スタミュ 声優。 スタミュ キャラと豪華すぎる声優解説まとめ【祝・アニメ放送目前!】【スタミュ】

スタミュ|アニメ声優・キャラクター・登場人物最新情報一覧

スタミュ 声優

Contents• スタミュの辰己琉唯のプロフィール解説 まずは、 辰巳のプロフィールをご紹介していきます。 儚げな印象を受ける容姿ですが、好きな教科が実技系全般と、 意外と体を動かす方が好きなようです。 子供の頃は虚弱体質で、生まれる前から交流のあった、チームメイトの申渡に看病してもらっていました。 虚弱体質だったためか、高校生の今でも休日はあまり出かけず、読書や自主トレしているんだとか。 中等部に通っていた頃は、学園祭で異国のお姫様役を演じたことがあり、姫というあだ名で呼ばれていました。 中世的な顔立ちの辰巳なら、 お姫様役を演じても違和感が無さそうですね。 低血圧で朝が弱いにも関わらず、朝起きて一番にすることは一日中つけっぱなしの加湿器の水を足すことらしく、子供の頃は虚弱体質だったからか体調管理には気を遣っています。 ミュージカルのこととなると、自分にも他人にも厳しく取り組み、 見た目の儚い印象とのギャップが辰巳の魅力ですね。 辰己の声優は誰? 辰巳の声を担当したのは、クールな役から悪役、爽やかな役まで幅広い役を演じる 有名声優の岡本信彦です。 2009年には第 3回声優アワードで新人男優賞を、さらに 2011年の第 5回声優アワードでは助演男優賞を受賞しました。 子供の頃は中二病を患っていて、風を操れると思い、風を操る練習をしていたんだとか。 ド Mを自称しており、 声優さんたちからも弄られキャラとして可愛がられる存在です。 声優をする前は、将棋のプロを目指していたらしく、将棋 3段の資格を持っています。 プロ棋士を目指していただけに、頭も良さそうですね。 辰巳は静かなキャラで、少々Sっ気があります。 明るくドMを自称している岡本さんとは性格が異なりますが、見事に辰巳役を演じていますね。 辰己のキャラソンはこれだ! ここで 辰巳のキャラソンを一挙にご紹介していきます。 ~ 歌: team柊 ・ Gift ~カーテンコール~ 歌:オールキャスト ・沈黙のディアローグ 歌:辰巳琉唯 第 2期劇中歌 スタミュは登場キャラクターが多いため、あまりソロ曲がありません。 辰巳が歌っている曲は多数ありますが、 team柊で歌っているのが多いですね。 唯一ソロで歌っているのは、 2期第 13幕の劇中歌「沈黙のディアローグ」だけのようです。 「沈黙のディアローグ」はアニメ内の劇中歌なだけに、 曲も短くCD化をしていません。 3期ではさらに登場キャラクターの登場で、辰巳のソロ曲の可能性は低そうです。 それでも、スタミュの中でも高い実力を誇る辰巳が歌わないということはありませんので、今後登場する曲を聞いて盛り上がりしょう。 料理は苦手って本当? 成績は常に月皇とトップを争い運動神経も良い辰巳に、苦手なものなど無さそうですが、じつは 料理が壊滅的なようです。 体育や美術、技術など実技系の授業が得意のようですが、申渡曰く料理だけが壊滅的にセンスがないらしく、月皇には調理実習でトラウマを植え付けています。 では、どのくらい料理ができないのでしょうか? 月皇は調理実習で辰巳と作ったきんぴらごぼうが夢に出てくるらしく、差し入れを持ってこようか聞いた辰巳に、 「手作り料理だけは止めてくれ」 と言っていました。 夢にまで出てくるとは、相当すごい料理ができたようですね。 フライパンが火を吹いたのか、それとも真っ黒なきんぴらごぼうだったのか、それとも味がひどかったのか。 虚弱体質だった辰巳の看病をしていて、 若干過保護気味な申渡が壊滅的と称する料理。 これ以上想像すると、トラウマになるかもしれませんね(笑) 辰巳と星谷の関係は・・・ 星谷は、辰巳の良いライバルとして互いに切磋琢磨しています。 team柊はスター・オブ・スターと呼ばれる、スター枠の中でもトップの成績を有するチームです。 新人お披露目公演で、星谷たち team鳳のアヤナギ・ショウ・タイムを見るまでは、 落ちこぼれチームということもあり、気にしていませんでした。 しかし、 team鳳の公演を見てから考えを改めるようになります。 星谷の夢を諦めない覚悟と、荒削りだけれど心惹かれるパフォーマンスに注目するようになり、ライバルとして良い関係を築いていきます。 2期第 4幕では綾薙学園中等部の学園祭公演で、部員に欠員が出た時、辰巳は星谷を代役として推薦しました。 辰巳は、周りの空気を明るくさせる星谷のことを、太陽のような存在と評価しています。 相手の意見を尊重してさりげなく手助けをする辰巳と、目標に向かってひたむきに頑張る星谷は、 互いに影響を与え合う関係です。 卯川と辰巳はどういう関係? 卯川は辰巳と同じ team柊のメンバーです。 京都の出身で、高校入学の時に綾薙学園に入学しました。 性格は負けず嫌いな上に、わがままな毒舌家です。 言いたいことをはっきりと相手に言ってしまうので、 相手の不況を買うこともたびたび見られます。 1期では卯川の発言が発端で、 team鳳と team柊で喧嘩にまで発展してしまいました。 辰巳のことは「たつみん」と呼び慕い、辰巳の言うことには素直に従います。 スプラッタ系が苦手なようで、ホラー映画など積極的に見ないようですが、辰巳がホラー映画にハマり、鑑賞会が頻繁に行われた際は、何も言うことができず最後まで付き合っているようです。 毒舌家な卯川でも、辰巳には適わないようですね。 卯川は言いたいことをはっきり言う分、実力のある者には敬意を払う人です。 1期から、卯川から尊敬される辰巳の実力派、相当なものでしょう。 まとめ 今回は、スタミュの辰己琉唯(るい)について考察していきました。 なんでもできそうな辰巳ですが・・・ 料理だけは壊滅的に悪いなんて想像できませんでしたよね。 Team鳳以外のチームで星谷のことを一番に認めている辰巳は、チーム内でもその影響力は絶大です。 わがままな卯川の尊敬を得られるカリスマ力や、高い演技力にも注目です!.

次の

【スタミュ6】『スタミュin大晦日』/声優座談会/『スタミュin空閑家』 感想

スタミュ 声優

Contents• スタミュの浦島坂田船の紹介 浦田坂田船は、ネット配信を中心に活動するグループです。 スタミュ 2期の OP「 SHOW MUST GO ON!! 」を歌いました。 ファンのことを Crewと呼んでおり、ファンを大切にする姿が好感を呼んでいます。 メンバーは以下の 4人です。 うらたぬき• あほの坂田• センラ グループを結成する前から、 メンバー全員がニコニコ動画の「生主」として個々で活動していました。 うらたぬきをリーダーとしており、 2013年に浦島坂田船を結成します。 歌ってみたやキャラクターのモノマネなど動画の配信を主軸に活動しながら、 2015年にミニアルバム「はじまりの合図」を発売しました。 2019年 7月には全国ホール・アリーナツアーが開催されるなど、イベントやライブ活動も精力的に行っています。 うらたぬきは「浦田たぬき」という名前で声優としても活動しているため、顔出しをしていますが、 残りのメンバーはイベントやライブでしか素顔を見ることができません。 動画ではマスクを着けて顔を隠していますが、過去に SNSで素顔の写真を UPした画像があり、メンバー全員がイケメンと話題です。 テレビよりも身近なネット配信を中心に行っているため、 10代の男女を中心にファンが集まっています。 熱狂的なファンも多く、熱狂的な信者やファンのマナーが悪いことも有名で、 浦島坂田船のファンが嫌いというアンチも多くいます。 浦島坂田船は下手?それとも上手い? 浦島坂田船の歌は、上手いか下手かで意見が大きく分かれています。 先入観を入れずに評価をするなら、彼らの歌は上手いです。 しかし、 歌でお金を稼げるレベルかと言われれば、首を捻ってしまいます。 グループを結成する前から歌い手として活動していましたが、当時から浦島坂田船の歌の上手さには意見が分かれていました。 グループを結成してからも、ボイストレーニングをしているようで、当時よりも歌の技術は向上しています。 普段からプロの歌を聞きなじんでいる人には、下手に聞こえてしまうかもしれませんが、 彼らの歌唱力は一般的に見て上手い部類でしょう。 アンチからすれば、歌い手であるのに歌が下手なのは可笑しいのではないかという意見が出ています。 誰だって、良い歌を聞きたいと思っていますから、このような厳しい意見が出るのはしょうがないでしょう。 スタミュ 1期では、 浦島坂田船と同じ歌い手のGeroがOPを担当しました。 Geroは歌唱力に定評があり、浦島坂田船と比較するとどうしても、劣ってしまいます。 1期と 2期の OPの落差にガッカリした人もいたのではないでしょうか。 浦島坂田船のファンは、歌が上手いから好きという人だけではありません。 ファンの中には、彼らの努力する姿に感動してファンになる人や、ファンを大切にする姿勢が好きという人もいます。 浦島坂田船の歌は聞き惚れるほど上手いとは言えませんが、彼らの歌声や顔が格好良い姿、ファンサービスを欠かさない姿勢に魅了される人が出てくるのでしょう。 嫌いなアンチが多いって本当? 浦島坂田船のファンが増えていくのに比例して、彼らのアンチも増え続けていくでしょう。 アンチが彼らを嫌う理由は、主に3つあります。 歌唱力• ファンのマナーの悪さ• 過去の炎上 歌唱力は先ほど述べたように、彼らの歌は上手い方ではありますが、聞き惚れるほど上手いというわけではありません。 ちょっとしたことで Twitterが荒れたり、マナーが悪い人がいたりするので、浦島坂田船のことが好きであっても、ファンのマナーが悪くて嫌いになったという人もいます。 浦島坂田船のライブでファンが不正入場した騒動もあるので、ファンと深く関わったことがない人でも、不信感を抱いてしまうようです。 やはりライブに行くなら、最後まで楽しい気持ちでいたいですよね。 浦島坂田船のメンバーは炎上を過去に何度か起こしており、女性関係が主な原因であったため、今でもアンチには受け入れがたいのでしょう。 浦島坂田船はメンバーの仲が悪い!? メンバーの不仲説が出ていますが、これはデマと考えて良いでしょう。 浦島坂田船は実況動画や生放送などで楽しく会話をしている姿が見られます。 また、 ノリも良く4人でふざけ合う姿も頻繁に見られるので、不仲とは言えません。 グループの仲の良い姿は、ファンも楽しく見られるので、ライブでもその姿を見たいという人がいるのでしょう。 ライブのチケットは毎回完売しています。 メンバーの不仲説よりも、 浦島坂田船のファンとすとぷりのファンの仲の悪さの方が有名です。 これは、お互いの曲をパクったのではないかと、一部のファンの間で口論になりました。 当人たちは何も言っていないので、ファンの気持ちの問題なのでしょうが、こういうところもアンチが生まれてしまう要因なのでしょう。 解散疑惑も出ていたけど真相は・・・ 解散疑惑ですが、これも今のところ無いと言っていいでしょう。 ただ、 年齢を考えれば全員30歳に近いので、いつかは解散しそうです。 解散後は、個々の活動や他の歌い手との活動がメインなりそうですが、歌い手の需要が何歳まであるのかで、解散時期は決まるでしょう。 また、今は落ち着いていますが、 過去に女性関係で炎上していますので、同じようなことが起きて解散ということもありそうですね。 浦島坂田船は、ファンを大切にしているために行ったことが原因で、ファンからの批判を呼ぶことがあります。 2017年の夏コミでファンサはしないと言っていたのにも関わらず、グッズを買えなかったファンのためにファンサしたことから、夏コミに参加できなかったファンからの批判が殺到しました。 今のところ解散にまで繋がる騒動は起きていませんが、ファン層の年齢が低いこともあってか、ファンのマナーが悪いところもあり、浦島坂田船に批判的な人もいます。 彼らの今後の行動で、解散になってしまうことも十分にあり得るでしょう。 まとめ 浦島坂田船は、歌い手の代表と言っても過言ではありません。 ファンになる人が多くいる反面、アンチになる人も多いです。 歌唱力がプロとしてはレベルが低いことがアンチなる一番の要因ですが、ファンのマナーが悪いことやメンバーの過去の炎上も含まれています。 メンバー同士の不仲や解散も囁かれているグループでもあるので、今後のグループの行動次第で評判が大きく左右すると考えられますね。

次の

【スタミュ6】『スタミュin大晦日』/声優座談会/『スタミュin空閑家』 感想

スタミュ 声優

出展 : Amazon. jp 今やアイドルアニメは空前の大ブーム。 『スタミュ』(高校星歌劇)も2015年のアニメ放送から人気を博し、2016年にOVA発売、2017年には2期が放送された。 アイドル系と言っても、『スタミュ』は歌手を目指すグループアイドル物語ではなく、ミュージカル劇を学ぶ高校生たちの成長と青春を描いた物語である。 ジャンルは一緒だが、歌よりも演出に力を入れたストーリーは一風変わったアニメーションになっている。 今回は是非、2019年の第3期をより楽しめるように、1期2期のストーリー及び、キャラの見どころを徹底解析していきたいと思う。 ネタバレ込みのツッコミどころも満載だ。 是非、3期に期待を膨らませて欲しい。 スタミュ1期 主要キャラ 主人公:星谷悠太(ほしたに ゆうた) ・team鳳のリーダーであり明るく前向きなムードメーカー ・「能天気ポジティブ」過ぎてメンバーはリーダーを放っておけない ・とにかく「憧れの高校生(鳳)」をキラキラと語る ・好きな動物はクワガタ、苦手な動物は猫、卵焼きはしょっぱい派 ・声優は声があざと可愛い、花江夏樹 チームのお母さん:那雪透(なゆき とおる) ・team鳳の和みキャラ。 笑顔を絶やさない癒し系だが、あがり症でネガティブなところがある ・チームみんなのお弁当を作り、世話焼きなため「お母さんみたい」と星谷に言われる ・少し猪突猛進な妄想癖、被害妄想癖がある ・伝説のヤキソバニスト ・声優は澄んだ声から闇越えまで自由自在の小野賢障!(今回は可愛いソプラノ声だ!) サラブレッド:月皇海斗(つきがみ かいと) ・演出家の父、舞台女優の母、ミュージカルスターの兄を持つ期待のエリート ・普段は冷静で星谷のサポートをすることが多く、裏のリーダー的存在 ・天花寺とはいい喧嘩コンビ ・兄を尊敬しているがコンプレックスでもあり、兄のことだと冷静さを欠くことが多い ・いちご牛乳が好きで、カナヅチ ・声優はランズベリー・アーサー!舞台も本人が演じている 梨園の貴公子:天花寺翔(てんげんじ かける) ・歌舞伎一門の跡取り息子。 彼は中学まで普通高校に通う一般男子生徒に過ぎなかったが、中学の時に出会った見知らぬ高校生に憧れを抱き、同じ舞台に立つことを夢見てその道に進んだ純粋無垢な少年だ。 星谷は入学早々、同寮生の那雪と仲良くなることで「憧れの高校生」は学園の花形:ミュージカル学科生であったことを知り、彼と同じ道を歩むべく、入学後すぐに行われる入科オーディションに挑むことにした。 学園トップの「華桜会」メンバーが行う厳しい審査の中、素人同然の星谷はもちろんダメダメ。 しかし、華桜会の異端児・鳳樹には感じるところがあったらしく、星谷は鳳のteamとして拾われることに。 こうして星谷は鳳が集めた個性派集団「team鳳」の一員として「那雪・天花寺・月皇・空閑」と一緒にチームを結成することとなる。 早速チーム練習が始まる最中、星谷の明らかな素人感にプライドエベレスト級の梨園の貴公子・天花寺は逆上。 「チームが生き残るために、チームから外れろ」と辛辣な言葉を吐く。 星谷は根っからのポジティブさでその言葉を右から左へと流していたが、そんなある日、天花寺の愛猫がいなくなるという事件が発生。 トラブルに一枚噛んでいた星谷は朝方まで猫を捜索をすることに…。 その一件を機会に、ツンデレ天花寺は徐々に心を開いていくのであった。 一方、いまだに打ち解けようとしない月皇。 月皇は「ミュージカル界のプリンス」と呼ばれる兄に大きなコンプレックスを抱えており、正直、チームなどどうでもよかった。 そんな矢先、ミュージカル候補生を共に目指すライバル「team柊」がteam鳳に接触。 月皇の血縁関係に触れては彼の劣等感を強く刺激したが、その際に星谷が「月皇遥斗」の弟としてではなく、「月皇海斗」として自分を受け入れてくれていることに気づき、ようやく心を開いていく。 ようやくチームとしての形を成したteam鳳は星谷を筆頭に第一関門となるテスト、「新人お披露目公演」に挑むこととなる。 審査結果によって半数のミュージカル学科候補が脱落するという厳しいテスト。 正直、実力だけでは合格の可能性が半分を切るteam鳳。 しかし星谷の何気ない一言をヒントとした鳳先輩により、伝統の演出にアレンジを加えるという秘策に打って出て、見事合格となる。 今までの伝統を崩してかかるteam鳳は一躍学園の注目株に。 「異端児集団」というレッテルから一夜にして期待のチームに名乗りを上げた一行は、第二関門も突破すべく夏休み合宿に突入する。 しかし、なぜだが合宿先にteam柊もいて…。 合宿先が被るというトラブルにより一層お互いをライバル意識する面々であった。 夏休みも明けると、次のテストステージ「綾薙祭公演」の概要が発表される。 綾薙祭での演目は自由型。 自分たちらしいステージを描けるとteam鳳が盛り上がる最中、事態は急変。 「新人お披露目公演」で伝統ある演目にアレンジを加えたことをよく思わない華桜会メンバー:暁(あかつき)により、チームの指導者である鳳先輩は華桜会追放を余儀なくされたのだ。 自分の脱退と引き換えにteam鳳のミュージカル学科候補生としてのチャンスを残した鳳先輩。 しかしそんな大事な事は1つも伝えずに、チームの指導者である鳳先輩は突如みんなの前から姿を消すのだった。 師である鳳を失ったteam鳳は誤魔化すように必死になればなるほどバラバラとなっていく…。 特に、星谷は、「憧れの高校生」=「鳳」であることにはまだ気づいていないものの、無意識に鳳に強い憧れと親しみを持っており動揺は隠せず演劇にも影響した…。 リーダーである星谷の戸惑いがteam鳳を揺さぶる中、意外な人物、月皇遥斗によって真実が明かされる事になる。 鳳先輩は自分たちを生かすために華桜会を去ったのだと知った星谷は「鳳先輩に教わったオレたちのミュージカルをたくさんのお客さんに見てもらいたい」とメンバーと気持ちを新たに学園祭に挑むのだった。 学園祭当日。 無情にも台風という自然災害がステージを襲いteam鳳の野外ステージは中止…。 「ミュージカル学科候補生のテスト」としてではなく、「鳳先輩と築いたステージ」を多くの観客に見て欲しいと思うteam鳳は華桜会の決定に従わず、どうにか今ここでステージを完成させたいと学園のいたるところに協力者を募る。

次の