じゃがいも フライ。 【随時更新】じゃがいもを使った人気おつまみレシピ41品まとめ

じゃがいもの品種ごとの特徴を徹底解説|栽培方法や適した調理法は?

じゃがいも フライ

また、じゃがいもの別名「馬鈴薯 ばれいしょ 」は、 馬の首に付ける鈴の形に似ているから付いたと言われています。 じゃがいもの栄養素は? じゃがいもには、 ビタミンC、B1、B6、ナイアシンなどのビタミン類を豊富に含んでおり、主成分がデンプンであることから栄養価も高いです。 食物繊維も豊富で、高血圧予防に効果的な カリウムを多く含むことも良く知られています。 スポンサーリンク じゃがいもの毒「ソラニン」について じゃがいもの「芽」の部分には ソラニンという毒があることが良く知られていますが、 芽以外にも日光が当たって皮が緑化してしまっている部分にもソラニンが含まれていることはあまり知られていません。 ソラニン中毒は、一般のスーパーに出回るジャガイモで発症することはほぼありませんが、家庭菜園や学校での授業の一環で栽培しているイモなどは、 土のかかり具合が不十分でイモに日光が当たってしまい、ソラニンが生成されてしまっているにもかかわらず調理をしてしまって発症することがあります。 ジャガイモの芽の部分を大量に摂取して 死亡した例もあり、特に子供は大人に比べソラニン中毒が重篤化しやすいので侮れません。 じゃがいもの実は食べられる? じゃがいもは、実は ナス科の植物であることはご存知でしょうか? また、じゃがいもは 地上部分にも実がなるという事はご存知でしたでしょうか? ここで言う「実」とは、私たちが普段食べているイモ 地下茎の塊茎 のことではなく、緑色のトマトのような見た目の地上になる実の事です。 後述する「男爵イモ」や「メークイン」は受粉能力が低いので、花を放っておいても受粉して果実を実らせることは少ないのですが、例えば「きたあかり」という品種は受粉能力が高いので、 花を摘み取らないでいると実ができてしまうことがあります。 上の画像は、我が家のキタアカリにできた果実ですが、まさに 「緑色のトマト」のような見た目です。 残念ながら 「毒」じゃ この実からはジャガイモの種が採れますが、周辺に他種のジャガイモがある場合は、異種交配している可能性があるので、収穫したイモと全く同じものを来年も作りたい場合は、種イモから作る方が良いでしょう。 じゃがいもが長持ちする保存方法は? 前述の通り、ジャガイモは日光に当たると緑化してソラニンという有毒成分を生成してしまうので注意が必要です。 リンゴと一緒に保存すると長持ちするのか? 昔からジャガイモの発芽を抑制するには、リンゴがはなつ エチレンガスが有効なので、イモと一緒にリンゴを少量混ぜておくと長持ちするという話があります。 この方法に関しては一定の効果があることがわかっていますが、袋の大きさやイモの数に対してどの程度の数のリンゴを入れるかという事についてはまだ良くわかっておらず、 現在ではイモの保管にリンゴを使うのはあまりお勧めできない方法とされています。 スポンサーリンク じゃがいもの品種と特徴 1.最もポピュラー!ホクホク食感「男爵薯 だんしゃくいも 」 男爵薯は、明治時代に川田龍吉男爵がアメリカから輸入をして広めたことから「男爵薯 だんしゃくいも 」と呼ばれており、日本でジャガイモが普及するきっかけになったイモです。 スーパーで見かけるじゃがいもの中でも最もポピュラーで定番の品種。 男爵薯の特徴• 形がごつごつしていて、くぼみの深さが深いのでピーラー出向きにくい• 早生で適応能力が高い• 粉質でほくほくしている• 長期間の貯蔵に向いている 品質の劣化が少ない 男爵薯の植え付け時期 1月中旬~3月中旬 男爵薯の収穫時期 5月中旬~ 男爵薯を使った料理• 粉質でほくほくしているので、コロッケや粉ふき芋などに向いている• 煮崩れしやすいので、おでんなどの煮込み料理には向かない 2.ねっとりしていて煮崩れしにくい「メークイン」 メークインは、男爵薯と人気を二分する定番のジャガイモの品種です。 大正5年ごろにイギリスから導入されたメークインは、表面のデコボコが少なく、細長い形をしており、ピーラーで皮を剥きやすいのが特徴です。 メークインの特徴• 表面はつるっとしていて、細長い形をしていて皮を剥きやすい• 粘質で煮崩れしにくい• 低温貯蔵をすることで甘みを増す• イモの形が不揃いになりやすく、規格外のイモが出やすい メークインの植え付け時期 1月中旬~3月中旬 メークインの収穫時期 5月中旬~ メークインを使った料理• 粘質で煮崩れしにくいので、カレー・シチュー・おでん・グラタンに向いている• ホクホク感が無いので、コロッケや粉ふき芋には向かない• 糖分が多いので揚げ物にもあまり向かない 3.男爵よりも甘い栗じゃが「キタアカリ」 キタアカリは、北海道の農業試験場で「男爵薯」と「ツニカ」を交雑させて誕生した品種です。 外見は男爵薯に似てごつごつしていて、芽の部分がやや赤い色をしているのが特徴です。 男爵よりも甘く、実が黄色いので別名「栗じゃが」や「黄金男爵」とも呼ばれています。 キタアカリの特徴• 形は男爵に似てごつごつしていてくぼみが深いため、皮が剥きにくい• 芽の部分に赤みがある• 実は黄色く甘みが強い• 粉質で男爵よりもさらに煮崩れしやすい キタアカリの植え付け時期 1月中旬~3月中旬 キタアカリの収穫時期 5月下旬~ キタアカリを使った料理• 粉質でほくほくしているので、コロッケや粉ふき芋に向いている。 甘みが強いのでじゃがバターやポテトサラダも美味しい• 煮崩れしやすいので、長時間煮込む料理には向かない 4.栗のように濃厚でナッツのような風味「インカのめざめ」 インカのめざめが日本で品種登録されたのは比較的最近の事で、濃厚な味わいが特徴の品種です。 卵型で小ぶりなサイズのものが多く、舌触りはきめ細やかなのが特徴です。 キタアカリよりも数倍濃い黄色をしていて、皮を剥いても油で揚げても変色しにくいため、フライドポテトやポテトチップスにしても綺麗な黄色が楽しめます。 欠点は、収穫量が少ないことと休眠期間が短く発芽しやすいこと、そしてウイルス病に罹患しやすい事です。 インカのめざめの特徴• 形は卵型で、小ぶりのため大型機械による収穫に向かない• 色は濃い黄色で、抗酸化作用が強いカロテノイド系色素がキタアカリの5倍以上• ナッツのような独特の風味がある• 舌触りはなめらかできめ細かい• 粉質と粘質の中間で調理しやすい• 皮を剥いても油で揚げてもあまり変色しない• 極早生で収穫量は少なく、ウイルス病に罹患しやすい• 休眠期間が短いので長期保存に適さない。 収穫が遅れると土の中で芽吹く インカのめざめの植え付け時期 1月中旬~3月中旬 インカのめざめの収穫時期 5月下旬~ インカのめざめを使った料理• 煮崩れしにくいのでカレーやシチューなどの煮込み料理に向いている• 栗やナッツのような独特の風味があるのでふかし芋でも美味しい• 油で揚げても色が変わらないので、ポテトチップスやフライにも向いている 5.早く大きく育つ「とうや」 とうやは、道南の洞爺湖のある「洞爺」にちなんでつけられており、北海道では「黄爵(とうや)」の名前でも出荷されています。 とうやは、ジャガイモシストセンチュウに強い品種とYウイルスに強い品種を交雑して生まれた品種で、病害虫に強く早生で大きくなるのが特徴です。 ホクホク感はあまりなく、しっとりとした食感が特徴なので煮崩れがしにくいため、煮物や炒め物などに向いています。 とうやの特徴• 形は比較的大きく球体。 芽のくぼみは浅く皮が剥きやすい• 粉質ではなく、舌触りはなめらか。 煮崩れしにくい• 早く大きく育つ• 切った後の黒変もあまりないので、加工用にも向いている とうやの植え付け時期 1月中旬~3月中旬 とうやの収穫時期 5月下旬~ とうやを使った料理• 煮崩れしにくいので、カレーやシチューなどに向いている。 芋が全体的に小さく、大型の農機では収穫しにくいうえ、男爵薯と同じ面積で育てても僅か3割ほどしか収穫できないので生産している農家が少なく、なかなか手に入らない希少種です。 小粒品種で味がとても良いので、そのまま食べるホールポテト用に使われることが多く、加工用として活躍している芋です。 マチルダの特徴• 形は小ぶりで、皮がしわわしていてキウイフルーツに似ている。 小粒でも完熟の味になるので、ホールポテトのような加工用に使われることが多い• 重機で収穫が難しく、量も採れないので作っている農家が少ない• 糖分が多いため油で揚げると変色してしまうため、油での加工には向かない マチルダの植え付け時期 1月中旬~3月中旬 マチルダの収穫時期 5月中旬~ マチルダを使った料理• 油での加工以外の加工食品 ホールポテト 等に向いている。 小粒で完熟するので、そのままの形を活かした料理に向いている。 7.北海道で最も多く作られてる品種「コナフブキ」 コナフブキは、ジャガイモの産地日本一の北海道で男爵薯を抜いて作付面積が最も大きい品種です。 名前の通り、デンプン含有量がとても高く、このデンプンの量が吹雪を連想させることからこの名前がついています。 その用途は主に澱粉原料用で、お好み焼きの粉や焼酎の原料として使われていることが多いです。 コナフブキの特徴• 超粉質で澱粉加工用の品種である• 北海道での作付け面積が最も大きい品種 コナフブキの植え付け時期 1月中旬~3月中旬 コナフブキの収穫時期 5月中旬~ コナフブキを使った料理• 極度の粉質の為すぐに崩れてしまい、一般の調理には向かない• アンデス赤の特徴は、男爵薯のような丸い形と赤い表皮です。 食感も良く粉質系で、食べるとサツマイモのようなほくほくとした甘みがあるのが特徴です。 また、春秋二期作が可能な珍しい特徴がある一方で、休眠期間が極端に短く成長力がとても強いので、貯蔵しているとすぐに芽が出てしまうので注意が必要です。 アンデス赤の特徴• 形は球体に近く男爵薯に似ている。 皮が薄く赤いのが特徴で、中はサツマイモのように鮮やかな黄色い色をしている• 粉質で茹でるとほくほくしている• 春秋二期作が可能である• 成長力が強く、休眠期間が極端に短いので長期保存ができない アンデス赤の植え付け時期 1月中旬~3月中旬 アンデス赤の収穫時期 5月下旬~ アンデス赤を使った料理• 粉質でほくほくしているので、コロッケやポテトサラダに向いている• 崩れやすいので煮込み料理には向かない• フライにも向いている。 見た目はまさに小さいサツマイモで、黄色い肉質は粘質で煮崩れしにくい特徴を持っています。 レッドムーンの特徴• 形はメークインのようにつるっとして細長い• 表皮は薄く赤い• 粘質で煮崩れしにくい レッドムーンの植え付け時期 1月中旬~3月中旬 レッドムーンの収穫時期 5月下旬~ レッドムーンを使った料理• 粘質で煮崩れしにくいので、カレーやシチューなどの煮込み料理に向いている 10.アントシアニンが豊富な紫のジャガイモ「シャドークイーン」 シャドークイーンは、皮は黒っぽいですが切ると中がキレイな紫色をしている品種です。 この鮮やかな紫色は加熱しても変色することが無いので、この色を活かした調理をすることで食卓の彩が豊かになるでしょう。 シャドークイーンの特徴• 形は卵型で表皮は黒っぽい。 切ると鮮やかな紫色をしている• アントシアニンを豊富に含んでいる シャドークイーンの植え付け時期 1月中旬~3月中旬 シャドークイーンの収穫時期 5月中旬~ シャドークイーンを使った料理• 鮮やかな紫色を活かして、ポテトサラダやチップスなど向いている 11.まだらな表皮がインパクト大「グラウンドペチカ」 グラウンドペチカは、レッドムーンの突然変異株を改良した品種で、赤と紫のまだら模様の表皮が特徴の芋です。 見た目のインパクトとは裏腹に、断面はきれいな黄色で、味はサツマイモとジャガイモの中間のような味でとてもおいしいです。 グラウンドペチカの特徴• 何と言ってもまだら模様の表皮がインパクト大• やや粉質で味は美味しい• レッドムーンの変異株 グラウンドペチカの植え付け時期 1月中旬~3月中旬 グラウンドペチカの収穫時期 5月中旬~ グラウンドペチカを使った料理• やや粉質だが崩れにくく、味がしみ込みやすいのでカレーや煮物などに向いている 12.ポテトチップに最適なジャガイモ「トヨシロ」 トヨシロは加工用に作られた品種で、糖度が低く油で揚げても変色しにくいという特徴から、ポテトチップスなどに使われることが多い品種です。 Calbeeの「じゃがりこ」や「Jagabee」などはこのトヨシロが使われているそうです。 トヨシロの特徴• 収穫量が多く、サイズも大きい• 粉質で糖度が低い• 油で揚げても変色しにくい• 実は白い トヨシロの植え付け時期 1月中旬~3月中旬 トヨシロの収穫時期 5月中旬~ トヨシロを使った料理• 油で揚げても変色しにくいので、ポテトチップスなどの油で加工するものに使われることが多い 13.フレンチフライなら「ホッカイコガネ」 ホッカイコガネは、トヨシロを元に作られたフレンチフライ用の品種です。 粉質で糖度が高く、煮崩れもしにくいことから調理しやすいので、生食用に一般的にも流通しています。 楕円形でくぼみも少ないので皮が剥きやすく、切った後でも変色しにくいという安定した性質を持ったじゃがいもです。 ホッカイコガネの特徴• 主にフレンチフライの加工用として使われている品種• 形は楕円形でくぼみが少なく皮が剥きやすい• 皮を剥いても変色しにくく、油で揚げても変色はほとんどない• 粉質であるが煮崩れもしにくく調理しやすい ホッカイコガネの植え付け時期 1月中旬~3月中旬 ホッカイコガネの収穫時期 5月中旬~ ホッカイコガネを使った料理• 油との相性がいいので、フレンチフライやポテトチップスに向いている• 煮崩れしないので、カレーやシチューにも向いている• 粉質で甘みがあるので、コロッケ、サラダなどにも向いている 14.とにかく沢山収穫できる万能型「ニシユタカ」 ニシユタカは、暖かい地域で収穫される品種で、とにかく沢山収穫できるのが特徴です。 形の均整も取れていて、大きさにバラつきが無いじゃがいもで、近年新じゃがとしてスーパーで見かけるのはこの品種であることが多いです。 茎が太く倒伏にも強い丈夫な品種で、病気や環境への適応力も高いことから、近年生産数が増加している代表的なジャガイモの品種となってきています。 ニシユタカの特徴• 形は均整がとれていて、くぼみも少なく見た目が良い• 茎が太く風による倒伏にも強い• 病気や環境への適応力が高く丈夫• とにかくたくさん取れる ニシユタカの植え付け時期 1月中旬~3月中旬 ニシユタカの収穫時期 5月中旬~ ニシユタカを使った料理• 粘質でほくほく感はないので、ふかし芋やコロッケには向かない• 歯ごたえがあるのでサラダに向く• 煮崩れしにくいのでカレーやシチューなどの煮物にも向く まとめ 普段からスーパーや食卓で目にするじゃがいもには様々な種類があって、それぞれに適した調理法や育て方があることがわかりました。 じゃがいもが実は「ナス科」の野菜であることも、地上にトマトのような有毒な実がなることもあまり知られていないのではないでしょうか。 病気耐性・食感・味・大きさ・収穫量等、様々なポイントで品種改良が重ねられ、次々と新しい品種が出てきているので、今後も継続的に品種を追加していく予定です。 また、我が家の畑でも長年ジャガイモを育てていますが、基本的なジャガイモの栽培方法と作業工程についてもご紹介していますので是非ご覧ください。

次の

品質へのこだわり

じゃがいも フライ

体に悪いと分かっていても、おいしくて大好きだという人が多いフライドポテトに関する残念な事実がまた一つ明らかになった。 長年にわたって食べ続けると、早死するリスクが高まるというのだ。 米臨床栄養学会誌(American Journal of Clinical Nutrition)電子版に6月7日に発表された研究結果によると、油で揚げたじゃがいもには形状に関わらず(フレンチフライやハッシュドポテトなど)全て、健康への悪影響または死亡リスクがあることが確認された。 油で揚げる以外の調理法で摂取したじゃがいもに同様のリスクはないと見られることから、問題は「揚げること」にあると考えられている。 米、英、イタリア、スペインの研究者らからなるチームは、調査開始時の年齢が45~79歳の男女4400人の食習慣と健康状態を8年間にわたり追跡調査。 この期間中に死亡した調査対象者は236人だった。 チームは調査対象者の体重や活動レベルなど、研究結果の信頼性に影響を及ぼすノイズと考え得る要因(潜在的交絡因子)については調整を行い、その上で今回の結論を導き出している。 因果関係は不明 研究では、じゃがいもを多く食べること自体が健康に悪影響を及ぼすとの結果は確認されなかった。 ところが、油で揚げたじゃがいもを週に2回以上食べていた人は、死亡リスクが2倍程度にまで高まっていた。 当然ながら、研究結果が示すのは一つの相関関係にすぎない。 つまり、フライドポテトを食べることが死亡につながっていたと考えることはできない。 ただ、フライドポテトと死亡リスクとの関連性が示されたということは、それを説明する何らかの要因は存在するはずだ(だが、それに関する調査のためのランダム化比較試験の実施は、非倫理的だと考えられる。 調査対象者にフライドポテトをもっと食べるよう促した上で死亡リスクを評価することは、倫理的に不可能だからだ)。 原因はトランス脂肪酸か フライドポテトと死亡リスクには確実に関連性があるのだとすれば、そのリスクを高めていると考えられる要因は何なのだろうか?可能性として考えられるのは、フライドポテトに含まれるトランス脂肪酸の量だ。 トランス脂肪酸は、健康に深刻な害をもたらすとされている。 あるいは、塩の量が関わっているのかもしれない(塩の摂取量と心疾患リスクとの関連性については、再び議論が高まっている)。

次の

フライドポテトの「残念な事実」が明らかに 早死にリスクが2倍に

じゃがいも フライ

この記事を流し読み• フライドポテトに向いているじゃがいもの特徴 フライドポテトに使うじゃがいもはどんな特徴があるものが良いのでしょうか? じゃがいもはかなり多くの種類がありますが、それぞれに特徴があります。 煮崩れしないので煮物に適しているもの、味が染みやすいから煮物に適しているもの、つぶして食べるとおいしいからポテトサラダに適しているものなどそれぞれ違います。 フライドポテトに向いているジャガイモの特徴として大切なのは、一番は加熱しても崩れにくいもの。 つまり、煮崩れしにくいという特徴をもったものです。 さらには、揚げ物に向いているじゃがいもであればさらに良いですよね。 具体的にどんな品種が良いのかご紹介していきます。 フライドポテト向きの品種 どんな品種がフライドポテトに適しているのでしょうか? フライドポテトとして加工されるじゃがいもの品種は「ホッカイコガネ」「十勝こがね」「ムサマル」「レッドアンデス」です。 これらのじゃがいもは煮崩れしにくい上、油と相性が良いことからフライドポテトとして加工されることが多いです。 また、それ以外にもマチルダやはるか、サッシーやコロールといった品種が油との相性が良いです。 なかなかスーパーなどで見る機会は少ないかもしれませんが、ネットなどでは購入できるようになっています。 ぜひ探してみてくださいね。 身近なじゃがいもでフライドポテトに向いているのは? ホッカイコガネなど油と相性の良いじゃがいもの品種をご紹介しましたが、なかなかスーパーで目にする機会は少ないはず。 普段目にするような品種でフライドポテトに向いているものはあるのでしょうか? よく見ることが多いのは、男爵やメークインだと思います。 どちらともフライドポテトを作ることは出来ますが、その仕上がりに違いが出てきます。 男爵でフライドポテトを作ると、食べた時中身がほっくりとした仕上がりになります。 一方、 メークインでフライドポテトを作ると、中身はしっとりとした仕上がりになります。 それぞれの仕上がりが違うので、好きな仕上がりになる方を選んでみてもいいかもしれません。 男爵よりもメークインの方が油を吸収しにくいという特徴があるので、カロリーを抑えたいという場合にはメークインを使うようにしてくださいね。 まとめ じゃがいもにはかなりの品種が存在しますが、その中でも油との相性が良い品種があります。 フライドポテトを作るにはそういった品種が一番ですが、手軽に入手しにくい品種でもあるため、もし手に入った時にはぜひフライドポテトを作ってみてください。 普段見るような男爵やメークインではその仕上がりが異なるため、どのような仕上がりのフライドポテトを食べたいかによって品種を使い分けてみてくださいね。

次の