでの公務中。 はいていた スカートがシースルーで、陽に当たる屋外で下着がくっきり透けてしまったのだと言います。 王室離脱したメーガン妃は今後はロイヤルファッションとは無縁なカナダでバッシングから解放されて過ごせるのでしょうか。

次の

Chevron

メーガン 妃

メーガン妃(メーガン・マークル)プロフィール メーガン妃のファッションに注目してます💓 いい子ちゃん的なキャサリン妃よりも見ていて楽しい。 — Toinette Toinett31373032 アメリカ人で元ハリウッド女優、しかもバツイチでヘンリー王子より年上の姉さん女房と、結婚当初から話題に事欠かなかったメーガン妃。 当時はイギリス王室にアメリカ人が嫁ぐとは、イギリス王室は寛大だなぁ、日本では考えられないだろうなぁと感じていましたが、やはりメーガン妃は何かとバッシングされる対象になってしまったようですね。 メーガン妃の詳しいプロフィールや元夫の情報については「」でぜひご覧ください。 PS メーガンの過去のダサい姿あげるの今日は止めてあげよう?w スタイリスト付けてたのかな。 それとも時代のせい? — lady hm ladyhatsu 正直、メーガン・マークルのロイヤルウェディングは興味ないんだけど。 メーガン、ダサいし。 — 雪華 yukika0 メーガン妃は顔立ちからスタイリッシュでクールなイメージがあったのですが、確かに一番下の投稿の画像のメーガン妃のファッションはダサいかもしれませんね。 白と肌色の2色のダサいお洋服かと思いましたが、肌色部分はシースルーで肌が透けているようです。 しかし、元ハリウッド女優のファッションセンスがダサいと言われるとは、メーガン妃も屈辱的でしょうね。 日本で皇族の親戚になるかもしれないこの方のファッションもセレブ風で話題に!? 眞子様との結婚問題に揺れる小室圭さんの母親・小室佳代さんのファッションについては「」でぜひご覧ください。 BlogVoila 「ダサい」と同様に、メーガン妃のファッションセンスについて指摘されるのは 「変」ということ。 「変ってどういうこと!?」と気になり、思わず調べてしまいました。 カジュアルな服装は良いんだけど、フォーマルになればなるほどうーんと思う。 スタイリスト変 略 — lady hm ladyhatsu なるほど、 メーガン妃のロイヤルファッションのセンスが変ということなんですね。 確かにハリウッド女優のファッションとイギリス王室のファッションは違いますもんね。 具体的な画像でメーガン妃のファッションが変だと指摘されている方もいたのですが、その画像がこちら! メーガンめっちゃ変な服w — はな みず子 wm88wm88 お気づきになりましたか? 先ほど メーガン妃のファッションがダサいという話題でご紹介したのと同じ服でした。 同じ服が「ダサい」「変」と言われているとはすごい奇遇ですが、それぐらいこのメーガン妃のファッションに違和感を覚えた人が多いということでしょうか。 このファッションもロイヤルファッションを意識したチョイスだと思われますが、私には肌色部分が一昔前のババシャツに見えてなりません…。 スポンサーリンク メーガン妃のファッションが失敗とバッシングされるのはなぜ? めいろまさんの解説、分かりやすい。 「ハリー王子とメーガン妃が「王室主要メンバーの立場から退く」と離脱宣言したことが、イギリスで大騒動になっている。 イギリス人がこの問題に激怒するのは6つの理由があるという」 ヘンリー王子夫妻の王室離脱 イギリス人が怒る訳 — ロッカク ohvtwin ネットでメーガン妃のファッションについて検索すると 「失敗」という予想検索ワードが出てきます。 先ほどご紹介したババシャツ風ロイヤルファッションは確かにダサいし変で失敗だったかもしれませんが、他にもメーガン妃がファッションで失敗した例があるのでしょうか? メーガン妃のファッションの失敗について調べてみると、どうやら この画像のファッションが失敗だと言われているようだと分かりました。 kensingtonroyal がシェアした投稿 — 2018年10月月31日午前1時55分PDT 上の画像はメーガン妃が公務でニュージーランドを訪れたときのものです。 このファッションのどこが失敗なのか、よく分からないですよね。 画像ではよく分かりませんが、実はメーガン妃がはいているスカートがシースルースカートだったそう。 そしてこの シースルースカートから下着がくっきり透けて見える姿に「なんて下品な!」と騒動になったのだと言います。 確かに下着が透けるのは失敗ですね! 一般女性でも失敗ですが、イギリス王室の王妃となれば尚更。 『ハーパースバザー Harpers Bazaar』によると、メーガン妃のスカートはジバンシーのプリーツスカートで、 生地は陽のあたる場所では透けやすい素材としてよく知られたものだそう。 メーガン妃はこのスカートをはくのが初めてだったのでしょうか。 下着が透けるという失敗を経て、スカートのチェックに余念がないかもしれませんね。 スポンサーリンク まとめ 「ダサい」「変」とバッシングされているメーガン妃のファッションをご紹介しました。 「ダサい」「変」とバッシングされているのはメーガン妃のロイヤルファッションだということが分かりました。 メーガン妃がファッションで失敗したのはニュージーランドでの公務中。 はいていた スカートがシースルーで、陽に当たる屋外で下着がくっきり透けてしまったのだと言います。 王室離脱したメーガン妃は今後はロイヤルファッションとは無縁なカナダでバッシングから解放されて過ごせるのでしょうか。

次の